2006-12

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い年を

2006年大晦日。
Web年賀状の写真をSさんに選んでもらう。
後はメルアドを入れて発信するのみ。
次男は、休みに入って、疲れが取れてきたのか、走りに出かける。随分長く走ってくる。帰ってきて筋肉痛になったみたい。

年越し蕎麦を3人で食べながら紅白を見る。

今年は極彩色が2年目に入り、ますます佳境に入る。
昨年との比較をしてみる。
増加。
コーラス:38回→62回。演奏会は4回。歌の自習:134回→270回。コーラスにはまる。歌いたくてしょうがない中毒状態。水曜会の先生やメンバに恵まれた。
会食:157回→187回。増えた分は水曜会の飲み会。仲間の輪が増える。
スキー:22日→25日。赤黒時代は忙しくて白酔会2日のみという時期が長かった。ようやく念願の25日を越えた。
観劇など芸術鑑賞。42回→54回。Sさんに連れてもらったお陰。
海外旅行:21日→24日。スキー以外はSさんと一緒。
庭仕事:61回→79回。草花が増えてきた。鳥も良く来る。
散策:56回→62回。四季の変化を感じる松の川緑道大好き。
歩数:一日10557歩→11213歩。
横ばい。
山:38日→36日。八ヶ岳に登る日数が減る。
ゴルフ:24回→23回。 水泳:12回→10回。 勉強会:6回→7回。
減少。
国内旅行:14日→7日。 NPO:4回→1回。 読書:60冊→50冊。

来年は、何にチャレンジしようか。

良いお年を。

1月マッターホルン
PICT0257daseerrww.jpg

4月ランクアイ島
PICT0213fgderwttt.jpg

7月松江
PICT0128sdfsdfdgdg.jpg

9月北岳から富士
PICT0091sdarrwetgggg.jpg

11月南房総
PICT0110iopiopuooipoi.jpg

11月ハロン湾
PICT0323jhklkjhljhklkl.jpg

スポンサーサイト

講習会終わる

講習会最後。
9時半集合したが一向に先生が来ない。ようやく10時近くに現れる。時間変更が良く伝わっていなかった。復習の繰り返し。だんだん調子が出てくる。残念ながら、出発の準備を考えて、11時にNmさんとあがる。

宅急便を準備しているうちに終了式の時間になる。集合したらわがメンバはHr先生のみで、後は来ていない。震えながら終了式に参加。来年もまた会いましょう。

風呂に入る。南館の風呂は一人でゆったり。極楽極楽。

昼食は、Wt夫妻とSjさんと一緒。

ホテルからバスの駐車場まで、送迎バスがあるが、天気が良くなったのでMnさんが歩こうと言い、Sjさんと3人で歩く。
バスの中でこっくりしMnさんの肩にもたれかかる。

駅でMnさんが一升瓶を買いそうになるので、止めようとかまえていたらあきらめた。
帰りの電車は、Mnさん、Nmさん、Sjさん、Ftさんと一緒に帰る。お酒を飲みきったらMnさんはお休みモード。
楽しい万座スキーも完全に終わった。

講習を受けるちびっ子たち
PICT0017dsfgsdfgsdfg.jpg

南館温泉からの眺め
PICT0021fgdhfdhdfhdhf.jpg

バス停に向かう途中のツララ
PICT0024ghjkghkrttr.jpg

吹雪の中の講習

講習会2日目。
吹雪の中練習。リフトが寒い。特に最後の上りが風の通り道で突風が吹き荒れ、寒さでちじこまる。リフトでKmさんと一緒だったので、こんな時、滑るのはきちがいざたで、講習会がなければ絶対に滑らないと話し合う。Wtさんによると温度計で計ったらマイナス10℃。体感温度は更に低い。上の第五ゲレンデにまた行く。寒い寒い。
うんと厚着をしたが冷え切ってしまう。
この寒さのせいで雪質は最高。北海道並。これは嬉しい。スキーヤーとして寒いなんて文句を言うのはおこがましい。

ずらしスキーに少し慣れて来てスピードコントロールが上手く行くようになる。「がいけい」も何とか取れる。山足加重の内回りだけはあいかわらず上手くいかない。
Mk先生によるとヨーロッパでカービングが危険なので顰蹙をかい、滑り方が変り、カービングとも言わなくなってきたそうだ。
リフトに乗る時、隣人と良く会話。子供の時から、親に連れられて参加してる人、万座に50年前に滑りに来た人、種子島でロケット打ち上げに参加していた人、これから沖縄に行く人など。

3時過ぎたら暗くなってくるし、風はますます強くなり、4時までやったら脱落しそうと思っていたら3時半に終わる。助かった。

夕食は、Hr先生がメインダイニングを予約。何時ものメンバ。ステーキ。
Sjさんがパチンコ必勝法を語る。経営学的アプローチ。

2次会は、またもやわが部屋。飲み物をMnさんと仕入れる。その時、Mnさんは払う段になって「あれ、俺の財布じゃない」と言う。見たら私のだ。部屋のセーフティボックスから出す時、間違える。危ないなあ。

真央ちゃんが圧勝しているTVを見ていたら、人が集まってくる。またも大宴会。さすがに眠くなってまどろみかかる。Sjさんも眠くなって、温泉に行こうと言う。南館の内風呂に入る。誰も居なくゆっくり。30分以上入って部屋に戻ったら、まだ宴会真っ盛り。Kmさん、Sjさん、Hr夫人、Wt夫人のメンバに加わって懇談。夫婦で一緒に来ているところは、仲が良い。ほのぼのとする。
11時過ぎても終わりそうにない。MnさんがHr夫人にお願いしてお開きにしてもらう。疲れた。

寝ようとしたが、一度眠くなって起きていたので目が冴えてしまう。日本酒を一息で飲んでぐっと寝る。

寒さでシャッターがきれない(写真が撮れず)
PICT0012dfgsgsdfg.jpg

MSC講習会

吹雪が続いているので午前中は休みと思い、Sjさんと風呂に入る。ところが出てきたらスキーヤーがぞろぞろ出てくる。リフトが動いた。大急ぎで着替える。頭は濡れたまま。

Nm先生はじめ各先生の前で滑りクラスわけ。まだ良く滑れない子供たちと初心者。大部分は、中級以上で3クラスに分ける。昨年は、真ん中のクラスでNm先生。今年は、上クラスの最下位。Og先生。Kmさん、Hrご夫妻、Wtさんと一緒。MnさんとSjさんとは別クラス。
教え方が多岐で面白い。最初はいろんな滑りをさせるのでとまどう。だんだん主旨がわかってくる。一昨年まではエッジを立てたカービングが主流だったが、スピードが出すぎて事故も多くなったので、スピードコントロールしたずらしを入れた滑りになる。こちらのほうが安定感が強い。幾つかのレッスンの内、山側片足で滑る内回りがどうしても出来ない。上手く滑る人もいるが少数派。先生は上手くなるよと暗示をかけて滑らせる。オイラン滑り、腰に手袋を挟むつもりで曲げて滑る、がいけいをとる、板にのる位置など。
午前中2時間半。くたくた。考えながら滑るのは疲れる。
幸い、新しいブーツはぴったり合ってきて、足との一体感が強まった。足は、2回滑っているせいか、スクワットのせいか調子が良い。疲れはレッスンの内容を上手くこなせないせい。

昼飯後、少しの休憩で直ぐに飛び出す。
午後2時間半みっちり。
先生の言われんとすることが少しわかりかけたような気がしてくる。しかし半分も上手く滑れない。

講習の主体は、万座プリンスホテルの前から始まるプリンスゲレンデ。最大斜度21度、470m。途中、リフトを2本乗り継いで第5ゲレンデに行く。2000m近い。ここまでのリフトが超寒い。手先が痛くなる。胸がぶるぶる震える。歯、ガチガチ。鼻水凍る。スロープはなだらかで雪質も良いが、凍えてろくすっぽ先生の言うことが頭にはいらない。
何度か滑っているうちに、先生とはぐれてしまい、Hrご夫妻とMk先生と一緒に余分に一本上に行ってしまう。
滑り降りてプリンスゲレンデで合流。すっかり冷え切る。
ようやく終わる。トータル5時間。ぐったりして引き上げる。

ところが77歳のKmさん始め皆さんは更に何本か滑る。脱帽。
最長老の78歳のFtさんは、足を痛めているが頑張って滑る。階段などはきつそうだが滑るときは元気。Ftさんと同期のKmさんは、ダンスの成果で華麗な滑り。衰えを感じさせない。スキーはフィッシャーのおニュー。もう一人同期のHr先生は、昔痛めた膝にサポーターしてだましだまし滑る。3人には脱帽。私は83歳まで滑る目標を立てているので三人の頑張りは心強い。

早速風呂に入る。大混雑。露天風呂で長くつかる。初日が終わった充実感に浸る。

夕食は、Hr先生が中華を予約。昨日と同じメンバで歓談しつつ頂く。

MSC講習会の非文化の集いに出席。
恒例の全員挨拶が始まる。この会は、東大の工学部の先生がたが戦後始められ、その後いろんな人が参加し、医学部関係、法学部関係の先生方を中心に集まっている。伝統ある会。Hr先生の紹介で昨年から参加。2世3世の参加も多く、昨年より増えて68名。
非文化の集いとは何か。東大教授をやめた後、世界中を狩猟で廻っている先生から紹介。初期は講習会の後、ピアノやバイオリンなど文化的な集いをしたそうだが、だんだん誰も参加しなくなった。そこで非文化の集いにしようと、プロレスをしたり裸踊りをしたら人が集まってきた。最近はまたおとなしくなってきているので、プロレスでもやったら良いと紹介がある。
Hrご夫妻と歓談。

ビンゴで図書券を貰う。

部屋に帰って、Mnさんが更に飲もうというので、私とSjさんが勝手に飲んでくださいとつれなく断る。冷たいやつだとぼやきながら一人で飲む。バタンキュで眠る。

万座温泉スキー場
PICT0007fdghfghddfg.jpg

PICT0011fgdhdhfgg.jpg

万座温泉スキー場

万座温泉に向かう。MSC講習会に参加。
赤羽で特急草津に乗る。Mnさん、Sjさんが上野から乗ってきている。Nmさんも乗っている。長野原草津口駅でスキー客、温泉客はどっと降りる。万座鹿沢口駅に近づいても全く雪がない。
万座プリンスに向かうバスに乗る。Mnさんと同席。コーラスの大先輩。いろいろアドバイス。自分が歌っている声を録音して聞くと良い。如何に自分が思っているのと違う音で歌っているかがわかる。ボイトレを受けたら良い。
進めども進めども雪がない。ようやく雪が林の中にちらちら見えてきて雪があったと喜ぶ状況。ところが万座プリンスについたら猛吹雪。

ついたらKmさんに会う。最長老78歳のFtさん。Hrさんご夫妻、Wtさんご夫妻は前日から万座プリンスに入っている。昨日は雨でスキーは早々に切り上げる。
猛吹雪でリフトが動かず。
昼飯を食べた後、MSC講習会の開校式が、大広間を借りて開催。68名参加。本来はゲレンデで行い、直ぐにレッスンに入る。講師のリーダーのNm先生が、挨拶され、雪が少ないので心配したら今度は猛吹雪。雪は心配なくなったが、猛吹雪。リフトが動くのを2時まで待つと挨拶。
2時まで待ってもリフトは動かず。今日は中止。
温泉に入って飲むしかない。

