2006-02

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い魚

昨夜は、19時半に少し横になるつもりが、ぐっすり4時過ぎまで寝込んでしまった。メールの返事をしてまた6時半過ぎまで寝たので、朝は快適そのものである。

昼に茅ヶ崎の「赤い魚」に行く。大先輩の集まりに紛れ込む。
Fさんは、肺の病気で、歩くときつそうだが、座ってしゃべれば、元気溌剌。脳梗塞の方のリハビリのため碁の相手をしている。 Hさんは、幹事役。マージャンはタバコの煙が良くないのでやめると言う。 Mさんは、足の具合が悪いにもかかわらずゴルフは継続。 Tさんは、唯一タバコを吸うが、ますます元気。 Sさんは、私がビールを飲みたそうな顔をしていたので、2杯目のビールに付き合ってくれる。 Oさんは、コーラスでも大先輩。忙しくてHCFでなかなか会えない。 Nさんとは、何時も席が遠くて話が出来ないので今度は隣に座ろう。

帰りに松の川緑道を散策。子供がスズメバチの巣だというので覗いて見たら巣がある。良くスズメバチなんて知っているなと感心する。
カンカンというので何かと思ったらホッケーの練習をしている。野球の練習もしている。寒いのに若者は熱気にあふれている。
梅の花が多い。山茶花も最後の盛りと咲いている。今日は寒いが確実に春は近づいている。
PICT0007uiffrree.jpg

PICT0008ughfghfghd.jpg

PICT0011ewrttttt.jpg

PICT0017rhhhwwww.jpg

PICT0025rteydfggg.jpg

PICT0026yrjjjjjj.jpg

スポンサーサイト

Lovers

安比のblog作成とメールの返事、歌の練習に時間をとられる。

金木犀の枝を掃うと奥さんが言うので草取りをしながら監視。奥さんは、植木屋さんのように景気良く枝を切るので心配。
床屋に行ってこっくりする。スキー疲れ。鏡を見て疲れた顔してると思う。 安比で一緒の赤黒2人に比べたら贅沢なこと。

Loversのビデオを奥さんと鑑賞。
奥さんは劇場でも見ている。映像が美しいアクション映画。
チャン・イーモウ監督。『HERO』のスタッフが再び放つアクション超大作。金城武、チャン・ツィイー、アンディ・ラウといったアジアの3大スターが結集。
奥さんによれば、アンディ・ラウは予定された俳優が出演できなくなって依頼され急遽出演したそうだ。誠実そうな人だと言ったら何故わかるのと聞かれる。 チャン・ツィイーは美しいし踊りは、本格的。期待のアジアン・ビューティとしてハリウッドでも注目の存在。 金城武は良い役柄。日本人の父と台湾人の母を持つ。奥さんによれば、随分疲れた顔してると言う。格闘技に疲れたか。
美しい衣装は、ワダ・エミのデザイン。
PICT0002sdfdgggg.jpg

PICT0009dfssss.jpg

PICT0012dfdfddd.jpg

強風

天候が崩れる。朝は晴れていたが強風。前森山山頂は雲で覆われている。とにかくゴンドラで上まで行く。ゴンドラが揺れるほどの凄い風。登るにつれて見通しも悪くなる。降りたら凄い風、立ってられない。息も苦しい。
ようよう降りる。途中の、風の比較的少ないゲレンデで滑る。東風。風がアゲンストになるとスキーが止まってしまう。何本か滑って休憩。もはや怪我しないで終わることを考える。移動してハヤブサの上まで登り降りる。霙が降ってくる。もうただ滑り降りるのみで楽しくもない。11時半頃切り上げる。

風呂に入り、宅急便を送り出しひと段落。20日間無事終了。
昼飯は中華。地ビールでご苦労さんと乾杯。
美しいウェイトレスがいるので見とれる。初日もいて気になった。

帰りのはやては全席指定なのであわてて指定席を取りに行ったが皆と同じ列車が取れず。しかたなくバッテリ-?、?を買い込む。読みきり、ときめく。中学生男子の物語は、自分が病気がちだったので、それを取り戻す気になるのか、何時もときめく。

帰って奥さんと再会を喜ぶ。
PICT0056rwetttt.jpg

PICT0059erwttttttt.jpg

PICT0061erwttttt.jpg

ワイン休憩

今日も晴天。晴男に復帰か。9時から滑り出す。朝のうちは、雪質が良くがんがん滑る。ハヤブサ、オオタカ、カッコウ、キツツキ、ヤマバト、ザイラーロング、第2ザイラー、セカンド第1、セカンド第2。この内、斜度はオオタカ31度で一番きつい。距離はヤマバトが5.5Kで一番長い。

セカンドコースからは岩手山が良く見える。美しい。
雪質がだんだん悪くなり、また人出も多くてきつくなってくる。ロープウェイに乗るのに長蛇の列。久しぶり。景気が回復?転ばないよう、ぶつからないようにと神経が疲れる。転んだりぶつかったりする人が増えてくる。
リーダーのNさんが斜面の途中で恒例のワイン休憩をとる。林の中に少し入ってスキーを下に敷いてその上に座る。Iさんのリュックからドラエモン袋のように次々と現れる。ビール、ワイン、ビスケット、チーズ各種、コンビーフ、レバーペーストなど。満喫。Iさんご苦労様。Nさんのウィスキーも飲む。

25日のリフト券はくじ付なので、くじを引きに一旦降りる。はずれだが、APPIIとついたカード入れを貰う。

最後にロープウェイで上まで行って滑り降りて終了。16時ごろ。
まだNさん、Wさんは滑っている。

お風呂に早々と入る。気持ち良し。体重が増えているのでがっかり。飲みすぎ食べすぎ。
靴下など下着を忘れて苦労する。3日間だから何とかなるけど。

夜は鍋物。
Nさんは、志賀高原のリフト71本全てを2日半で制覇し、記念のTシャツを貰いそれを着てくる。
Wさんは、百名山を制覇。奥さんと海外を含め数々の山を登る。
Fさんはホールインワンを*回達成。保険屋泣かせ。感動しないそうだ。
Mさんは、ピアノ、ソロ、合唱と多忙。ピアノで腱鞘炎になる。
Sさんは、本を発刊。赤黒の世界で忙しい。
Nさんは、最若手。スキーは一番旨い。ノルディック距離を経験したが2度としたくないそうだ。

