2006-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島へ

朝、早速温泉に行く。内湯、大浴場「滝の湯」。次に野天岩風呂「天翔の湯」。男女入れ替わっている。誰もいない。気持ち良いことこの上なし。Tmさんの話によると、翌日会社で匂うそうだ。

朝食。Unさんご夫婦とSさんと私。Sbさんは早めに食事。Tmさんは寝すぎたかと心配したが遅れてくる。お腹がすく。

Unさんご夫妻は、今日から別行動で早めに出る。

出発前に、玉子湯の裏庭を歩く。源泉が湧き出している小屋を通り過ぎて急な坂を登ると玉子神社がある。さらに別の道を登るとスキー場だった。ゆっくりしたいが時間がないので降りる。

SbさんのレンタカーにTmさんとSさん、私が乗る。
Tmさんの案内で高湯温泉を後にして、フルーツラインを通って、福島市に向かう。高湯通り、土湯通り、微温湯通りと温泉名がついた通りがある。フルーツライン沿いには、リンゴ、梨、さくらんぼ、桃の果樹園が並ぶ。リンゴがなっている。

Tmさんは、ここに5年くらい会社生活をしている。
いろいろ紹介。ところがこちらは車に乗ると眠くなる習慣が出てしまいこっくり。

国体記念公園に行く。広大な施設。天気が良いので散歩にはもってこい。民家園が隣接していたが、残念ながら火曜日はお休み。外からちらちら見る。桑の木が回りに植わっているのは、蚕栽培の民家だろう。
かなり歩いて、球場につく。ここで終点。いろんな施設があるが人がほとんどいない。
散策しながら戻る。
巨石公園がある。伝説によると900年代に、この巨石が現れたようだ。

次に美術館に向かう。美術館は信夫山のふもとにある。
常設展示を見る。
横山大観、下村観山、安田靫彦、須田国太郎など。
ベン・シャーンの作品が多い。私は知らないのでSさんの解説を受ける。福竜丸の久保山さんをモデルにした作品がある。
斎藤清の版画「会津の冬」シリーズがある。見ていると寒さが伝わってくる。寒い中にぬくもりがあり、見ごたえがあった。

お腹がすいたので昔、Tmさんが行きつけの蕎麦屋に行く。「峰亀」。
丁度昼時だったので超満員。しばらく待つ。その間、Tmさんは近所を散策。18年前なのですっかり様変わりしているようだ。
ようやく席が空く。
蕎麦が美味い。混むはずだ。

これで全ての工程は終了し、レンタカーを返し、おみやげ物を買う。Sさんが大好きなズンダモチを買う。Tmさんお勧めの漬物を買う。

駅でTmさんが発車間際の新幹線に乗れると急に駆け出す。荷物を落としてもなお駆ける。Sさんがもう間に合いませんよと言いつつ荷物を拾って追いかける。私もSさんを追う。Sbさんはもう発車したよといって駆けない。ホームに着いたら既に列車は遥か彼方。いやーTmさんの元気なのには驚いた。
新幹線の中では走った疲れもあってほとんどお休み。

外湯「玉子湯
PICT0136sdrreerwera.jpg

玉子湯の裏庭
PICT0142trte5r5dsd.jpg

裏庭の小滝
PICT0148dsarrereaa.jpg

国体公園の並木
PICT0172dsrerrrrrr.jpg

銀杏並木の白塀
PICT0184fdsrsaarfff.jpg

福島県立美術館と信夫山
PICT0186tdtt6tyd.jpg

スポンサーサイト

吾妻小富士

朝、お風呂に出かけたらUnさんが写真を撮りに出かけるところ。あがってから恒例の芋たこなんきんをSさんと見る。
朝食に出かけたらSbさんがお腹かすいて参ったと言う。何時もは5時ごろ食事をするそうだ。

五色沼
紅葉が実に美しい。
金毘羅門沼、赤沼、深泥沼、竜沼、弁天沼、るり沼、青沼、柳沼。
エメラルドグリーン、赤茶、コバルトブルーなど それぞれに違う、美しい色の10あまりの沼。
「沼がそれぞれに違う色を持っているのは 磐梯山噴出の時に噴出された 鉱物質の溶け方や 陽光があたった時の 屈折率の違い、 水中植物の影響など によると言われています。又、見る角度や、時間、季節、天候によっても 水の色が微妙に違って見えます。」

Unさんにカメラの撮り方、技術について説明を受ける。
記念写真から風景写真になるようと言われる。

Tmさんは、友人から沼の中に生える木の写真を撮ってくれるよう頼まれて探す。何とかそれらしい木を見つける。

Tmさんの友人が経営する喫茶店に向かう。ナビで指示されたとおりにUn車は向かい、やがて目的の喫茶「白樺」に着く。ところが肝心のSb車が来ない。Tmさんが同乗しているので間違えるはずはないのに、道に迷う。心配した白樺のご主人がバイクで捜しに行く。
Tmさんの指示どうりに進んだら道が間違っていた。Tmさんは、昨日から随分株を下げる。
白樺のご主人は、定年後にスキーがしたくてこちらに住む。喫茶は奥さんが切り盛り。喫茶の改築も小屋も自分で作る。ストーブの薪も自家製。器用なのに驚く。
Tmさんと長い付き合いのようで2人は楽しそう。
奥さんの自家製ケーキが美味い。コーヒーもいける。
Tmさんは滑りにきたいようでいろいろ質問している。

小野川湖からの磐梯山が美しいとレークラインを進む。美しい箇所が何箇所もあったが、Unさんがまだ大丈夫といっているうちに通り過ぎてしまう。残念。

磐梯吾妻スカイラインを通って吾妻小富士に向かう。
ここは、高校時代に登った懐かしの山。変貌振りに驚く。
高校時代は、まだ磐梯吾妻スカイラインがなく、大変辺鄙な地。微温湯温泉を基点に霙の降る中をびしょぬれになってKt君と2人で震えながら登った。誰にもであわなっかたと思う。頂上では何も見えず霧の中。最後は道に迷いほうほうのていで微温湯温泉に戻った。長丁場でくたくただった。体が冷えてあやうく遭難しかかった。薄暗い微温湯温泉に震えながらつかっていたのを思い出す。
この頃、山はKt君に連れられて登り始めたばかりで、山の天候の怖さを知らされた。

それが大駐車場。普通の靴で登る人々。東吾妻山は人を寄せ付けていないが、吾妻小富士は、観光地の真っ只中。懐かしの吾妻小富士よ。かわいそうに何と変貌してしまったことよ。

Tmさんに続いて登る。皆は福島の街が見えるところまででお休み。
ここまできたら1周したくなる。一人で登り続ける。
噴火口の周辺を歩いていたら人気がしなくなりほっとする。皆を待たせているので小走りに駆け抜ける。痛めた足も何ともない。汗だくで戻る。写真を撮っていたUnさんが降りるところに間に合う。Un夫人とTmさん、Sbさんが拍手をしてくれる。Sさんが手を振っている。
Tmさんのおかげで、4*年ぶりに、吾妻小富士に会うことが出来た。

昼食は、簡単に豚汁とお握り。

高湯温泉玉子湯に着く。硫黄の匂いが強烈。
いろんなお風呂がある。まずは内湯の大浴場「滝の湯」で体を洗う。ここも充分に硫黄の匂いが強い。
次に野天岩風呂「天翔の湯」。気持ち良い。団体さんがこんな良いとことは思わなかったと騒いでいる。ゆっくりつかる。
最後に茅葺屋根も懐かしく、外風呂「玉子湯」に入る。創業から百三十年余もそのままの形をとどめているそうで、薄暗い。芋を洗うよう。場所を空けてもらってはいる。これも極楽。
すっかりお肌がつるつるになって部屋に戻る。

夕食は、Tmさんの部屋。お酒が美味しい。飲むうちに酔ってしまい、横になってしまう。

五色沼の紅葉
PICT0052jfghkjhkhkjh.jpg

五色沼の渓流
PICT0072ghjkjhhhjgkhjk.jpg

五色沼
PICT0077hjglgjkllgjkl.jpg

PICT0085fghdhfdghfghd.jpg

PICT0086hgjhgjfjfghj.jpg

吾妻小富士、奥は東吾妻山
PICT0128hfghhfgfghfgh.jpg

磐梯・吾妻紅葉狩り

スキー仲間のTmさんの提案でSさんと一緒に磐梯吾妻紅葉狩りに出かける。
東戸塚に集まり、Unさんの車に乗せてもらう。Tmさん、Unさんご夫妻。Sさんと私。裏磐梯のホテルでSbさんが合流予定。総勢6人。

東北高速で会津若松目指して出発。
何時もの事ながら車に乗ると直ぐに眠くなる。うつらうつらしながら会津若松に着く。昼食は蕎麦。以前、Unさんご夫妻が食べて美味しかったところ。散々探す。ようよう見つける。蕎麦工房「すず勘」。探しただけあって美味しい。

鶴ヶ城見学。「会津は戦国時代に、葦名・伊達・蒲生・上杉・保科・松平と数多くの大名が治めた歴史があります。 また、幕末戊辰戦争では旧幕府派(東軍)として最後まで抵抗したため、会津が激しい戦場となりました。悲劇として有名な「白虎隊」はこの戊辰戦争でのエピソードです。」

Unさんがビューポイントを探していろいろ歩く。カメラの腕は、仲間の中でぬきんでている。

会津を出発して、途中猪苗代湖を遠望する。
磐梯山も見えてくる。

裏磐梯高原ホテルに到着。
ホテルの裏に五色沼の一つ、弥六沼がある。その周辺の紅葉が美しい。沼に写る磐梯山も素敵。アヒルが毛繕いをしている。Sさんとしばし見とれる。

Sbさんが到着し、桧原湖に出かける。福島には長らく住んでいて自他共に認める情報通のはずのTmさんが桧原湖に行くのに道を間違える。ナビが正しい。薄暗くなりかかる。桧原湖では、日本人の好きそうな風景が広がる。