早速温泉に向かう。
万座温泉は「白根山の懐、標高1,800Mに位置し、「星に一番近い温泉」として知られています。昔から豊富な湯量で、泉質は27種類を数え、効能も多彩で多くの難病を治したという逸話も数多く残っています。」
ななかまどの湯に入る。温まった後、露天風呂のこまくさの湯に入る。猛吹雪なので扉を開けた途端、震え上がる。1800mの高さ。湯に沈み込む。顔に雪が吹き付ける。ゆっくりつかっていたら、Mnさんも入ってくる。スキー場が見えるが誰も居ない。
風呂をあがってゆったり休む。これも極楽。Sjさんはお疲れでずっと寝ている。

和食をHr先生に予約していただき、11人くらいが一緒に食事。Hr先生ご夫妻、Wtさんご夫妻、Ftさん、Kmさん、Nmさん、Mk先生、同室のMnさん、Sjさん。話題は多岐にわたる。
終わった後、部屋で二次会。食事を一緒した11人と他に先生方が次々と現れる。幹事代行のAk先生も現れる。ワイン、ウィスキー、バーボン、日本酒、焼酎、ビールと何でもあり。つまみも次々と現れる。大宴会になる。部屋は一杯で賑やか。中にボイトレの女性が混じっているのでMnさんと歌いだし合唱になる。次々と歌う。廊下まで響く大合唱。近所迷惑だろうと思いつつ大きな声で歌う。

飲みすぎ。やっとお開きになり、スキーより疲れて休む。

万座プリンスホテルの部屋の窓から
PICT0004gfhjrtyrety.jpg

万座温泉スキー場吹雪く
PICT0006dfghdghsss.jpg

極彩色生活ベストテン

朝から年賀状にかかりっきり。オペラ「清教徒」のDVDを見ながら書く。
Sさんも並んで書く。
ようやく一仕事、終わったという感じ。
まだWeb年賀はあるが、これは年末に仕上げて、元旦に送る。

極彩色生活、今年のベストテン。
1・1月:チェルビニア(イタリア)、ツエルマット(スイス)スキーツアー。 5人の仲間と出かける。大雪で成田発は欠航、品川で一泊。帰りはミラノで欠航、一泊。 マッターホルンを横目で見ながら片道17kmのゲレンデを毎日往復。
2・7月:水曜会演奏会で歌う。この一年で完全にコーラスに取り付かれる。先生をはじめ仲間が素晴らしい。
3・9月:北岳に登る。仲間2人と。360度の景観。絶景かな。
4・4月:ランクアイ島、ダタイにSさんと行く。大人の休日。極彩色の時が過ぎていく。
5・7月:松江にSさんと行く。堀川めぐり、足立美術館、がいな祭、出雲大社など。人情の細やかさに感激。
6・11月:ベトナムにSさんと行く。ハロン湾の素晴らしさに感動。
7・5月:日立コールファミリエでモツレクを歌う。コーラスで歌うのは小学校以来。
8・スキー25日滑る。過去最高の日数。海外は1項。国内は白酔会の栂池、先輩との安比、Isさん達との蔵王など。
9・山36日登る。(こまくさの会)鷲ヶ峰等、(YY山の会)妙義山等、(YMS温泉と山の会)津久井浜等、(スキー仲間)唐松岳、八ヶ岳等。
10・仲間との会食184回。よくもこれだけ多くの人たちと懇談したり笑ったり、飲んだり食べたりしたものだと我ながら感心。良い仲間に恵まれて幸せ。
他に、仲間5人での南房総の旅、スキー仲間夫婦での磐梯吾妻紅葉狩り、Sさんに連れられて歌舞伎、お能、ヨシモト。ヨットに始めて乗る。桜、コスモス、紅葉を楽しむ。松の川緑道散策、ゴルフなどなど。
感動、興味、ときめきの日々。

録画しておいた「巧妙が辻」総集編を見る。一豊が戦場に出かけるのに、千代も共に戦っているのですと言う。会社と言う戦場で共に戦ったSさんと私のようでジンと来る。

シンビジュームの膨らんできた蕾
PICT0003asdfsffff.jpg

部屋のタマスダレ
PICT0007dsfaafasfdfa.jpg

望月の忘れ物

前回、白樺高原国際スキー場で滑った時、望月の家に楽譜と予定表を入れたザックを忘れてしまった。取りに出かける。

行きは環八の渋滞で時間がかかり、ぐったり。2時半頃着く。忘れたザックは椅子の上にちょこんと置いてある。
ついでに水周りをチェックしたら、問題を発見。今回来なければ、事故が起きたかもしれない。ラッキー。これを見つけるためにザックを忘れたのかと良い気分になる。Sさんに早速電話。

これで手間取り、散策する時間がなくなったので、車で望月高原に向かう。キジが道を横切る。りっぱな尾を持ったオス。
高原牧場の上まで行ったら浅間山が良く見える。向かって左手に北アルプスがかすんで見える。雪で覆われている。

帰りは、目がしょぼしょぼして眠くなったので高速で休憩。ついでにうどんを食べる。470円の天ぷらうどん。期待していなかったが美味かった。眠くなるかと思ったら逆に目が覚める。サラ・ブライトマンのCDをボリューム一杯上げて聞きながら帰る。

庭の?
PICT0001gdfsgsdfg.jpg

望月高原牧場からのぞむ浅間山
PICT0004fghddfghdfg.jpg

寒々とした望月高原牧場
PICT0006fgdsfgsdfgdfg.jpg

品川教会 クリスマスイブ礼拝

年賀状の印刷がやっと終わる。後は近況書き入れ。Web年賀はまだだが、メルアドは準備完了。少し気が楽になる。

スキーを次男に運ばせて、宅急便。万座に送る。

クリスマスのケーキをSさんと次男とで食べる。甘くて美味しい。次男は甘すぎるといって休み休み食べる。Sさんによれば甘いものは心を和ませる。驚いた時、甘いものを食べると落ち着く。ストレスで女性が甘いものを食べるのもそのせいか。

品川教会にクリスマスイブ礼拝に出かける。Sさんは映画で欠席。
スキー仲間のSbさんが敬虔なクリスチャンで品川教会の長老。お誘いを受けてスキー仲間が出かける。品川プリンスで待ち合わせ。
ここは、1月のチェルビニア・ツェルマット・スキーツアーの時、成田が雪で出発できず品川プリンスで一泊した思い出の場所。ロビーに行くとあの時の混雑振りが目に浮かぶ。

ロビーでTmご夫妻とOzさんがいる。少したってNsさんご夫妻、Unさんご夫妻が現れる。
品川教会に向かう。早めだったので前のほうに座れる。昼の部と夜の部に別れているのに広い教会の中がほぼ満席。
我らがSbさんが取り仕切っているのが見える。
クリスマスイブ礼拝が始まる。

弦楽器、シンセサイザー、オルガンの合奏。
1・前奏「クルスマルコンチェルト」より。
聖歌隊が入ってくる。男性が12人。女性が20数人。30数人の混声。
2・讃美「久しく待ちにし」聖歌隊
3・讃美「この日人となりし」聖歌隊
4・讃美歌「きよしこの夜
渡されたランプを点灯し、会衆一堂で歌う。隣のOzさんが大きな声で歌う。つられて大きな声を出す。
5・讃美の祈り
6・讃美「もろ人声あげ」聖歌隊
7・牧師の挨拶
8・献金
9・讃美「おおいなる神秘 さやかに星はきらめき」聖歌隊
10.讃美「もろ人こぞりて」会衆一同で歌う。
11・牧師の祈祷
12・主の祈り 会衆一同
13・讃美「この夜」聖歌隊
14・聖書朗読
15・讃美「ディンドンたのしげに」聖歌隊
16・牧師の説教
17・讃美「神のみ子は」会衆一同
18・牧師による祝福
19・後奏「お生まれだイエス様が」

1時間強の礼拝が終わる。
ソプラノのソロが素晴らしい声をしていて気持ちが良かった。聖歌隊のテナーはまあまあか。人数少ないから大変。

説教は長くて少々まいる。信心深くないなあ。
最年長のOzさんは「誕生日とは、年を取るということではなくて、生まれてきて良かったと喜び祝うことだ」と言うくだりに感銘。
喜びを共に出来て、良かった。Sbさんに感謝。

グリル「ツバメ」に入る。
ツバメは混んでいて席が取れるか心配したが奇跡時にすんなり取れる。皆が神のご加護と言う。
Nyさんの奥様が、メガネを落としたら直ぐに後ろを歩いていた方に拾ってもらったと話、これも神のご加護。
男性陣は全て来年1月のスペインツアー組。
おまかせ料理。これがなかなか美味しい。お肉大好きのTmさんも満足。Unさんが赤ワインを選びこれも美味しい。
Tmさんの奥様が、男性5人で良く2週間も一緒に過ごせますねと言われ、皆様良い方ばかりだから巧くいくんですねとおっしゃる。今日は奥様同伴だから良い子にしてるんですと申し上げた。
スペインツアーはNyさんがスキーのリーダ。イタリアツアーではUnさんがリーダーで(滑るのが)早くて参ったといったら、そんな軟弱なことではだめだと叱責。
Ozさんは、東大の名投手蒲池投手とのツーショットを見せる。蒲池投手は無論だが、Ozさんもかっこ良い。
Unさんの奥様にかわいいクリスマスツリーのついたシャーペンをクリスマスプレゼントで頂く。
散々しゃべって笑って散会。

帰ったらSさんがクリスマスプレゼントでセーターをくれる。まずい!こっちは何も用意してない。

家のポインセチア
PICT0001fdsgsdfgdsfgdsfg.jpg

近所のパンジー
PICT0002shgfgdfghdfg.jpg

近所のシクラメン
PICT0003cnvbcvbncvbncvn.jpg

88会

ぐっすり寝てしまう。午前中軽く滑ろうと思ったが無理。中学の88会の忘年会があるので帰る。
庭は全て葉が散って寒々とした景色。晴れてきたが寒い。小鳥が枝から枝へと飛んでいる。ぐるっと一回り。龍の髭はついたようだ。1年目には枯れたようになったので心配したが今年は青々している。林の中に自宅から移植した楠は枯れてしまう。同じく移植した南天、ムクゲ、アジサイはついたよう。
水抜きをして出発。1月にまた滑りに来よう。

望月高原牧場に行く。12月から4月くらいまで車通行禁止になっていた。白く凍った牧場の向こうに蓼科山が見える。雪が少ない。
帰り道で浅間山の山襞がくっきり白黒のまだら。
帰りは順調。家に着いたら歌詞と予定表をつめたザックを忘れてきたのに気がつく。Sさんから私がついていないと何にも出来ないのだからと言われてしまう。予定がない月曜日に取りに行くことに。やれやれ。