2次会があったが起きられず脱落。
PICT0018gdferrr.jpg

PICT0020werttttt.jpg

PICT0033dasfffff.jpg

PICT0036dsfrrttttt.jpg

PICT0046dfgtyyuu.jpg

PICT0049wertttt.jpg

安比高原

朝、6時40分に出発。東京駅で安比スキーの先発隊の方々にお会いする。先発隊は5名。はやてで盛岡まで行く。私と同じ座席に既に座っている女性がいた。確認したら翌日の日付。あらーやだーと言ったがすみませんともどこうとする気配もない。あきれたが空いていたので他の席に移る。後から車掌がこの席でよいですかと確認に来るが、極彩色人はこの程度では腹を立てない。
あさのあつこ著バッテリー?を読み終える。コーラスの録音を聞きながらうとうとする。盛岡から直行バスで安比グランドホテルに向かう。寒い。

部屋に入ったら荒川選手の金メダルを聞き、感動。
ウィスキーを気付にのみ、ゲレンデに出かける。まずラーメンを食べて、13時40分頃から滑り出す。金曜日なので人も少ない。ゴンドラで上まであがり、ヤマバト、カッコウ、キツツキ、ハヤブサ、ザイラーロングなど次々と滑る。滑降距離が3Kから4K、傾斜度10数度から30度で一気に滑ると気持ちが良い。天候も晴れて心地よい。がんがん滑る。これだからスキーはやめられない。
Mさんは今シーズン3度ご一緒する。最長老Fさんは上達したと言われている。Nさんは、タフな滑り。体育系。Wさんはスイスイと滑る。私と滑った日数はほとんど変わらない。
16時前にあがる。Mさん一人滑りに納得がいかないと言って、10本くらい余計に滑る。熱心だなあ。

荒川選手金メダルの放映を何度も見る。一度挫折して這い上がってくる人は、その結果がどうあろうと美しい。彼女は結果が金メダルだった。
このオリンピックは、荒川選手とカーリング女子に救われる。

夜は中華。荒川選手、カーリング、スキー、水、山、サンモリッツ、イラン、ゴルフ、野球などの話題、面白し。

夜に後発、赤黒組のSさんとNさん到着。部屋で寝ていて起こされる。それから部屋で宴会。ビール、ワイン、ウィスキー、日本酒。寝たのは夜の1時。皆さんお強い。
PICT0001dfsgtttt.jpg

PICT0009fdrrrr.jpg

PICT0010gfdhhhh.jpg

PICT0012dasrfrrr.jpg

大倉山梅林

奥さんと大倉山の梅林見物に出かける。
本来なら梅が咲き誇ってる頃だが、今年は寒いせいか、咲いている木のほうが少ない。それでも梅林を一周する頃には、十分堪能する。白い花より赤や桃色にどうしてもひかれる。かすかな匂いも好ましい。
寒さが和らいできているのでウィークデイだが人手は多い。老人と小さい子供ずれの母親が大部分。梅の木にへばりついて接写撮影している人。写真撮影ではしゃいでいる老人達。走り回る子供達。
奥さんと石の上に腰掛けて、蜜柑を食べながらしばし歓談。こういうのって良いなあ。

記念館で写真展を見る。美しく撮影されている自然に見とれる。随分時間をかけてシャッターチャンスを待ち構えたんだろうなと思うような写真もある。

今日は、Mさん、Oさんと会食するはずだったが連絡がつかないのでもうないだろうと思い、奥さんお手製のスパゲッティを食べる。その後Mさんと連絡がつく。

新宿で、半年振りにMさん、Oさんにあう。食事はお断りしてワインだけ付き合う。
Mさんは、お母様が難病で入院されている病院に毎日通っている。若い頃母親に苦労をかけたのでくいのないように精一杯のことをしたいとのこと。仕事は休業状態。日本の医療制度の貧弱さを嘆く。 考える時間はあるのでビジネスのアイデアが次々と浮かぶ。
Oさんは、新しく勤めた会社での奮闘振りを報告。家に帰らないで泊り込んだことも多かったそうだ。小さいお子さんがいるので大変だったろうと同情する。ようやく少し目処が立って、ここにも来れたようだ。
私はコーラス奮戦記を報告。コーラスするなんて想像出来ないといわれる。私も未だに想像できない。
PICT0014fsduuioo.jpg

PICT0023fsdrrryyyy.jpg

PICT0038jghyyyt.jpg

PICT0041uyeeee.jpg

PICT0045utghffghfg.jpg

PICT0047dfgtttt.jpg

PICT0055rewggggg.jpg

体で覚える

歯のメンテ。行く前に散々磨いていったせいか、PCP10%以上改善。まだ右側の歯の後ろが良く磨けていない。ワンタフトブラシを進められる。今度やってみよう。帰り際に担当の先生が退職されると聞き残念。

帰りに近所の公園を回る。犬に棒を投げて訓練している親子連れがいたが、犬は喜んで走り回るだけで棒を取ってこない。
春めいて日差しも暖かい。私のスキーシーズンはまだ1ヶ月以上あるが、もう春の足音が聞こえてくる。