帰ってお風呂に入る。42℃と40℃の湯船がある。交互に入ってみる。

食事まで時間があり、Sさんは寝てしまう。私はコーラスの録音を聞いていたら眠くなる。

食事はTmさんの大好きなステーキ。美味しい。Sbさんは量が少ないとおっしゃる。私とSさんには充分。ワインを飲む。
Sbさんが自宅につけるエレベータが話題の中心。
来シーズンのスペインツアー計画中のUnさん。なかなか日程がはっきりしないので少々困るが見積もり中なのでしょうがない。日程によっては参加が難しい。

鶴ヶ城
PICT0020trewtrytreyret.jpg

猪苗代湖
PICT0022ghfhdghjj.jpg

弥六沼に写る裏磐梯
PICT0032treyertyy.jpg

弥六沼周辺の紅葉
PICT0038trewrettwtr.jpg

PICT0041rtertyyrt.jpg

桧原湖
PICT0046dghhjgfhjhhh.jpg

ルミネtheよしもと

今日は何となくおっくうで、2つも計画していたことをサボる。
接骨医に行く予定を延期し、慶早戦をMgさんが、用事で行けないことを良いことにしてやめる。
行かなかったら慶応加藤投手の好投で5-1で勝つ。神宮は慶応が歓喜しただろうな。残念。

Sさんは、東京国際映画祭を見終わってお疲れの様子。

ルミネtheよしもとに出かける。
行く途中、駅で子供が何か電車とホームの間に落としたように見えたが子供が騒がないので目の錯覚かなと思い一緒にいた母親に知らせなかった。ところが自由が丘のホームで、子供が泣いてお母さんがおろおろしているのを見る。しまったやはり何か落としたのだ。電車が出てしまい、またも教えられず。反省。

ルミネtheよしもと
私の前の席2列が空いている。他は満席なので異様。
最後の劇が始まる前に、勇敢な女性が椅子を乗り越えて空いている席に移って来た。

レイザーラモン /あべこうじ /千原兄弟 /今いくよ・くるよ /サカイスト /カリカ
今いくよ・くるよがとり。関西のあくの強い笑いの受けが少し弱い。あべこうじが好き。レイザーラモンは、流行が過ぎて迫力に欠ける。

新喜劇。
今田耕司 /山崎邦正 /山田花子 /大山英雄 /宮川大輔
さえないうどんやが舞台。貧乏神に取り付かれて、主人の父親は自動車事故。妹は夫が借金をして失踪し、借金取りに追いかけられる。おまけに近所にうどんのチェーン店が出来値段も安い。
全て貧乏神のせいだと追い出す画策をして追い出す。ところが、借金とりが妹を借金の肩代わりに連れ出そうとしていたところに、ぽんと借金の肩代わりをする人が現れる。事情を聞くと、貧乏神がしがない浪人生のために軟派した2人の女性が軟派されたおかげで事故が起こったバスに乗らないですんだとのこと。良く聞くと貧乏神は、貧しいが守ってくれるということがわかり家に戻ってくれと頼む。

たわいのない話だが大笑い。

帰りにルミネの中をうろついたが若者だらけ。白髪頭はわれのみ位の感じ。

庭のネリネ
PICT0002ghffghfgh.jpg

庭の薔薇
PICT0003nbmmbnmbn.jpg

近所のシクラメン
PICT0005dfhgfhgfhfgh.jpg

近所の千日紅
PICT0007vbncmnbmmb.jpg

またまた小淵沢カントリークラブ

朝ぐっすり寝ていたら同室のTmさんに起こされる。まあ良く寝たものだ。10時間以上。
洗面後外へ出たらStさんが既に起きている。
早めに食事。お粥。

先週パットが難しかったので十分に練習。
先週一緒に回ったキャディさんが、いたので今回は紅葉の美しい場所を十分に聞いて見落とさないようにする。
先週よりも紅さが増している。ドウダンツツジ、ニシキギ、紅葉。

Tkさんのドライバが輸送中に首が折れるというアクシデント有り。貸しクラブとなる。
一緒に回るのは、Tmさん、Ynさん、Stさん。Tmさんと私はYnさんが100を切らるか切らないかで勝負をしている。
舌戦も凄い。
Stさんはぶんぶん飛ばす。ドラコンはほとんど独り占め。
Tmさんは、Ynさんと相性が悪いのか、昨日のマージャンであまり寝てないのがたたったのか、ドライバがおかしい。
Ynさんは、舌鋒鋭い。スコアは舌鋒程でないが。100はゆうゆう切りそう。
私はドライバよりフェアウェイウッドの方が飛ぶみたい。
キャディさんに教わった紅葉の美しいところはばっちり鑑賞。

後半、スタートの時、リスがちょろちょろ走るのを見つける。余裕はあるが、スコアに反映しない。
TmさんはYnさんの舌鋒に負けたのか疲れたのか、ベンチで寝転んだりして元気がない。ところが突然Ynさんが乱れだしたら、俄然Tmさんは元気になってドライバもばんばん当りだす。2人を見てると面白い。
最後のホールで100を切るか切らないかというところまでもつれ込む。気を持たせたが結局99。しぶとい。前回も3人一緒の時は99。

お風呂。パーティは、Tsさんお勧めの「Country Kitchen」。
ここは美味しくて雰囲気も良い。お勧め。

優勝は長老のKsさん。最初カートでないと嫌だとか言っていたが、歩きで十分実力を示す。準優勝はYsさん。極彩色に入ってゴルフ三昧というだけあってだんだん上達。3位はハンディのおかげで私。先週よりは改善。新潟では7位、先週は5位、今週は3位だから次は優勝か。

先週もここで一緒だった、Tsさんは、実力を出す。Mnさんは相変わらずパットに苦しむ。

楽しく歓談し、名古屋と関東に分かれて散会。
帰りのあずさで賞品のウィスキー、ワインを美味しく飲む。途中から目が開けられなくなり八王子に着くまで寝てしまう。またTmさんに起こされる。

ニシキギの紅葉
PICT0031dfgfgghgf.jpg

ドウダンツツジの紅葉
PICT0032jghgfhjghjhkk.jpg

目の覚めるような紅葉
PICT0051yrteyrtyrerr.jpg

PICT0053tytyjfgjfgjj.jpg

群れる鯉
PICT0056ghjfhjkhkkjklj.jpg

小淵沢CCの?
PICT0071jklhlhjk;hlk;.jpg

TF会

朝の日課。芋たこなんきん、食器洗い、歌の練習。
たまったビデオを見る。スターゲート。TVを見る時間がないので、芋たこなんきんスターゲートドクターフー、(たまに)スタートレックに絞る。

TF会。八王子でMnさんと待ち合わせて、あずさに乗る。禁煙車の自由席が満席なので喫煙者に乗る。途中で空いたので禁煙車に移る。
小淵沢で降りて、Mnさんお勧めの「スパティオ小淵沢」に行く。温泉。大好きな露天風呂でゆっくり。Mnさんは温泉大好き人間で車で温泉巡りをしている。

先週も泊まった「小淵沢カントリークラブ」のロッジに行く。名古屋からKsさん、Ynさん、Ysさん、Stさんが既に到着。Tsさんの所によって、瑞牆山の紅葉狩りに行っていたTsさん、Tkさん、Ttさん、Tmさんも到着。総勢10名。

TF会の飲み会が始まる。
私は、昨日の水曜会の飲み会の飲みすぎがたたって早々と脱落。7時半に就寝。後で聞くと、10時まで飲み、マージャン組みは12時過ぎまで起きていたそうだ。タフだなあ。

庭のバーベナ
PICT0002fdghfghhhjhjgh.jpg

庭のピラカンサ
PICT0006jkljljkljhjj.jpg

庭のホクシャ
PICT0007hfgdfghhhh.jpg

近所のベニバナヒメフウロと思われる
PICT0009fdsgsdasaaaas.jpg

近所のシオン
PICT0010ghjgfhjgjhg.jpg

水曜会

芋たこなんきん」で起きる。
部屋が心地良いと思ったらSさんがストーブを入れている。Sさんは寒がり。

接骨医に行く。足指を使うように歩き方を変えたら痛みはほとんどなくなる。階段を降りる時のみ不安。
テーピングと針。先生より、階段を下りるのに不安がなくなるのが目安と言われる。
待っている間、前の患者が親父の年を越えたからもう良いと言ったら、生きていてもう良いということはないと受付のおばさんに諭される。
おばさんから、寒がりでもうストーブを入れたと言われ、家でも入れたといったら喜ばれる。

来客。Sさんの話が面白くて時間がたってしまう。Sさんはあわてて東京国際映画祭に飛び出す。この1週間は大変。

球根を植えつける。昨年使ったプランターはほとんど使い果たす。後は地植えと、新しいプランター。球根は昨年より増えた。場所が心配になってきた。後2,3回で終わらせたい。

切符の変更に早めに恵比寿に行く。
駅から出て信号待ちの時に偶然Ttさんに会う。

着いたら既にYsさん、Mwさん、Otさんが来ていて机を並べ終わっていた。Otさんは、お孫さんのお世話で昨日サンノゼから帰ってきたばかり。2週間休んだので大変と言われる。まだ時差ぼけ。
団長が今日はお休みと聞いてがっくり。

発声用の練習曲が新しく3曲目。譜が振ってあって良かった。
新曲は「てぃんさぐぬ花」「こんにちは大きな木こんにちは地球」。

てぃんさぐぬ花」は沖縄のこども歌の信長貴富編曲。節回しが独特。音取りに苦労した後、歌詞を歌うが、言葉が沖縄言葉で外国語と同じ。てぃんさぐとは、鳳仙花のこと。

こんにちは大きな木こんにちは地球」は新実徳英氏の曲。音取りを間違えて、先生から布の刀で切りつけられる。その後、先生は忍の腕輪でぐっとこらえる。
先生が珍しく間違えた時、私に刀を渡したのでお腹をつつく。尊敬する先生に何て事をするのか。