88会の集まりが巣鴨16時。休むまもなく飛び出す。
巣鴨の日本海庄屋には既に集まっている。7人。
この集まりは、中野八中八期生のゴルフの仲間。2002年から10数回開催。幹事Hrさんが熱心で会員も20名くらい。
隣に座ったHsさんから秋田を中心とした良い温泉場を聞く。Sさんと行くときに参考となる。無類の温泉好きで全国廻っているが東北が一番だそうだ。現役で働いているのに髪黒々なのでやっかんだ皆に苦労してないんだとからかわれる。
紅一点Usさんは、芋たこなんきんを見ている。ゴルフの練習には行っているがラウンドは月1回。Hrさんのジム仲間が来ており、元女優と紹介してる。3年のとき同じ組。
Knさんは、3年の時、同じクラスと2人とも思っていたがUsさんに指摘され違う組だった。ではどこで一緒だったんだろうと謎。亡くなったHtさんにはかなわなかったと言うので、もし生きていたら今は対等だと思うと言う。
Kzさんは、あいかわらず元気。私が遊びすぎで幸せすぎだと言ったり、Hsさんの黒髪は一夜で真っ白になると言ったり、Hrさんの若い奥さんをちゃかしたり忙しい。
Isさんは、一日3万歩を実行。もう直ぐ地球一周になるそうだ。医者から勧められて始めたが、今はやりすぎと言われている。
幹事のHrさんはジムで鍛えて筋骨逞しい。20歳も下の奥さんなので若さを保っているか。誤球の話で盛り上がる。

3時間近くわいわいやる。
2次会にカラオケ。皆元気。

望月の庭
PICT0017turrtyu.jpg

望月高原牧場からのぞむ蓼科山
PICT0019xcbvfgchghdfh.jpg

庭の水仙
PICT0020hjgfghjfghjfgjh.jpg

白樺高原国際スキー場

白樺高原国際スキー場に出発。
2IN1とかブランシュたかやまがよく滑るところだが、軽く滑るにはここが良い。

環八の渋滞に少し巻き込まれたが、何とか2時前にはつく。白樺湖は凍っていた。途中雪はほとんどない。林の中にわずかに雪が残るので降るには降ったんだろう。今年は暖冬でどこも雪が少ない。
今回は直したブーツの調子を見るのが主目的。スキー場は、メインコース一本のみ滑走可能。1300m。最高斜度26度の中級コース。
オープニング割引。

小中学生のスキー教室があちこちで開かれている。
ゴンドラで登ると蓼科山登山口があるが、登山者の踏み後は見えない。
女神湖が凍っているのが見える。
滑ってみるとブーツの調子はまずまず。最後の頃、少し左足の小指の辺りが痛いが慣れれば何とかなる範囲か。
滑りは初滑りの時よりは度胸がついたが、まだ横滑りをしてしまう。連続8回滑って、10k滑ったことになるからと、切り上げる。一人で滑っているのと、一本しか滑る場所がないので単調であきる。腿もパンパンになる。

望月に向かう。途中食料を仕入れる。
別荘に着いたら既に真っ暗。家の中は零度。寒くて震え上がる。水抜きの処置を戻す。こおろぎが一杯固まって死んでいる。
薪ストーブを焚くがなかなか暖かくならない。調理済みの酢豚とわかさぎのてんぷら、ラーメン、青菜で震えながら食事。まだ5℃までしかあがらない。ストーブの前に手をかざしっぱなし。ようやく10℃まであがって一息つく。
歌の練習。周りが静かで薪がパチパチいう音のみなので、声が良く響く。上手くなった様な気分。
寒いので電気毛布の温度を最大にしてもぐりこむ。エンディミオンダン・シモンズ)を読む。丁度氷の世界の場面なので、真実に迫って布団の中で凍える。森閑としているのでまもなく眠くなる。

庭のスミレ
PICT0001dgfsfggdff.jpg

白樺高原国際スキー場
PICT0007dfghdghdhfghfg.jpg

凍る女神湖
PICT0010fghdhgfddfh.jpg

PICT0013dfgsdfgdfgdfgsdg.jpg

一日延ばし

朝出発して、望月に行き、白樺湖周辺で滑る予定だったが、寝起きが良くない。芋たこなんきんよ!と言うSさんの声で起き、スクワットをしながら見るまでは予定通りだったが、食事をしたら少し休みたくなる。
ちょっと休んでから出発と思ったらぐーと寝てしまう。
次男が夜勤で遅く出かけるまで寝てしまう。まだ行こうと思っていたが、昼食をとったらおっくうになり一日延伸。一人で行くのは優柔不断になる。極彩色の良いところではあるが。

庭の水盤にメジロがつがいで来る。スズメも一緒にやって来て水盤で順番に水を飲んだり水浴びしたりしている。スズメ4羽とメジロ2羽が金木犀の木に止まっている。珍しい眺め。

スキーは延伸したので松の川緑道に行く。
途中、母親が、お使いに行くのに子供が近所で遊んでいたいと言ってるらしく「お母さんは遅くなるから一人だとおしっこに行きたくなったり、寒くなったり、おなかが痛くなったりしたらどうするの」と諭している。「おなか痛くならないよ」と子供は抵抗している。

新興住宅は、パンジーとクリスマスの飾り付けが多い。
松の川緑道は、サザンカが咲き続けている。  猫と子供にやたらと出会う。  子供が小さい池で何かしてるので金魚をいたづらしてるのかと心配したら、掃除したりして世話をしてる。疑ってごめん。  ヒヨドリが柿木に群れている。  畑に羽が白い尾羽をぴくぴく動かす小鳥が何かつついている。  サザンカを二羽の小鳥がつついている。  サッカーグランドは、一杯練習している。  ラクビーは終わったらしく、ボールを下級生が運んでいる。下宿の窓から顔を出した先輩らしきのが、何か指示。後輩ははい、わかりました。と大きな声で答えている。 ホッケーは数人が練習。  野球は終わったらしく走っているのとキャッチボールしてるのが数人。

帰りに床屋。
Sさんに頼まれた人参を買う。

近所のパンジー
PICT0010sadfasasdfa.jpg

散策途中のアリッサム
PICT0018fsaddfadfasd.jpg

プリムラ・マラコイデス
PICT0020hgdgfhdfghdfh.jpg

アリッサム
PICT0027djghjffghjfg.jpg

葉牡丹
PICT0033sdfadfasdf.jpg

水曜会 納会

家の中に月下美人とピンクのサルビアペンタスにおいばんまつりを取り込む。
居間は、胡蝶蘭ハナキリンベコニア、ピンクのサルビア、出窓にシャコバサボテン。2階はシンビジュームアナナス、。和室は月下美人ペンタスにおいばんまつりがそれぞれ占有。Sさんはゴキブリの巣になると良い顔をしない。

メジロが水を飲みに来ている。冬場はいろんな鳥がやってくるので目が離せない。

スキーブーツが初滑りの時、きつかったので中のインソールを削ってもらいにミナミスポーツに行く。インソールの前の方を削ってもらう。調子は良さそうだが滑ってみないとわからない。滑ってまただめだったら来てくださいと言われる。足をきっちり固定すると滑りは良い。ゆるくすると歩くのは良いが滑る時、足が靴の中で動いてしまう。微妙なバランス。

水曜会の納会出席。女性団員が手作りの食料を持ちより、男性団員がお酒を持ってくる。練習場で行う。
来週の水曜日は、テナーの特訓があるが私はスキーで欠席。先生からまたスキーなんだねと念を押される。Otさんからテナーは私一人参加と恨めしそう。Fjさんからどうせ雪が少ないから中止になるよ、参加したらとからかわれる。
先週忘れたマフラーをSkさんから受け取る。

始まる前に紙コップに名前を書いて、それを持って椅子に座っていた男達を見てTkさんが病院の待合室みたいと言う。大笑い。

団長の挨拶と乾杯で始まる。
テナーが最初から6人もいる。団長、Htさん、Otさん、新人Kiさん、Srさん。
Htさん、Otさんにコーラスはもっと文化の香りが高いと思っていたと言ったらとんでもないと言われる。体育系そのもの。学生時代のコーラス部の上下関係の厳しさを聞かされる。ザックを先輩の分も運ばされたり、電話がかかってきて直ぐ来いと言われとんで行ったり、何時間も席を取るため並ばされたり、うさぎ跳び百回をしたりと。それでも楽しいのがコーラス。おとなしいと思っていたSwさんが、先輩として厳しかったと言う話を聞いて驚く。本人に確認したら誰から聞いたのとは言ったが本当みたい。私の空手部と雰囲気がそっくり。

水曜会を紹介してくれたSwさんからもう中毒になりましたかと聞かれたので完全に中毒ですと答える。

赤ワインを飲みに行きいろいろあるので探していたらワイン通のYdさんに何を選ぶのかと注目され緊張。見栄えが最も良さそうなのを選んだら正解だった。確かに美味い。美味い美味いといっていたらFjさんから本当に味がわかるのとおちょくられる。

Hsさん、Tsさん、Ttさん達がスキーを20年ぶりくらいにしたいと言う。ボーゲンなら出来る。うーん1月2月は忙しいから3月と言ったらそんなに遅いのと言われる。誰かに無理してでも行かないとだめだよとささやかれる。

テナーのメンバで何時も先生に仕事させて忙しくさせていますと恩着せがましく言ったら、他の仕事もしたいよと言われる。

先生がいろんな人がいて楽しいと言うので、一つの音符もいろんな音が出て楽しいと言ったら、笑ってないでちゃんと音出してくれと怒られる。

NkさんからTtさんが作った鯵寿司が美味しいよと勧められる。好物なので早速頂く。美味い。Nkさんの作った**はもうなくなってしまった。

先生の挨拶。水曜会が一番楽しいとおっしゃる。いろんな人が集まって楽しくやれて嬉しい。
ピアノのYd先生の挨拶。高尚な内容なので忘れた。

皆が持ってきた贈り物をクリスマスソングを歌いながらぐるぐる回して止まった所で貰う。丁度自分の贈り物が来てしまう。Htさんも自分の物なので司会のSmさんが2人のものを交換。誰から来たのか分かってしまう。

クリスマスソングを皆で歌う。お酒が入ってるのと、楽譜が読めないのとで小さい声で歌う。一曲だけ始まる前に先生がテナーのパート練習した曲があり、それだけは、何とか歌う。お酒が入ると息が苦しい。

遅れて来たテナーのMsさんがカンツオーネを浪々と歌う。今年大会で一等。
先生が歌う。テナー。素晴らしい声。

土壇場でテナーのKsさんが会社の忘年会を抜けて現れる。これでテナーは8人参加。

最後に副団長が〆て散会。
良いお年をお迎えください。

近所の椿
PICT0001kasgastru.jpg

靖国通り(季節はづれ)のツツジ
PICT0003gdfsdfgsdfg.jpg

冬の準備

年賀状の準備を始める。
メルアドのわかっている方は全てメールで挨拶。極彩色になってから、メールで挨拶したほうが情報量も多く写真も送れるので、親密な気がする。
メルアドが不明の方には年賀状ソフトを使って準備する。Sさんは全てこちら。
Sさんにデザインは選んでもらう。
住所録の整備がまだ途中なのでしばらく時間がかかりそう。

タイヤ交換に行く。スタッドレスに交換しスキーに備える。Autobacsに行く道にあった陸橋がなくなっている。何時なくなったのか気がつかなかった。
交換終了。これで何時でも望月にスキーに行ける。

おせちは長男のお店から取り寄せた。

2年前までは、望月で正月を迎えることが多かった。寒い中、薪ストーブの炎を見ながらしんとした林の中で、TVもPCもなく過ごすのはそれなりに趣がある。正月スキーも無論行う。
極彩色に入ったら、Sさんから正月くらいは家にいたらと言われ、家で正月を迎えるようになる。今年で2年目。次男も正月は多分休みだし、長男も3日には休みが取れてやってくる。家族団欒も大切。