歌の練習を散々して出かける。
草原のわかれ、すみれ、さくら草、たんぽぽ、菜の花、しあわせよカタツムリにのって、歌、それは、昼下がりのジョージ。
テノールが2手に分かれるところや、ハミング、出だしが相変わらずうまくいかない。先生に何度もやり直しをさせられる。団長のテノールがやってきてやれやれ(助かった)と言ったら、頼ってはだめと釘を刺される。前の音を聞いて自分の音を考えるように言われるが、これが難しい。大きな声を出して体で覚えるようにと言われる。私も疲れるが、先生も疲れるだろうな。
時間切れで終わる。終わると達成感はあるから不思議。
飲み会は、昨日飲みすぎたのでラーメン会にする。今日は多くて5人。

駅から家に帰る途中、タクシーの運転手から道を聞かれる。何とか教えたらえらく感謝される。方向音痴の私にしては前代未聞の出来栄え。コーラスでの劣等生気分があっという間に、霧散して良い気分。われながら単純。
PICT0016fghttrree.jpg

PICT0021fghyytttt.jpg

PICT0023hfgtyyuuu.jpg

PICT0025dgfttyyuuuuu.jpg

宝登山

こまくさ山行き「宝登山」。今日は8人のメンバ。
7時10分頃家を出る。朝出遅れたので朝食は取らず、握り飯と水を購入。8時30分発の特急レッドアロー号に乗る。Gさん、Oさん、Aさんは池袋から一緒。朝飯の握り飯を早速食べる。途中からHさんご夫妻、Kさん、Gさんが乗ってくる。西武秩父駅に10時前に着き、秩父鉄道に乗り換え長瀞まで行く。車中からの眺めが途中から雪景色に代わったので、蝋梅は咲いてるかなと心配になる。

10時40分に着き登り始める。帰りに寄ってねという蕎麦屋の呼び込みあり。しばらくして宝登神社に着く。ここはすどうりして、宝登山山頂の蝋梅園に向かう。ロープウェイがあるが、無論歩いて登る。
宝登山は標高497メートル。宝登神社との標高差は200メートル余。楽に登れる山である。道は登山道というよりは参拝道と言ったほうが良い、緩やかな未舗装路である。途中何箇所もバイパスらしき道があったがぬかるんでいるようなので避けていたが、降りてきた人が、このバイパスを登ればすぐですよと教えてくれたので、バイパスを行く。展望の良いところに出る。雪は少し残っている。

最後の急な階段を登り12時前に宝登山奥宮に到着。御参りをして蝋梅園に向かう。黄色い花が日当たりのいい斜面に広がって、華やか。こんなに多くの木が集まっているのを見るのは初めてである。600本の蝋梅があるとのこと。花の香りも良い。しばし蝋梅に酔う。
ここからは両神山、武甲山をはじめ、奥武蔵、奥秩父の山々がよく見える。登り始めは雲がかかっていたが頂上についた頃は見晴らしも良くなってくる。昨日は雨だったので今日はついている。

場所を探して定例の昼食会が始まる。今回はOさんメニューのきりたんぽ。バーナー2つできりたんぽに鶏肉、ねぎ、ちくわ、白菜、牛蒡、油揚げ、まいたけ、糸コンニャク、筍、ふなどを次々と入れる。これは皆さんが手際よく料理され、私は見てるか写真を撮っているだけ。食器類を忘れてしまい、Gさん、Oさんに借りる。バナーでワインを温めて乾杯。きりたんぽも美味しく出来上がる。味付けが最高。美味い。ワインと日本酒が入りすぎてふらつく。皆立ったままにぎやかに食べる。登ってるより飲み食いしてる時間のほうが長い??
お腹がくちくなったので腹ごなしに歌う。

帰りもにぎやかに降りる。下まで降りたが、打ち上げをやるには時間が早いので、長瀞渓谷の入り口に行って私の担当だった蜜柑を食べる。

Kさん紹介のお店で打ち上げ。ビールで乾杯。ひれ酒を飲む。鰯のてんぷら、大きなねぎまなどでお腹一杯になる。コーラスやる人は皆健啖家で何時も驚かされる。
PICT0018rtehhhhh.jpg

PICT0025gdfttrrr.jpg

PICT0053sdfrrttyyyy.jpg

PICT0076sdasadaa.jpg

PICT0088daswwwww.jpg

PICT0092dasffffff.jpg

PICT0113fgdtttttt.jpg

魚の絵

奥さんはカーリングにはまって毎晩遅い。奥さんの熱気に圧倒されてカーリングのスウェーデン戦、イギリス戦を見る。だんだん強くなっているようで凄い。奥さんがはまるのが良くわかる。頑張れ、ニッポン・カーリング。

Tさんの絵画展に奥さんと出かける。魚の絵が素晴らしい。Tさんはまだ来ていないがサインして一旦帰る。奥さんは用事があって帰ったが、私は絵画展で他のメンバと待ち合わせてTさんのおめでとう会に行く予定。時間がまだたっぷりあるので、喫茶店で本を読みながら待つ。その内、Tさん(出展しているTさんではない。)が早く来たと合流する。再度、展示室に行き、Tさんの絵画を皆で鑑賞する。Tさんは画才があるのか1年間にしては素晴らしいできばえ。Tさん、Hさん、Sさんが誉めそやす。Tさん居心地悪そう。
Tさんのおめでとう会を魚に、懇親会をする。病気の話、やくざの話、会社の話など。まだ生臭い。

Tさんの赤黒の話に当てられたか、久しぶりに赤黒生活の夢を見る。変な夢で、結晶コンピュータ???の開発をしており、教授が2年くらいで完成すると言ってるのに見通しは10年かかりそうで困った困ったと悩んでいる。10年たったら70うんさいになってしまうのに変だなあとも思っていたら目が覚めた。
PICT0007ffrrttee.jpg

スタートレック

本日は、日曜日そのもので、一日中家から外に出ず、スタートレックのDVDを見たり、本を読んだりして休息した。赤黒時代は、休みに疲れて何もせず良くごろごろしたが、極彩色になってテンションが上がったのか、一日中外に出ないでごろごろはほとんどなくなった。珍しい一日。コーラス疲れ??