スイス帰りの、Ksさんがやってくる。休みのはずの団長も出張帰り?からやってくる。何とかテナーも落ち着く。最後にMsさんがきて、最初からいたOtさん、Tkさんと合わせて6人。

最後に「草原の別れ」を歌って終わり。
今日で全ての曲を一通り歌い終わる。
疲れた。

飲み会。Smさんは休みに野球で肉離れをしてお酒が飲めない。Fjさんから音取りのアドバイスを受ける。Kdさんはダイエット中なのに良くお食べになる。Msさんか誰かが布の刀でなくて真剣でやったらとか言う。緊張してうまくなる?すぐに重症で運ばれそうだ。Tkさんからまだ8ヶ月もあるから大丈夫と慰められる。Ysさんが持ち込んだ赤ワインが美味い。

帰ってから大分たってSさんが東京国際映画祭から帰ってくる。金曜日までに17本見るそうだ。体力戦。

庭のネリネ?
PICT0002hgfhghhhf.jpg

近所のハイビスカス
PICT0004fghhhhh.jpg

近所の?
PICT0007tyyrfgfgfgg.jpg

近所のキバナコスモス
PICT0008ghfghhhhh.jpg

近所のユーリオプスデージー
PICT0009fgdghfgggg.jpg

赤い魚

早慶理工学部相模ゴルフ会に行く予定。雨が激しいので幹事のNhさんに電話。やるようなので出発。途中まで行ったらやめる人も出てきたのでやめても良いと連絡が入る。雨の中ではやりたくないので申し訳ないが欠席。
この会には初参加なので由来など聞いてみたかった。
後で聞くと、会は成立しなかったが6人だけでプレイ。雨は上がったが風が強くてスコアメイクには苦労したそうだ。

Sさんは、東京国際映画祭、アジアの風の映画を見るのに忙しい。あっという間にいなくなる。

この日は、こまくさの会と赤い魚の会と重なっており、何れも不参加の連絡をしていた。こまくさの会は間に合わないが、赤い魚の会は昼食なので、参加と連絡。

茅ヶ崎の「赤い魚」に向かう。
Htさん、Mtさん、Ssさん、Nuさんが既に来ている。
Fwさんの病状を皆が心配。
Okさんは、コーラス発表前の臨時練習で欠席。
Mtさんが、認知症の見分け方、防ぎ方について講演会の内容を説明。
Htさんは、ゴルフが飛ばなくなったと言っているがMnさんが負けたといってるところから90台前半は出ている。
Ssさんは、コンドロイチンを飲んだら腰の痛みが治り絶好調。
Nuさんは、物忘れが激しいと言うが、本を出版するような人はぼけないよと言われる。
大先輩の皆さんだが、かくしゃくとしている。あのように年を重ねたい。
海鮮チラシ寿司が美味い。

帰って球根の植え付けをしようと思うがあまりの寒さに家に引っ込む。寒波。暖房を入れたいくらい。
八宝菜の基にキャベツ、ピーマンを入れて夕食。なかなかいける。次男用にとっておいたら、次男がお父さん料理上手くなったねと驚く。最初から作ったんではないと言おうと思ったがあんまり感心するので言いそびれる。

近所のコリウス
PICT0004fghdfghjfjj.jpg

PICT0005fghhhjjj.jpg

庭のベコニア
PICT0001cvbxbvvcxn.jpg

庭のヒメツルソバ
PICT0016nbmbvmnvbm.jpg

黄金色

昨夜早く床につきすぎたので、夜中に目覚める。眠れないので歌の練習をしたら疲れて再び寝付く。歌はエネルギィがいる。

心地良い目覚め。雨戸を開けたら朝の光の中で黄金色に光る枯葉の乱舞。かさかさと音を立ててひっきりなしに舞い落ちる。風が吹くとどっと降る様に落ちる。

家の中を片付けて、水抜きをし、出発。帰りは何時も寂しい。

帰宅したらSさんがインフルエンザ予防注射の予約をしたから早速行けという。あわただしい。インフルエンザ注射の後は、接骨医に行く。
思い出してきたが、北岳の長い下りで左足を痛めてから、ひんぱんに左足首が痛むようになった。左足はかって捻挫を何度もしているのでその後遺症でもある。
接骨医の先生からは歩き方が悪いと指摘される。ぺたぺた歩き。足の指をしっかりつけた歩き方をするように指導される。テーピングと針。
下りが特に指を使って歩くと楽。テーピングと足指歩きで痛まなくなる。

芋たこなんきんの録画を見る。

望月の秋の庭
PICT0123fhgdhdghdh.jpg

ほうのき
PICT0124yttttttuuu.jpg

ひかげのかづら
PICT0129hdfghgdhh.jpg

秋の望月高原牧場

鮭を焼く。おでん。

歌の練習後、望月高原牧場に行く。
鳥は虫や木の実を探して木々の間を飛ぶ。シジュウカラカケスは見分けられる。羽が茶色でチチチと鳴く鳥は何と言うのだろう。
かぼそい虫の声。最後の蝶が舞う。
黄色い葉が多いがちらほらと紅色も混じる。
リンドウがあちらこちらに咲いている。この時期あまり来ないのでここでこんなにリンドウを見るのは初めて。
きのこ採りのじじばば。犬散歩の女性。
昨日の疲れか、元気良く歩けない。歩き方を気にしているせいか疲れる。牧場の上まで行くのをやめる。蓼科山が見える。浅間山は霞の中。

夕食は、大好きな豚足ホルモンのニラ、菊菜炒め。美味くて食べ過ぎる。太ったみたい。

恵の平のつたうるし?
PICT0088fghsfghfg.jpg

望月高原牧場のやまうるし
PICT0091dfgsdfgdfgg.jpg

望月高原牧場の?
PICT0094bnvmnbvmvbvv.jpg

こまゆみ
PICT0107dfsgdfgdfds.jpg

可憐な蝶
PICT0113ghfssgfgfhhgfgh.jpg

リンドウ
PICT0119gfdsffgsdsf.jpg

小淵沢カントリークラブ

同室のMnさんは、昨夜マージャンで遅かったのでぐっすり寝ている。何時も早起きだと自負していたが、こちらが先に起きて起こす。

晴天。八ヶ岳が良く見える。何時も見るのと異なり裏側からなので、山の形が違う。

小淵沢カントリークラブ。Mk会長の挨拶。
私は、Mnさん、Smさん、Szさんと一緒。
Mnさんは、めがねを新調したがあわない。途中一度代えてみたが物凄いミスショット。やむなくまた古い少しひびが入っているめがねに替える。ドライバが飛ぶようになったと豪語。
Smさんは、以前2番アイアンで打っていたが、ドライバに代える。ドライバで打つとこんなに楽とは思わなかったと豪語。
Szさんは、始まる前にこの頃腕が上がったという評判だよと暗示をかけたら、そのせいか乱れに乱れてしまう。失礼。こんなにナイーブとは思わなかった。
グリーンが、傾斜した所に切ってあって難しい。皆、何で楽しくプレイさせないかと勝手なことを言う。

八ヶ岳紅葉は堪能する。キャディがお勧めの見所の紅葉をプレイに夢中で撮り損なったのが残念。

昼食は、車なので皆ながビールを美味そうに飲むのを横目で見てジュースを飲む。

後半、飲みすぎたのかSmさんがよろける。Mnさん以外はスコアを落とす。
痛めた左足は、サポータでカバーしたので時々キヤッとするが大事に至らない。歩き方で違うようでぺたぺた歩くとだめ。足全体を使うように歩くと痛まない。

終わってお風呂は極楽。

優勝は、風邪気味のWnさん。いざとなると強い。
準優勝は、ベスグロのFkさん。3位は幹事のHrさん。何時も乱れず良いスコア。
ブービーはJnさん。昔私と回ったときはひどかったが、今は私と同じくらい。Szさんは私のささやきがきいてホタル。
私はペリアのハンディキャップに恵まれて5位の飛び賞。この前のベルナティオでも7位の飛び賞。ついてる。
ニアピンはTcさんが独占。

会長から賞品の差し入れ。会長自身は素晴らしいスコアだがハンディに恵まれず賞品授与の名誉のみ。
地元のTsさんはグリーン苦戦で何時もの調子が出ていない。

楽しく散会。

私は望月に向かう。途中食料を仕入れる。美味しそうな豚足ホルモンを仕入れる。
家に着いたら温度は10℃。薪をたく。ようやく火がついてSさんに電話。
夕食は、煮込みうどん。菊菜を入れる。ベトナム風野菜巻き。
歌の練習をして早々と寝る。

ドウダンツツジの紅葉
PICT0037vchvghcccc.jpg

PICT0049vbcgvgcfgf.jpg

紅葉狩り
PICT0053hgvhgvvgg.jpg

ゴルフ場よりのぞむ八ヶ岳
PICT0058vcvgggdd.jpg

PICT0063jhgjhgufff.jpg

M会

日課となった「芋たこなんきん」を見て、歌の練習。
近所に出かけたら子猫が気持ち良さそうに群れて寝そべっている。工事中で車が通れないので安心してそばに行っても動こうともしない。
庭の水盤にスズメが水浴びしている。常連なのかこちらも安心しきっている。

「M会」がある小淵沢カントリークラブに出かける。調布までスイスイ、中央高速も空いていて2時間ちょっとでついてしまう。
今日はクラブロッジでM会の宴会。

早く着きすぎたのでゴルフ場の紅葉を見にぶらつく。松の剪定をしている。親方らしき方が、指示している。

部屋に入ったら運転疲れからか、うとうとする。ノックで目が覚める。Wtさんが来ている。松本に用事があって早々と着いたようだ。コーヒーを飲みながら2時間近く話し込む。話は尽きない。