庭の蝋梅の蕾
PICT0001dfgsdfgsdfdf.jpg

勉強会 三国時代

今年最後の勉強会。
私は中国の歴史の「三国時代」。(ウィキペディアより。)
三国時代は、220年に後漢の献帝から魏の曹丕へと禅譲が行われて後漢が滅亡してから、280年に西晋が中国を再統一するまでの時代を指す。曹丕が皇帝になった翌年の221年には四川地方に拠った劉備が蜀漢の皇帝となり、229年には長江流域に拠った孫権が呉皇帝となり、この世に1人だけと言う建前の皇帝が同時に3人立った。この時代の歴史は小説『三国志演義』によって中国にとどまらず世界でよく知られている。」

わずか60年の歴史が後世に伝わる有名な逸話を数多く生み出した。
三顧の礼」:劉備は3度諸葛亮(孔明)の家をたずねて、やっと会うことができた。
天下三分の計」:圧倒的に強い曹操に対抗するために諸葛亮が劉備に献策したのがこの天下三分の計であり、・・・劉備曹操孫権とで中国を大きく三分割して、孫権と結んで曹操に当たり天下に変事があった際、・・・覇業が成就され漢王朝を再興できる、と説いた。
桃園の誓い」:劉備関羽・張飛の3人が、宴会にて義兄弟となる誓いを結び、生死を共にする宣言を行ったという逸話のことである。
関羽関帝」:その武勇、曹操が義理堅いと評した事から、後世の人間が神格化し関帝(関聖帝君・関帝聖君)とした。信義に厚い事などから、現在では商売の神として世界中の中華街で祭られている。
関羽劉備曹操を裏切って破れ袁紹の元に逃げると、曹操の捕虜になった。・・・曹操は関羽の武勇に惚れ込んでおり、どうしても関羽を手元に残したいと思った。・・・様々な贈り物をしたが、関羽はこれらを蔵に収めて封印してしまった。白馬の戦いでは、敵将の顔良を大軍の真っ只中で討ち取った。その功績を置き土産にして・・・劉備の下へ去った。曹操はその義に感嘆し、関羽を追いかけようとする部下に対して、彼を追ってはならないと言い聞かせた。
「死せる孔明、生ける仲達(司馬懿)を走らす。」:諸葛亮(孔明)の死の時に大きな流星があり、司馬懿はこれを見て諸葛亮の死んだ事を悟り、蜀軍に対して総攻撃をかけようとする。ところが蜀軍には諸葛亮の姿があり、これに狼狽した司馬懿は慌てて引き上げる。だが実はこの諸葛亮は木像であった。

説明に熱が入って何時もより長くなってしまう。

他にKbさんの「HomePlug AV」、Tkさんの「台頭中国車の真実」、Fkさんの「メタボリック医療ドラマ他」、Kdさんの「団塊の世代「黄金の10年」が始まる」、Abさんの「宇宙飛行士は早く老ける?」。

「団塊の世代「黄金の10年」が始まる」で戦国時代の終わりと対比させたくだりは共感する。
「戦国乱世が終わり天下泰平にともなれば、武士には戦場働きに意欲を燃やさず、様式美と自己修養を追及する精神が求められました。これからは団塊の世代も、個性の発揮と好みの充足に歓びを見出すべきです。それが出来れば60台を迎える団塊の世代は非常に幸せになるでしょう。」

Abさんが体調を崩され、医者に通っているが、その話によるとノロウィルスだけでなく、新種のウィルスが次々と現れているそうで、手洗いやうがいは必須だそうだ。

Kbさん、Fkさん、Kdさんと私で少し寂しい忘年会。新年会を皆が顔をそろえてやることに。
Kdさんは病気回復し半年振りに復帰。まだ完全ではないが半年後に自転車でヨーロッパを周りたいと意欲を燃やす。
Kbさんは、最長老の一人だが、元気溌剌で飲み会の二次会に行こうと何度も誘われる。逃げ帰る。

近所のパンジー
PICT0004uftyyuuyiuy.jpg

近所のシクラメン
PICT0010uyiuyyuyu.jpg

近所の?
PICT0001576uktyjyu.jpg

近所のキンギョソウ
PICT0002tyyyu.jpg

12月大歌舞伎

日曜日は芋たこなんきんが放送されていないのでゆっくり寝れる。
昨日の初滑りのせいか何となくけだるい。

メールの返事とたまったブログを仕上げる。歌の練習。声を出すのは気持ちが良い。
Sさんは友人と会うので出かける。
次男がカフスボタンが取れていると騒いでいる。

庭の草花を始末。花が少なくなってきた。プランターの雑草除去。

銀座の山野楽器に行き頼んでおいたCDを受け取る。歩行者天国か道路に人が溢れている。クリスマスツリーがそこかしこに飾ってある。
歌舞伎座に向かう。入り口でSさんに会う。Sさんは昨日昼の部を見ている。今日は夜の部。

神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)
平賀源内が福内鬼外のペンネームで書いた浄瑠璃。新田神社に御参りに来る人が少ないので困った神主が平賀源内に頼んだら、この浄瑠璃を作ったと言う伝説。
「六郷川の矢口の渡し。渡し守の頓兵衛(富十郎)は、・・・褒美の金欲しさに・・・新田義興の溺死に加担した強欲者です。この家に、義興の弟の義峯(友右衛門)が、・・・訪れます。頓兵衛の娘で、父とは似ても似つかぬ気立てのいいお舟(菊之助)は、気品ある義峯にひと目惚れ。・・・積極的に義峯に迫ります。しかし義峯を新田の落人と知った頓兵衛は、再び金目当てに、床下から義峯を狙います。手応えを感じた頓兵衛が刀の先を見ると、そこには苦しむ娘の姿が。お舟は自ら義峯の身替わりとなり、彼らを逃がしたのです。」

最後まで強欲な頓兵衛。一途なお舟がいじらしい。
お舟の菊之助が良い。玉三郎の跡継ぎになるのではと思わせるようになってきた。
時代は中世足利時代だが、人の考え方や生活背景は平賀源内の時代。ここらが歌舞伎の自由なところ。時代考証とうるさい事は言わない。
調べてみたら新田義興は矢口渡で謀殺された実在の人物。弟に新田義宗がいる。この人物が劇中の義峯なのだろうか。

江戸女草紙 出刃打お玉(でばうちおたま)
池波正太郎の脚本。不忍池が大変美しい背景として画かれている。池波正太郎は絵心があり、江戸時代の情緒を残している不忍池の背景にこったそうだ。
「かつて出刃打ちという曲芸で評判を取ったお玉(菊五郎)は、今は谷中の岡場所で・・・客を取る日々を送っています。ある日、敵討ちを前に緊張の面持ちで訪れた武士の増田正蔵(梅玉)に心打たれたお玉は、正蔵の仇討ちを、出刃打ちの技で手助けし、ひっそりとその場を去ります。その二十八年後、おろく(時蔵)の営む出合い茶屋で、ふたりは再会を果たしますが」
28年後に2度の大病ですっかり衰えてしまったお玉。それに引き換え出世して好色な親父に変身した増田正蔵。この二人の対面は正蔵の「ばばあ」の怒声で終わる。怒ったお玉は、動揺して帰る正蔵に出刃打ちの技を放って復讐する。

典型的ヒヒ親父を見ているよう。現代にもいそう。気色悪い。

歌舞伎十八番の内 紅葉狩(もみじがり)
「紅葉が美しい戸隠山。平維茂(松緑)が、従者を伴いやって来ると、ひと足先に酒宴を催している一行の姿が目に留まります。その主である更科姫(海老蔵)直々に誘いを受けた維茂は、酒宴にまじわるうちに、まどろんでしまいます。寝込む維茂のもとに山神が現れ、更科姫は実は人食い鬼であると警告して去ります。目覚めた維茂は、鬼女の正体を顕した更科姫に立ち向かい、松の大木の上まで追いつめます。」

海老蔵の更科姫が鬼女の本性を少しずつ出してくるところは、怖い。海老蔵の鬼女と松緑の平維茂の立ち回りは迫力がある。
山神を演じる尾上右近は14歳。踊りが抜群。声変わりか高い声がかすれている。Sさんのお気に入り。
踊りが主体で楽しめる。

帰ったら浅田真央ちゃんが、フィギャGPファイナルで連覇を逃したのを知る。残念。

庭のチェリーセージ
PICT0001gkasdtttt.jpg

近所のシクラメン
PICT0002gysdfiyuiuhsdfh.jpg

歌舞伎
PICT0005dfsgsdfgsg.jpg

PICT0007gsdffgg.jpg

初滑り 丸沼高原スキー場

日帰りスキーで初滑り。
Iwさんの車で4時半出発。出掛けにSさんから足折らないように無理しないようにと声を駆けられる。
4時間ちょっとしか寝ていないので眠い。車の中でうつらうつら。Iwさんも一眠りくらいなのでさかんにあくび。頻繁に休んで眠気を覚ます。
4時間半の車中。
高速を降りておにぎりを買う。また眠くなる。
途中全く雪がないので不安になる。スキー場の直前まで雪がない。

丸沼高原スキー場につく。車が込んでおりかなり来ている。若者だらけ。ウィークデースキーは年寄りばかりだがここは若者の天国。
ブーツが新しいのでその確認と年末の万座スキーへの備えを兼ねての初滑り。

駐車場からスキー場まで歩くのに、もう足が痛くなる。Iwさんは特に痛むところや痺れがなければ我慢して慣れると良いと言う。
券を買う間スキーをIwさんが持ってきたケーブルロックでくくる。ところがロックした番号をIwさんが間違えてしまい開かなくなる。私のスキー板は取れたがIwさんの板はロックを解除しないと取れない。やむなく私だけ滑って待つ。リフトは混雑。久しぶりにリフト待ちをする。滑る喜び。
軽く滑って戻ったらようやくロック解除できてIwさんと合流。

ロープウェイはまだ始まっていないのでリフトを乗り継ぐ。雪は50cmくらい。ブッシュが出ていないのでまずまず。人口雪が大部分。雪質もまあまあ。第4リフトで中腹まで行き、第5リフトで少し滑り、更に上に上がって第3、7リフトで滑る。頂上は標高2000mなのでそれより下、1800m位か。
日光白根山2578mが良く見える。晴天。気持ち良い。雪に囲まれて嬉しい。
若者が多くボーダーが多い。ザザザッと後ろからボードの音がするとぎょっとする。
滑りはまだおそるおそる。エッジがきかない。
ブーツは滑っている時はぴったりで快調だがリフトに乗ったり歩いたりすると痛い。足にあわせた熱加工のインソールがぴったりしすぎか。今迄のスキーブーツがスカスカだったので滑るのには快適だが歩くのは辛い。
何本か滑ったら太腿がパンパンになる。鍛え方が足りない。
しかしこの感触はたまらない。

