2007-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シニアSOHO横浜神奈川

あいも変らず、'歌えども歌えども'状態。

庭仕事は、蚊の大群をかいくぐってやるようになる。蚊取り線香を腰にぶら下げて、蚊取り線香を廻りにはべらして行う。それでも2,3箇所はやられる。

シニアSOHO神奈川横浜の総会に出席。
(シニアSOHO横浜・神奈川とは シニアが人生を楽しみながら生きがいを持って社会貢献ができるように地域で自主的にビジネスを行なうための会員間の情報交流、行政、団体、企業との協業の仕組み、創業のための自己と全体とが互いに助け合って高みに上っていく舞台を提供するプラットフォーム。)

NPO発足後5年目。会員85名。
Ym代表理事の18年度活動報告、19年度活動計画など。
18年度
*新拠点の開設。
*新事業ECN Plaza開始。
*横浜市との協業事業シニアコーディネーター研修事業を実施→地域情報化資格シニアド52名。神奈川トップシェア。
*地域活動 市民塾みらい綱島教室、保土ヶ谷区親と子のパソコン教室。
*団体、大学との協業。
など。
昨年は総会欠席したので久しぶり。内容は前進。新しい顔も散見。山の仲間のThさんもいる。

引き続いて交流会。
横浜国大 Mw先生講演「地域課題を解決できる人材育成を目指して」
建築学科の先生方が、中心になって地域貢献まちづくり開発に取り組む。その内の和田町での子供の居場所作りの活動は、大変に興味深い。夏休みに*町の探検、歴史。*ごみ。*安全安心。*福祉。と年度ごとにテーマを決めて小学生参加の活動を5年取り組んでいる。
大学では、地域交流科目を設け地域交流人材の育成を目指している。

WGの活動報告。
スペースあとむの報告で、不登校引きこもりの方々へのPCを通じての対応は胸をうつ。

終わった後の懇親会。
元々女性が少ない会であったがほとんど真面目なおじさんばかりになってしまったのが気がかり。
Okさんから絵の心得をいろいろ聞く。やってみたい。来年は時間をひねり出そう。

庭のオキザリス・デッペイ
PICT0006hgffdghdfhdfg.jpg

ハープの一種
PICT0008fghfdgh.jpg

百合
PICT0010uooiuuo.jpg

スポンサーサイト

松の川緑道のザリガニ

歯医者。
ようやく仮歯を本歯に入れ替える。歯と歯の間を良く磨くと長持ちすると先生に言われる。
帰ってからSさんに言ったら歯間ブラシに加えてデンタルフロスを使うと良いと言う。やってみたら良く磨ける。ちょっと面倒。

七夕の短冊が飾ってある商店街を通る。兄弟らしき男の子二人が喜んで下を駆け回っている。弟が短冊を指して花火?と聞いたら兄がそうだよと答える。弟が音がしないねと言う。すぐにまたかけだす。

松の川緑道に行く。
ザリガニを心配して水溜りを覗き込んだら、一杯いる。誰かがパンくずをやったらしくてパンくずを抱え込んでいる。金魚の池にも一杯。誰かが入れたのか、自分で入り込んだか。
この前大人がザリガニ採りをしていたので心配したが、一安心。
小さいのもうじゃうじゃいる。

昼飯時だが、サッカーと野球は練習中。
竹内久美子によると運動選手はイケメンが多いと言う。確かにイケメンが多い。

木陰は涼しいが、暑くなってきた。汗だらだら。
大きな木の下で、小休止。ちょっと読書。

帰ってから、歌えども歌えども状態。

七夕の飾り
PICT0007fgdhfghfdgh.jpg

松の川緑道のザリガニ
PICT0012hgfghfdhdf.jpg

アガパンサス
PICT0016dfghfdghfdgh.jpg

しゃべれどもしゃべれども

Sさんと「しゃべれどもしゃべれども」を見に行く。
原作 佐藤多佳子著は以前読んだ。映画の前にもう一度読み返す。

説明文によると
「思うように腕が上がらず、壁にぶち当たって悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)。そんな彼の教室に、無愛想で口下手な美女・十河五月(香里奈)、大阪から引っ越してきたものの、勝ち気なためにクラスに馴染めない小学生・村林優(森永悠希)、毒舌でいかつい面相の元野球選手・湯河原太一(松重豊)が通い始める。3人は言い争ってばかりだったが、少しずつ上達していく。ある時、村林はいじめっ子と野球対決をして負けてしまう。悔しがる村林に、いじめっ子を落語で笑わせてやれ、と三つ葉は提案する。村林と十河の「まんじゅうこわい東西対決」をやることに・・・・師匠(伊東四朗)の一門会で師匠の十八番の「火炎太鼓」をやらせてもらうように頼み込む。・・・・」

見ていて、ほんわかして元気が出てくる。三つ葉の火炎太鼓は圧巻。村林の演技は恐るべし。
筋運びは、小説を読んだせいかもたついたような感じがするが、これもまた良い。
劇場でのおじさんの鼾が凄くて気になったが、火炎太鼓の熱演中は気にならない。

こちらは、「歌えども歌えども」が続く。

庭のカライトソウ
PICT0002ghfjfghjghj.jpg

モナ・ラベンダー?
PICT0003hjfghkfghkfghk.jpg

近所のアロエ
PICT0005dhfghdfghdfgh.jpg

後3回

球根堀がまだ終わらない。プランターにそのまま入れてほっておこうかと思ったが、掘りあげて保存したほうが球根の持ちが良いので、気を取り直して続行。掘り返すとダンゴムシやら、ミミズ、ありんこ、ナメクジ、足の一杯あるの、ムカデの子供、何かの幼虫などうじゃうじゃ出てくる。ねぐらをほっくりかえされていい迷惑だ。

水曜会。
演奏会まで、後3回の練習。
全曲、本番と同じ並びで歌う。
テナーは、忙しいMtさん以外全員8名揃う。他のパートも全員に近い。

最初に、先生からあやしいところを取り上げて練習しその後、通して歌う。
「わたしの動物園」
「空、海、大地と木のうた」
Skさんからの指摘で「こんにちは大きな木こんにちは地球」の「きのしたでー」のでーの音が間違っていた。
「七つの子ども歌」
何箇所か間違える。一番練習してきたはずが、なさけない。
特に「三地方の子守歌」のハミングの音程が狂う。
次回は、音程が合うまで続けると先生が言う。
皆が追い込んでくると、こちらのあらが目立ってくる。弱った。

庭のランタナ
PICT0002rteyertyerty.jpg

ムラサキシキブの花
PICT0003jhfghjfghj.jpg

ヒメヒオウギズイセンとアスチルベ
PICT0012jfghfjhfghj.jpg

ボイトレ

昨夜、友の訃報が届く。最近見かけないないと思ったら、闘病生活をしていたそうだ。あんなに元気な彼が亡くなるとは悲しい。ご冥福をお祈りする。

暗譜の練習を本格的にしだしてから、やたらと眠い。毎日8時間は寝ている。発声が悪いからか、音程を気にして疲れるのか、やたらと消耗。

ボイトレ。西葛西。練習場近辺の緑は気持ちが良い。

Ii先生のレッスン。
発声練習。普段話している声で発声するように練習。前回も言われたが、声が抜けてしまう。高いところはすぐに裏声になってしまう。
難しい。進歩する余地がまだまだある。
CONCONE。文章を読むほうが綺麗な声が出る。その延長で歌うと綺麗に歌える。声も出やすいし、かすれない。これでずっと歌えればよいのだが、すぐに忘れてしまう。ミで練習。録音を聞いて練習しよう。
「七つの子ども歌」を中心に7箇所のあやしい所を、練習。これは大変に助かる。

1時間が長く感じられ、ぐったり。
Mkさんたちと、カルメンをやるそうだ。凄い。

帰りにスイカを買う。

Sさんは梅干を一杯作成中。楽しみ。
晩飯にSさん即席の生姜と玉ねぎの酢漬けを食べる。美味い。

庭のヒメヒオウギズイセン
PICT0005iuoklj.jpg

西葛西のフウリンソウ
PICT0012l;jkkljgh.jpg

グラジオラス
PICT0014iopljklkhjg.jpg

極彩色の楽しみ

今日は、本来ならば仙丈ケ岳登山の予備日。登山が延期(残雪の仙丈ケ岳に登る楽しみがなくなったのは残念)になったお陰で丸三日間を、歌の練習に振り向ける。
今日は、進歩がない。間違えなくても良いところの音程があやふや。一進一退。疲れる。

毎朝の体操で、床に足を伸ばし、手を前に伸ばして、お尻を左右に振りながら進む運動がある。リビングと玄関の板の間を往復。Sさんはお尻の筋肉がついてきて良いようだが、私はお尻が板にあたって痛い。タオルをジーンズの下に入れてやったら痛みが緩和。

Sさんと出かける。郵便局。凄く混んでいる。待ちくたびれる。
ビッグカメラで一眼レフを見る。Itさんに推奨品を教えてもらっていたのでそれを参考に見る。目移りして良くわからない。
スキー板を優先してカメラは来年回しにするか。

極彩色の楽しみについて。
束縛されず、自由に自分の時間を作れる事。ストレスがない事。
スキー:滑走するの時の快感。雪景色、仲間との一体感。
山:頂上での達成感。自然との接触。仲間との一体感。
コーラス:声を思い切り出す喜び。仲間と一緒に歌う喜び。
ブログ:書く楽しみ。花の写真を撮る楽しみ。
俳句:美しさ、感動を句の中に表現する楽しみか。
旅行:非日常感。知らない土地。建築、自然の美しさ。歴史の重み。
観劇:能、歌舞伎、よしもと。芸に接する喜び。
庭:草むしりは好き。草花の成長。
散策:松の川緑道。小さい自然がいとしい。
Sさん:一緒にいるだけで幸せ。
仲間:良き仲間とわいわいやるのが好き。

庭のアメリカン・ブルー
PICT0003dfgsdfgdsgf.jpg

ヒメヒオウギズイセン
PICT0007dfgsdfgdsfg.jpg

ムラサキツユクサ
PICT0009dfghertret.jpg

慶応高校ー早稲田実業

仙丈ケ岳登山が延期になったお陰で2日間、フリーの時間が出来る。歌の練習に当てる。ゲネプロでは暗譜が80%強くらいだったが、この2日間の練習で90%くらいになったかな。甘いか。本番までに100%にしておきたい。

次男が昨日親知らずを抜いておとなしくしていたが、私とSさんの肩こり体操を見て、発奮したか、走りに出かける。
午後から雨がぱらつく。雨に濡れて帰ってくる。

歌の練習でくたびれたので、久しぶりに松の川緑道に出かける。Sさんも買い物に行くので途中まで一緒。公園や道路を綺麗にしているおじさんがいる。アジサイは盛りが過ぎたが、夏の花、ひまわりやカンナ、タチアオイなどがぼちぼち咲き出している。