ようよう皆が到着。
幹事Hrさん。Mk会長。
宴会が始まる。
Mk会長はますますお元気。最年長だが現役の社長。ご自分では元気そうな振りをしてるおっしゃるが顔色を見ると中身が元気。
Hr幹事は、うるさいメンバを良く束ねてくれている。こちらも現役の会長なのに使い走りをさせて申し訳ない。と思いつつ何もしないが。
Wtさん:風邪気味と言いつつ知らぬ間に随分飲んでいる。金賞のお酒を持ってきてくれる。
Tsさん:この近所の住人。絵を描く。奥様は国展入選の芸術一家。
Mnさん:極彩色になったばかり。元気一杯。会社時代より頻繁に会う。
Szさん:半分極彩色。一時孫の世話で老け込んだが、復活。
Jnさん:極彩色になったばかり。芸術家の奥様のマネージャ。
Smさん:奥様を愛しているという愛妻家。私の同類。親しみを感じる。
Fkさん、Tcさんはまだ会社生活どっぷり。
2次会も全員で行いすっかり出来上がる。
この後、マージャン組が残る。

近所の子猫たち
PICT0006sdfafdsgggg.jpg

庭のホトトギスは真っ盛り
PICT0009gdsfgsddfd.jpg

小淵沢カントリークラブロッジのドウダンツツジの紅葉
PICT0010asddsdddd.jpg

紅葉
PICT0014assasa.jpg

ニシキギの紅葉
PICT0015asdddsaad.jpg

足首の痛み

次男を起こすSさんの声に加えて、最近は、「芋たこなんきん」が始まるよーと言う声が加わるようになった。BSと総合と2回あるので見落とすことは少ないが見落としたら土曜日に1週間分の放送を見ている。

足首が時々痛む。歩いていると突然痛くなり、足を引きずってしまう。無理して歩いていると再び治る。この頻度がだんだん高まっている。
近所の接骨医に出かける。今まで、捻挫や、50肩、肉離れなどで、たびたびかよっている。
最初は新人の医者が診察したが、いろいろさわっても痛まない。先生に代わったら、一発で骨がこりこり言うところを見つける。骨の間接が、以前肉離れした後遺症で、きっちり締まっていないそうだ。テーピングと針をして土曜にもう一度くるように言われたが、都合がつかないので月曜夜に行くことにする。
テーピングをしたら、足を引きずるほどの痛みは抑えられるが、時々きやっとする痛みが走る。スキーまでには治るのかなとちょっと不安。

矢上川でかもの群れが餌をついばんでいる。白鷺もいる。矢上川には鯉と鳥が多い。

帰ってから歌の復習。

球根の植え付け。月下美人が昨夜咲いてしまったようだ。今年は何時も見損なってしまう。
Sさんが、金木犀に日が差さないので、コノテガシワの鉢を動かして金木犀の鉢をフェンスの前に出す作業をする。こういう作業は我が家ではSさんの独壇場。
私は、ちまちまと球根をプランターに植える。あっという間に時間がたつ。土をいじるのは大好き。畑を借りて農業をしたいところだが、時間が足りなくて出来ない。

横浜の北海道に出かける。
Kwさんを歓迎する会。私が幹事。Kwさんはこの度めでたく極彩色生活に入る。随分お世話になった。秋田在勤中には、4回も白神山地などにつれて行って貰う。Kwさん自身は登山は好きでないが付き合ってくれた。大変元気そうで嬉しい。ゴルフだけでなくダンスを再開したらとけしかける。
Hrさん、Kmさんも来る。時間を間違えたNmさんが遅れてやってくる。
Hrさんは、会長職で忙しいのに、こういう呼びかけには義理堅く参加してくれる。明日も一緒なのに途中で気がつく。
Kmさんは、以前秋田で雨の中でゴルフしたのを楽しく話す。
Nmさんは、かって少ないメモリでFortranを開発したことを延々と話す。

また気持ち良く飲みすぎた。

庭の月下美人(前夜咲いてしまった)
PICT0002fdhgfhhhh.jpg

近所の薔薇
PICT0010hgjfjhgjg.jpg

近所のトサカケイトウ
PICT0015jkhgghjf.jpg

近所のクサフジウツギ
PICT0016hfdghgdfhhh.jpg

矢上川のかも
PICT0018fhgfdghgfhfghhhh.jpg

真剣白刃取り

疲れが出て昼間はのんびり。
Sさんが出かけているとやたらと電話と訪問者の応対に追われる。

水曜会。
始まった時テナーはTkさんと私しかいなかったのでFjさんに今日は個人レッスンですねと喜ばれる。少し遅れてHtさんがやって来てほっとする。
初めにI先生の発声練習。博打場の壷を下向きにしたような形で声を出すという比喩。何となくその気になって歌うと深みのある声が出るような気がする。背骨の前で声を出すようにとも言われる。体全体が楽器なんだ。
子音の発声練習は普段あまり意識して使ってないので、興味津々。

新曲は、「7つの子ども歌」より「あんたがたどこさ」、「空、海、大地と木のうた」より「空と海のあいだで」。
あんたがたどこさは、いきなり歌詞で歌う。簡単だと思ったがテンポが速くなると途端に難しい。
他に前回、歌詞がつかなかった「守り継がれる大地の歌」にようよう歌詞がつく。難しい。

今回は女性の要望に応じて、先生があらかじめ歌詞を読む。好評。

Ttさんが先生に名古屋のおもちゃで布で出来た刀を持ってくる。それに附属して忍耐と書いた腕輪。忍耐とは良くぞ見つけてきた。先生が喜んで、刀を振り回す。
うまくいかないと切りつける。失敗を重ねたので2、3回切りつけられる。最初は塚原ト伝流に楽譜で受けていたが、楽譜では申し訳ない気がして、真剣白刃取りをする。
先生が失敗した時は、切腹。皆が介添えをしましょうと言うので、先生はつめたいなあとつぶやく。

お願いしていたMDをTkさんより頂き感謝。復習に役立てよう。

飲み会。
バスのTkさんに、譜読みは皆も大変なんだと慰められる。予習より復習を大切に。
隣のTsさんが小指に怪我。腱が傷ついたよう。
Msさんがあの刀は血染めの刀だという。(布の刀は赤い)
新人の方のことを思いやる発言が皆から出る。自分も昨年はこのように思いやられたのかなと思う。新人担当のGtさんに感謝。今も新人みたいなものだが。
Ysさんの赤ワインが美味しくて飲みすぎ。

庭のベニトキワマンサク
PICT0001sdafsafdsgfgd.jpg

庭のハナキリン
PICT0004asdffgdf.jpg

庭のツルハナナス
PICT0005sdfggfdgg.jpg

庭のホクシア
PICT0009gfdhgfdhgfddfg.jpg

ベルナティオ

早朝5時ごろにがたがたする音で目覚める。早々と準備開始。
食事が6時半で7時ゴルフプレイスタートなので忙しい。食事の前にゴルフシューズを出したり、温泉に入ったり、ばたばた。

朝食はバイキングなのでついとりすぎる。

プレイ開始。最初はパーで幸先良し。ゴルフ場はうねっていてカートでないと大変。かなり難しいコース。グリーンも難しい。
Mgさんは、綺麗なフォームで飛ばす。Tnさんは、前半は乱れるが後半は持ち直す。体力がついたから後半型になったという。最も上手い筈のSmさんが不調。特に後半乱れる。昨夜12時近くまで飲んでいたのがたたる。私は、前半はまずまずだったが、後半ドライバショットが全く当たらずいらいらしているうちに全ておかしくなる。ミスショットをして駆け出したら左足首を痛める。この頃、時々左足首を痛める癖がついてしまう。スキーシーズンまでには直したい。
後ろは女性4人組。引き離すこともあるが、後半は追い上げられる。
コースは、スコアを無視すれば気持ち良い。よく晴れゴルフ日和。

スルーで回り終わって温泉で一息。

昼食は、昨夜と同じ場所。MtさんにMgさん以外の3人は下回る。Tkさんは昨夜Smさん達と夜遅くまで付き合ったせいか、後半乱れる。

バスに乗る。
車中で、眠くなりまどろむ。
高速で、成績発表。新ペリア。中大41年組が上位独占。体育会系。
Tnさんが5位。私は7位で帽子を貰う。

Mgさんのアイポットを聞く。慶応の応援歌ずくし。Mgさんの慶応大好きが感染。聞いてるうちに学生気分というか高校生気分となる。
若返って新宿に着く。

ベルナティオ ゴルフ場
PICT0066fgdhdhhg.jpg

PICT0075dssdagfdgfdg.jpg

ゴルフ場のススキ
PICT0071werqwreqq.jpg


PICT0076fdgsfgfgddfg.jpg

コスモス

Smさんのアレンジでベルナティオツアーに参加。
新宿の都庁大型車駐車場に向かう。
ついたら、Mgさんがゴルフバックを抱えて来ている。
大型バスに乗る人が一杯並んでいるのに驚く。リタイヤ後の人が多い。
ベルナティオ行きの列を見つける。
幹事のSmさんもやってくる。最後にTnさんがやってくる。高校時代の友人4人が揃う。Smさんは我々の仲間とテニスやゴルフ仲間12人をまとめている。

この会は、不思議な会で、東電関係のグループと、中大41年卒のグループと、Smさんのグループの混成部隊。総勢36人。内ゴルフ組が26人。他は、観光組。幹事がしっかりしていてばらばらのグループが良くまとまっている。

バスで出発。4時間弱の旅。新潟のあてま高原リゾートベルナティオに向かう。
後で、リゾート地建設に苦労されたTgさんから、聞いた話しによると、東電が発電の施設に関連してリゾート地建設に尽力したようだ。設立後10年。

全く失念していたが数年前にSmさんのアレンジでTnさん達と来たことがあった。Tnさんに言われて思い出す。その時は、がけ崩れや霧で散々だったことも思い出す。

車内は禁酒禁煙。Tnさんの隣に座り近況を語り合う。Tnさんは退職後、スポーツジムで鍛えている。絵も始めたようだ。Mgさんはイヤホン。何かと聞いたらあわてて切り替えて英会話だと差し出す。うそだろう。
幹事がクイズをしたりして時間をつなぐ。例えばバスのタイヤは何本か、10時30分には時速何キロで走っているかなど。帰りに賞品が出る。