11時過ぎに昼休み。豚うま煮丼。若者だらけ。若さに囲まれるのは気持ちが良い。オーラが出ている。

数本滑ってお茶。Iwさんは調子が出てくる。
インソールをIwさんにはずして貰う。ゆるくなる。インソールを少し削ってもらう事にする。

日が陰ってきて急に寒くなる。一番上まで行って滑り降りる。最後は気持ち良く滑れる。大満足。

帰りに、白根温泉大露天風呂薬師之湯に行く。
露天風呂が気に入る。洗い場は少なく待ちができるほどの混雑。スキーヤーの熱気。
帰りは半分くらい寝ていた。

やっぱりスキーは最高。

丸沼高原
PICT0002dffsdadfff.jpg

PICT0005ertwrtwwt.jpg

PICT0013gyiugyuigf.jpg

PICT0015dfhdfhgh.jpg

PICT0017ytretyrtyyr.jpg

PICT0018yttytytyey.jpg

お能 「三輪」

庭の蝋梅の葉っぱをヒヨドリがついばむのを目撃。新しい葉が上からどんどんついばまれ上のほうは枝のみ。蕾が一杯ついているが無事に咲けるか疑問。ピラカンサの実も全て食べつくされた。食べ物が少なくなったんだろう。頻繁に見かけるので愛着が出る。

お能鑑賞。出掛けにSさんが時計が見つからないとばたばたして出かけるのが遅れる。出かけようとしたら今度は私のノートが見つからず更に遅れる。
ようやく出かける。Sさんが小走りなので追いつくのが大変。

国立能楽堂。間に合った。席に液晶がついており説明文が出る。
満席。ここは男性の比率が4割くらい。他の劇場に比べると多い。歌舞伎は1割くらいしかいない。

最初は狂言。「吹取(ふきとり)」。
月夜の晩、五条の橋の上で笛を吹くと妻が授かるという観音様のお告げを授かった男。笛が吹けないので友人に代わりに笛を吹いてもらう。笛を吹くと被り物をつけた女性が現れる。女性は笛を吹く友人の方に行くが男は自分が祈願したのだと奪い合う。被り物で顔が見れないので男が取るとあまり美しくない女性。今度は2人でお互いに押し付けあう。女性はどちらかと追いかける。

何とも身勝手な話だが笑える。

お能三輪」。
お能は何時も言葉が聞き取れず苦労するが、言葉は液晶画面に出てくるので便利。
山の庵で修行している高僧。何時も水を届けてくれる不思議な女性に感謝している。衣を感謝の気持ちで授ける。住む場所を尋ねると三輪山の杉の庵を訪ねるようにと言い残しかき消すようにいなくなる。
御参りに里の男が三輪明神を訪ねると高僧の衣が杉の枝にかかっている。それを高僧に告げると、不思議に思い、三輪明神を訪れる。
たどり着いた先は大和三輪山のご神木の杉の木。やがて三輪明神が巫女の姿で現れいにしえの神話を語り明かし、気高く神々の神楽を舞う。話の中にアマテラスの岩戸隠れの話が出てくる。

後半の三輪明神の舞が、盛り上がり思わず引き込まれる。笛、太鼓、謡と舞が一体となって中世のおどろおどろしさを再現する。

しかし後半の話は良くわからない。三輪明神が過ちをおかしたとか言っている様に聞こえるが神の過ちとは何だろう。そもそも僧の前に何故現れたのだろう。何故アマテラスの話をするのか。
中世の神仏一帯とか神も過ちをおかすという考えだとか説明文は述べている。
Sさんに聞いたら能の世界ではよくあること。考えないで受け入れればいいのとあっさりかわされる。そんなものかな。

私は舞いに引き込まれたが、Sさんによると前にいたおばさんコンビはこっくりしていたし若い女性は寝ていたそうだ。私も進歩したものだ。

庭の薔薇
PICT0003sgdfsgdfsgdf.jpg

庭のタビアン
PICT0005gfdgsdfgsdf.jpg

庭のウキツリボク
PICT0008gsdfdffsdgsf.jpg

東名富士カントリークラブ

朝、4時半起き。ねむねむ。
東富士カントリークラブでゴルフ。
渋沢駅で、Azさんの車に乗せてもらう。Hrさんも一緒。
睡眠時間4時間弱。7時間は寝ないと調子が悪い。

東富士カントリークラブ到着。幹事のKsさんに出迎えられる。Itさん、Msさん、Hsさんと7人が揃う。後はStさんのみ。ところが時間が近づいても来ない。あわてて、Itさんが自宅の手帳を奥さんに見てもらい、Stさんの電話を調べる。電話したらまだ自宅にいる。一日日にちを間違える。これから来ると言うので1時間スタートをずらす。最後尾。
談笑が余分に出来、結果オーライ。

天候は、下り気味。朝のうちは霧がかかっていて心配したがスタートが遅れたせいで霧が晴れる。富士山は雲がかかり裾野しか見えない。

1時間以上遅れて、Stさんが現れスタート。前日メールで確認したが、日にちに先入観があり勘違いする。この頃この手の話が多い。

Ksさんが年長組みと年下組と分けたと嫌なことを言う。私の組は。Azさん、Itさん、Msさん。
Itさんは無類のゴルフ好きだが、腰を痛めてかがんで歩く。おじいさんスタイル。ところがショットの時だけしゃんとなる。カートにほとんど乗って移動。
Azさんは、プレーする回数は私より少ないがしっかりしたショットを打つ。時々、林の中に入ったり、バンカーに入ったりすると大たたき。
Msさんは私と良い勝負。出足は良かったが、途中大たたきすると止まらない。アイアン3本忘れても気がつかず、後の組が持ってきてくれる。日にちを間違えたStさんが罪滅ぼしに持ってくる。
私は寝不足がたたり、気持ちが今ひとつ集中できない。パットはほとんどはずす。

昼休みにMsさんは車なのにビールを飲みたがるのを、皆で止める。ノンアルコールのビールをまずいまずいと言いながら飲む。

コースは、山岳コースで、上り下りが厳しい。スキーに備えてなるべく登りも歩く。しかしだんだん息が切れる。
富士が良く見えれば気持ち良いコース。

あがってみれば今シーズン2番目に悪いスコア。
難しいのか、皆スコアを落とす。

この会は、Ksさんが極彩色に入り、Itさんに卒業ゴルフをお願いしていたが日程が合わず、Ksさんの激励会の時に、Ksさん自身にアレンジを頼む。幹事もKsさんにしてしまう。楽しく回れるメンバを勝手に選ぶ。次回はもっと易しいところを探してと幹事のKsさんに無理難題を要求。

帰りはAzさんの車で高鼾だったらしい。

雲に隠れる富士
PICT0005kjojoiuoujk.jpg

ゴルフ場のアザミ
PICT0015opip@io.jpg

ゴルフ場の紅葉
PICT00289y879887y8778.jpg

今年最後の水曜会の練習

朝、次男が出張先から徹夜明けで帰ってくる。顔色が悪いのでSさんが早速食事の準備。食欲がないとか言っていたが、あっと言うまに平らげる。アイスクリームも買ってきてパクパク食べる。これだけ食欲があれば大丈夫。食べたら直ぐに寝てしまう。頑張ってるなあ。

Sさんが前から気になっていた近所の下水溝の掃除に駆り出される。重い鉄板を空けたらすっかり綺麗になっている。Sさんは拍子抜け。雨が降ると水が溢れていたそうだ。後で聞いたら市が掃除。良かった。あれを掃除するのは難事業だ。

水曜会。今年最後の練習。
Ydさん、Hsさんとエレベータで一緒になる。机はOtさんが並べ始めている。新しく入ったOgさんも手伝う。
先生が早々来る。テナーは、新しく入ったKsさん、Skさん、常連のOtさん、Tkさん、大阪から来たHtさんと私で最初から6人揃う。テナー11人。水曜会でテナーが2桁になったのは始めて。嬉しいね。前列にKsさん、Skさん、Otさんが座るので前回に続いて2列目に座る。Twさんからもう先輩なんだからとからかわれ、Htさんに大笑いされる。
用事があるSkさんは途中退席するが、団長、Msさんが何時もより早めに来るしKsさんもくるので9人出席。歌いやすい。
ソプラノに新しく2人入る。一人はSmさんの紹介で先生のマンションと同じ。誰かが先生の監視用に入れたと陰口をたたく。総勢52人。

七つの子守歌」より「ていんさぐぬ花」、「遥かなものを」より「峠」「夜」「山頂」。

人数が増えてもテナーは音がずれるようで、先生がテナーに来る頻度は相変わらず高い。しかし3人で歌っていた時とは、別世界。最高。
27日にテナーの特訓があるが、早くからスキーに行く計画をしているので残念ながら欠席。先生から君の練習を本当はしたかったと言われる。

Htさんに飲み会は欠席すると伝える。6日連続忘年会できついと言ったら、もう若くはないんだからとたしなめられる。
Ogさんにも行こうと言われるが行かないと断る。
帰り道で、一緒の方向のSkさんと帰ろうと思っていたらSkさんは、Tsさんに誘われて飲み会参加。Tsさんに誘惑されて飲み会参加することに。意志が弱い。

飲み会は盛況。席が16人で満杯。側にSkさん、Tsさん、Ogさん、Tkさん、先生、Szさん、Isさん、Msさん、Ydさんがいる。会話が楽しい。
早く帰ろうと決めていたが、鍋物が出てきたので、今少しとずるずる時間が経つ。雑炊も食べたいし。Ogさんが帰ろうとせかすが、腰が重い。Smさんから今から帰ってもあまり変りませんよと言われる。ようやく腰を上げてTtさんと一緒に帰る。テナーは人が増えて良かったねと言われる。

帰ったらマフラーを忘れたのに気がつく。困った時の、Hsさん頼りでメールしたらSkさんが預かっていた。
明日は4時半起き。寝不足だ。

近所のパンジー
PICT0001hgjfjfgjfgh.jpg

PICT0002fgdghdfghf.jpg

きのこ鍋

長男が昨夜泊まる。会社に行く時間が来たので大きな声でSさんが叫ぶ。長男がいた時は年中行事だった。Sさんは懐かしいと言いながら叫ぶ。
ようやく起きてきてズボンを履いたらお尻に白いものがついている。長男はガムがついたとけろっとしている。あまりにみっともないので私とSさんでガムを爪ではがす。何とか目立たない程度になる。
正月は出勤。ご苦労さん。

庭にヒヨドリが盛んに来る。Sさんに聞いたら、通り道だそうだ。蝋梅の新たらしい葉っぱや、ピラカンサの実、ケヤキもどきの虫をついばんだりしている。
猫も通り道。プランターで道をふさいだがあっさり乗り越える。
蜂はさすがに一匹もいなくなった。巣だけ残る。

年賀状の住所録の更新を始める。メルアドのわかっている方は、メールで年賀の挨拶をする。メルアドは住所より頻繁に変るので更新が大変。喪中の挨拶も多い。しばらくかかりそう。

疲れたのでちょっと休もうと思ったら、忘年会の時間を1時間間違えて記憶していたのに気がつく。
大あわてで飛び出す。Sさんの服装チェックも省略。
途中でWtさんに電話し遅れると伝える。前回もこの集まりで遅れたので調子悪い。
新橋についてもう一度Wtさんに電話し、お店の場所を聞く。要領を得ないので幹事のOkさんが電話しながら迎えに来てくれる。ようやく途中で会う。

お店は「おにかけ」。
長老のKmさん、幹事のOkさん、Wtさんと4人の集まり。
Wtさんがパラリンピックの現状を報告。余人を持って代えがたい。 シロアリに家をやられ改築中。  人の輪の大切さを熱く語る。
Kmさんは、奥の細道行脚の話。新潟に10日ばかり前に行ったら大雪だった。 カメラを始め、カメラに熱中しているCbさんに会いたいと言う。
Okさんは、今年50回以上したこと、ゴルフ、マージャン、飲み会、パチンコ。 奥様とは趣味が異なるが仲良し。
昔話に花が咲く。苦労したが良く生き残った。