グランドで慶応高校と早稲田実業の試合をしている。慶応高校の投手の出来を見たかったが、早稲田の投手が打たれ、慶応の攻撃が延々と続き、Sさんにせかされ後にする。5対2で慶応リード。
Sさんと別れて、松の川緑道の終点まで行き、何時もなら丘の上の道を行くが、試合結果が気になって、同じ道を戻る。戻ったら、早稲田実業に大量5点を入れられ7対5と逆転されている。6回に1点を返す。更に追加点のチャンスだったが、犠牲フライで慶応の3塁走者がホームに突っ込み、早稲田の捕手と激突。クロスプレーだったが、アウト。捕手は転倒し起きれない。捕手はようよう起き上がりよたよたしながら守備につく。拍手が起こる。慶応は毒気に当てられたのか追加点ならず。次回の早稲田の攻撃で次打者の捕手が長くベンチから出てこない。慶応の監督が様子を見に行き氷氷と叫ぶ。一時試合が中断。変りは居ないのか、びっこをひきひき打席に着く。見事ヒット。よたよたと一塁まで行く。ピンチランナーを出したいところだが捕手の変わりが居ないらしく早稲田の監督が一瞬迷う。慶応の監督がピンチランナーでその後また捕手が守備につくのを認める。主審が***ピンチランナーと宣言。早稲田が一点追加。8対6。8回に慶応が猛攻し、9対8と逆転したところで帰途につく。

歩いている途中で考え事をしていたら、紐が動き出したので驚く。蛇だった。良く蛇に出会う。蛇はあまり嫌いではない。毒蛇は怖いが。

ザリガニのいるちょろちょろ小川に子供そっちのけで親2人でバケツを持ってザリガニ採りをしている。腹が立つ。少ない自然の生き物を親がしゃしゃり出て採ることはない。子供にやらせておけば良い。採ってどうするか。帰ってSさんにぷりぷりと話す。

松の川緑道のタチアオイ
PICT0016jhgjghj.jpg

シモツケ?
PICT0025ghjghjghj.jpg

クリナム・パウエリー
PICT0027vbnvnvbnvbn.jpg

またまた暗譜の練習

仙丈ケ岳登山が中止になって予定がない。くやしいような夏の天気。

暗譜の練習。暗譜そのものが不十分なのが、「遥かなものを」とアンコール曲。「七つの子ども歌」は前列で歌うので念入りに。
午前中と夜の2回練習。耳が飛行機に乗ったようなボーンとした感じになる。
部屋を閉め切って歌うので汗だらだらになる。クーラーはまだ入れたくない。

庭仕事。しばらく手入れをしなかったら、生い茂ってしまった。特に宿根サルビア、アーカンサス、コバノランタナ、ノウゼンカヅラ、ツルハナナス、ノグミ等の茂り方が凄く通ることも出来ない。それにつる性の雑草が加わり八重葎の様相を呈している。大きなゴミ袋2個分を削除。何とか通れるようになる。蚊の猛攻に耐えるため、蚊取り線香を腰につけ、地面にも置いて作業。
101を散布し、球根堀上をしたら、すっかりへとへと。Sさんは肩こり体操をしてから疲れなくなったと言うが、私はそこまで至らない。

この前、庭の金網に蛇がのんびり絡まっていたが、ゲネプロに出かける日であわただしかったのでほっておいた。その後、見かけないが一応蛇嫌いのSさんに話したら震え上がってしまった。黙っていればよかった。

庭のノウゼンカヅラ
PICT0001kjhg4tyyu.jpg

ルリタマアザミ
PICT0007l;koiu.jpg

コンギク
PICT0015puhjkh.jpg

姫コスモス
PICT0017;lkklkjh.jpg

雨雨

ぐっすり眠ってしまう。
雨の音がする。ゴルフは残念ながら中止。晴れ男の念力もきかず。歌の練習をしろと言うことか。

朝食前に、少し散策。気持ちが良い。
朝食は姫だけの味噌汁。ご飯を一膳にしようとしたが我慢できずおかわり。
来年は、紅葉の季節か、入梅前かで議論するが、紅葉の季節は予定があり忙しいとのことで、6月の始めに行うことになる。

帰りは、Ntさんの車でKmさんと一緒に長野駅まで送ってもらう。車の中でも寝てしまう。寝てばかりいる。

新幹線の中で、句を作ろうと頭をひねる。何句か出来たが出来は良くない。

帰って、明日は、南アルプスの仙丈ケ岳だと思うが、雨が降っており、準備に身が入らない。南アルプス市の天気は明朝晴れそうだが、日曜日はまたくずれそう。雪がまだ1m半あるので不安。Sさんがあぶないからやめなさいと言う。
8時過ぎにFjさんから電話がかかってきて迷ったが中止。春遅くに降った雪で雪が多いうえに日曜日の天候が悪いので中止とのこと。
9月末の紅葉の時期に延期。7月にしたかったが、予定が一杯であきらめる。8月は山小屋が混む。

明日から時間が出来たので練習しよう。

池の平のガマズミ
PICT0050retwfdgssdgf.jpg

蛇イチゴ
PICT0056rteewtwetret.jpg

池廼家
PICT0057ewreqwrqwer.jpg

妙高

妙高「春の山菜の会」に行く。
あいにくの雨。晴れ男なので晴れることを期待。

大宮から、長野新幹線に乗り、長野に向かう。長野駅でKmさんに会う。
待ち合わせの場所で車で来ているNtさんに会う。この会の企画者Wbさんがやってくる。車で北杜市から車で来たTrさん、名古屋から車で来たIbさんも合流。6人。夫々車に便乗して出発。Ntさんの車に乗せてもらう。

妙高に向かう前に戸隠により、蕎麦を食べる。子どもが小さかった頃、家族で戸隠の蕎麦が美味かった事を思い出す。
Wbさんがあらかじめ予約した「うずら家」。蕎麦屋は一杯有り、競争は激しそうだが、ウィークデーなのに満杯。少し待つ。Wbさんは誰かに紹介されて知る。ざる蕎麦の大盛り。ご主人や従業員は、大変丁寧で商売熱心。蕎麦は絶品。美味い。お勧め。

野尻湖に向かう。雨が降って霧がかかっている。何となくうら寂しい。

時間が早いが、池の平温泉の「池廼家旅館」。昨年もお世話になった。
ここはオリンピック選手の横山三姉妹の実家。Wbさんは学生時代スキーの合宿で随分お世話になっている。またパラリンピック選手の合宿でもお世話になっている。
奥様は、昨年のことを良く覚えていて、Ibさんが日にちを一日間違えたことや、私に山菜のお土産を渡したことを話す。

イモリ池。
早い時期は水芭蕉が綺麗。晴れていれば妙高が池に写り美しいそうだ。あいにくの天気でそれはかなわないが蓮の花が池一杯に咲いており大変に美しい。ピンクと白の蓮。雨の中、一周。大きな鳥も見かける。青鷺か。
山菜取りに向かう、雨なので奥に入れず、あまり収穫はない。長靴を履いているWbさん、Tsさんが少し奥には行って蕨を取る。雨が激しくなってきた。

風呂。露天のタライ風呂。雨を顔に受けながら、のんびりつかるのは極楽。
同室はIbさん。彼の絵の成果を見せてもらう。腕が確実に上がっているのがわかる。油彩展の招待券を貰うが、あいにく演奏会の前後で行けない。
まだ時間があるので録音を聞きながら暗譜の練習をしているうちに眠ってしまう。やたらと眠い。静かで雨の音しかしないせいだろう。

夕食は、奥様が山に出かけて取って来てくれた絶品。いろんな種類があり名前を聞いたが覚えられない。メモすれば良かった。今年は雪が少なくて山菜の出来が悪いと聞いたが、そんなことは全くなく美味しさに酔いしれる。
Trさん持込のお酒が美味しい。一升瓶が空く。
Wbさん:この会を計画。今年念願の四国お遍路さんに行くと言う。
Kmさん:四国、坂東、秩父など行脚。最長老だがお元気。
Tsさん:珍しく一番しゃべる。北杜市で絵描きの生活。
Ibさん:油絵に年季が入ってくる。かっこうの声を聞いたと喜ぶ。
Ntさん:ゴルフのレッスンを受ける。明日を期待だが雨みたい。

すっかり出来上がる。極彩色の真骨頂。

戸隠のルピナス
PICT0007dfghdfhdfhg.jpg

野尻湖
PICT0017fgdsdgsdfg.jpg

いもり池の蓮
PICT0026dfgdfhdfghhf.jpg

ウツギ
PICT0029dsfgdsfgdfgdfg.jpg

PICT0031sdaasdfsdfa.jpg

ゲネプロ

とうとうゲネプロ。
場所は、江東区文化センター。昨年と違う場所なので、迷ってうろうろしていたら、Szさん、Nnさんに会い、ようやくたどり着く。
先生をはじめ、既に多数到着。9時始まりなので、まだ中に入ることが出来ず、ホールの外で待つ。
Hsさんから、Htさん、Otさんが風邪を引いて欠席と聞く。Hsさんが先生に私が緊張していると言うので、思わず緊張していれば風邪も引かないと余計なことを言ってしまう。今後風邪引いたらどうしよう。

9時にホールが開き、係りの人に従って、平台を並べる。
Is先生の指導で、体操、ボイストレーニング。急遽先生がボイトレをお願いしたそうだ。
最初に「七つの子ども歌」の練習。私が前列で歌う曲。
Is先生が発声の指導。

7時半からゲネプロに入る。
譜面は見ない。暗譜。
オープニング曲「朝ゆえに」第一ステージ「わたしの動物園」6曲。
2列目。テナーの左側。テナーMsさん、バスのYdさんの隣。
2列目は比較的歌いやすい。後の声と隣のMsさん、その隣のSkさんの声が良く聞こえる。
テナーは、練習の時は楽譜を見ている人が多かったのに、ゲネプロではほとんど暗譜で歌っている。追い込んできた。KsさんとKnさんは会社を休んで2人で練習してきたそうだ。

第二ステージ「空、海、大地と木の歌」4曲。
3列目。後列。
一番後ろだから気楽と思ったら、回りの声も自分の声も良く聞こえず、しっかり歌わないとあやしくなる。ハミングは歌いにくい。
Mtさんは忙しくってあまり練習に出ていないので、楽譜を見て歌っていたが、先生から前で歌う曲は暗譜するように言われる。楽譜は持っているがほとんど暗譜で歌う。さすが。

第三ステージ「七つの子ども歌」7曲。
前列。
前列なので一番練習した曲。苦手な「ずいずいずっころばし」「あんたがたどこさ」は念入りに練習してきた。ところがハミングがいいかげんなところがある。