ようやくベルナティオに着く。Smさんはテニスに早速出かける。MgさんとTnさんと私は、昼食後、散策に出かける。テニスをしているSmさんをひやかし半分で見る。敷地は相当に広い。池があったりしてなかなか楽しい。

コスモスが素晴らしいというのでそちらに向かう。
一面のコスモス畑。コスモスの中を歩く。赤やピンク、白などの花々の中を歩くとえもいわれぬ良い気持ち。ミツバチもぶんぶん飛んでいる。風も心地良い。ここだけは別天地。
きばなコスモスも咲いている。
極彩色そのもの。

Mgさん、Tnさんがゴルフの練習をするというので付き合う。
ドライバショットが全く当たらず。
パットの練習。グリーンが難しい。明日が思いやられる。

温泉に入る。気分良し。

部屋で4人集まって歓談しているうちに宴会の時間になる。
それぞれのグループにわかれてテーブルに座る。女性2人が加わる。テニス、ゴルフをやりすぎて腰を痛めたMtさん。ペルーなど海外在住が長いTkさん。楽しく時間が経つ。八海山が美味い。赤ワインもいける。
すっかり良い気分。

Smさんは2次会に行こうというが、こちらはもうねむねむ。9時前に就眠。

ベルナティオコスモス
PICT0035yertyretyww.jpg

PICT0039dfsgsdfgsgfdfg.jpg

PICT0044sfdsdff.jpg

PICT0049sdfgsdgsdfgfgd.jpg

PICT0055fgdsgsdfggdfs.jpg

きばなコスモス
PICT0056dfsgdsdsfggf.jpg

仮名手本忠臣蔵

歌の練習。疲れたら球根植え付け。いささか張り切りすぎて疲れる。

慶応は連敗。早稲田が法政を破り。優勝。
来年はハンカチ王子も入り早稲田全盛時代の幕開けか?慶応頑張れ。

Sさんと10月大歌舞伎夜の部に行く。

仮名手本忠臣蔵
解説文「主人塩冶判官の一大事に駆けつけられず、自責の念に苛まれる早野勘平(仁左衛門)は、・・・かつての同志千崎弥五郎(権十郎)に出会った勘平は、名誉挽回のために仇討資金を調達することを約束。一方女房お軽(菊之助)の父の与市兵衛は、お軽を祗園に売ることでその資金をつくろうとし、手付け金五十両を得ますが、・・・山賊の斧定九郎(海老蔵)に襲われ、金も命も奪われます。・・・定九郎は猪と間違われて勘平に銃殺され、五十両は勘平の手に渡ります。・・・お軽を引き取りに来た祗園の一文字屋お才(魁春)の話から、勘平は自分が与市兵衛を撃ち殺したものと勘違い。姑に疑われ、同志の千崎、不破数右衛門(弥十郎)に突き放されると切腹して詫びますが、その直後に疑いが晴れ、敵討の連判状への血判を許されます。」
見ているうちに長谷川町子が漫画で書いていたのを思い出す。歌舞伎特有の凄惨なお話をさらっとめでたい話にしていたように記憶している。
前の席の外人が大変喜んでみている。わかるのだろうか。
Sさんは、仁左衛門が大好きなので、この役は仁左衛門しかできないと息巻く。海老蔵の定九郎役は悪の権化。

梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)。
解説文によると「出張専門の髪結いで小悪党の新三(幸四郎)は、材木屋白木屋のひとり娘お熊(高麗蔵)と、恋仲の手代の忠七(門之助)をさらい、白木屋から身代金をせしめようとします。誘拐された娘を取り戻そうと白木屋から依頼を受けた親分の弥太五郎源七(段四郎)が新三のもとを訪れますが、持参した金額の安さをなじられ、交渉は決裂。が、続いて現れた老獪な家主の長兵衛(弥十郎)が、まんまと新三をやり込め、お熊を取り戻すことに成功します。・・・」
幸四郎は大好きなので、悪役ぶりを見るとはらはらしてしまう。新三と家主の長兵衛とのやりとりは、喜劇を見ているようで笑ってしまう。
Sさんに寝ないようにと言われたが、寝るどころか目を大きく開けて見てしまう。

庭のランタナ
PICT0001fghgdfhhgfhgfhfg.jpg

近所のベンケイソウ
PICT0012hgfdhdfghdfghhg.jpg

近所の菊
PICT0016sdfgfsdgsadds.jpg

近所のエリカ
PICT0017vdgdgdfsgd.jpg

慶応敗れたり

朝は水曜会のCDを聞きながら体操し、TVに駆けつけ芋たこなんきんを見る。土曜日は、1週間分の放送がある。
今週は、受賞と結婚式で忙しい。町子(藤山直美)とかもかのおっちゃん(國村隼)の結婚式は笑い転げて何度も見てしまう。NHKBSと総合と1週間分の放送で3回。主題歌も好き。ひとりよりふたり

慶明戦にMgさんと観戦。弟さんも一緒。Mgさんは慶応の試合をほとんどみているが、弟さんはそれ以上で全試合は無論、慶応高校の試合も観戦している。
先日の慶東戦は、がらがらだったが、今日は前の試合が優勝のかかった早法戦で、内野席はかなり混んでいる。
第一試合の早法戦は、早稲田が3-0で勝ち、慶応が勝てば、慶早戦に優勝がかかる可能性が出る。

慶応の先発はエース加藤投手。ブルペンで投げている姿を内野の前のほうでながめる。頼むぞ加藤と祈る。
立ち上がりはあまり良くない。四球が多いのとMgさんによると球が上ずっている。2回裏慶応は、2点をあげ、これはいけるぞと喜んだのもつかの間、加藤投手の乱調で3回の表2点を返される。ボール先行で苦しんでいる。
しかしその裏慶応岡崎選手の二塁打などで1点を挙げ再びリード。その後、加藤投手は苦しみながら粘投で0点に抑えていたが、7回に犠打で1点を失い同点となる。慶応は明治の小刻みな投手リレーの前に音なし。
9回、延長かなと思いかけた時、加藤投手の四球の後、3番大久保選手に痛恨の2ランホームランを打たれ5対3とリードされる。
絶体絶命の9階裏、金森選手、大好きな佐藤翔選手とも凡退。岡崎選手のソロホームランが出て1点差まで迫るが及ばず。4対5で敗れる。
私の大好きな佐藤翔選手は、ヒットこそ1本打ったが後は三振と振るわない。加藤投手はヒット9本四球8個と大乱調。
2番手の関本投手の時、そばのおじさんが関本、関本と凄い応援。
途中ピンチを凌いだ時、加藤投手と岡崎捕手が笑顔で肩を叩き合いながら引き上げてきたのが印象的。勝てば満面の笑みになったろうに。
明日の先発の、相澤投手が練習している。明日に期待。
夜の会食があるのでMgさんと別れる。

恵比寿についたが、まだ早すぎた。恵比寿ガーデンをうろついてから、三越の2階の本屋の前のベンチで時間をつぶす。持ってきた水曜会の楽譜に音符を振る。振り終わったらちょうど良い時間となる。エレベータで降りていたら、聞きなれたSさんの声がする。何たる偶然。Sさんは歌舞伎に出かけていて、恵比寿の改札口で待ち合わせる約束だった。Sさんも歌舞伎が終わってから時間つぶしにベンチに腰掛けて本を読んでいたそうだ。仲が良いとひきつけあうのかな。

恵比寿の改札口でKmご夫妻を待つ。やがて到着。初対面のKmさんのご主人に挨拶。SさんもKmさんに久しぶりに会って嬉しそう。Km夫人は7ヶ月だがほとんどわからなく、元気そう。

抜け道のようなところの先に「イル・バッフォーネ」がある。しゃれたお店。オックステイルやハチノスなどを頼む。
シャンパンでお祝い。とても幸せそうな2人を見ているとこちらまで幸せが感染する。楽しい会話が弾む。ご主人はおっとりした方でお似合いのご夫婦。お子さんは男の子のようだ。凄く健康そうで元気な顔をしているのできっと健康な赤ちゃんが生まれることだろう。生まれたら抱かせてくれとつい余計なことを言う。
食事も美味しく、ワインも美味い。すっかり良い気持。

庭のハナトラノオ
PICT0003qwererwwer.jpg

近所の朝顔
PICT0010sdfagfdsgdfg.jpg

加藤投手の力投むなしく
PICT0015sadffgdfgsdfg.jpg

打線の活躍もむなしく
PICT0030dgfsfgsfggg.jpg

戦いすんで日が暮れて
PICT0038fasdfadsfaf.jpg

朝顔の片付け

Sさんと朝顔の種を採る。
昨年は1人でやったので時間がかかった。今年は2人で行い、また網から蔓をはずす作業を止めたので1時間くらいで片付く。網は100円ショップで売っているのでもったいないけど廃棄。
種は一杯取れる。また来年花を咲かせてくれるだろう。プランターの水遣りが大変(もっぱらSさんの役割)だったので、来年はもっと大きいプランターに植えよう。
採っている最中、大きな青虫が何匹か見つかる。ころころと太っている。良い思いをしたのだろうが、成仏してもらう。蟷螂もいる。蟷螂は他の鉢に移す。

その後、一人で球根の鉢植えを行う。何時間も行ったら腰が痛くなる。球根植え付けは当分続きそう。

Dmさんを囲む会に出かける。
早目についたらDmさんが来ている。Mnさんもいる。全部で12名集まる。
Dmさんは、「日本を滅ぼす経済学の錯覚」を出版され、好評を博したが、難しいとの話が多かったそうで、更にわかりやすい続編を書いている。私は、最初の頃の数式が多くて難解だった文章を見ているので随分易しくなったと思ったが、もっと解り易くなったら大変に面白い。大山の登りは100分を切ったそうだ。健脚そのもの。
Msさんは、幹事。仕事が忙しそう。
Mnさんは、先日のヨットや、山、スキーとご一緒している。
Kyさんは、1年前から社長。3年は持たせろと余計なことを言う。
Nkさんは、お子さんが小さいので60歳を過ぎても赤黒まっさかり。
Msさんは、若手。焼酎の水割り、お湯割り、ロックの作成に忙しい。
Mtさんは、久しぶりの出席。あんまり来ないと除名されるよ。
Skさんは、髭を生やす。
Moさんは、私のコーラスに若い女性がいるからかと誤解する。
Kzさんは、絵がなかなかのもの。
Ysさんは、赤黒で活躍中。
元気な顔を見ただけでも楽しい。