スタートレックは、1966年からアメリカでTV放送が開始されたシリーズで、いまだに続いている、超ロングランSFシリーズである。宇宙船エンタープライスに乗ったクルーの深宇宙への調査飛行の物語。

第一世代「宇宙大作戦」の登場人物はカーク船長、スポック副長、ドクター・マッコイ、スコット、スールー、チェコフ、ウフーラ。「激情的なカーク船長、人間的な感情とバルカン星人の理論主義の狭間で闘い続けた副長スポック、やや斜めに世界を見るマッコイ等の人間模様が魅力的。」特にスポックが好き。 本で始めて知り夢中になって読む。ビデオも欠かさず見る。昔のビデオを見ると舞台設定が貧弱なのが愛嬌であるが、ドラマは今見ても面白い。

次の「新スタートレック」は深夜のTVで放映されていたので録画して欠かさず見る。登場人物はピカード艦長、ライカー副長、データ、ラフォージ、トロイ、クラッシャー、ウォーフ。「学者肌のピカード艦長の活躍を始め 人工生命体データのキャラクターの不思議な面白さ、それに魅力的なカウンセラー・トロイの恋とロマンそれに魔法使いQの出現や戦士クリンゴン人のウォーフ等。」データがお気に入り。トロイも美しい。

今TVで深夜に放映中は、「スタートレック・ディープ・スペース9」。欠かさず録画してみている。登場人物はシスコ司令官、キラ副司令官、ジャッジャ、ドクター・ベシア、ウォーフ、オブライエン、オドー、クワークである。「真面目そのもの流動体生物の保安部長 オドーとずる賢い商売人のクワークとの奇妙な友情!?」クワークが憎めない。共生体ジャッジャは美しい。

「スタートレック・ボイジャー」は家族から還暦のお祝いに買ってもらったDVDシリーズである。これもTV放送していたが、TVKだったので放映に気がつくのが遅れた。見損なった前半部分を買ってもらいご満悦。登場人物はジェンウェイ艦長、チャコティ副長、パリス、トウヴォック、キム、ベラナ、ドクター、ケス、ニーリックス、セブンオブナイン。「シリーズ初の女性艦長の活躍をはじめ マキのメンバーもヴォイジャーのクルーに加わりデルタ宇宙域を探索しながら連邦宇宙域への帰還を探る。」途中からケスに代わって登場するセブンオブナインが独特のキャラで好き。

今放映中の「エンタープライズ」は、残念ながら我が家のTVでは見れないので本を読んでDVDが出てくるのを待っている。

と言うわけで、一応いっぱしのトレッキーである。
何度見ても面白いからやめられない。
KIRK03.jpg

pica.jpg

SISKO01.jpg

JANEWA1.jpg

星に願いを

HCF。昨日から練習を重ねて望んだが、一夜漬けではおぼつかづ。
「自由の歌」「肩たたき」「星に願いを」「山に祈る」「モツレク」。
「自由の歌」「星に願いを」は歌っていて楽しい。こういう歌がコーラス暦半年のテナーには好ましい。「モツレク」は荘厳だが、難しい。
4時間練習で、へろへろ。

コーラスを始めてから読書量が減る。電車の中では、コーラスの録音を聞くのをやめて本を読むことにする。
あさのあつこ著「The MANZAI1」を読む。面白い。帰りに「バッテリー1、2」も買ってしまう。
この1年読んだ本で面白かったのは
茅田砂湖著    デルファニア戦記 全18巻  
ダン・ブラウン著 ダヴィンチ・コード  
山本一力著    深川黄表紙掛取り帖、あかね空、他
萩原浩著     オロロ畑でつかまえて、ハードボイルドエッグ、他
宮本昌孝著    夏雲あがれ
藤沢周平著    秘太刀馬の骨 
ロバート・アスプリン著 大魔術師対10人の女怪!、他。
PICT0005dfgrreett.jpg

奥さんと散策に出かける。裏の公園は、梅林が多い。まだ蕾の木が多いが、良く咲いている木もある。大倉山の梅林は見事なものだが、それに比べると質素で素朴。マンサクが咲いている。蝋梅はもう終わり。
そこを通り抜けると、川に水鳥が群れている。この時期は特に目立って多い。

2つばかり駅を通り過ぎて歩く。途中、神社に2箇所御参り。自転車屋をのぞき、スーパーで買い物をする。
暗くなりかかって、寒くなってきた帰り道を腕を組んで帰る。楽しく談笑。

帰ってから、レクイエム他、HCFの練習。鬼平が見たくて中断。

PICT0002sdwettyy.jpg

PICT0004sfduuiii.jpg

PICT0009gfdhhhh.jpg

PICT0014gfdhhhhh.jpg

PICT0020dgftttt.jpg

PICT0027gdfrreee.jpg

カルテット???

北品川で、会食。Hさん、Uさんに駅で待っていてもらったので迷わず到達。

Tさんのお気に入りの場所「あぶりや連」。
隣にYさんのメンバが来ている。中にSさんや山仲間のKさんがいる。

お酒を2日ばかり飲まずにこの日に備える。
Sさんはお腹を壊してお酒が飲めないと言っていたが、その割には随分飲み食いしてる。クロマティック ハーモニカを始めるそうな。 Hさんは、忙しいのかなかなか日程が定まらず。ゴルフの貯金を下ろしたいのでTさんに頼んでようやく日程を一つ決める。 Uさんは、音楽の薀蓄をしゃべる。3年たったらカルテット(フルート、ハモニカ、タンバリン、ベル?、ボーカル)をしよう??? Tさんは、死に方の話。真面目なTさんらしからぬ内容で仰天する。オープンには出来ない。blogのために忙しくしてるのかと言われるが、逆である。極彩色だからblogが続く。