第四ステージ「遥かなものを」5曲。
2列目。テナーの真ん中。KsさんとKnさんに囲まれて歌う。2列目真ん中は歌いやすい。
何時もの練習と違い立ちっぱなしなので、足とか腰が痛くなってくる。少し前後左右に揺らすと落ち着く。曲にあわせて身体をゆすって凌ぐ。それにしても先生は凄い、毎回立ちっぱなしで指導して疲れを見せない。

アンコール曲4曲。
やっとたどりつく。アンコール曲は練習不足で暗譜があやしい。

終わった。先生は言いたいことが一杯あるようで、後3回の練習で追い込むように指示。

庭のランタナ
PICT0002dfghjfghjf.jpg

ルリマツリ
PICT0003retewrtwert.jpg

アーカンサス
PICT0004tyuertt.jpg

新構造展

Tmさんの招待でスキー仲間が、上野の新構造展に集まる。
夫婦でご招待。Sさんと一緒。
Nyさんご夫妻、Kbさんご夫妻、Unご夫妻、とOzさん。Tmさんご夫妻に迎えられる。

早速Tmさんの「運河の朝」を見る。ベルギーのブルージュで画かれた。百号の大作。
運河に建物が写っている様が、大変美しい。幾何学的に、正しく画かれたようで、相当に苦労されたようだ。会員推薦を受けられる。
苦心談を聞きながら、たっぷり眺め、Nyさんに記念写真を撮ってもらう。
その後、1時間ばかり、Sさんと他の作品を鑑賞する。

「Pepe le moko」で会食。フランス料理フルコース。
古い映画の絵が飾ってあり、Sさんが喜んで説明。  ワインは、ここのOBが向こうでワインつくりをしており、その伝で、直接買い付けた物。赤も白も美味しい。

Tmさんの出展は、ぎりぎりまでかかり、まだ乾かない内に、上野都立美術館に運び込んだそうだ。奥様も今回は随分苦労していたと話される。画かれた場所、ベルギーのブルージュは大変美しいところで奥様は7回も行っている。
Ny夫人はコーラスの仲間と海外旅行。その間、Nyさんはヴェトナム旅行。
Kbさんご夫妻は、旅行の留守中に災難にあう。 万馬券が当たる。
Unさんは、衣服から料理まで、何でもなさる。ご主人が得意げに説明するのを奥様はニコニコ笑って聞いている。 
Ozさんは、年齢別テニスで全国40番にはいる。

楽しく懇談。ワインを飲みすぎて酔う。

五反田まで散策。露地に綺麗な花が植えられている。寛永寺を散策。

皆と別れた後、夜の会食まで時間があるので、品川でSさんとコーヒーを飲む。

Sさんとわかれて、大崎のHrさんの会社に向かう。まだ早すぎるので、石のベンチに腰掛けて暗譜の練習。

Hrさんの会社。応接にKmさん、Szさん、Umさん、Fjさんが集まっている。一休みしてから、会食場所に向かう。
割烹「まつ十」。
KnさんとSzさんが別会社に移るので、激励会をHrさんが計画。
今月末に2人が移る。
Knさんは事業のトップとして、大変苦労された。全くの新天地に移る。健闘を期待。
Szさんは、いろんな人の尽力がって新しい職場に移る。
皆の話を聞いていると、仲間の面倒を見ている人が多く、大変に嬉しい。
UzさんからアンナネトレプコワのDVDを貰う。音楽の分野では、大先輩。
Fjさんから週末に登る予定の仙丈ケ岳について聞く。

歓談しているうちに、昼間の酔いに加わって、新しく酒を飲んだので、すっかり良い気持ちになってしまう。極彩色にあるまじき失言までしてしまう。

明日はゲネプロなので帰ってから練習。

Tmさんの大作「運河の朝」
PICT0015ghfdfghdfgh.jpg

庭のノウゼンカズラ
PICT0009dhfgtyrereyt.jpg

上野美術館からの散策途中の珍しい薔薇?
PICT0021tretwretew.jpg

はぎ
PICT0022ytertyrey.jpg

藤枝

藤枝に行く。
大学の同じ研究室だったTkさんが、静岡産業大学に勤務している。St先生がTkさんのところを訪問するので研究室仲間が集まって一緒に行くことに。
新横浜で、St先生と一緒になる。他に同乗者が居ないか探したらNhさんがいたが、眠っている。先生と談笑。三島を過ぎたらIzさんがやってくる。
静岡で新幹線から東海道に乗り換え、藤枝に向かう。
駅で、Tkさんが迎えに来てくれる。小雨がちょっとぱらつくが、涼しくて凌ぎやすい。

まずは、大井川河口の野鳥公園。大井川は川幅が日本一だそうだが、水量が少ない。ダムで水が取られるのと、今年は雨が少ないので、河口は、水溜りみたい。海岸に出て、海を眺める。かすんで見通しが悪い。Tkさんによると藤枝は、地震の軸のようなところで、近くが地震になっても揺れが少ないそうだ。
野鳥公園の観測所に行ったが、時期と時間が悪いのか、一羽も鳥が居ない。鳥の声は盛んにするが、姿が見えない。

蓮花寺池公園。蓮はまだ蕾。ぽんとはちきれそうになっているが、咲いている花はない。その代わり菖蒲園が満開。美しい花々にしばしうっとり。一周したいところだが、時間がないのでアジサイを見ながら後にする。途中、鴨の親子がいる。お母さんの周りに子供が群れている。とっても可愛い。カメラを向けたら蓮の中に逃げられてしまった。

Tkさんが勤める静岡産業大学に行く。Tk教授の個室に入る。St先生が情報の授業内容を熱心に聞く。Tkさんはビオラ奏者だが、歯を痛めて断念。ピアノと作曲。作曲したCDを頂く。以前は海外演奏に行っていたようだ。音楽の話になると途端にこちらは劣等生になってしまう。

学校の職員食堂、藤枝エミナースに向かう。ここのアジサイが美しい。富士がかすかに見える。晴れていたら絶好のビューポイント。
ちょうどSiさんがやってくる。彼は島田の名士。絵画を島田の各所に出展。陶芸やPCの高齢者教育。俳句。地元密着型。今日も午前中にPC教室を教えてきたところ。
St先生は、教え子に囲まれて幸せそう。元気で歩くのも姿勢が良い。まだ働いていることもあり、技術的探究心は旺盛。習っていた頃とあまり変らないなあと陰で囁く。
Izさん、Nhさんとは会う機会が多い。ゴルフも時々一緒する。Izさんは大学でゴルフ部だったが、レッスンを受け始める。Nhさんは今回の集まりのシナリオライター。
楽しく談笑。

大井川渡しの島田旧市街。
大井川の東側、旧東海道沿いに国指定の史跡「島田宿大井川川越遺跡」がある。旅人が川札を買った「川会所」をはじめ川越し人足が集合していた「番宿」や「札場」など当事の町並みが復元されている。大井川を渡るには、川札を川会所で買い、川越し人足に渡して人足の肩や蓮台に乗り川を越す。川札の値段は、毎日川幅と深さを測って定められた。
街並みと家の中の復元は見ごたえがあり、ゆっくりしたかったが、時間が少なくなり、次へ移動。

蓬莱橋。
大井川にかかる蓬莱橋は全長897.4m、通行幅2.4mの木造歩道橋。この橋は今では数少ない賃取橋として有名。また「世界一の長さを誇る木造歩道橋としてイギリスのギネス社に認定。
橋の向こうに渡りたかったが、往復に30分かかるとのことで断念。記念撮影ですます。

予定された、全工程終了。帰途に着く。
Tkさんには、丁寧な説明を受け、感謝。St先生他、皆との談笑も楽しかった。

句会に向かう。藤枝からの帰りのルートを間違えて、5分遅れる。
既に出席予定者全員揃っている。大急ぎで投句。

今回の兼題は、雷、田植え、黴。
先生はあゆかさん。会を勧めてもらっているSsさん。Ysさん、Srさん、Hnさん、Gkさん。Ktさんは欠席だが、投句をしてきている。

先生の句。
小さききは 小さく吹かれ 早苗かな  あゆか
てのひらの 石けん逃げる 夜の雷  あゆか

先生の特選
坂東の 水を張りたる 植田かな  三四郎
快速の 電車行きけり 青田波  勝山

私の句
いかづちが 横に走りし 硫黄岳  光

子供の頃の情景を思い出しながらひねり出した句
田植歌 乗鞍岳に 雪残り  光
は、先生に詠みたい内容を話して、作り直してもらう。
乗鞍に 鞍の形や 田植歌

先生の解説が大変わかりやすい。ベテランのSsさんのコメントも参考になる。
皆熱心で、毎回進歩の跡が見える。こちらの一夜漬けが恥ずかしい。

Ssさんによると、俳優の小沢昭一氏は俳人小沢変哲でもある。早く上達するにはどうしたらよいかと、先生に聞いたところ、毎日1句、選句して他は捨てるようにと言われたそうだ。毎日一句選句するのは、大変で、調子の良い時は、何句も出来一句のみ選んで他は捨てるのはもったいない。また一句も浮かばない時もある。とてもできそうにもない。

次回の兼題は「夏座敷」「そうめん」「蝉」。

藤枝の蓮花寺池公園の菖蒲
PICT0028ewqrttwerttw.jpg

PICT0032sdfaasfasfd.jpg

藤枝エミナースのアジサイ
PICT0057sdfgsdfgsdgf.jpg

島田旧市街
PICT0071fdgssdfggfds.jpg

蓬莱橋
PICT0084dfghdfghdfgh.jpg

父の日と張学友コンサート

父の日。長男から贈り物が届く。母の日は、匂う造花だったが、父の日はひまわりと薔薇などの花束。嬉しくて、思わず電話しようとしたが、Sさんから仕事中よと言われ、メールでお礼。何時も気を使ってくれてありがとう。
某社の調査によると父の日にプレゼントをしようと思っている人は、27%とか。実際に贈った人はもっと少ないかもしれない。

次男に花束貰ったぞと嫌味を言う。

Sさんに連れられて張学友(ジャッキー・チュンJacky Cheung)のコンサートに行く。Sさんの友人のImさんが熱狂的ファンで切符を手に入れ、一緒に買ってもらう。
香港の俳優で歌手。アンディ・ラウ(劉徳華)、アーロン・クオック(郭富城)、レオン・ライ(黎明)とともに四大天王と呼ばれ、一時代を築いた。歌のうまさには定評があり、「歌神」の称号を持つ。2006年12月にカタール・ドーハで開催された第15回アジア競技大会では、開会式で大会のテーマソング「Together Now」を熱唱、「アジアの歌神」としての実力を全世界に知らしめる事になった。
ということのようだが、会場に行くまで、全く認識していなかった。会場に入る前の行列の熱気に圧倒される。広東語らしき言葉が飛び交う。周りはほとんど中国人。日本の女性(圧倒的におばさん)も多い。Sさんの(Imさんとは別の)友人も来ていて挨拶。