庭のルコウソウ
PICT0001xcvzxcvxzzz.jpg

庭のサルビアコネクシア
PICT0002erwtrssss.jpg

庭のルリマツリ
PICT0003sdfsaffsda.jpg

庭のコバノランタナ
PICT0006sdfafdsaa.jpg

庭の矮星コスモス?
PICT0009dsfggsss.jpg

NEC OBパレット会絵画展

午前中にお客あり。
blogとメール処理で、昼過ぎまでかかる。

14時過ぎにやっとスキー仲間のTmさんの絵画を見に出かける。
NEC OBパレット会絵画展」。場所は下北沢。
ちょっと道に迷う。
Tmさんに会う。絵画を見る前に紅葉狩りとヨーロッパスキーの相談。

Tmさんの作品は、「WENGEN」と「BIBURY」。WENGENは、スキーでご一緒した場所。晴れた夕暮れ時に、写生されていたのを思い出す。
カメラを持っていたが、話に夢中になって撮り忘れる。

先生のOk氏は、N社定年後に、再入学して美術を勉学し、画壇ではそれなりの地位を築かれた。90何歳。こういう話を聞くとコーラスもファイトが出る。
「大沼公園での一時」「妙義山の春」「ドロミテ」「アルプス風景」「マッターホルン朝焼」「仕掛け時計の観光」などの作品で、懐かしい風景に出会う。

ウィスキーをご馳走になりながら見る。
見終わった後、しばらく歓談。
Tmさんは、来年出展する作品の画題が定まらないのでいろいろ考えている。例えば今回出展の「WENGEN」は、100号にするには、難しいそうだ。画題は、3月までには決めないと展覧会に間に合わない。

絵を描き始めたらどうかとさかんに勧められる。デッサンだけでも少しずつ始めたらと。私も何れは絵を描きたいと思っているが、コーラスがもう少し何とかならないと時間ができない。
両方やれと盛んに発破をかけられる。

庭の宿根サルビア
PICT0001sdfagggg.jpg

庭のたますだれ
PICT0002gdfsgsgghdf.jpg

庭のペンタス
PICT0003cvxbcbvcbbb.jpg

ヨット

StさんのヨットにSさんと一緒に乗せてもらう。ヨットに乗るのは初めてなのでわくわくする。
ヨットのことを考えてぼんやりしていたら、Sさんを見失いおまけに反対側の電車に乗ってしまう。一駅すぎてあれっと気がつく。
Sさんから携帯にどうしたのと入る。
ようやく改札口で会いほっとする。

時間はぎりぎりで小走りして間に合う。
横浜ベイサイドマリーナにStさんと同乗するMnさんご夫妻が来ている。
ヨットハーバーに出かける。ヨットが林立している。この眺めもなかなか。
ヨットでStさんの奥さんが待っている。奥さんも免許を持っている。
Stさんは、今年カリブ海に家族で出かけている。アクシデントもいろいろあったようで、タグボートのエンジンがかからなくなって漂流したり、鎖が絡まって下りなかったり、無線で助けを求めたりしている。夢が実現して大変嬉しそう。

「船名 AKATSUKI 長さ29feet、キャビン、トイレ、シャワー付、定員10名」
船内はレジャー用に細かく行き届いている。ベッドもある。1週間は楽に滞在可能。ヨットの中を見るのは初めてなので興味津々。
ライフジャケットをつけ、いよいよ出航。3組の夫婦。Stさんがエンジンをかけ出発。天候がヨット日和だそうだ。
ウィークデイなので、他に出航するヨットは見当たらない。
海鳥が一杯とまっている。ぼらが跳ねる。風が気持ち良い。
今日は八景島まで出かける。夜に水曜会があるので、航路を時間に間に合うように設定してもらう。

港内から出たところで、帆を張る。帆柱の高さは10m。Stさんが準備。奥さんが舵取り。見ているとかなりな重労働。船は船長と後はブルーカラーの集団だそうだ。体力がいりそう。Stさん、かっこういい。
帆を張ってエンジンを切ると洋上の醍醐味そのもの。帆をはらんで4ノットくらいで進む。7ノットくらいになると、帆が風を受けて傾くそうだ。
4ノットは心地良い。途中で舵を取らせてもらう。方向を指示してもらいそちらに向かう。舵は、以外に軽く直ぐに左右にきれる。波の加減で思うように舵がきかない事もある。嬉しくてしょうがない。気持ち良いねえ。こたえられない。

かなりたってから八景島に近づく。ここでStさんに舵取りを代わる。構内に入るとエンジンで進む。
碇を下ろす場所をStさんが探る。停泊。
ここでワインを空け、Mnさんの奥さんが持ってきたおこわを食べる。ワインも美味いし、おこわも美味い。贅沢な極み。
Stさんからヨットの話をいろいろ聞く。日本のヨットは1万。米国やヨーロッパの100分の一くらいだそうだ。ヨットは贅沢と言う先入観念が日本人にはありすぎて海洋国なのに船に乗る人が少ないと嘆く。
ヨットは衝動的に奥さんと一緒にヨットを見て購入したそうだ。素晴らしい夫婦。3組の夫婦の楽しい会話つきない。

出航。帰りのほうが、風が良くふく。港内から出て今度はMnさんが舵を取る。5ノット以上出る。少し傾く。
次にMnさんの奥さん。最後にSさんが舵を取る。
最高。Sさんもウシシシと喜んでいる。
途中ヨットに出会う。

港に着く。ここで葡萄やお菓子、コーヒーを飲み。今日の楽しさを語り合う。最高のヨット日和だったそうだ。また乗せて欲しいとお願いして別れる。

帰りは、ワインを飲まなかったMnさんの奥さんの運転する車で途中まで送ってもらう。

あわただしく水曜会。顔が真っ赤に焼けているのでちょっとまずい。一番乗りだったので椅子を並べていたら、YsさんとHsさんがやって来る。Hsさんにヨットはどうとひやかされる。

Otさんが、米国に行って不在なので今日はテナーはTKさんと2人でスタートかと心配したがHtさんが大阪から来るので助かった。テナーは3人でスタート。
難しい新曲。だんだん難しくなる。
三地方の子守歌」「守り継がれる大地の歌」。歌詞まで進まず。
次に前回歌詞までいかなかった「山頂」。今回も苦戦し歌詞までいかず。
テナーが一番苦戦。団長、Knさん、Msさんと6人揃うがそれでも苦戦。難しい。

やっと終わる。へとへと。Htさんが間違った音を精一杯出したので疲れた言う。Isさんがテナーは一杯歌ってご苦労さんと憎まれ口をたたく。やれやれ。

飲み会。先生の斜め前に座る。側に、Htさん、Szさん、Nkさん、Ynさん、Msさん、Hsさんなど。総勢15人参加。
先生に昨年より難しいのでは、と言ったら昨年の信長さんの曲のほうがずっと難しいそうだ。歌いなれれば歌いやすいよと言う。そうかなあ。今しばらくの辛抱か。
楽しい歓談。疲れも吹っ飛ぶ。

AKATSUKIの雄姿
PICT0100fdhdfghssdfghdsfgdfgfgd.jpg

横浜ベイサイドマリーナのヨットハーバー
PICT0027gsdfgsdgghh.jpg

5ノット以上出ると傾く
PICT0065dfsgdsfghgfhgfh.jpg

大型船
PICT0075sdgfdhhhhh.jpg

PICT0078dfhhjhjjgh.jpg

PICT0097dfgdsfgfsdg.jpg

一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)

明日は水曜会。
明日は忙しくて練習できそうもないので朝あわただしく歌の練習。
だんだん難しくなる。

Sさんと10月大歌舞伎に出かける。
芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)、葛の葉。
説明文「陰陽師の安倍保名(門之助)に命を救われた狐(魁春)は、許嫁の葛の葉姫に化けて保名と夫婦になり一子をもうけますが、ある日、本物の葛の葉姫(魁春)とその両親が訪ねてきたことで、身を引く決心をします。泣く子をあやしながら、家の障子に「恋しくば尋ねきてみよいずみなる信田の森のうらみ葛の葉」という歌を書き残して、姿を消す葛の葉。・・・・・人間にまさるほどの深い情愛を持つ狐の葛の葉の哀しさが、胸を打ちます。」
狐と陰陽師の間に出来た子供が、陰陽師安部清明と言う設定。魁春の二役で入れ替わり立ち代り2役をこなす。子供をあやしながら障子に歌を書くので左手で逆向きに書いたり、口にくわえて書いたり、江戸時代の庶民の楽しみそうな演出がある。

寿曽我対面(ことぶきそがのたいめん)。
工藤左衛門祐経(團十郎)と祐経を親の敵と曽我十郎(菊之助)と五郎(海老蔵)の対面。
ただそれだけの一幕だが、江戸時代は正月の目出度い縁起ものとして演じられたようだ。團十郎菊之助海老蔵の豪華な組み合わせ。

一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)、熊谷陣屋。
説明文「熊谷直実(幸四郎)の陣屋に、初陣の息子小次郎の様子を心配する熊谷の妻相模(芝翫)と、やはりわが子平敦盛の安否を気遣う藤の方(魁春)が控えています。帰陣した熊谷は、敦盛を討ったと話しますが、義経(團十郎)の前で首実検に供されたのは、なんと小次郎の首。後白河院の落胤である敦盛を助けよとの義経の内意を、熊谷は見事に察知し、我が子を身替わりにしたのです。救われた敦盛が、石屋の弥陀六実は平宗清(段四郎)に無事託されるのを見届けると、熊谷は出家を決意します。・・・・」
現代からは何ともやりきれないお話。歌舞伎には良くある設定。
直実は平家物語において、若い敦盛を討った際に、殺生の虚しさに気付き、敦盛の供養のために出家したとされているが、事実は叔父との領地を巡る訴訟に敗れた為とも言われている。
作者は、平家物語からヒントを得たものと思われる。幸四郎の見せ所が多く幸四郎の好きな人にはこたえられない。