焼き魚が大変美味い。あっという間に3時間が過ぎる。
PICT0001fsdttyuu.jpg

駅にて

水曜会で「駅にて」を歌う時は、偶然休んでいたので、歌うのは、合宿以来。きつそうなのでこのところ練習。

発声練習は、声の出し方が、だんだん良くなるような気がする。しかしすぐに戻ってしまう。カービングスキーと同じで、良い状態を体で覚えこめない。
駅にて。練習が足りなかった。周りに散々迷惑をかける。申し訳なし。先生は60年。私は6ヶ月の100分の一。何度も音が合わないので難しいのかなあと言われるので、100分の一ですとつぶやく。3年待って。
ふるさとの四季は人数も増えたし、何度も歌ってるし無難にこなせる。

バレンタインの贈り物を貰う。お返しはどうするんだろうと思ったら、先生が女性の人数が多いのでお返しはなしと言う。

終わったら疲れがどっと出る。栂池の飲みすぎの後遺症が気になるのでラーメン・お茶コースにする。
PICT0006lk;hytyyy.jpg

PICT0009uyttrre.jpg

獅子ヶ谷横溝屋敷

バレンタイン・チョコを貰う。いくつになっても嬉しい。ときめきの一瞬。

獅子ヶ谷横溝屋敷に奥さんと出かける。
大倉山駅から歩いて獅子ヶ谷市民の森を通り抜ける。丘陵の森の小道を通り抜ける。こういうところは大好きだ。そのまま進めば横溝屋敷についたのだが、わき道を降りてしまったのでわからなくなり、そこにいた中学生に道を尋ねる。すぐそばだった。藁葺き屋根の横溝屋敷。良く手入れされている。
説明によると「慶長年間から名主を務めていた小田切氏の館跡に建つ民家。屋敷は茅葺き屋根の母屋・表門(長屋門)・穀蔵・文庫蔵・蚕小屋からなり、横浜市の指定文化財になっている。この地に立つと江戸時代の豪農屋敷の様子がよくわかる。 建築年代は江戸時代末期から明治時代中期に至る。明治29年(1896)建造の母屋の2階には、昭和初期の獅子ヶ谷村の様子が1/1000の模型で見られるほか、建物の中には農村生活に関する資料や古文書が展示されている。四季折々、自然の中で七草粥、ひな祭り、端午の節句、十五夜などの年中行事も行われている。区内唯一の田んぼもあり。」
座敷にひな祭りの雛人形が飾ってある。いろんな種類のお雛様が飾ってあり豪華。屋敷内の展示物を一通り見てから、雛人形の前で買ってきたおこわ弁当を頂く。目前に雛人形を鑑賞しながら食べるおこわは贅沢の極み。
今日は暖かい。のんびりしてしまう。サラリーマンらしき人が、仕事の途中で寄ったらしく良いなあを連発している。会社に帰りたくなくなっちゃうなあと言う。

せせらぎの小道を探したが見つからない。獅子ヶ谷市民の森に行く。丘陵の小道を散策する。アオキが多い。急な階段をゆっくり歩く。息が切れる。一回りして戻ってきたらせせらぎの小道があった。小道そのものは素敵だがすぐそばに工場やら何やらが迫ってきていて幻滅する。昔は田畑を流れる小川だったんだろう。

バスに乗って綱島に戻る。心地よい疲労。
PICT0003dsfrrttyy.jpg

PICT0004hfgdttuuiii.jpg

PICT0010fghyyuuu.jpg

PICT0056fgdrrttyy.jpg

PICT0019gfhttyyuu.jpg

PICT0021fghttyyyy.jpg

PICT0028gfdhhhhhh.jpg

PICT0087gfhtttrrr.jpg

極彩色の仲間

トリノで厳しい戦いが続いている。
メダル候補が次々と敗れる。ご苦労さんと言いたい。この日のために随分頑張ったんだろう。全力を尽くした人は敗れても美しい。

飲みすぎの疲れが出て、一旦おきてblogを作るが再び休む。奥さんから映画を誘われたが、残念ながらついていけず。

夜。横浜でIさんと会食。久しぶりに会う。blogを見ていてくれて、少し飲みすぎだと忠告を受ける。ごもっとも。
写真を見せてもらう。何故こんなに美しく取れるんだろう。最近教室に通っているそうだ。自分が気に入った写真が良い写真。なるほど。そうは言っても、自分だったら撮らないような場面でもプロは美しく撮るとおっしゃる。それもうなずける。(帰ってからIさんのホームページを久しぶりに訪問。素晴らしい写真の数々に見ほれる。)
他に書道、囲碁、写真旅行など忙しい。以前指揮もしていたし、エレキギターもやっていたので、また始めたらと誘ったが、忙しくて時間がないようだ。
Iさんも赤黒の世界で十分活躍され、きっぱり赤黒から、極彩色に移られた。生活を楽しんでおられ極彩色の仲間。奥さんと仲が良い。極彩色の秘訣は奥さんと仲が良いことだ。

17日目無事終了

今日は、Mさんは肩痛で休む。雪が降り風もあって寒い。上のほうは-10℃を超える。リフトに乗っていると指先がかじかむ。栂の森に行こうとしたが強風でリフトが止まっている。白樺で滑ってリフトが動き出すのを待つ。ようやく栂の森に行く。3人は新雪に行くが、こちらは昨日懲りたので避けて滑る。ゲレンデは雪質が良くって気持ちが良い。少しはカービングに戻ったかな。栂の森のレストランで小休止。雪は降り止まぬ。風も強くなる。
ハンの木、白樺、チャンピオンと滑る。Mさんは診療所で診察した結果、骨に異常はなく、単なる捻挫。昼飯を一緒にして喜び合う。ビール1杯で真っ赤になる。3日飲み続けて肝臓がへばってくる。
ゴンドラで上まで行こうとしたら強風で途中で止まってしまう。何回も止まってようやく上につく。早速降りる。
これで今シーズン17日目のスキーも無事終わった。荷物をしまって帰り支度。何時もこの時間は物悲しい。今シーズンの栂池はこれで終わりかな。また来たいな。