46歳と自ら名乗ったが、とてもそう見えない。若々しい肉体と躍動美。日本語は上手くないが一生懸命しゃべるのに好感が持てる。辛いことがあっても、必ず良いことが巡ってくると思って頑張ってくださいというくだりでは、思わず拍手してしまう。歌は広東語だが、歌神と言われるだけの事はある。3時間歌いっぱなし踊りっぱなしで、声量が全く衰えない。
5000人の大観衆が立ち上がってライトをふりながらウェーブする。Sさんと私も立ち上がって手拍子を取っているうちに、だんだん興奮の渦に巻き込まれる。中国人の追っかけが一杯居てこれがド迫力。
バックの踊り子は皆仮面を被って踊る。アンコールの最後のみ、顔を出す。不思議な雰囲気。

帰りにImさんを探したが大群衆で見つけられない。

長男の贈り物
PICT0004kjhuityi.jpg

庭のアスチルベ
PICT0008uouyioyuo.jpg

名岐国際ゴルフ倶楽部

昨夜、バタンキューで11時前に寝たら5時頃、目覚めてしまい、それから寝られず。

Knさんの車で、同じホテルに泊まったOmさんと一緒に名岐国際ゴルフ倶楽部に向かう。途中、山の中のくねくね道を通り、懐かしさが蘇る。

コンペが入っていることもあってかなり混んでいる。
4組、16人。5組取れず、人数を絞ったか。
Knさんはパターを送ってもらったが、パットがなかなか決まらないと言う。Omさんは肘を痛めて飛距離が延びないと嘆く。
Ygさんは40肩(60肩と思うが)で肩が痛いという。Hrさんは、膝を痛めてサポータ。あちこち痛めている人が多い。私はどこも痛くない。
始まる前、Omさんにライオン会には入らないようにと言われる。百獣の王。
暑い。30℃を越すという。当初の予報は曇りだったが、予報がだんだん晴に変ってきた。入梅はどこへ行ったのか。こうなると晴れ男もありがたみがない。
Sさんに買って貰った高い吸湿性と放湿性に優れたウェアを着る。Hrさんにかっこいいよとからかわれる。

一緒に廻るのは、前回優勝者のYgさん、準優勝のSjさん、幹事のSyさん。Ygさんは始めの頃、ドライバが当たらず苦戦。途中スプーンに変えたら急速に安定。スプーンで、凄く飛ぶからドライバはいらない。60肩とは思えない。
Smさんは、安定している。Syさんも後半ぐんぐん調子が出てくる。
こちらは、どこも痛いところがないのに、Omさんの予想どうりライオン。水曜会の歌に、「ふくれましたはライオン王さん」と言う歌詞があるが、その通りの心境。
幹事のSyさんにあらかじめホタルでも賞品を出すように言ってある。前回に続いてホタル。打ち方を変えたが、まだ身につかず。

優勝、Kbさん。始まる前から、優勝の挨拶の練習をしてきただけのことはある。
準優勝は、一緒に廻ったYgさん。前回優勝に引き続いてはりっぱ。当初Uzさんが二位と紙が廻ってきたが。Hrさんがクレームをつけて訂正。UzさんとYgさんは、同スコア、同ハンディ、同朝スコア。年齢差で、Ygさんが上回る。4位は営業のTmさん、5位一緒に廻ったSyさん。とび賞は7位のUtさん、14位のHrさん。BBはMkさん。ホタル私。
ハンディを直しシングルがKbさん、Ygさん、Uzさんと3人も増える。シングルのOmさんがハンディを落としてくれと頼むが却下。次回BBになるのを恐れる。
3回連続のホタルの汚名だけは、免れるようにしよう。なんと志の低いことよ。

名岐国際GCのマツバウンラン
PICT0053fdhdfghdfha.jpg

PICT0055rewtwertrta.jpg

PICT0057reteya.jpg

21世紀会

21世紀会に参加のため新幹線に乗る。一句浮かばないか頭をひねるが、これはと言う句は浮かばない。NHKの俳句教室を見ていたら、毎日句を作らないと、退歩すると言っていた。初心者のくせに句会が迫らないと句が浮かばないようではいけない。
メモ帳とにらめっこになってしまったので、コーラスのMDを聞いて暗譜の練習。気がついたら名古屋駅。眠ってしまっていた。

藤が丘に早く着きすぎたので、本屋とかあたりをぶらつく。
鞄が重いので開始20分位に、もういいかなと「風来坊」に入る。まだ誰も来ておらず。部屋が冷房で寒いので、カウンターで待つ。極彩色に入ったYsが現れる。続いてぞくぞくと現れる。
この会は、1998年くらいに設立。前身の集まりがあって、21世直前にちなんで21世紀会と名づける。17回目。始めは年一回のときもあったが年2回が定着。幹事はSyさん、Mkさん、Szさん。名幹事で良く続いている。人数は偶然21人。

私の乾杯で始まり全員が揃ったところであらためてHrさんの乾杯。
今回は全員と話す暇がなかった。
Syさんが主幹事。長く続いているのも彼のお陰。
Mkさんの司会。なまりが入るので聞き取りにくいときがある。
Hrさん:東京が本拠地だが、名古屋との間を往復。名古屋の比率高まる。居心地が良いんだろう。
Srさん:元気復活。PTAの話を聞く。異文化の世界にあきれ返る。企業人と妻、母、おまけにPTAと忙しい。Frさんとの退職金ついてのやりとりは漫才を聞いているよう。
Tsさん:マスターズの走り幅跳びの愛知県大会で優勝。走り幅跳びは、やったことがないのにぶっちぎりの優勝。今度は青森の全国陸上祭典に出場。当方のコーラスが2年目で物にならないのが恥ずかしい。
Knさん:会社が7月から変る。単身が長く、今度は埼玉。奥さんに時々来てもらうために大きな部屋を借りる。苦労が多いが、楽天的なので救われる。新天地で活躍することだろう。
Omさん:現役の営業。営業出身は他にTnさん。OmさんはHrさん設計のマシンの一号機を販売し事故で動かず、私の胸倉を掴んだ話を楽しそうにする。愛妻家。奥さんの話が良く出る。
Ynさん:久しぶりの出席。検査一筋。腹がゆかたになったが、口は達者。Omさんが売ってひどい目にあったマシンの検査担当だったことが判明。
Skさん:会社が変る。東京から出てくる。結婚が遅く子供が小さいのでまだまだ働かねばならない。途中東京に帰る。奥さんが出かけているので子供の世話をするんだそうだ。
Wbさん:一緒に働いていた頃より良い男になる。若返った。学生に囲まれて若いオーラを貰っているからか。
Urさん:初参加。Whさんの同僚で代理?参加。ばりばりの営業。皆にもはや馴染んでいる。これから参加してくれそう。
Frさん:かってお公家と言うあだ名。見た目は高貴だが相変わらずの辛口。
Kbさん:奥さんに何時までも働けと言われているとか。彼には過ぎたる奥さんと何時も言う。
Adさん:海外勤務や単身生活が終わり、1年くらい奥さんと一緒。3人のお子さんと奥さんの話になると、ニッコニコ。
Sgさん:この会に出られて皆に会うのが嬉しいという。嬉しいね。
Uzさん:NHKハイビジョンでMETの放映があると教えてくれる。すでに録画をセットしてきたと言ったら少し驚いていた。
Szさん:幹事の裏方に徹する。スキーを新調しないと海外でばらばらになるよと脅かされる。
Hrさん、Kkさん、Tmさんとは話す間がなかったが楽しそうに談笑していた。

2次会はUzさんが大好きなスナック。何でここが好きだかわからない。ママさんが2年前の21世紀会のボトルと写真を出してきた。こういうところが好きなのかな。

庭のコンボルブルス・ビューティー・ブルー
PICT0002dfgdsfgdsfg.jpg

庭の花
PICT0003dfhdfghdfgh.jpg

近所のセキチク
PICT0006jhgr.jpg

「肩こり」健康体操

「肩こり」体操で始まる。NHK今日の健康より。下記。
*肩を上げ下げする。息を吸いながら肩を上げ、充分に上げたら息を吐くと同時に肩をストンと落とす。10回。
*重り(注)を持って腕を振り子のように前後10回、左右10回振る。上体を前に倒してふり幅を大きくしていく。(注)重りはペットポトルに水を入れたもの(500g)。私は1kgの重り。
*両手を内側から外側に大きく回す。逆に外側から内側に回す。10回。
*背中をさする。お尻のあたりで手のひらを外側に向けて両手を組む。背骨に沿ってゆっくりと上げていく。上がりきったら両手を元の位置まで戻す。上下10回。
*重り(注)の上げ下げ。右腕左腕と交互に10回。
*両手を組み額に当てる。両手を押すように頭を前方に力を入れる。両手は頭を押し戻すようにする。3秒間維持。  両手を組み後頭部に当て、両手を押すように頭は後方に力を入れる。3秒間維持。  左右の手を頭の横にあて頭を右に倒し、右手でそれを押し戻すようにする。3秒間維持。次に逆に左に倒す。3秒間維持。これを10回。
*深呼吸。

他に「頭痛」「腰痛」健康体操をしている。
Sさんと一緒にやるから続けられる。一人だったら続けられるか怪しい。
まだなれないせいか、昼間眠くなってしまう。肩こりは良くなってきた。

句をひねる。兼題は「田植え」「雷」「黴」。メモしたのを見ながらうんうんうなったが、あまり良い句は生まれない。雷は、山で良くあい、強烈な印象があるのでそれを句にしたい。
Sさんから向いてないんじゃないかと酷評。もっといろんな句を読み、勉強しなければ物にならないよと先生みたいなことを言われる。月曜までには3句作らねば。

歌の練習。先日指摘されたところを復習。
全27曲暗譜で歌ってみる。「遥かなものを」が一番あやしい。アンコール曲も練習不足。発声が良くないせいか、このところ声がかれてしまった。

次男が鍵が見つからないと電話がかかってきて大騒ぎ。部屋中探すが見つからず。かなり経って電話で車の隅にあったとのこと。
次男は、仕事が大変忙しいが、元気。ひところくたびれ果てて心配したが、この頃、目に輝きが戻ってきた。一安心。

トッピンシャン

Sさんに付き合って毎朝行う、肩こり頭痛腰痛対策体操がなかなかきつい。早くから始めているSさんは、お腹がへこんで足が細くなってきたようだが、始めたばかりのこちらは、ただただきつい。
忙しくて水泳に行かなくなってから、胴回りが増えてしまったので、始める。昼間やたらと眠くなる。もともと頭痛、腰痛はないが、肩こりはひどい。これは減少。効果有り。