おにかけ」は、お客が満杯。
きのこ鍋。お味噌が信州上田の味噌で美味しい。
信州の特産物を多く使い郷土色、李節感を軽く打ち出している。

次回は6月に妙高で会う約束。

帰り道でWtさんが、(釣りで魚を捌くための)包丁を手に入れたと道の真ん中で取り出して見せる。よほど嬉しかったのだろう。

庭の万年青(おもと)
PICT0001sdfhgdfhdfgh.jpg

庭のベコニア
PICT0003hdfdfdfgh.jpg

来年の抱負

芋たこなんきんで目覚める。土曜日は見損なう。丁度Shさんの車の中だったので音だけ聞く。

真夜中に長男が来る。次男が出張中なので、次男の部屋で寝ている。
Sさんはご機嫌。
晴れているので庭仕事を一緒にしようと約束。歌の練習をしているうちにSさんは眠ってしまう。
私だけで、百日紅の枝を払っていたら、起きてくる。梯子を車庫から出す。梯子から木に移って、ケヤキもどきの伸びきった枝を鋸で切る。すっきりする。隣との境界の月桂樹も枝払い。
縛って束ねる。ここらになるとSさんの独壇場。指示どうり動くのみ。

作業中に長男が起きてきてお腹空いたと言う。Sさんは食事の用意。私は掃除、後片付け。

長男は、たまっている録画のスタートレックスターゲートに夢中。忙しいが生活は安定してきたようで安心。
疲れが出てきたので休む。

すっかり眠ってしまい、あわてて起きる。
横浜で忘年会。7年間在籍した仲間。
場所を書いたメールを忘れてきてしまったので、ちょっと探す。
着いたらもう随分集まっている。20名近い集まり。

幹事はHgさんとTnさん。
宴が盛り上がってきたところで、来年の抱負を聞く。
Otさん:知的100選、感動100選をやりつつセッカンドキャリアを計画。ゴルフは30台を狙う。
Tnさん:娘さんの高校が春の選抜に出場。吹奏楽の娘さんについて甲子園に行く。→勝ち進んだらどうするの?
Ibさん:仕事はぼちぼち。体重を減らしてスリムになる。
Tkさん:切れなくなった。きわどいがもうかる仕事をする?ゴルフは80台をコンスタントに。 側に上司のSmさんが来てチャチャを入れるので話がぐちゃぐちゃ。
Ybさんが遠いので帰る。来年も山一緒する約束。
Smさん:嫌われる事はあっても嫌いになることはない。*商売???をしたい。→話が良くわからない。
Onさん:良きパパとなる。→スキーに一緒に行き車を出してくれることになる。成果成果!!
Kmさん:酒量をコントロールできるようにしたい。今まで*升飲んでいたのを*升位にしたい。→仰天。肝臓強い。
Nsさん:結婚して私を招待する。または彼女を紹介する。といやいや言わされる。→スキーの車の運転頼む。
Arさん:ソフトボールが全勝、首位打者。来年はリーグがワンランク上がる。息子さんの野球の審判。
Mkさん:久しぶりにゴルフをしたら調子が良かった。ゴルフを上達したい。
Okさん:少し体重を減らす。ゴルフを上達するだったかな。酔いが回ってきて良く覚えていない。
他の皆さんは時間切れで聞けず。こちらの要望。
Iiさん:何時も会っているので言うまでもないがスキー、山来年も宜しく。
Iwさん:山の会来年も宜しく。風邪ひいて休山にならないように。
Hgさん:足腰を直して山に行こう。
Hsさん:元気になって温泉に行こう。
Kmさん:極彩色になったら少し知的なことをしよう。
Tjさん:最後のご奉公に勤め、次のステップに備えよう。

今年は、中学、高校、大学、入社した事業所、20数年在籍した愛知県の事業所、神奈川の事業所、7年間いた会社、最後の2年間の会社といろんな仲間達と会う。元気な仲間達と楽しい懇談をするのは無常の喜び。

家のシャコバサボテン
PICT0001trewtwerte.jpg

PICT0005yerey.jpg

家のキリンソウ
PICT0007hdfgfghdhfg.jpg

庭の水仙
PICT0009rtereyuty.jpg

うかい鳥山

高校時代の仲間達との忘年会。
京王線高尾山口駅で降りる。Hkさんがいる。2人でトイレに行ったらSmさんがいた。考えることは同じ。
駅には幹事のTkさんが待っている。高尾山に登る人も多い。
うかい鳥山への送迎バスを待つ。この場所はSmさんが推薦。しばらくしてAkさんが来る。日曜日にしたのは、彼が開業医で忙しく、日曜しか空いていないため。
送迎バスは混んでいる。

着いたらOsさんが既に来ている。後はMgさんのみ。
時間が早いので、庭を散策する。日本風の離れや座敷が続く。池やもみじ、渓流。池には鯉やマスが泳いでいる。
奥のほうに行くと小さな滝がある。わさびもある。水が綺麗。水芭蕉の池。春には美しいことだろう。
甘酒が振舞われている。Akさんと2人で飲む。皆も飲みだす。懐かしい子供のおもちゃが置いてある。早速駒をまわす。

宣伝文「・・・・美しい四季の移ろいに育まれた和の心。豊かな四季の自然を慈しむ心は、芸術、精神、生活などの様々な面でその形を顕わしています。幾千年の歳月に 熟成され、現代に伝わる和の心は、文化のひとつの形である食においても美 しく結晶しています。美しい自然の中で、忘れかけている和の心をしみじみと 味わう。・・・・」

食事時間となるがMgさんがまだ来ない。携帯は圏外でかからない。Osさんが電話したらまだ電車に乗っている。時間間違えたか。
部屋に案内される。離れのような良い雰囲気。地鶏の炭火焼を頼む。ビールを頼んで乾杯したらMgさんがやって来る。これで7人揃う。
頼んだのは「瀬振り焼き」。メニューは
胡麻豆腐
海老芋
鴨のつみれ汁
岩魚の塩焼き
地鶏炭火焼
麦とろ 味噌汁 香の物。

鳥山名物「竹酒」を頼む。Osさんと2人で飲む。まろやかで美味い。Akさんは飲めないのでウーロン茶。他は芋焼酎。
地鶏の串焼きが量がたっぷりで食べきれない。おなか一杯だが美味しいので皆食べる。

Akさん:開業医。飲めないが奥様は強い。焼酎「百年の孤独」を貰い奥様が喜んでいたと言う。この会に奥様を呼ぼう。
Tnさん:今年極彩色。今シーズン、スキーを一緒する。スキーは新調。かなりトレーニングしている。
Mgさん:マンション経営。大企業が進出してきて競合している。京都見物を奥様としてきた。来年の六大学野球には一杯ご一緒する予定。
Smさん:ベトナム行きたかったのにと言われる。ベトナム一緒に行ったら珍道中だっただろう。ゴルフやテニス仲間と宴会続き。
Osさん:顔が広い。誘われたら断らない。スペインに住んでいる友人を来年訪ねる。友人のIkさんがなくなったと報告。びっくり。
Hkさん:会社経営。息子とこれから一緒に仕事。2年くらい調子が悪かったが、回復して元気になる。

終わって渓流を眺めていたらAkさんがマスがはねているのを見つける。天然ものだ。

SmさんとHkさんは帰るが残りの5人で高尾山のケーブルに乗る。
最大傾斜35度。紅葉を見ながら楽しむ。
歩き出す。人が多い。紅葉もまだ見ることが出来る。赤い灯篭?が道の両脇に並ぶ。105段の階段を登る。子供が勘定している。Tkさんはトレーニングしているだけあって健脚。息が切れる。天狗の腰掛杉。

高尾山薬王院飯縄権現堂
「本殿は亨保14年(1729)に建立。拝殿・幣殿は宝暦3年(1753)に再建、さらに文化2年(1805)に大改修。戦後は、昭和40年と平成10年に大修理された。飯縄権現堂は、朱、青、緑など色鮮やかな、豪華絢爛な建築彫刻が目をひく。さらに、飯縄権現堂の両脇には、大天狗、小天狗の像がある。」
御参りしてお札を買う。
奥の院に登ろうとして周りを見たら皆はもう降りてしまっている。残念だがあきらめ。
大本坊を横切って裏から降りる。

途中、見通しの良いところで横浜や新宿が見える。
TkさんとAkさんは健脚。とことこ先を行く。
薄ら寒くなって散策も終わり。

うかい鳥山
PICT0008fsdfsdasfd.jpg

庭園のもみじ
PICT0039gdfsgsfdgsdf.jpg

庭園の懐かしいおもちゃ
PICT0041gssgdfgdf.jpg

高尾山、薬王院に行く道
PICT0049trtyertyyer.jpg

大天狗と小天狗
PICT0057gsdfsgdfsd.jpg

途中の蕎麦や
PICT0069fdgssdfsd.jpg

森の書斎

昨夜早めに休んだので、明方早く目が覚める。もう一眠りと思ったら今度はぎりぎりまで眠ってしまう。長寿荘の大浴場はお気に入りなので大急ぎで風呂に向かう。風呂でゆったりしたいが時間がないので、気持ちだけゆったりして飛び出す。昨晩美味しいものを一杯食べたので朝食は軽くすます。

Shさんが車で迎えに来てくれる。Tkさんご自慢の別荘に出かける。カーナビが古くて新しい道が載っていない様だが、Shさんは巧みに道を探しドンぴしゃりにTk宅に着く。方向感覚良いんだなと感心。
Tkさんの奥様が出迎える。雨が降って寒いのでTkさんは別荘に行って既に薪をくべているそうだ。奥様の車に従って向かう。ちょっと行ったら山の中。10分もしない。Tkさんが迎えてくれる。最後に狭い急坂を登るとご自慢の別荘。

家から10分のところに別荘を持ってどうするのかと疑問だったが、直ぐに氷解する。これは森の中の書斎。周りは森。クヌギの木が多い。建物は中古だが、しっかりした造り。Tkさんは喜んでペンキ塗りをしたり小屋を建てたりしている。
暖炉。贅沢な雰囲気。但し暖かくするのは大変。

年代物のステレオが部屋の中央にある。休みはここで足を伸ばして大好きなジャズを聴きながら読書するそうだ。優雅。忙中閑あり。

クラシックを聞かせてもらう。音量、音質が違う。レコードもかけられるし真空管のアンプもある。
サッチモのジャズ。Tkさんが大好きなちあきなおみ。Shさんは坂本冬美のCDを持ってくる。

ステレオを聞きながら、ケーキを食べコーヒーを飲む。何か物足りないので(車運転の)Shさんには申し訳ないが、赤ワインを飲む。ケーキを食べて赤ワインを飲んだので渋く感じたが、チーズを食べて飲んだら美味。
Tkさんが失敗作だという鮭の燻製。まあいける。近くの那珂川で取れたのを貰ったそうだ。同じく那珂川で取れた鮎を暖炉で焼いてもらう。美味い。もの凄く贅沢な気分。森の書斎は素晴らしい。

Tkさんが席をはずした時に、奥様に良く許可しましたねと言ったら、今まで努力しているからそれぐらいは認めてあげたいと涙が出そうな言葉。Tkさんは幸せだ。
Shさんが用事があり帰らねばならない。引き止められたがこれ以上居座ると帰りたくなくなるので失礼する。