帰りは、みどり湖で中部組みとお別れ。
PICT0094iophhhggg.jpg

PICT0101uopyyttrr.jpg

PICT0103iuoggrree.jpg

PICT0104yioggrree.jpg

お好み焼きモダン

7時に食事。昨夜の飲み疲れで食欲がない。

9時から滑り出す。雪が降っており見通しは悪い。温度が高いのか、昨日より暖かい。途中足慣らしをしながら栂の森まで上がる。Iさんより昨日の滑りが出来ていないと指摘。昨日ほどすいすいいかない。栂の森で新雪に突っ込んであっという間に転ぶ。深くてストックがたたずなかなか起き上がれない。Mさんが心配して近づいてくる。ようよう起き上がる。アドレナリンがどっと出る。皆は新雪で気持ち良いと言うがこちらはもうこりごり。
白樺、チャンピオンと滑る。人が多い。雪は降っているが、暖かいので雪が腐ってくる。春スキーのようで面白くもない。Mさんがゆっくり大回りと言いながら、Iさんが華麗に滑るとMさんもついつい小回りしてしまい、転倒。先シーズンの古傷を傷める。

昼飯は、ジンギスカン、お好み焼き、お好み焼きモダン、イカげそ、焼きそばとビールとサワーを飲みながら食べる。これがまた美味くてどんどん入ってしまう。Sさんの食欲に圧倒される。スキー談義と酔いつぶれた話に花が咲く。それにしてもお好み焼きモダンは美味かった。お好み焼きに焼きそばが下地に入っている。海苔とカツブシにマヨネーズが良くあう。イタリア4星レストランに比べると品はないが美味い。

赤くなってよろけながらチャンピオン、白樺を滑る。Mさんの肩痛を理由にMさんと私だけ15時半過ぎに上がる。
温泉温泉。極楽極楽。

夜は、夕食でビールで始まり、部屋に帰ってイタリアで買ったワインを飲む。ベルハートのTさんの誕生日祝いがあって皆は1升瓶を持って出かける。私はもうこれ以上飲めないので部屋でトリノオリンピックの上村愛子ちゃんを見る。0時過ぎに帰ってくる。随分飲んだようだ。
Iさんもすっかり回復。Mさん肩が痛いのに飲んで良いのかな。Iさんは1升瓶が空いて満足そう。Sさんは良く食べ良く飲む。良い仲間達。
PICT0033yiopiirrr.jpg

PICT0040uopyythjjk.jpg

PICT0043uipyytrrr.jpg

PICT0048uopyytrrr.jpg

PICT0068oypttreee.jpg

PICT0081oupyytrree.jpg

栂池

再び栂池に行く。今回は、関東からIさん、Iさん、中部からMさん、Sさん。Oさんは風邪で残念。Yさんは研修で脱落。男ばかりの5人組み。飲みすぎに注意しよう。

4時半出発というのでねむねむ起きる。2人は現役組なので目一杯滑りたいとの事。ところが待てど暮らせどやって来ない。携帯に電話すれど留守電。どうしたんだろうとやきもきしだした頃、運転手のIさんより電話。Iさんが待ち合わせの場所に来ないので電話してるが出ない。家まで行ってみるという。随分たってから、ようやくつかまる。昨夜送別会で飲みすぎてめろめろだそうだ。ようやく7時半に到着。後ろの座席を見たらIさんがひっくり返っている。 途中、ドライブインでトイレ休憩したら起きてくる。後姿はよろよろして80歳のおじいさん。とてもダンディなIさんとは思えない。昨夜お客との打ち合わせがあって遅れて送別会に出て何も食べずに乾杯を繰り返し、はっと気がついたら家のソファに寝ていたそうだ。電話が鳴っていたが勘弁してくれよという感じ。これは当分、使えるネタだ。
食事を取ったらみるみる回復してくる。お腹も空いてたんだ。かわいそう。

12時半過ぎに何時も行きつけの「ベルハート」に着く。13時半にリフトに乗る。快晴。風があって寒いが、気持ち良い。栂の森ゲレンデまで登って滑る。遠くの山々が良く見える。白馬は強風で雲のような雪煙があがっている。人がいないのでスイスイ滑れる。ハンの木、白樺、と滑る。Iさんよりカービングの滑りになっている。イタリアスキーのロングランの成果とおだてられる。16時過ぎまで滑る。

温泉に入って一段落。焼肉を食べに出かける。外は寒い。
帰ってワインを飲んでMさん、Sさんが来るのを待つ。23時過ぎに2人が到着し、再会(と言っても前回の栂池であったばかり)を祝して乾杯。ビール、ワインを飲む。Iさんを酒の肴に2時過ぎまで飲む。やっぱり飲みすぎだ。
PICT0001ghjrreewww.jpg

PICT0012poyytrree.jpg

PICT0015iuggfdeee.jpg

PICT0016poyytrr.jpg

PICT0027oyigtrree.jpg

PICT0031iottrree.jpg

ラジオの時間

朝飯も食べずに昨日の歌の復習をしてたら奥さんにあきれられる。
下手なくせにはまってきたなあ。

奥さんに出かけようといったら、冬は寒いので冬眠中と言われる。
仕方がないので、松の川緑道から更に先を歩く。
グランドは、慶応の選手が練習をしている。春は頑張ってくれ。 のそのそ歩いてたらおばさん何人かに追い抜かれる。腕を振って正統ウォーキング。 花が咲いているたびに写真を撮る。まだ題材が乏しい。 スキー場だけが雪で、ここらは春にならないかなと勝手なことを考えながら2時間くらい歩く。