歯の治療。かたどり。珍しく、ミスをしたようで、申し訳なさそうにかたどりをもう一度と言う。黙っていればわからないのに正直。(美人だし)何ら問題はない。

合宿後、発声が悪いせいか、声がいがらっぽい。

水曜会。
Htさん、Siさんが休みなので大変。エレベーターで一緒になった女性陣に今日は(テナーは)大変ねとひやかされる。
テナーは、Otさん、Ksさん、遅れて団長、Knさん、Msさん、最後の頃Mtさんの7人。

「月夜の果樹園」「空、海、大地と木のうた」。
「空、海・・・・」は空海と、皆が呼ぶようになった。もったいなくも弘法大師。
楽譜を全く見ないで歌う。何とか歌える。

「七つの子ども歌」。
「ずいずいすっころばし」の「トッピンシャン」でけつまずく。気がつかないうちに変な癖がついてしまって、何度歌いなおしても正しく歌えない。ここは本番で前列で歌うので、何とか歌えるようにしなくては。予想された通りになってしまい、いささか残念。

最後に「幸福が遠すぎたら」を歌い終了。

帰り道Fjさんに会ったら合宿はきつくて声が出なくなったと言う。大先輩がそうならと安心する。

近所のホタルブクロ
PICT0002rtyretyiu.jpg

庭の木苺
PICT0006yturutryurtyu.jpg

アスチルベ
PICT0013fhgdfghfdgh.jpg

野菜天ぷら

球根堀上。まだまだ道遠し。
サルビアとペパーミントの種を撒く。芥子粒みたいな小さな種。良くこれで大きくなれるものだ。

不得意な「あんたがたどこさ」を徹底練習。何度も間違える。「どこさ」が11回続いて「せんばさ」に入るタイミングと「煮てさ」がバスに続いて「煮て」で入るタイミングが何度やってもどちらかがうまくいかない。作曲者を恨みたくなる。

Itさん主催のSzさん祝杯会に行く。
一駅となりの「亀勢」。Sさんに聞いたらその側は散策しているが、知らなかった。
SzさんがTVで見て推薦。お店でTVで見たと言ったら、TVは自分が好きな物ばかり写すからこの店の売りとは違うと言う。気さくで面白い。
野菜天ぷらがお勧め。量が多い。一人分を三人で分けて充分。TVで放映された後は、野菜天ぷらばっかり出たそうだ。
アワビの肝。絶品。美味い。
ぬた。野菜類と魚類を酢味噌などで和えた料理。
あじ酢、山かけ、あわびなどなど。海の幸の美味い物尽くし。
今度、Sさんを連れてやってこよう。

Szさんは極彩色に入って2ヶ月。エレクトーンを始める。釣り、ゴルフ。今度コーラスのオーディションを受けるそうだ。だんだんペースが出てきた。顔色も良くご機嫌。ポルトガルに行ってきたばかり。
Itさんは、極彩色の大先輩。写真に書道。書は書道の雑誌に載ったものを見せてくれる。今度書道展に出展するそうだ。写真はホームページを開いており、音楽つき。写真旅行もあちこちに行っている。
普段は、あまり好きでない昔話も、自慢話がなく楽しく談笑。

庭の宿根サルビア
PICT0001tyujfghjhgf.jpg

近所のすかし百合
PICT0005tyfgh.jpg

近所の不思議な花
PICT0009iuty.jpg

南北朝時代

勉強会。
Abさん、Kbさん、Tkさん、Onさん、Kjさん、Fmさん。
ヨーロッパ自転車旅行中のKdさんは欠席。オーストリア、ドイツなど1ヵ月の旅。同じPC教室で教えているAbさんは3人の先生のうちKdさんが欠けて大変と言う。こういう時に限って、生徒が多く来る。この頃は65歳前後の男が多い。団塊の世代に追い上げられ何かしなければと思うようだ。

私は中国史の「南北朝時代」を説明。前回の五胡十六国時代に続いて動乱の時代。
南北朝時代は、北魏が華北を統一した439年からはじまり、隋が中国を再び統一する589年まで、中国の南北に王朝が並立していた時期を指す。
華南には宋、斉、梁、陳の4つの王朝が興亡。南朝と呼ぶ。この時期江南の開発が一挙に進み、後の隋や唐の時代、江南は中国全体の経済基盤となった。南朝では政治的な混乱とは対照的に、文学や仏教が隆盛をきわめ、六朝文化と呼ばれる貴族文化が栄えて、陶淵明や王羲之などが活躍。実用書でも地理の本である『水経注』、農業技術の本『齊民要術』、医学の本『傷寒論』が書かれる。文化の裏では魏代末より南朝にかけて麻薬「五石散」が文化人・貴族の間ではやる。
華北では、鮮卑拓跋部の建てた北魏が五胡十六国時代の戦乱をおさめ、北方遊牧民の部族制を解体し、貴族制にもとづく中国的国家に脱皮しつつあった。北魏は六鎮の乱を経て、534年に東魏、西魏に分裂。東魏は550年に西魏は556年にそれぞれ北斉、北周に取って代わられた。577年、北周は北斉を滅ぼして、再び華北を統一する。その後581年に隋の楊堅が北周の譲りを受けて帝位についた。589年、隋は南朝の陳を滅ぼし、中国を再統一。
仏教が本格的に中国に入る。この仏教の隆盛に伴い、敦煌・雲崗・龍門などでは、石窟・石仏・仏画が盛んに作られ、描かれる。

他に「重要なビジネスの価値発見」「「学力世界一を創り出す教育、フィンランド」「経済気象台」「これから始まる企業会計地獄」「松下電器産業 液晶37型、夏にも投入」「免疫の舞台は白血球」。
*学力世界一を創り出す教育、フィンランド:フィンランドはの教育は現場主義。資源がない人が少ない中でいかに教育でおちこぼれを作らず人を育てるか。
*これから始まる企業会計地獄:日本の会計基準が世界の中で違う。企業の健全のためより税金を取りやすく出来ている。
*免疫の舞台は白血球:免疫の主役は、リンパ球で、リンパ球を支配する副交感神経は休むとき、リラックスするときに働く。

飲み会は、参加したかったが、合宿の疲れもあり不参加。

BOOK OFFに行く。
あさのあつこ「ガールズ・ブルー」、ねじめ正一「かなしい恋愛」、樋口有介「彼女はたぶん魔法を使う」、宮本昌孝「尼首二十万石」、山本一力「はぐれ牡丹」。阿川佐知子の本を買いたかったが、どれを読んでいないかわからなくなりあきらめる。

庭のベコニヤ
PICT0001fghdrtyytery.jpg

庭のハープ
PICT0002wertewrt.jpg

近所の花
PICT0008retyertyyt.jpg

合宿2日目

水曜会合宿2日目。
ぐっすり休んで、6時過ぎに周りが起きる音で目覚める。
寝床に入っているのは、私のみ。
朝の散歩。雨上がりで気持ちが良い。夢の島公園を歩く。アジサイ、ディエゴ、夾竹桃、カンナなどが咲いている。鳥の声。木に群れている。
夢の島マリーナまで、足を伸ばす。ヨットマンが早、準備している。

朝食。バイキングスタイル。
部屋に戻って、練習場が開くのを待つ。直前まで閉まっている様で、ロビーはごったがえしとか。9時直前まで部屋で粘る。

9時に開場と同時にボイトレ。Is先生。
準備運動をした後、思い切って声を出すと、身体がしゃんとする。
朝は声がおかしいし、飲みすぎの影響もあり、最初は声がかすれる。大声で歌っているうちに、少しづつ、声が出るようになる。これが気持ち良い。
先生が、Is先生にアルトの発声について依頼する。「三地方の子守歌」のアルト。あまり大人っぽくなく、かわいらしく、コーラスらしい歌い方。難しい。いろんな指導を受けて歌っている内に、声が変ってくる。素晴らしい。

並びは、第四ステージ。第一から第三までは、同じ並びで隣が、バリトンのYdさん、テナートップのMsさん、その隣がテナートップのSiさんで列が前後する。第四ステージは、二列目で隣がテナーセカンドのKsさん、テナートップKnさん。
テナー前列は、団長、Siさん、Htさん。実力者を揃えた。Htさんが第四ステージの「遥かなものを」は苦手なのにとぶつぶつ。

オープニング「朝ゆえに」アンコール「月夜の果樹園」「おにのおにぎり」。

Smさんが、遅れて現れる。熱があって調子が悪そう。薬を貰っている。昨夜2時まで飲んで、暑いのでクーラー入れっぱなしだったのが、いけなかったようだ。最初私が入るはずだった大部屋。宴会場なので、宴会後も、Smさん、Tkさん、Mnさん、Msさんの部屋のメンバと、部屋を閉め出されたKnさん、Hmさん達は2時まで2次会をやったようだ。部屋を変えてもらって良かった。先生がSmさんに、君は何時もどうかなるねと言う。Msさんに向かって、君は今日は言いようだねとからかう。Knさんは(Msさんが)何度も歌いたがったのをやめさせたら、ふてくされて寝たから大丈夫と言う。

第四ステージ「遥かな物を」。
暗譜がまだあやしくて、時々、周りの声を聞いて歌詞を思い出したり、声が小さくなったりする。
「夜」の「ラリアラリアライライラ ホー」のところで、一回目の「ホー」は伸ばすが、2回目はバスのみ伸ばし他のパートは「ホウ」と伸ばさない。ここを何度も間違える。ソプラノの勇気ある誰かが、先生にホウで止めるように指揮してくれと言う。先生がソプラノに向かって止めの指揮をしてずっこける。止めの指揮があると確かに歌いやすい。

第一ステージ「わたしの動物園」。
「てんとうむし」で何時もテナーの音が下がりすぎて叱責を受ける「はーるーのみちですー」が上手くいって褒められる。二度やると間違えるから、もうやめましょうとHtさんが言う。2度やったが上手く行く。やれやれ本番も上手く行くこと祈る。
「河童」のソプラノソロ「ジンジローいけに」のところがHmさんはなまると言われやり直す。先生と一緒に歌うと上手く行くので一緒に歌ってと言う。先生がその気になってソプラノに向かうと団長が指揮台に向かって代わりに指揮をとるふりをする。大笑い。
「マンモス」は、バスがド迫力。Mnさんの声が凄いので「モンマス」と名づけられる。
何時もながらの事だが、途中再三再四Msさんの駄洒落が飛び出す。良く次々と出てくる物だ。