Shさんに水戸まで送ってもらう。特急の時間まで間があるので本でも読もうと思ったが寒くてその気にならない。
ようやく乗ったらまたShさんと一緒になる。水戸→上野→新宿までずっと一緒。ほとんどしゃべっていた。これも楽しい。

森の書斎のポインセチア
PICT0017fgjhfhhjk.jpg

暖炉
PICT0018jfgfghfghjfghj.jpg

勝田

最後に勤めた会社に行く。
出掛けにブレザーを着てSさんのチェックを受ける。勝田は寒いのでジャケットにしたらと言われ着替える。
常磐線は久しぶり。天候がはっきりせずどんよりと暗い。
勝田に下りたら寒い。明け方は横浜より4,5℃は低いそうだ。
電話してShさんに棟の入り口まで迎えに来てもらう。セキュリティでキイがないと入れない。
Tkさんの所に行く。髪型が変った?元気そう。忙しそうで新聞が一杯たまっている。

早速、現場の新鋭機を見学に行く。開発中の現場で新鋭機を見るのは胸が躍る。一杯質問したかったがこちらに知識が不足していてあまり出来ない。じっくりうろうろ眺めたかったが、作業を中断して待っていてくれるので長居は申し訳なく引き上げる。これが現場に並んだら壮観だろう。

戻ってTkさん、Shさんと歓談。Tkさんは歓談中にも電話がかかってきたり、部下がおとづれたり相変わらず忙しい。
時間があるので会いたい人がいるかといわれたが、Hkさん、Uhさんは海外出張中。Ksさんを思い出したが酒豪なので夜ご一緒するのは遠慮した。
Szさんもやって来て懇親会に出かける。出口でSmさんと合流。

懇親会場には既にIsさんが来ている。出張から戻ってきてくれた。
総勢6人。わいわいやっている内に、すっかり1年9ヶ月前の気分になる。ブログを見ているのでこちらの行動お見通しで不利。
Smさんの上司のKsさんの酒豪振りが話題。皆一度は飲まされすぎて被害にあっている。私は3度。何故あんなに強いのだろう。Shさんの楽器の話。Tkさんの森の書斎の話。Isさんのスキーの話。Szさんが最も金をたくさん使って幸せだと言う話。
Shさんに沖縄を案内してと皆が懇願したが退職後だとかわされる。
Tkさんから私の別荘で泊まってゴルフをすると言うので待っていたがちっとも誘ってくれないと言われる。すっかり忘れていた。
ふぐにあたった話やら、タイの話、人の話題、事業の話やら話題は尽きない。美味しいお酒が出てくるので意地汚く飲みすぎる。すっかり良い気持ち。
再会を期して散会。

長寿荘まで送ってもらう。入り口で知った顔2人に出会う。世間は狭い。

庭の小潅木の花(名?)
PICT0003hgjfjhfhjfjgh.jpg

PICT0004ghfjjghffghjfghj.jpg

近所のサイネリア?
PICT0007fghdfhgdfghd.jpg

柿とヒヨドリ

明日から忘年会ラッシュなので、今日はお休み。Sさんが外出中に昼寝。Sさんが帰ってきて大きな声でただいまと言うので起こされる。昼寝中と言って再びまどろんだら電話がかかってくる。至福の昼寝時を逃す。

松の川緑道に出かける。ヒヨドリが群れている。ピーピー騒々しいこと。甘なんだろう。を奪い合うのか追い落としをかけたりしている。
ここは鳥が多い。畑で羽が黒くて尾っぽが白い小鳥がひょこひょこ歩いている。
道の両脇はサザンカが一杯。ずっと赤と桃色が続く。
アカンサスの緑が濃い。(家の庭のアカンサスも葉が茂ってきた。)
子供が木の茂みの中で騒いでいる。覗いたらコンクリートの斜面を滑って遊んでいる。ズボンが泥んこ。お母さんは怒るだろうな。
野球、サッカー、ホッケー、ラクビーのグランドは練習する若者で一杯。サッカー場でゴールキーパーの練習中とてつもなく大きな掛け声を上げている。

頼まれていた買い物をして帰る。葉書を出すのをあやうく忘れるところだった。

松の川緑道サザンカ
PICT0006uyitytytytyuo.jpg

アリッサム?
PICT0013uyiyityui.jpg

カランコエ
PICT0016hjkgfgdhhfg.jpg


PICT0021fgdsfgsfg.jpg

ボケ
PICT0023dfgsgdfgh.jpg

フェア

以前勤めていた会社でフェアがあるので参加。
一年ぶりかな。
入り口でKmさんに出迎えられる。どんなかっこうしてくるか心配だったがブレザー着てきたんですね。と言われる。ブレザーは長男から貰ったもの。背広は葬式以外は着る気がしない。さすがにジーンズはやめた。
展示物を見にHdさんに連れられていく。
入り口でSd社長とOkさん、Ktに会う。あいかわらず元気。極彩色生活で羨ましいというので、それなりに働かないとだめですよとえらそうな事を言う。仕事でSnさんを待ち構えているそうだ。相変わらず大変。

展示物を見ようとしたらスキー仲間のIwさんとIsさんがいる。もう展示物どころではなくなりスキーの話題になる。Osさんも会話に入る。奥様がスキーをしないので一人ではスキーにいけないと言う。

いろんな人と会話して結局展示物はろくに見ない。途中で*さんからもっとしっかり見ないと時代から取り残されますよと言われる。

講演会場。
Tjさんに案内されて席に着く。Fn社長に挨拶。
最初に社長の事業紹介。携帯、カーナビ、デジタル家電のソフトが、主体の事業。大きく伸びている。頼もしい。
次がHcさんのソフトの生産性の話。Hcさんに始まる前に講演期待してると言ったら、質問と野次は禁止ですと釘を刺される。
携帯事業の話。最後の携帯電話ソフト開発の話は面白かった。
2時間以上の久しぶりに聞く情報の話に疲れる。

パーティに参加。
何時も会っているHrさん、Knさん、Umさんがいる。Snさんから事業状況を聞く。張り切ってる。
久しぶりにTbさん、Ktさんと談笑。プラズマ事業の状況。
Kyさんに久しぶりにあう。やっと結婚。部長になる。結婚したから部長になれたんだと言ったら、部長になってから結婚したんだとやりかえされる。IsさんがKyさんに太ったと言う。お前こそ太ったと太った論議。Wtさんがスリムな体を見せる。子供サッカーの審判をしてるそうだ。Myさんはあいかわらず潜っている。仲間は奥さんより付き合いが古い。Smさん、Stさん、Tkさん、Fjさん、Hsさん、他にも一杯会って覚えきれない。残念ながらここで退場。事前に言ってあるが、何故かと聞かれる。コーラスとはさすがに言えない。

車を恵比寿まで出してくれた。運転手に7時までには着きたいと言ったら凄く飛ばして7時よりかなり前に着く。

前回、バスのTkさんが大事なお客のパーティを途中で抜け出して水曜会に参加した。それを見たので、本当は休んでパーティ、2次会に参加したかったが、先輩があのように努力しているのを新参者が、見習わないわけにはいかない。(代わりに来週、前の会社の連中が集まって忘年会をしてくれることになった。)

遅れて着いたらAdさん、Siさんも遅刻組。
入ったら先生が新人が一杯入ったよと嬉しそう。バスは、先日会ったOgさん。テナーは3人。トップ2人、セカンド1人。セカンドはOtさんと同期。3人とも明治薬科大学合唱団出身。
何時もは最初テナーが3人しかいないので前列に座るが、今日は6人もいるので後ろに回る。気がうんと楽。

Is先生の発声練習。
高い声は頭の後ろで引っ張られるようにして声を出す?お酒を飲んできたので声がかすれていたが、意識したら高い声が出た。不思議。
低い声は息をそっと吐くように丁寧に歌う?Is先生は乗せ方が上手いので何時も精一杯声を出してしまう。発声練習では良く声が出るような気がしてきたが、譜面を見ると途端にそうはいかなくなる。

空、海、大地と木のうた」より「こんにちは 大きな木 こんにちは 地球」。「遥かなものを」より「野道で」「霧の中で」。
新人は譜面を渡されたばかりなのにいきなり浪々と歌う。先生が今まで歌ったことがあるのかと思わず聞く。歌ったことはない。基礎が出来ていると違う。
「こんにちは 大きな木 こんにちは 地球」は随分練習してきたが、音が何となく違うところがある。人数が多いと補正しやすい。3人しかいないと、間違っていても大きな声を出すので直ぐに先生に捕まる。人数が多いとその前に自分で違っているのに気がつき補正できる。メンバが多いのは嬉しい。
「野道で」「霧の中で」は調子づいて大きな声で歌う。これは練習の成果があった。

団長が早々と来るし、Msさん、Ksさんも何時もと違ってぎりぎりより早く来る。先生は喜んでテナーが12人になったと言ったが実は11人。休部しているKsさんも勘定したみたい。今日は、テナーは9人揃う。多いと余裕が出来ゆったり歌える。何時もは3人しかいないので先生の集中指導(砲火?)を浴びるが9人だと薄まる。
団員も50人になる。来週はソプラノが入るそうだから51人。多いほうが楽しい。

今日お休みの新人担当Gtさんに変わってTtさんが代理で新人を紹介。紹介が上手いのでもうやめられないだろうなと思う。4人とも直ぐに入部手続き。誰かが入部したから先生もう叱っても良いですよと言う。4人とも良くしゃべる。賑やかになりそう。
先生がテナーの先輩は時々あてにならないから頑張るようにと言う。
先生はニッコニコでご機嫌。

帰り道でKsさんが次の日曜日宮崎でフルマラソンと言う。凄~い。
宴会は「まんざらや」。ここの料理は美味しい。ワインもまあまあ。
パーティで既に飲み食いしてきたので、あまり食が進まない。それでも時間が経つにつれ会話が弾むにつれついつい飲みすぎ食べ過ぎる。
新人3人が参加したので16人の盛況。一杯なので帰った人もいる。
Skさん、Hsさん、団長、Tsさん、Tkさんが側にいる。Skさんが何時も幹事役。ご苦労様。団長はお酒が強くないが今回は新人に付き合って参加。Smさんも珍しく参加。他は酒豪ぞろい。新人の方が皆さんお酒強いのですかと言う。こんなもんじゃないよと誰かが言う。
Hsさんからパーティを抜け出して参加してくれてありがとうと言われたのでうっかり本当は向こうの方が大事にされるので最後までいたかったと言ったら、どやされた。
先生は新人に囲まれて嬉しそう。
帰り道でFjさんが、賑やかな新人が来たねと言う。
別れる前に先生にこれで楽になったと言ったら、先輩らしくしないとだめと言われる。向こうは並みの新人ではない。こちらはまだ駆け出しなんだが。

家のシャコバサボテン
PICT0002fgdsgdfdfhh.jpg

PICT0003hdfghfgdhhgf.jpg

近所の猫ちゃん
PICT0004yerytreyeyr.jpg

慶応の銀杏並木
PICT0007hgjhgfjgfhjf.jpg

梯 剛之ピアノリサイタル

Sさんと梯剛之ピアノリサイタルに行く。
成城学園が年一回行うピアノリサイタル。Sさんの友人Imさんが切符を取ってくれた。Sさんは今まで5回くらい聞いているようだが、私は始めて。今回は著名な梯剛之氏のピアノリサイタルなのでSさんに誘われる。