昨夜、三谷幸喜氏が話題になったので、録画しておいた「ラジオの時間を見る」。面白くて食入って見てしまう。
「この作品の面白さは、ささいなわがままを受け入れた途端、次から次へと起こるつじつま合わせで、収拾がつかない大混乱に陥るおかしさである。それに伴う人間模様。」 三谷演出が光っており、個性的な俳優の持ち味が生きている。
舞台から映画、TV、小説、更に俳優と三谷氏の多彩な才能は留まる事を知らない。現代日本のダヴィンチ。
PICT0002gfdrettyy.jpg

PICT0006utfgfff.jpg

PICT0008rffddd.jpg

PICT0018hgfjjjj.jpg

PICT0019fhgtttt.jpg

山本一力 三谷幸喜

大好きな山本一力氏の「蒼龍」を読む。気持ちよく読んだが、特に「長い竿」「蒼龍」は好み。「蒼龍」は作者の2億円の借金を返すため、作家になろうという現実が、すざましい迫力を生んでいる。

年賀状の住所録整理。意外に手間がかかる。メールのある人は、メール録を優先。

水曜会。しあわせよカタツムリにのって、歌、それは、足、旅のかなたに、朝ゆえに、かぜのなかのおかあさん。
腹式呼吸が今だし。ハミングの音がずれる。出だしが遅れる。練習したが成果出ず。簡単でないのが面白いといえば面白い。

2日間、飲んでいるのでラーメン組に入りたかったが見失う。飲み会参加。三谷幸喜氏が話題になる。新撰組:史実と違う。迎合している。あれは別の物語として見るべき。「THE有頂天ホテル」評判良い。
先生が京橋フィルムセンターに行ってるのがわかる。ニヤミス。
PICT0001klsfttrree.jpg

ヨイショの神様

ヨイショの神様を見に新橋演舞場に出かける。
私の大好きな藤山直美、勘三郎、柄本明のコンビ。これに波乃久里子を加えた、“浅草パラダイス”シリーズは何度も見たが、いつも大笑い。今回も大笑いして涙がにじみ出た。
藤山直美の関西喜劇のあくの強い笑い。中村勘三郎のほんわかした笑い。柄本明のいやらしい笑い。直美と勘三郎の絶妙のやり取り。柄本明と勘三郎の足芸の面白さ。3人そろうとどうしようもない、こたえられない。
太鼓持ちの芸は見たことがないのでそんな芸があるのかと思う。昭和初期の風景も楽しい。戦後も逞しく生き延びるヨイショ。
『ほめるのではなく、その人のいいところにほれるのがヨイショだ』

説明文抜粋。
「金子成人作、ラサール石井演出。
昭和初期から戦後までの芸人たちの姿を描く。芸人仲間に大ケガを負わせ、刑務所に入っていた太鼓持ち、さの字(勘三郎)は、出所後に恩人の娘、小鶴(小池栄子)やけんか相手の妻、たき(直美)とその弟、雲月(柄本)の困窮を知り、元の稼業に戻ることとなった……。
波乃久里子、火野正平らの共演。あなたは“ヨイショ!の神様”に何をお願いしますか?」

夜は湘南A会の会食。22人出席の盛会。K会長は囲碁、水泳。A幹事は極彩色突入。H幹事補佐。Tさんはゴルフ30台を出す。Tさんは絵画展開く。Mさん、Sさんはスキー仲間。Iさんとは久しぶり。Tさんはタイで6ラウンド。Uさんとまた会う約束。Hさんとはしょっちゅう会う。Sさん極彩色まじか。Aさんまだお働き。Tさん、Tさん初参加。Sさん現役代表。Nさん、Mさんから先輩の状況を聞く。Iさんもいよいよ極彩色。Sさん、Yさんはこの会で会う。楽しい時間が過ぎる。
PICT0007sdfrruuii.jpg

PICT0009dsaeeeee.jpg

20060208084057.jpg

長江文明

奥さんは朝からスーパーボールに熱中。
私は、歌の練習。朝は声が出ない。

久しぶりに勉強会。
長江文明を講義。(出典:フリー百科事典「ウィキペディア」)以下抜粋。
「長江文明は、中国長江流域で起こった古代文明の総称。文明の時期は、紀元前14000年頃から紀元前1000年頃。カボト遺跡(紀元前6000年~紀元前5000年頃)は、大量の稲モミなどの稲作の痕跡が発見された。黄河文明は畑作中心であるので、あきらかに異なる文明である。古代文明=世界4大文明と言う図式も壊し、定説を大きく覆すことになった。長江中流域が稲作の発祥の地と見られている。但し、未だに長江文明は体系化された文字が見つかっていないので文明として公認されていない。文字らしき記号のようなものは見つかっており、もしそれが文字だとすると甲骨文字に先んじた文字となる。長江中流域の屈家嶺文化(紀元前3000年~紀元前2500年頃)、下流域の良渚文化(紀元前3300年~紀元前2200年頃)の時代を最盛期として、後は衰退し黄河流域の人々に征服されたと見られている。」
他の講義は「誰も言わない食文化の危機」「1月分のニュース15項目、トピック5項目」「金利の復活」「「とくする確定申告のポイント」「特殊戦後型日本」「理想的な免疫力増強料理は豆腐の味噌汁である」。

終わって、宴会。皆私より年上だが意気盛ん。
PICT0018sdffff.jpg

PICT0027dsffffff.jpg

PICT0033treffffd.jpg

PICT0001hjklyyttrr.jpg

PICT0002hjklyyttrr.jpg

枝きり

まだ何となく、体がすっきりしない。すぐに眠くなる。
歌の練習とPCメールや情報の整理をしていたらあっというまに時間がたつ。

奥さんと庭の大きくなった木の枝を切る。ケヤキと思っていたが違うようだ。切ったら、樟脳のにおいがするので楠の仲間かもしれない。相当に枝が茂って2階の屋根に届くくらいになっており、隣の家にも伸びているので切ろう切ろうと思いながら先延ばしになっていた。思い切って3分の1くらい切ったらすっきりしてしまった。春は新緑、夏は木陰を作ってくれていた。また緑を楽しませてくれるだろうか。奥さんは太鼓判を押しているが。
後始末も大変だった。手ごろの大きさに切って望月のストーブの薪用にしたり、小枝をくくったりして暗くなるまでかかってしまう。こういう時の奥さんは、手早く心強い。