昼食後、雨が降っているので外に出られず、バレーの試合を見たり、泳いでいるのを見たりする。若者たちが群れて運動しているのを見るのは気持ち良い。

第三ステージ「七つの子どもうた」。
Ymさんが通して歌いたいと申し入れて、先生はしぶしぶ通して歌うことを了承。通して7曲歌うと気持ちが良い、あいかわらず「あんたがたどこさ」でずっこける。
先生は、おかしくても続けて歌わせるので、ストレスが溜まると言う。最後にまとめておかしいところを指摘。良く覚えていられると感心。何時も同じところがおかしいからか。

第二ステージ「空、海、大地と木のうた」。
だんだん、疲れが出てきて、調子が悪くなる。昼食や休憩時間中に屈伸をしたりするが、何となくかったるい。
それにひきかえ、先生は立ちっぱなしで、指揮し、飛び回って汗をかいているが疲れを見せない。
気持ちを切り替えて、もう一度踏ん張る。

アンコール曲。
「草原の別れ」「幸福が遠すぎたら」。

終わった。
6時間半。2日間で12時間半近く。くたくた。
後片付け。終了後Tkさんから声が出なくなったよと聞き、ベテランがそうなら、自分が声が出なくなるのは当然だと思う。

外に出ると雨があがり心地良い。
Htさんから、深川の美味しい蕎麦屋に一杯やりに行くと言われていたが疲れきっていたので一旦断る。しかし一緒に帰っているうちに行きたくなり、参加。

門前仲町。深川不動堂にお参り。「一番はじめは」の「七つ成田の不動様」の成田不動堂の別院。

Htさんはここあたりは、ぬし。大阪から帰ってくるとこの近所が拠点。
「あさのや」。
先生、Htさん、Msさん、Ydさん。Hmさん、Ynさん、Tgさんの8人。
イナゴ、わさび味噌、焼き鳥などをつまみながら、蕎麦ビール、焼酎の蕎麦湯割りを飲む。Msさんの駄洒落が次々と出てくるので、Ydさんが頭の構造が違うと感心する。
最後に美味しい蕎麦を食べて散会。
長い2日間がやっと終わった。

夢の島公園のブラシの木
PICT0032tuyrtyuru.jpg

ディエゴ
PICT0033wretwttwre.jpg

カンナ
PICT0034iuyiouoyuo.jpg

夢の島マリーナ
PICT0040uioyoyio.jpg

水曜会合宿

水曜会の合宿に出かける。
場所は、東京スポーツ文化館(BumB)。
新木場で降りて地図片手にしていたら、アルトのMsさん、Nnさんと出合いほっとする。前回来た事があるが、迷ったので不安だったので助かる。

13時まで練習場が空いていないので、13時までロビーで待つ。
先生がしゃれた帽子を被っていたので、一瞬気がつかなかった。マネージャのHmさんが荷物を一杯持ってきている。ご苦労様。バスのThさんが楽器を持ってきている。足を怪我したGtさんは登山用のステッキを持って参加。荷物をどこに置くのかとFjさんに聞いたら財布は僕に預けるようにとからかわれる。
部屋が空いて、机を並べたり、ピアノを移動したりして、練習の準備。

テナーは9名中、発熱でドタキャンしたMtさん以外8名出席。何時もは、働いている人が多いので、出足が悪いが、合宿は初めから人数が揃う。トップ:Htさん、Msさん、Knさん、Siさん。セカンド:団長、Ksさん、Otさん、私。

軽い体操と発声練習。並びは発表会と同じ並び。
第一ステージの「私の動物園」。私は中段。両脇がSiさんとMsさん。歌いだして気がついたが、両脇がトップ。Msさんが、あれと言ってセカンドで歌ったり、トップが先生から指摘されるとトップに戻ったりして戸惑う。第一ステージの練習が終わって休憩時間に、並びがおかしいと先生に申し入れる。先生はMsさんをセカンドからトップに移したのを失念。Msさんは、他の合唱団でバリトンをしたり、テナーのセカンドをしたり、幅が広いので先生も間違えた。場所移動。

水曜会は暗譜が伝統。歌詞を見ないで歌うよう心がける。働いて忙しい人に比べて、時間をかけられるので、暗譜しないと申し訳ない。
女性はほとんど暗譜の練習が進んでいるようで、楽譜を見ない。
テナーは、団長はさすがに暗譜してきている。他は、まだ楽譜をちらちら見る人が多い。バスもかなり暗譜が進んでいる。
テナーも最後は例年のように追い込むだろう。

「てんとうむし」の「はるーのみちです」で半音づつ下がるところが、今回も下がりすぎて指摘を受ける。
ハミングの音が聞こえないと言われる。あやしいので音を下げていたのがばれる。
Msさんはほとんど水曜会出席だが、仕事で遅れてくるので、今回初めて歌う曲が多いという。それにしても朗々と歌うのはさすが。Siさんは声がとおり美しい。音も確か。何時も早く来て一緒に歌うKsさん、Otさんは、人数が揃っているので喜んでいる。Htさんは大阪から通う関係で、水曜会出席率が低かったが、仕事が東京に変るので引越しこれからは磐石。Ksさんは来年は熊本に戻るので、今年が最後の水曜会。

「空、海、大地と木のうた」。第二ステージは三列目。
この曲は、まだ暗譜があやしいので、回りを聞きながら手探りで歌う。
「海にだかれて」の「ゆらり、ざざざー」はピアノを聞きながらゆれる様をイメージしながら、歌うように言われる。ピアノを聞く余裕などなく、全く気に留めていなかった。
「こんににちは大きな木こんにちは地球」の「ちきゅうーラララ ラ ラララ ラ」ではソプラノに引っ張られ音が高くなってしまう。先生からソプラノに行けと叱責。
最後尾は隣がバリトンとテナートップなので、トップと別れるところは、他からセカンドの音が聞こえてこないので時々不安になる。

「七つの子供のうた」。第三ステージは先頭。
先頭だと、なかなか口パクは難しい。
「一番はじめは」の「いつつはいずものおおやしろ」は、パートにかかわらずグループ分けしてシフトしながら歌うので、出だしを間違えると、最後まで歌えない。緊張の一瞬だが、何とか間違えなかった。
「通りゃんせ」は難しいが歌いこんでまずまず。
「ずいずいずっころばし」は「ずいずい」「トッピンシャン」が続いて次の歌詞が始まるので、何度も間違えそうになる。数を数えたり、指揮を見て何とか間違えないようになる。
「三地方の子守歌」でアルトが歌い方で指摘。アルトらしくないと言われる。難しい。
「あんたがたどこさ」。これが何度歌っても、「どこさ」を繰り返して「せんばさ」に移るタイミングが合わない。「煮てさ」「焼いてさ」とアルト・バスから移ってくるところの出だしを間違える。これはもっと練習しないと本番で間違えそう。
「ていんさぐぬ花」は、合宿でようやく言葉を覚える。

「遥かなものを」は時間切れ。
アンコール曲「月夜の果樹園」を歌って一日目は終了。
夕食をはさんで、13時半から21時半まで歌いっぱなし。休息時間を除いて6時間弱歌う。疲れた。

部屋割りで、大部屋の宴会場に割り振られた。Mnさん、Smさん、Msさん、Tkさんの酒豪ぞろい。Hmさんが割り振ったようだが、酒豪扱いされてしまった。Smさんが心配して部屋を替わったらと言う。お言葉に甘えて、Knさん、Siさん、Ksさん、Mkさん、Fjさんの部屋に布団を運ぶ。5人部屋に6人寝るから窮屈だが、快く迎えてもらう。

夕食後の休憩時間を利用して、「こまくさ」夏の山行きプランの打ち合わせ。監事のHyさん中心に、Adさん、Ymさん、Gtさん、Twさん、Yhさん。いろいろ話すが原案の栂池自然園と白馬乗鞍岳、白馬大池の2泊3日となる。

練習終了後あわただしく風呂に入る。風呂で体育系のような若者の集団と一緒になる。Ydさんが聞いたらミュージカルの集団。7月20日が本番とか。
布団を引く。布団はほとんどSiさんに引いてもらう。手際が良い。

宴会。盛り上がる。自宅から帰っている人を除いてほとんど出席。Otさんは時差ぼけで眠いと、Ksさんに薬を貰って寝る。
大いに盛り上がり楽しい。団長の音頭でかなりたってから乾杯。Fjさんの側に座る。Fjさんがビールを注いでくれようとしたが、Mwさんが注いでくれそうなのでそちらを選んだら、Fjさんにむくれられる。新人のMrさんが風邪を引いて熱があるのに歌っている。さすがに後半は声が出なくなったそうだ。Hmさん、Ttさんが端のほうで美味しそうな物を用意しているので加わる。Knさんは何時ものように走ってきたみたい。Ydさんの赤ワインとMnさんの百年の孤独を飲む。Ym先生から、先生との出合を聞く。Twさんから腰痛の話。楽しい話ばかりだったが何をしゃべったか聞いたか良く覚えていない。最後の頃、先生に10年間で物にしますからそれまでよろしく指導してくださいと言ったのと、先生が没した後、誰を後継者にしますかと失礼な質問をしたのだけ覚えている。
Hmさんからそろそろ寝たほうが良いと言われ、12時前に部屋に戻りばたんきゅー。後で聞いたらKnさんが部屋を閉め出されたそうだ。

庭のアジサイ
PICT0006uoyuioyuo.jpg

ハブランサス
PICT0009iouyouio.jpg

ランタナ
PICT0011yuiouiyo.jpg

ねずみ騒動

暗譜の練習で疲れ果てる。

一休みして、TVを見たら「幕末太陽傳」をやっていた。面白さに引きずり込まれる。1957年によくもこんな素晴らしい映画を作った物だ。Sさんに聞いたら川島雄三監督の素晴らしい作品と言う。フランキー堺、石原裕次郎、南田洋子、左 幸子、芦川いづみ、小林 旭、小沢昭一、二谷英明、岡田真澄、金子信雄、西村 晃、市村俊幸と当時の役者ぞろい。お勧め。

ルミゼtheよしもと。
7時からの始まりのせいか、若い女性で一杯。
修学旅行の学生も先生に連れられてやってきている。
きゃあきゃあと物凄く反応が良い。

途中、ねずみが、足元を走ったようで大騒ぎとなる。特に修学旅行の一団の周辺に出没し騒然となる。一旦落ち着いたが、また現れ、今度は違うところを駆け回っているようで、直ぐ後の席にも現れる。女性がいっせいに悲鳴をあげて足を上げる。
なかなか静まらず、係員の人が探すがその時は、逃げ去ったか見つからない。ねずみもさぞパニクッタだろう。幕が上がるのが遅れる。先生が落ち着くようになだめてようやく落ち着く。