開場前20分に行ったのにもう長蛇の列。後ろに2人の娘さんを連れた家族がいる。長女の話が面白くて噴出す。友達の悪口を言って「だから女はいやだよ」と言う。母親から「あんただって女じゃないの」と言われている。中学生くらいか。

ようやく中に入れる。凄い人気。成城学園五十周年記念講堂が超満員。今までこんなに混んだことはなかったそうだ。
座れない人もいる。1000人以上は来ている。

Imさんが見つかる。ImさんにロビーでUyさんを紹介してもらう。1月に(Sさんのお供で)ニューヨークのメトロポリタンにオペラ鑑賞に行く。この手配は全てUyさん。声楽の先生。Imさんから退職してからコーラスをやられてますと紹介される。やばいなあ。同室に泊まるので音楽の話が出るだろうな。

演奏曲目は「モーツァルト生誕250年記念 オール・モーツァルト・プログラム」
サルティの歌劇「二人が争えば三人目が得をする」のミンゴーネのアリア「小羊のように」による8つの変奏曲 イ長調 K.460
ロンド イ短調 K.511
ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調 K.457
ピアノ・ソナタ 第12番 へ長調 K.332
ピアノ・ソナタ 第17番 ニ長調 K.576

【梯 剛之 略歴】
1977年東京都八王子市に生まれる。父はヴィオラ奏者、母は声楽家。小児癌により生後1ヶ月で失明。4歳半よりピアノを始め、1990年ウィーン国立音楽大学準備科に入学。エリザベート・ドヴォラック=ヴァイスハール教授に師事。
1994年チェコの盲人弱視者国際音楽コンクール、ドイツのエットリンゲン青少年国際ピアノコンクールで優勝。1995年アメリカのストラヴィンスキー青少年国際コンクールで第2位入賞。1998年フランスのロン=ティボー国際コンクールで第2位入賞。以後、ヨーロッパ、南米など活動の場は世界に広がっている。
2003年には、小澤征爾指揮新日本フィルハーモニー交響楽団、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団、フランス国立ペイ・ドゥ・ラ・ロアール管弦楽団、オストロボニアス室内管弦楽団、ダニエル・ハーディング指揮マーラー・チェンバー・オーケストラ等と共演。
これまでNHKや民放でドキュメンタリーが放映されるたびに大きな反響を呼び、2006年3月には「夢の扉~NEXT DOOR~」(TBS)が放映され、7月は「課外授業ようこそ先輩」(NHK)の放映された。

始まる。次第次第に引き込まれるような感覚になる。目をつぶってはじめは聞いていたが、指の動きが見たくなり目を開けて指の動きを見ながら聞くと、更に体が引きつけられるような感じがする。

楽譜は置いてない。ピアノの場所まではお母さんが誘導。歩き方は少し子供っぽいがピアノの前に座ると別人のようになる。姿勢は背筋がぴんと張っている。

もの凄い努力だったろうなと思う。
音楽は奥が深くて怖い。

庭の万両
PICT0002gdfssgdgg.jpg

庭の万両
PICT0003eryretyretyyt.jpg

近所のカリン
PICT0006reytreey.jpg

近所のクロガネモチ
PICT0008iututyuiut.jpg

庭仕事

体操。芋たこなんきん。神棚仏壇に御参り。朝食。食器洗い。ブログ。メール。掃除、片付け。綺麗にしても出張中の次男が帰ってくると1日で元に戻る。シンビジューム等に水遣り。家の中に取り込む時に2本花芽を折ってしまったのが悔しい。

来客。Sさんと一緒に対応。
午前中があっという間に過ぎてしまう。何時も不思議。

Sさんとお使いに行く。Sさんは、私の代わりの法事出席の準備等で出かけ、私は帰宅。
帰る途中、猫が鳥を狙っている。取れるとは思わないが真剣。側に行っても気がつかない。どこに鳥がいるのかと覗き込んだらぎょっとして逃げ出した。

帰って、庭仕事。プランターにHB101と液肥をやる。プランターの球根は芽を出して緑が一杯。
花が少なくなってきたが、千両万両ヤブコウジピラカンサ、ヤブランの実が一杯。鳥が時々ついばみに来る。
ヒヨドリが蝋梅の葉っぱを食べるのでかなり葉っぱが千切れている。咲いたら摘んでしまいそう。
百日紅やケヤキもどきの枝払いをしたいが1人では大変なのでSさんがいる時にしよう。

歌の練習をしたら日が暮れた。

近所の蔦
PICT0001hgfjhkkk.jpg

近所のプリムラ
PICT0002khjkhkjhgh.jpg

近所のもみじ葉ゼラニューム 
PICT0003kljhjlhjkhjkhjk.jpg

近所の椿
PICT0006l;kkl;jkljk;.jpg

庭のヤブコウジ
PICT0014hjklkhjghg.jpg

フォーレのレクイエム

明治薬科大学合唱団第50回記念演奏会に行く。
駒場東大前駅で降りてこまばエミナースに向かう。
早すぎたかなと思ったが、ぞろぞろ行く人がいるので付いて行く。

水曜会のMkさんと休部中のKsさんがいたので隣に座る。
後ろの席に水曜会のHsさんとTzさんがいる。団長がオルガン運びのお手伝いで来ている。
始めは水曜会のメンバが少ないなと思っていたが、その内、テナーTkさん、Ksさん、バスSkさん、Fjさん、Mkさん、ソプラノTtさん、Hsさん、Tzさん、アルトAdさん、Mkさん、Jnさん、Tkさんが来ているのに気がつく。

スキー仲間のMtさんが来ているので休憩時間にスキーの打ち合わせ。万座、栂池、志賀と一緒に滑る。スペインスキーツアーの話をして羨ましがらせる。

学生ステージ
1・MUSICAL SELECTION
私のお気に入り (サウンドオブミュージックより)
君も飛べるよ  (ピーターパンより)
メモリー    (キャッツより)
エピローグ   (レ・ミゼラブルより)
ビーアワーゲスト(美女と野獣より)
2・猫祭
OB/OG合同ステージ
3・レクイエム  作曲 ガブリエル フォーレ

大野先生は、明治薬科大学合唱団を43年指導。
学生ステージは、1が副学生指揮者、2が学生指揮者でピアノも学生。部員は30名くらいいるようだが、歌うのは20名くらい。
素晴らしく上手い。
水曜会のSzさんもどうどうのバス。ソロも歌う。
指揮は先生の影響を受けて似ていると誰かが言う。

レクイエムは、OB/OG合同ステージで60名くらい。
水曜会のソプラノIsさん、Mwさん、Ydさん。アルトYmさん、元水曜会のKnさん。テノールHtさん、Otさん、Okさん。バスSmさん、Szさん。と10名も水曜会関係者がいる。テナーの3人が大きな口をあけて歌っているのを見て嬉しくなる。
ソプラノソロのIs先生は水曜会のヴォイストレーナー。ピアノのYd先生は会のピアノ奏者。
学生やOkさんは、暗譜で歌う。
学生が混じっているからか大変に上手い。
水曜会でもしかすると来年歌うかもしれない。

明治薬科大学合唱団は、一時は60名を超え隆盛を極めたが、その後学生の部活離れで、10名位まで減少し廃部の危機にあったようだが、大野先生等の努力で存続。このように長く続くクラブは稀有。

終わって、歌い終わったHtさんに挨拶。
帰りは、水曜会のSkさん、Fjさん、Ttさん、Hsさん、Tzさん、次の水曜会に見学に来るOgさん達と渋谷で軽く一杯。
Ogさんが、家事全般は自分がしていると聞き驚く。Ttさんが強く入部を勧める。バスはますます強力になる。Hsさんが次の会にテナーが3人見学に来ると聞き、入部を期待。
楽しい会話が弾み、つい飲みすぎる。
皆は更に飲みに行くようだが、連日の懇親会の疲れがあって失礼する。

庭のコバナノランタナ
PICT0001uyyt676.jpg

近所のプリムラ
PICT0002yitt7ut.jpg

駒場東大前の菊
PICT0003iuyy787.jpg

富士カントリー可児クラブ美濃ゴルフ場

朝早いのでモーニングコールを5時半にセットしたら、5時に目覚めてしまう。昨夜の余韻が残る。寝不足。
6時にFrさんの車でホテルから出発。同乗はAzさん、Umさん。Frさんは4時起き。ぶつぶつ言う。

ETCカードのセットがまずくETCゲートを通過できず。後ろに車が並んでしまう。  カーナビが高速を下ろして下を走らせようとする。隣に座るUzさんがいらつくが、運転のFrさんは悠然たるもの。
富士カントリー可児クラブ美濃ゴルフ場につく。
間違って隣のコースに行きバックまで下ろしてしまった人もいてそれに比べれば順調。

21世紀会のゴルフコンペ。4組16名参加。
昨夜来ていないKnさん、Kbさん、Ygさん、Sjさんも参加。
Mnさんは肩不調で不参加だが幹事なので真面目に早く来て段取りをしている。
朝飯はバイキング。寒い。パットの練習も手がかじかんでしまう。この冬一番の寒さとか。

1組目でスタート。Hrさん、Mnさん、Knさんと一緒。Knさんは地主なので懇切丁寧にコースを説明してくれる。山岳コースでアップダウンが多い。カートに乗らないで歩いているうちに寒さが気にならなくなる。紅葉が綺麗。暖冬のせいか随分遅い紅葉だ。唐松林の黄色が生える。

Hrさんは禁酒禁煙の効果か普段寒さには弱いはずがかまずまずの出来。パットが快調。あがってみればベスグロ。  Knさんは地主だけあってきちんとまとめてくる。説明しながら回るので時々ミスショット。  Mnはゴルフ三昧過ぎてお疲れ気味。明日もゴルフだとか。  私は寝不足がたたってゴルフにならない。特に後半はメロメロ。途中で帰りたくなる。  終わって風呂に入れば、極楽でスコアも気にならなくなる。

Ygさんが優勝。Sjさんが準優勝。Kbさんが3位。KnさんがBB.

私はホタル。このところ全くゴルフにならないがホタルは今年初めて。
かってこの会で優勝したことがあるのが夢のよう。

賞品はWtさんの差し入れもあって一杯ある。参加賞でもゴルフボールとりんご。お米やビール1ダース、缶詰詰め合わせとか重いものが多い。幹事の趣味か。
表彰式でわいわいやって楽しむ。
次回はもっと易しいコースをと要望が出る。

Mnさん達はこの後も別の宴会が控えている。

私はFrさんの車で名古屋駅まで送ってもらう。良い気持ちになってべらべらとコーラスの話をしすぎてしまう。

帰ったら真央ちゃんがぶっちぎりの優勝。Sさんが遅く帰ってきたので見られず残念がる。

2日間良い仲間に囲まれて楽しい時を過ごし、凄く幸せ気分。興奮して寝付かれず。困ったものだ。

富士カントリー美濃ゴルフ場
PICT0060hgjjfhgjgjh.jpg

ゴルフ場の唐松
PICT0065jghfgfhjfjghfjgh.jpg

ゴルフ場のクロガネモチ
PICT0066hgjkgjhjkgk.jpg

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Y・K

Y・K

FC2ブログへようこそ!

極彩色生活:赤字黒字の会社生活と異なり、感動、興味、ときめきの極彩色社会生活のことを言う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。