ケーキカット

次男と私の誕生日のお祝いを同じケーキで祝う。次男と私は同じ月の誕生日。ろうそくは、2人の年齢の下一桁の足し算。奥さんと3人で歌ってろうそくを2人で吹き消す。ケーキカット。コーヒーを飲んでケーキを食べる。美味しい。

久しぶりのHCF。スキーで1ヶ月丸々休んだ。練習していったが、旨く歌えない。
新しく「自由の歌」「星に願いを」が加わっている。次回はまた新しく1曲加わるそうだ。覚えるのが大変。
モツレク全曲と山に祈るを歌う。テノールが2手に分かれるところは、苦手だが、周りがテナーの低音だったので救われる。最後に別れのときを歌って終了。今日から4時間に伸びたので、終わったらかなり疲れる。
帰りは冷え込んで寒い。ツエルマットの-24℃に比べれば、何ということはないはずだが、寒いのは寒い。
PICT0001hggffddee.jpg

PICT0005hggffrr.jpg

誕生日

11日間不在だった間にたまった事務処理や片付けが、ようやく午前中に一段落してほっとする。
その途端眠くなってしまう。まだ疲れが取れてないのか。2時間も休んでしまう。

久しぶりに松の川緑道を散策。モツレクを聞きながら歩く。時間が遅かったのでグランドに選手はいないと思っていたが、サッカー、ラクビー、野球とも練習している。 遅くなってきたら急に風が吹き出して寒くなる。あわててマフラーと手袋をする。
帰ってから、モツレクの練習。何か凄く疲れる。

今日は誕生日。極彩色まで生きてこれたことに感謝。
朝一番に奥さんからお祝いを受ける。
他の方からお祝いの品やメールを頂く。誕生日を覚えてくれてることだけで大感激。
次男が帰ってくるまでケーキカットは待とうとしたが、帰りが12時過ぎになると電話が来たので、明日へ延伸。

節分恒例の幸運の巻ずし丸かぶりを、南南東を向いて無言で食べ願い事をする。
次いで豆まき。全ての部屋で福は内、玄関から外に向かって鬼は外をする。気分すっきり。

奥さんとゴールデングローブ賞の授賞式を見る。奥さんはアン・リー監督の「ブロークバック・マウンテン」が4部門に受賞したのに大喜び。
私は、豪華な俳優達に見とれる。ラッセル・クロウ、ナタリー・ポートマン、ダウィネル・パトロー、ジョージ・クールニー、デカプリ、ハリソン・フォード、エンゼル・ワシントン、カトリーヌ・ドヌーブ、クリント・イーストウッド、エマ・トンプソン、チャン・ツィー、ロナルド・サザーランド、ホアキン・フェニックス、スピルバーグ監督など。後から思い出せるだけでもこんなに豪華。

今日も良い日だった。
PICT0003dgfttrrre.jpg

PICT0001fsdeerrtt.jpg

PICT0007dfgrreew.jpg

PICT0011fsdrrrrrrr.jpg

PICT0012sfdeewww.jpg

大雪

ようやくblogが追いつく。一日かかってしまった。奥さんは2行ぐらいにしたらと忠告。

横浜でSさんと会食。
南米紀行を聞く。マチュピチュ、クスコ、イグアスの滝、ナスカ。資料と写真を用意してもらい説明を受ける。異次元の世界に迷い込む。行きたくなってうずうずする。またしたいことが増えてしまった。 
敦煌、ウルムチ、トルファン紀行も聞く。世界は広い。

黒姫の別荘に雪が3mも積もってしまい、それを除くのに大変だった。正月にスキーをしに出かけたが、雪を除くだけでスキーどころではなく、持っている除雪機も雪に埋まってしまうので、人力で除かざるをえない。お孫さんが屋根からそりで滑れた。などの大雪談を聞く。
今年は、異常気象で各地で大雪であるが、黒姫も例年の数倍も雪が降った。万座、成田、ミラノで数十年ぶりの大雪というのにぶつかったが、黒姫もそのようである。

バードカービングにはまっており、楽しい話を聞かせてもらう。誰もはまったことを離すときは、目の輝きが違う。私もコーラスにはまりつつあるが、目が輝いているかしらん。

久しぶりの水曜会

午前中にお客があり、奥さんに起こされる。頭がぼんやりしたまま対応する。

今日は水曜会なので練習する。旅行中録音を聞いていたが途中で電池切れになってしまう。
2時間ほど練習したら突然眠くなる。少しまどろむ。

水曜会で先週はテナーが少なくて大変だったと聞かされる。
中国から休みで帰ってきたテナーの方がいる。残念ながら今日限り参加でまだ中国滞在だそうだ。
朝ゆえに、すみれ、さくら草、たんぽぽ、菜の花、故郷、春の小川、朧月夜、鯉のぼり、茶摘、夏は来ぬ、われは海の子、村祭、紅葉、冬景色、雪、故郷、昼下がりのジョージ、草原の別れ、幸福が遠すぎたら。
テナーが高音と低音に分かれるところで音が狂い何度も先生に指摘を受ける。とうとう私の前で先生が直接歌って指導される。恐縮。
スキーは旨いかもしれないが、歌はまだまだというようなことを言われたので、ゲレンデで歌いましょうと初めて反論する。

今日は飲み会に参加。何時もながら楽しい。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Y・K

Y・K

FC2ブログへようこそ!

極彩色生活:赤字黒字の会社生活と異なり、感動、興味、ときめきの極彩色社会生活のことを言う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。