オリエンタル・ラジオ:武蔵と小次郎。武蔵が切られるシーンが迫力。
あべこうじ:大好きなコメディアン。電車でウォークマンの音が漏れていてうるさい時は、周りでステップを踏むと音が漏れていると気がつく。
村上ショージ&ハローバイバイ:刑務所に入った兄を父親と弟が訪問。ちょっとシモネタ交じりで、修学旅行生がいるのではらはら。
アームストロング:高校3年生のマラソン大会。
ダイノジ:エヤギター。大笑い、大うけ。

ここで休息。次は新喜劇かと思ったら、今日はない日だった。
Bコース:招待券を学校の先生に上げると言って、投げる。先生が拾おうとしたのをゴムバンドで引き戻して笑いを取る。先生を笑いものにするのはいただけない。
カリカ:芸人は元気かもてるが最低条件。
POISON GIRL BAND :部屋探し。迫力、笑いとも少ない。
FUJIWARA:世界制覇の悪の大王とヒーロー。
レイザーラモン:家庭教師。修学旅行生がいるのではらはらしたが、比較的おとなしくて安心。

新喜劇が無いと物足りない。

部屋のアナナス
PICT0002sgsgsdf.jpg

庭のツルハナナス
PICT0009sfdafasd.jpg

庭のアスチルベ
PICT0010sgdtyy.jpg

葉山ミドル会

毎月、葉山国際CC開かれている、葉山ミドル会に、参加。今年になって初参加。
車で出かける。途中道を間違えたが、余裕があったので早々と到着。

トイレの中で、スコア表に名前を書いたら、トイレの中に忘れてしまう。トイレでうろうろ探していたら、一緒に廻る予定のYgさんから忘れ物だよと渡される。

3組。10名。
幹事のMgさんに挨拶。先輩Nuさんもいる。
一緒に廻るのは、Ygさん、Kdさん、Mnさん。
出足ショットが正確に飛ぶ。打ち方を変えたせいかと喜ぶ。ところが、後半、5ホール目にOBを出してから、ショットが乱れ、3ホールの間にOB4発、チョロ3発と大乱れ。その後の2ホールは再び元に戻る。まだ新しい打ち方が身についていない。
終わってみれば、散々。ショットの新しいうち方を何とか身につけよう。アプローチもいろいろ試みてみる。改善の余地は充分。

途中、青大将とシマヘビがカート道を横切る。Ygさんに名前を教えて貰う。

シングルプレーヤのYgさんは、素晴らしい。あれだけ飛べば気持ち良いだろうと囁きあう。砂を持って補修して歩くのに感心する。
Kdさんは、大病を3回しているが復帰して元気。FANY'SのStさんのことを褒めるので嬉しくなる。
Mnさんは、阿波踊りの太鼓をしている。全国に連があり盛んなそうだ。重い太鼓を首から提げ、たたきながら歩く。30分もたたくと腕がパンパンになるそうだ。

終わって、餡蜜で懇親会。餡蜜をおじさんたちが食べながら談笑するのは、異様な風景。

葉山国際CC
PICT0010sdgfgh.jpg

PICT0012dsgty.jpg

連歌盗人と七つの子ども歌

暗譜の練習。くたびれ気味。

Sさんと能楽堂に行く。遅れそうでSさんがせかすので、小走り。

狂言 連歌盗人 山本則俊(大蔵流)
連歌の初心講を結ぶ男が当番となるが、裕福でないために当番をつとめる目途が立たない。当番仲間の男も貧乏人であり、どうしようかと思案していると、羽振りの良い連歌仲間の何某の邸宅に盗みに入ろう、ということになる。
二人は夜になって、何某の家に侵入。室内を物色し、「水に見て月の上なる木の葉かな」とある懐紙を見つける。当番仲間の男は、添え発句を勧める。当番の男が「梢散り顕れやせん下紅葉」と詠み、当番仲間の男が脇句「時雨の音を盗む松風」を付け、二人で吟じていると、物色に気付いた何某が駆けつけてきた。
何某は怒って刀を振りかざし、驚いた二人はあれこれと言い訳。
そこで何某は第三句「闇のころ月をあはれと忍びきて」を詠み、これに第四句を付けたら許そう、という。当番の男が「さむめき夢ぞ 許せ鐘の音」とつけると、何某は笑って許し、そっと出てゆけ、と言う。
顔を見られぬよう袖で隠しながら何某の側を通るときに、こっそり覘きこんでみると、それは顔見知りの連歌仲間であることがわかり、理由を聞けば、連歌の初心講を開けないということを白状。それならば、最初から頼んでくれたらいいものを・・・。二人に酒を振る舞い、高価な刀を渡し、初心講の費用に充てなさいと促す。
何某は「今度は裏からではなく、正面から入ってきなさい」と言い、恐縮しつつもありがたく刀を受け取る。

眠気が襲い、頭が右に傾く。家の主人が刀を振りかぶったところで目が覚める。後は、物語に引きずり込まれて、聞きほれる。連歌が次々と詠まれるのを見て、俳句が生まれない当方は、羨ましく思う。
Sさんがこっくり寝ている。来る途中、小走りしたので疲れたか。

能   飛鳥川 大島政允(喜多流)
都に住む少年友若は、母親を見失い、途方に暮れていた。見かねた者が少年を伴って、母親と再会出来るように、祈願するために連れて行った。・・・飛鳥川を歩いて渡ろうとすると、河畔で田植えをしていた五月女が、この辺りは深いから、上の瀬を渡るように注意してくれた。昨日往路に渡ったところだったので、一晩で渡瀬が変わったことに不審を感じた。五月女達は、「世の中は何か常なる飛鳥川昨日の淵は今日の瀬となる」と云う古歌を引いて、山川なるが故に、夜の間の雨で水嵩が増し、流れ州となって渡瀬が変わる由来を教えてくれた。話をする内に、この五月女が友若の母親であることが判明した。お互いに再会を喜び合い、連れ立って京都へ帰って行った。

友若は幼い少年が演ずる。長い出番だが、ずっと正座して動かない。セリフはないが、たいしたものだ。
見かねた者を演ずる人が、長身なので驚く。Sさんもあんなに背の高い能役者は始めてみると言う。どうどうとしていて迫力がある。
ところが、謡が始まったら、これが良い子守唄となり、気持ち良く舟をこぐ。驚いたことに大半、寝ていたらしい。心地良いことこの上ない。Sさんからずっと寝てたわよとたしなめられる。しまった。

能楽堂は椅子の背面にパネルがついており、英語の解説も出る。そのせいかやたら外人が増えた。良いことだ。Sさんが短パンの外人を見て、如何な物かと言う。

水曜会。テナーのOtさん、Ksさんが休み。最初は私一人かと恐れたが、Htさんが来る。助かった。
先生が、前回テナーを怒ったので、休んだのかなと心配。そんなことは、ありませんと保障する。皆の前で、先生が、前回テナーに言葉を荒立てたことを謝る。先生の人気の秘密は、これだなと思う。
コーラスは、時間の芸術なので、間違えてやり直そうとしても取り返しがつかないので、しっかり練習して正しく歌おうと言う。
Htさんがそんなに良い練習だったらいれば良かったとつぶやく。
テナーは、少し遅れて、Skさん、団長、Knさん、更に遅れてMsさん、最後にMtさんが現れる。7人。他のパートに比べて出席率はまあまあだが、働いている人が多いので出足が悪い。
先生には申し訳ないが、メンバが揃うと、歌いやすい。人数が少なくても正しく歌うように指摘されているが。

最初にアンコール曲「草原の別れ」。テナーはHtさんと二人だがHtさんの大きな声に引きずられて大きな声で歌う。Htさんがテナーは大丈夫だねと先生に聞こえるように言う。

「七つの子ども歌」より、「一番はじめは」「通りゃんせ」「江戸の子守歌」「ずいずいずっころばし」「三地方の子守歌」「あんたがたどこさ」「ていんさぐぬ花」。

楽譜を見ないで指揮だけ見て歌ってみる。ていんさぐぬ花で言葉を忘れて口パク。

アンコール曲「おにのおにぎり」「幸せが遠すぎたら」。アンコール曲は、まだ暗譜が進んでおらず、楽譜を見る。

演奏会用の白い上着が出来てきたので受け取る。もう後には引けない。

庭のオキザリス・デッペイ


近所の花
PICT0005dsfggdfdfg.jpg

ALBATROSS

歯医者。やっと根をつめたので次回がかたどりか。キーンキーンは苦手。

Sさんと一緒の肩こり対策運動、暗譜の練習と球根堀上。

SsanntoニューヨークのMETにご一緒したUyさん指揮の男声合唱ALBATROSSを聞きに行く。
新宿でSさんとはぐれてしまう。JRの西口と京王新線改札口の間を往復して探したが見つからず。携帯はSさんは持っていないようでかからない。切符がSさんが持っており、場所がわからないので取り合えず最寄の駅まで行く。公衆電話から電話がかかっていたが、取り損なう。やっと公衆電話から連絡を受ける。会場は東京オペラシティ・リサイタルホール。心配そうなSさんに入口で会えてほっとする。後で聞いたら、京王線で放送までしたそうだ。悪いことした。

Imさんが少し経って現れる。

メンバは16名の男声合唱。お年は召しているが、美しいハーモニー。相当歌いこんでいる。観客には、元首相の羽田夫妻が来ている。成城のメンバだそうだ。

演奏曲目。
1・シューベルトのバラード
矛盾  夜  輪舞に寄す  小さな村
2・アルヴェーン・スェーデンの自然
夕べ  蝶  海の夜明け
3・シューベルトのバラード
詩篇23  現在の中の過去  水上の精霊の歌

2、3の間に休憩時間が入り、ワインやジュースのサービスがある。赤ワインを飲む。羽田元首相が談笑している。
合唱団メンバが、談笑に加わっている。あらかじめ、団員にお酒を勧めないでくれと断りが入っている。Uyさんを探したが、出てきていない。

「現在の中の過去」では、Myさんが朗々とソロで歌う。素晴らしいテナーの響き。
水上の精霊の歌では、この演奏会のために結成された弦楽合奏アンサンブル・アルバが加わる。うっとり聞きほれる。

アンコールがあり、終了。
終わって、Uyさんに挨拶。

Imさんと別れた後、Sさんが目黒のお寿司屋の行こうと言う。Sさんお気に入りの寿司「活」。あんまり食べないで帰ろうと言われたがお腹一杯食べてしまう。穴子が売り。大満足。

庭のアーカンサス
PICT0002jhgrte.jpg

キンギョソウ
PICT0009kl;kljkjh.jpg

近所の花
PICT0012opipoiui.jpg

暗譜と球根堀上

KW戦第三戦に行くのをやめて暗譜と球根堀上。
Mgさんは無論応援。最優先事項と言う。ところが負けてしまう。またも中林投手が打たれる。三番手の相沢投手が好投しただけくやしい。Mgさんは明日の先発は相沢投手だろうと言っていたので、怒っているだろう。