仁左衛門の踊りのお祭りがあるが私だけ席をはずす。
私はこの後、品川で会食があり、Sさんは映画。会食までは時間があるので、Sさんに頼まれて家に洗濯物を取り入れに帰る。これくらいの家事分担はたやすいこと。

品川で、Shさんがアレンジしてくれた土風炉に行く。
Shさんとは1年以上会っていない。会社の話を聞いているうちに頭が左脳に傾いてくる。
Shさんは、家族は音楽一家だそうだ。Shさんも昔ギターをひいたそうで、家族で演奏会をするのが夢。是非実現して欲しい。
Inさんは、勝田からわざわざ駆けつけてくる。スキー仲間。来シーズンも一緒しようと日程のスリ合わせをする。山も良く登る。この連休も山に出かけたが天候に恵まれなかったようだ。
Kyさんも来てくれる。今度昇進したようでお目出度い。若手のバリバリ。赤黒時代にシンガポール、中国、タイと一緒に出張した。会社を離れてから始めてあったので、一番嬉しい。
嬉しくてちょっと飲みすぎ。

庭のチェリーセージ
PICT0001dfsdfggggdd.jpg

庭によく来る蝶
PICT0004sdfagdgffdg.jpg

庭のムラサキシキブ
PICT0007asdsfdggg.jpg

庭のオキザリス
PICT0010dfagadfggg.jpg

10月大歌舞伎のチラシ
t_b.jpg

望月高原

4時頃、薪ストーブが消えてしまい、寒くなったので目が覚める。
もう一度火を起こす。懸命に火を起こしていたら目が覚めてしまう。

Sさんがちょっとちょっとと言う。庭にカケスが飛んできている。からすより小ぶりな目立つ鳥。この時期は、葉が落ち始めているので鳥が良く見える。
家から移した竜の髭が根付いたようだ。枯れたと思っていたので嬉しい。ムクゲもついたようだ。

Sさんと散歩に行く。望月高原に向かう。
途中、Sさんはくたびれてしまい引き返す。鈴を付けろと言う。この辺は熊が出る危険性はないと思うが好意に応じる。
紅葉はまだだが、赤い実や黄色い実を多く見かける。
蓼科山は良く見えるが、浅間山は雲がかかっている。
望月高原牧場で、牛がのんびりしている。
きのこ取りに来ている人に良くあう。

帰ったら、Sさんがキツツキがうるさくて休めないと言う。

水抜きをする。冬までにまだ来るつもりだが、念のために行う。何度も水抜きで失敗しているので慎重。元栓を締め水道の蛇口を開け水抜き。トイレは、たまった水を雑巾で搾り取ってから、不凍液を入れる。お風呂場や台所の排水溝にたまった水を除去して不凍液を流す。などなど。

出発。
帰りも関越と環八が混んで3時間のところ5時間半かかる。
途中で、北朝鮮の地下核実験のニュースを聞き、愕然とする。一気に暗い気持ちになる。

次男の部屋が超綺麗に掃除されているのでSさんと驚きの歓声を上げる。

マムシ草の実
PICT0027fasdfasfaaaa.jpg

姥百合の実
PICT0046dsfgfgdsgs.jpg

望月高原のなぎなたこうじゅ
PICT0048dfgsgsdfgsgdf.jpg

ススキと蓼科山
PICT0067adfafafdfd.jpg

望月高原のまゆみ
PICT0069dsfafasaa.jpg

望月高原牧場
PICT0072cvxzcxvzxzzxc.jpg

お墓参り

お墓参りに行く。3連休の中日なので空いていると思ったが甘かった。
中央高速で、事故による渋滞に巻き込まれる。
へとへとになって可児市のお墓に着く。土手に咲いた彼岸花が綺麗。

Sさんが、お墓に被さっている、椿の木を切ると言う。どんどん大きくなってきてその内手に負えなくなるから今のうちにと言う。
鋸など準備万端用意してきている。
切り出す。以前習った木の切り方をうろ覚えに切る。楔を入れたり、綱で引っ張ったりしたが、最後のところで失敗。Sさんは、倒れてきた木に頭をぶつける。こぶが出来る。私は、腕をすりむき、小指を突き指する。この程度で済んだのは不幸中の幸い。うろ覚えの手順は危険。次回は良く調べてからにしよう。

椿の木を始末する間に蚊の大群がやって来る。
お参りようの線香をあげたら蚊は退散。
お墓に水をやり御参り。ご先祖の供養は大切。

可児から望月に移動。
途中買い物。簡単に済ますはずが、Sさんがキャベツや人参、りんご等が安いと言って買うのでふくれあがる。
狸に2度ばかり出会う。暗闇に目がきらりと光る。
移動の最中に暗くなる。温度もどんどん下がる。7℃。寒い。

望月の別荘に着いたら早速、薪ストーブに火をつける。室内の温度は10℃以下だったが、どんどん燃え上がり25℃を超える。
やっと落ち着いておでんを楽しむ。

庭のルドペキア
PICT0001sdfaadfsdfff.jpg

庭のホトトギス
PICT0004sadffsaafff.jpg

野の花?
PICT0009dsadasd.jpg

土手の彼岸花
PICT0016asfdsfasasdasad.jpg

望月の薪ストーブ
PICT0024vcxcvxczsdsd.jpg

告別式

Nrさんの告別式に出かける。
背広にネクタイは、お葬式の時だけになる。
靴がなく、次男の靴を借りようとしたら昨日の雨で濡れているので昔の靴を引っ張り出す。足に会わなくてきつい。
毎日、ほとんどジーパンにカジュアルな服装しかしていないので窮屈。赤黒時代はこんな窮屈な服装を我慢していたものだ。

戸塚戸塚斎場。
Nrさんは、60歳前。心筋梗塞のようだ。
息子さんの挨拶が涙をそそる。
Nrさんには、赤黒バリバリの頃、良くお世話になった。温厚。人と争わない。良い人が早く亡くなる。ご冥福をお祈りする。

Knさん、Smさん、Fjさん、Ngさん、Tkさん達と会う。Knさんは心筋梗塞から復活して元気一杯なので、残念がる。

帰ってから極楽寺に行く予定だったが、おっくうになってしまう。
芋たこなんきん」の録画を見たのがいけなかった。大好きな藤山直美が主役で田辺聖子原作とあっては見られずにはおられない。かもかのおっちゃんも出てきて面白くてたまらない。朝ドラはほとんど見ないがこれは例外。

この頃見ている「24?」も見てしまう。キーファー・サザーランドが良い。手に汗握るとはこのこと。ER以来の傑作。
しかし見ているとどっと疲れる。肩が凝る。
?~?は見てない。レンタルされているからこれも見出したらTV漬けになりかねない。

スタートレック、巧妙が辻、パトレイバーくらいがTV、ビデオで見る内容だったが、これに芋たこなんきん24シリーズが加わったら時間が足りなくなってしまう。

21世紀会 関東会

風雨が激しい。
まるで台風のようだ。
鉢植えがひっくり返り何度も起こしに行く。

昼間出かける予定を止めもっぱら歌の練習。
いろいろ歌ってみる。
7月から練習した曲は18曲。これから新しく歌う曲が6曲。前回の演奏会で歌った曲が3曲。全部で27曲。
毎週2曲のペースで新しい曲をこなしてきた。TさんにもらったCDでおさらいする。合宿では全曲を歌う。

風雨の中、大森に出かける。傘が飛ばされそうな突風が吹く。
21世紀会の関東会の集まり。途中で(集まりに参加の)Onさんに会う。お店を探していたら幹事のHyさんに出会う。
30名近くが雨の中集まる。この集まりは2回目だが、何時もいろんなメンバが出てきて大変楽しい。
幹事は、Mkさん。趣味は弓。名簿作成や案内はこまめ。
名古屋から来ているHiさん。幹事の一人。仕事してるのか心配。
若手のHyさんが3人目の幹事。うるさい人たちを束ねるのが大変だろう。
Itさん:最年長。美しい写真を撮る。極彩色が一番長い。
Mnさん:スキー、山で一緒。極彩色に入ったばかりで元気一杯。
Hoさん:現役の会社会長。ゴルフでむしられっぱなし。
Knさん:挨拶で忙しい中駆けつける。幹部になっても誠実。
Wtさん:この中では異色。営業バリバリ。飲むと長い。
Shさん:半分極彩色。釣り。孫自慢は皆に冷やかされて減る。
Omさん:営業一筋。喉の具合がちょっと悪いのに駆けつける。
NSさん:60過ぎて仕様書を書いている。りっぱ。
Isさん:営業してるみたい。売れるのかな。
Umさん:会社が合併。フルート奏者。譜が読める人は羨ましい。
Okさん:前回の集まりで今日来てないKjさんに会ってそこに移る
Onさん:初参加。くるとき一緒だった。
Kmさん:産学協同体の社長。明るくなる。社長業あってるかな。
Sjさん:この頃、集まりによく参加してくれる。
Tbさん:仕事も遊びもばりばりこなす。
Nkさん:今は重鎮だが入社時代を思い出してしまう。野球。
NMさん:今重鎮。昔裸踊り。未だに物が出来ないとかでばたばた。
Mnさん:どう見ても関東の人ではない。尾張の人。
Myさん:初参加。単身も長くなるが毎週帰っている。
Ydさん:2年前から関東。こちらに来て視野が広がったそうだ。
Yjさん:手品師。今回もトランプ手品を披露。
Wsさん:初参加。あいかわらず口が少し悪い。
Ntさん:Hyさんの次に若手。