Sさん、お勧めの肩こり体操を一緒にしてみる。きつい。Sさんがほっそりしてくるわけだ。毎朝やってみるか。もう少し身体を絞りたいし、肩こりも治したい。

球根堀上。やっと4プランター。腰が痛くなる。涼しいせいか蚊がいないのが救い。
朝顔のツルが、網を巻きだす。Sさんが毎日手入れ。
HB101を久しぶりに撒く。毎週やると良いがずっとサボる。

暗譜の練習。「朝ゆえに」「空、海、大地と木のうた」4曲、「遥かなものを」5曲。暗譜が難しい曲を選んでする。くたくた。
空き時間を出来るだけ作って暗譜の練習に励まねば。合宿がもう直ぐ。それまでには暗譜がどうにか出来るようにしておきたい。

庭のチェリーセージ
PICT0003ittiutyihg.jpg

キンシバイ
PICT0008ghfjkghjkghj.jpg

クレマチス
PICT0014uyityuiuiii.jpg

KW戦敗れたり

KW戦。第二戦。昨日は行けなかったが、ハンカチ王子登板せず、早稲田の須田投手を打ち込み慶応勝利。今日は佑ちゃん当番確実。
Mgさんに8時半から行ってもらい、席を確保。私は9時半到着。神宮球場の周りは一杯並んでいて既に盛り上がっている。
2階の内野席。Mgさんに会う。9時半から試合開始の13時まで、3時間半、座っているのはきついなあと思ったが、11時前後から選手が入ってきたり、応戦合戦が始まったりで退屈しない。
慶応側(三塁側)の席なのに、打倒慶応の応援グッズを持った早稲田ファンが多い。早稲田側から埋まっていく。最終的には3万6千人の大観衆。
女性が、一人なにやら応援の謡みたいなのを演ずる。声は良く通るが不思議な節回し。慶応、早稲田とも行う。Mgさんと何なんだろうと不思議がる。早稲田側はグリークラブが勢ぞろいして歌うが、球場が騒然としていて声が通らずかわいそう。
慶応、早稲田の応援団がお互いの応援席に出向いてエールの交換。早稲田の応援団長はごつい。Mgさんが早稲田のチアガールに可愛い子がいると言うので双眼鏡で探したが見当たらず。
慶応のチアガールは、アクロバットのようにピラミッドを作ったり、その上で宙返りをするので、はらはらする。
選手の練習。16番の斉藤投手が現れると黄色い歓声があがる。不思議なことに16番の選手がもう一人いるのでMgさんに聞いたら、あれはベンチ入りしない選手だそうだ。影武者みたい。
選手の名前の発表で佑ちゃんだけ大歓声。

いよいよ開始。早稲田先行。慶応は期待の2年生中林投手。Mgさんは高校時代から応援しており、大丈夫打たれないよと力が入る。
ところが早稲田の先頭打者上本選手にいきなりツーベース。その後、松本選手、上本選手の意表をついたダブルスチールで1点。犠打で追加点。いきなり2点失う。早稲田応援団は歓喜のウェーブ。周りは慶応と早稲田の応援が入り混じっており、早稲田が打つと大声援。隣どうして大歓声を上げるのとしんとしているがいて奇妙。こちらは2人と音なし。

佑ちゃん当番。慶応もヒット。しかし4番佐藤選手の不振などで点が取れず。ハンカチ王子は、ここらは強い、いざとなると落ちる球を投げそれが打てない。
2回は中林投手は零封し落ち着いたかと思ったが、3回にまたつかまる。上本選手にまたも打たれ、松本選手の適時打で1点追加。さらに、原選手(一年生、将来の早稲田の四番)の3ランで致命的となる。中林投手ノックアウト。Mgさんが雰囲気に飲まれたかなと言う。急遽加藤投手。エースを連投させてどうしたのかなと2人で不思議がる。無難に後続を抑える。
ハンカチ王子に、2回3回押さえ込まれる。
4回、加藤投手もつかまり細山田選手に2ランホームランを打たれる。8対零。Mgさんが帰って酒でも飲むかと言う。
佑ちゃんに4回5回も零封され、佑ちゃんの独壇場。早稲田ファンは大喜び。佑ちゃんが現れると女性がカメラを構えて前に駆け寄っている。Mgさんが試合を見ろとぶつぶつ。私も駆け寄って写真を撮りたい心境だがじっと我慢。昨日の大学の同期会でも佑ちゃんの応援じゃなくて慶応の応援しろよと釘を刺されている。

ところが、6回佑ちゃん乱れる。加藤投手の執念のヒットではじまる。ここでキャプテン宮田選手がタイムリーツーベース。デッドボールを高橋選手に与える。Mgさんが退場だ退場だとわめく。四球で押し出しの一点。梶本選手の内野安打で1点。川崎選手のスクイズで1点と4点を返す。斉藤投手は途中屈伸運動したりするが、落ちる球が珍しく決まらず。慶応の意地を見せる。(後のヒーローインタビューで身体が動かなくなったと言っていた。)面白くなってきた。

7回から早稲田は松下投手に交代。その後チャンスはあるが押さえ込まれる。最終回、加藤投手が上本選手に打たれ、細山田選手に打たれさらに一点失う。9対4。
敗色濃い9回裏。早稲田はエース須田投手を送る。ここで慶応は最後の意地を見せ宮田選手がタイムリーを打ち一点追加。9対5。しかし反撃もここまでで、ゲームセット。
早稲田優勝の歓喜の渦。監督の胴上げや、各選手の胴上げ。佑ちゃんも胴上げ。1年生で4勝あげ胴上げになるとは素晴らしい。まさか1年の春から出てくるとは思わなかった。これから4年間は、早稲田に勝つのは大変になりそう。

もう帰ろうと二人で席を立つ。

一杯やりに立ち寄る。生ビール一杯のつもりが2杯。今日はハンカチ王子から初めて4点もぎ取ったから良しとしようと言い合う。

慶応応援団
PICT0030hgrtyrtyrty.jpg

慶応中林投手力投するも打たれる
PICT0036truu.jpg

ハンカチ王子
PICT0043dfgrtert.jpg

PICT0057rtyutru.jpg

3万6千人の大観衆
PICT0067dfghrtyery.jpg

早稲田優勝の瞬間
PICT0090hkjldgk.jpg

大学同期会

Sさんに朝顔用の網を張ってもらう。手伝ってもらうつもりが、結果的には、全てSさんが手際良く張る。私は側でごにょごにょしてただけ。
西洋朝顔の4色と日本朝顔を這わせてみたがどんな色合いになるか楽しみ。まだプランターの球根堀上が大量に残っている。これが終わらないと落ち着かない。

大学の同期会に出かける。昼間。KW戦第一線とぶつかるので泣く泣くKW戦はあきらめる。ハンカチ王子が投げなくて慶応が勝つことを祈る。

新宿三井クラブ。54階。
幹事のSbさんが受付。Tmさんが司会。27名出席。60名中物故者4名。出席率は高い。幹事の腕が良い。先生が3人出席。
St先生:わが研究室。スキーのMSCに以前参加されていることを知る。来シーズンは万座でご一緒することを約束。
Sk先生:定年とは停年で年を停める事だとおっしゃる。
Km先生:応用科学学会の話。

同じ研究室の仲間:Izさん、Nbさん、Ysさん、Thさん。Izさんとはゴルフでちょくちょく一緒。
前回ゴルフ合宿した仲間:Saさん、Ngさん、Snさん、Nkさん、Nbさん。またOjさんの別荘でゴルフ合宿の話。Saさんとはスキーと山を一緒。Ngさんともスキー。Nbさんを水曜会の演奏会に誘う。
Onさんからネパールの子供たちに教室を作る話を聞き賛同。Ozさんがハワイアンで稼いだお金を寄付すると言う。
Ktさんはヒューストンでロケット打ち上げに参加。
Kbさん:無農薬農業の話を聞く。
Skさん:写真展で優勝した作品を見る。
Kcさん:もっと付き合いを良くする様Saさんと責める。
Sdさん:卒業以来始めて会う。
Tsさん:カナダのバンクーバーで大学設立に参加。スキーに食指。
Hsさん:中国通。話をまた聞かせてくれと頼む。
Mdさん:りっぱな頭になり先生と同年代みたい。
Njさん:コーラスの先輩とは知らなかった。演奏会に誘う。

途中、慶応が勝っているニュースが入る。歓声。

終了後、ゴルフ合宿仲間と一緒するはずだったが、研究室仲間とSt先生を見送りに行くまま、喫茶店になだれ込む。
スキーの話やらで盛り上がる。

庭のアジサイ
PICT0001afgdh.jpg

近所のロベリア・エリヌス
PICT0007aweqrqwer.jpg

高校クラス会

朝顔のツルが延びてきたのでSさんと一緒に、ベランダから網を下ろす。まずプランターを空ける作業をしたが、時間的に間に合わないので、プランターを移動して、場所を空ける。
ベランダからSさんが網をたらす。網は100円ショップで6枚買っていたが足りない。
Sさんと一緒に追加の網を買いに行く。

時間が迫ってきたので、高校のクラス会に出かける。
1年、2年の時、故Fb先生のクラスで学んだ仲間。

新橋で西新橋ホームビルの場所がわからず、うろうろしていたら幹事のFtさんが曲がり角で立っていて場所を教えてくれる。
少し遅れたが、ほぼ全員揃っている。しばらくして14人全員揃う。
この「クラブL西新橋」はSmさんの馴染みの場所。

Smさんは、ゴルフ、テニスで楽しんでいる。
Tnさんの始まりの挨拶の時、昨年亡くなったIsさんを偲んで黙祷。
Osさん:Ikさんのバスケットの仲間。この会発足の仕掛け人。
Mgさん:慶応野球の熱狂的ファン。介護で苦労している。
Hkさん:現役社長。独身で未だにもてると豪語。
Tkさん:町内会で火葬場建設の反対運動中。
Szさん:会社を手放し、マスコミで取り上げられる。ゴルフシングル。
Usさん:中国語、ニ胡に精通している。ずっと幹事。
Sdさん:インドビジネスで活躍中。
Itさん:商社を経営。テニスはシニアで一流。
Shさん:カメラはプロ。カメラのコンサルタント会社を経営。
Ftさん:これからが仕事の本番と張り切る。
Icさん:大病したが、6人の子供を育てる。

楽しい3時間があっという間に過ぎる。

庭の宿根サルビア
PICT0002fdhgfdghfgh.jpg

PICT0010ghjghjgfhj.jpg

近所の花
PICT0011hgjghjfgjh.jpg

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Y・K

Y・K

FC2ブログへようこそ!

極彩色生活:赤字黒字の会社生活と異なり、感動、興味、ときめきの極彩色社会生活のことを言う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。