楽しくやっている内にすっかり酔いがまわってしまう。再会を期してお開き。

2次会は、Wtさんに連れられてHrさんと一緒に赤坂に行く。ピアノがあってなかなかよいところ。昔の4線譜が飾ってある。
良い気持ちになって午前様近くにご帰還。Sさんと次男が起きていた。

庭のペンタス
PICT0001adsaaaa.jpg

庭の浮釣木
PICT0003asdfdfsf.jpg

庭のピラカンサ
PICT0005dasdasd.jpg

葉山ミドル会

朝4時半に目覚ましで起きる。まだ暗い。
寝ぼけ眼でジュースを飲み、準備。
葉山ミドル会に久しぶりに参加。葉山国際CCに出かける。

珍しく自分で運転。
早くつきすぎるなあと思った途端、高速で曲がり損ねて、大回りする。丁度良い時間となってしまう。
着いたら、主催者のMさんが来たところ。
12人3組。
雨が降りそうなのに、雨が嫌いなNさんが参加しているので、このまま持つかなと淡い期待をする。

スタートはショート。いきなり左に打ち込んで球をなくす。
この後も谷越えショートで2回も球をなくす。
前半は、良いところなし。
一緒に回るYgさんは、レベルが格段に違う。Mさんは、まっすぐなショットを打つが、飛ばないとぼやく。それでも私を遥かに超えている。Ymさんは前半、私と同じでメロメロだったが、後半は見違えるよう。

スルーで回る。
途中から雨が降り出す。Ygさんからズボンを靴下の中に入れると濡れないと教えてもらいまねをする。ニッカボッカみたい。確かに濡れない。

後半もぱっとせず。雨のせいにしよう。

あがって風呂に入り食事。
隣のNさんが頼んだメニューの名前を忘れるので、皆がわいわい言って喜ぶ。今度は、Mさんが味噌汁をこぼす。年だ年だと冷やかす。
最後に私がバックを忘れる。何たる不覚。

帰ったら、帽子とベストを忘れている。ゴルフ場に電話したらあった。やれやれどうしようもないなあ。

Ymさんが日記は2,3日後に書いたほうが、頭の体操になって良いと言っていたのを思い出す。そうしたら、1,2行で終わってしまいそう。

左に打ち込んだ1番ショート
PICT0016ghjdasyyyuuu.jpg

ゴルフ場のリュウゼツラン
PICT0019rweqerrr.jpg

ゴルフ場の彼岸花
PICT0021jsfdajfdkkdkd.jpg

PICT0022kbfsdksdkss.jpg

遥かなものを

歌の練習。特に新実徳英作曲「空、海、大地と木のうた」からの「海にだかれて」のテンポが上手くいかない。
今日、新しく歌う大中恩作曲「遥かなものを」からの「山頂」、信長貴富作曲「7つの子ども歌」からの「ずいずいずっころばし」も難しい。だんだん難しくなるような気がする。

歌い疲れて庭仕事。球根を植える。これからはしばらく延々と球根植え。芽が出てしまっているものから植える。HB101も散布。
Sさんから疲れると声が出ないわよと言われて切り上げる。

水曜会。OさんとMさんが既に来て机を並べている。感心する。

始まった時、テナーはTさん、Oさんと私の3人。テナーは働いている人が多いので出足が鈍い。前向きに考えれば、先生の指導を十分受けられると言うことになるが、とてもそんな気分ではない。早く団長が来ないかと待ち焦がれる。
初めに「海にだかれて」。練習したせいか、思ったより、怖くなくなる。先生が熱心に繰り返すうちに何となく歌えそうな気になる。
団長が来る。やれやれ。
Kさん、Mさんもやって来て6人。総勢8人だからまずまずの出席率。
バスは8人フル。女性陣は、出足も早いし人数も多い。新人もきている。

ずいずいずっころばし」。速いテンポで難しい。これでもまだ初めなので遅くしている。速いテンポだとところどころ頭が落ちてしまう。

山頂」。譜読みとラーで歌うだけで歌詞には到達できず。これまた練習しないと歌えそうもない。

「江戸の子守歌」。初めは難しかったが、少し馴染んできた。しかし高い声が出ない。

Tさんに過去の発表会でのCDを貰う。これで少しは練習しやすくなりそう。

終わった。真剣に歌うので疲れる。
飲み会に行ってぱあーと気分良くしたいが、明日が4時起きなので、残念ながら帰る。Sさんと一緒に帰る。昨年より難しい曲が多いような気がすると言う。
近所の花。エボルブルスか。
PICT0001sdaasfdffff.jpg

近所の花。ユーリオプス デージー か。
PICT0003dsaasasaaa.jpg

近所の花。バーベナ。
PICT0004sdaaaad.jpg

庭の花。ハープの仲間。
PICT0013dasasdass.jpg

日立OB美術会展

Sさんと京橋で待ち合わせて、日立OB美術会展に行く。
Kuさんから案内状が送られてきて、久しぶりにKuさんにもお会いしたく出かける。作品「K嬢」はなかなか素晴らしい。Sさんも感心している。会場にいたKuさんによると、4年前から始めたそうだ。それにしては上手いなあと思ったら、学生時代美術部に入っていたとのこと。それでデッサンがしっかりしている。
描く時の苦心談を聞く。手足のかき方、顔のかき方、背景の書き方。指導されている先生から、手紙は拝啓から始まるでしょう。絵も背景から始まるのです。と言われたと聞いた時は、成る程と思ってしまう。
コーラスで先生がいろんな言い方をして、わからせようとしているのと相通ずる。
絵画展の時は、連絡してとお願いしてKuさんと別れる。

何時もお会いするKiさんには日が違っていてお会いできず。作品は4点。特徴ある描き方なので直ぐにわかる。

出口で、懐かしいSiさん、Mさんとばったりお会いする。元気そうで何より。

次の会食まで時間があるので、Sさんとしゃれたレストラン「カストール」に入る。ケーキセットを頼む。美味い。Sさんが盛んに褒める。

Sさんと別れて新宿に向かう。まだ時間が早いので、コーヒーを飲みながら「ハイペリオン」を読んで時間を稼ぐ。

ようやく時間になったので待ち合わせ場所に行ったらSuさんと会う。その内Miさんも来る。最後にOさんもやってくる。
お店に入って4人で乾杯。4人揃うのは久しぶり。
Oさんがピアノがなかなかのものと聞き驚く。今度聞きたい。仕事は忙しそう。来年、拙宅の近くに引っ越してくるようで、楽しみが増える。
Miさんは、何時もジーパンなのにスーツでバシッと決めている。仕事が立ち上がったようだ。子供の頃、ボーイソブラノでウィーン留学を勧められたことがあると聞く。
Suさんは、スキーの準指導員だったのに、スキーをしたがらない。もったいない。何時か引っ張り出したい。仕事は何時もながら好調。
3人ばりばりの現役なので、仕事の話が中心になる。こっちは極彩色だから、気楽に聞ける。

庭の金木犀。
PICT0003gfhdhhhh.jpg

庭のしゅうめい菊。
PICT0004fsdfgfgffff.jpg

秋咲き球根。名前不明。
PICT0007fdgdfddddd.jpg

後漢

今日はSさんのヨットに乗せてもらう予定だったが、天候不順で延期。

勉強会に出かける。
後漢」を説明。出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 より抜粋。
後漢(ごかん 25年 - 220年)は中国の王朝。漢王朝の皇族劉秀(光武帝)が、王莽に滅ぼされた前漢を再興して立てた。都は洛陽。・・・・・
この王朝の皇帝は極めて短命である。幾人も三十代で崩御しており、若くして崩御することから後嗣(跡継ぎ)を残さずに亡くなる皇帝も少なくなかった。このため幼少の皇帝が続出し・・・・・・幼帝を仰ぐことによって皇太后が力を持ち、外戚も盛んになり外戚による専断が幾度も見られた。また末期には、外戚を廃することに成功した宦官がやはり幼帝を傀儡に仕立て上げ政治を壟断した。・・・・・・ 前漢から後漢に推移する時の騒乱により、中国全体の人口は激減していた。前漢末期の2年の記録が人口6千万足らずだったものが、後漢初めの57年には2100万にまで激減している。その後は徐々に回復し、100年後の157年には5600万にまで回復している。・・・・・蔡倫による製紙技術の改良は後漢代のみならず全ての時代・地域に多大な影響を与えた。それまでの竹簡(竹を一定の大きさに切って束ねた物)とは比べ物にならないほどに小さくて済む紙は文化の伝達速度を格段に上げ、優れた文学・書物が地方に伝播するのに大きく貢献した。・・・・・後漢書東夷伝の記述で知られるように、この時代には日本列島の人々が中国の王朝と直接交渉していることが知られ、福岡県志賀島で発見された「漢委奴国王」金印がこれを裏付けている。」
*人口の激減は驚くべきであるが、実際に人口が減ったのに加えて政権が安定しないので人口の把握が不十分だったことが加わっている。
蔡倫宦官であり、すぐれた宦官もいたようである。
*Aさんは、「漢委奴国王」金印を見たことがあるが、大変小さいものだそうだ。

他に、Koさん「ITサービスのマーケット・シェア」、Tさん「踊るグーグル」、Oさん「情報伝達」、Kaさん「(中国)グローバル経済入りを果たし、今年は政策転換元年」、Fさん「五期ぶりに赤字転落の日立、いまだ不完全な選択と集中」、Aさん「不老不死のサイエンス」。
グーグルは既に世界最大の広告会社であり、世界中の情報を整理し、更なる成長をとげようとしている。触発されたYouTubeMySpaceの数の力も凄い。まだ始まったばかり。
PICT0005bcvnnn.jpg

PICT0008xgfcbnnnn.jpg

PICT0009ghjjkffff.jpg

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Y・K

Y・K

FC2ブログへようこそ!

極彩色生活:赤字黒字の会社生活と異なり、感動、興味、ときめきの極彩色社会生活のことを言う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。