2007-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sさん帰宅

朝寝坊して次男を起こすのが遅れる。部屋に行ったらもう出勤していた。
小寒いので外出は取りやめ。

Sさんが帰ってくるので念入りに掃除。特に台所、トイレ。

夕方、Sさんが九州有田の陶磁器美術館ツアーから帰ってくる。
武雄温泉の扇屋の食事と茶室に感激。
食事はお品書きを貰ったので写すと下記のように豪華。

紅葉狩りの献立。
食前酒 東一 大吟醸
先付 牡蠣二趣盛り 
     牡蠣おかき揚げ 生雲丹 アボガト 穂紫蘇 ちり酢
点心 禄高
     かますの小袖寿司  菊花蕪 はじかみ  穴子牛蒡八幡巻き  
     満月卵 すすき牛蒡  柿なます赤楽つぼつぼ  黒毛和牛つくね青竹串焼き
     小芋大徳寺納豆射込み  子持ち鮎煮浸し  金目鯛の塩焼き  車海老雲丹焼き
椀  ぐじの蕪蒸し
     占地 若水菜 白髪葱
     銀杏 木耳 百合根 
造り  美味新鮮
煮物  鯟の旨煮
      海老芋 法蓮草
      湯葉 茗荷 針柚子
焼物  黒毛和牛炭火焼き
      馬鈴薯蒸し
酢肴  鯖の酢じめ卵の花まぶし
      紅白なます添え
御食事  小丸椀 香の物
       佐賀牛時雨煮
水菓子  フルーツの盛り合わせ
       ミント

佐賀県立九州陶磁器館が一番良かったとか。

私はSさんが三日いないと持たないと誰かに言われたが、三日くらいなら何とかなる。

庭のツルハナナス
PICT0006fghtyuruy.jpg
スポンサーサイト

OB会

深夜、次男が出張から帰ってきていて、ソファで寝ている。起こして寝床に追いやる。自分も一休みと思ったら寝込んでしまい2時間以上転寝する。目が覚めた時、一瞬どこにいるかわからず。あわててベッドに入る。

翌朝、次男を起こすのが遅れてしまう。

食器洗い、ジュースを作って、東京音響に切符を取りに行く。このところスキーのトレーニングを兼ねて、早足で歩く。汗ばむ。

早めに帰って、浄化槽の検査が来るのを待つがなかなか来ない。その間、シンビジュームを全部、中に入れる。花芽は昨年より付いている。春先にきちんと肥料をやった成果。

ようやく検査に来る。私道のあるところはいまだ浄化槽が多いとのこと。話し好きでいろいろ話していく。

あっという間に時間がなくなる。歌の練習をして、飛び出す。

オ事OB会。15分前に到着。珍しくTy幹事が来ていない。ロビーで歓談。
Wtさんより本の宣伝を頼まれる。
「心眼で射止めた金メダル  小林深雪と日立システムスキー部の挑戦 宮崎恵理・著
 2007年12月20日、新潮社より刊行予定 予価:本体1500円(税別)
先天性の視覚障害で幼少時に視力を失った小林深雪は、スキーの才能を見出され、長野、そしてトリノのパラリンピックでもバイアスロンの金メダリストに輝いた。音で的の位置を判断する射撃で、小林は驚異的な命中率で他国の選手を凌駕し、トリノの金を射止めたのだ。その過程には、強化プログラムをゼロから構築した日立システムスキー部の存在があった。この新進企業チームがパラリンピック金メダル獲得のため「センターポール作戦」を立ち上げ遂行したのは何故だったのか。そのプロジェクトの軌跡から、もはや「福祉の延長」という言葉では括れない最先端の障害者スポーツの世界を浮き彫りにする、異色のドキュメント。」
  
今回は参加者が少なくて14名。前回は24名だったのにとTy幹事が心配。杞憂。少ない人数はそれなりに皆の話が聞けて面白い。結構盛り上がった。
Ty幹事は、14回のオ事OB会を率いる。良くやってくれて感謝。20回で引退と言っているが余人にかえがたい。12月3日は妻の日と紹介。少なくともありがとうと言う事。
Wtさんは、お遍路さんの話。何度聞いても迫力がある。5回目かな。悟りは啓けなかったと言う。悩みを持ったり、前世に悪いことしていないと悟りが啓けないとか。
Ydさん:俳句の大先輩。退職して7ヶ月。自然の美しさを楽しむ。月4回の句会に出る。句誌に出すべきと言う。とにかく続けること。10年やってやっと難しさがわかる。奥深い。
Hrさん:ばりばりの現役だが、少し極彩色のことも考えだしたようだ。良い事。結婚30周年で奥様に贈り物したら大変に喜ばれたとか。素晴らしい。
Szさん:エレクトーンに熱中。4曲弾ける。孫には相手にされなくなった。順調に極彩色に入り、楽しんでいるようだ。何時か伴奏して貰って歌ったらと言われるが、当分遠慮したい。
Nkさん:仕事は自分がいないと進まないと言う。面白くてこんなに仕事したことないとそうだ。開発した製品の営業もしている。当分極彩色には入れないみたい。
Kmさん:まだ少し働いているが、極彩色に突入。奥様とジムに通っている。愛してるとは言おうとしてるようだがまだ言ってないみたい。仲良さそうで良かった。健康的にふっくら。
Omさん:大阪より到着。何か売り込んだ製品が出来なかったようで憤懣やるかたない。おまけに同席したSjさんの会社の製品だから、大変。この会は良い会だと言ってくれて嬉しい。
Atさん:タバコをやめ、酒の量を減らし、再開したゴルフの練習に勤しむ。減量中。社長業のストレスはあると思うが、顔つきが随分良くなる。色艶も良い。
Mkさん:奥様が難病。大変。毎日早く帰って奥様孝行。無事治療がうまくいくことを祈る。誰かが今までの罪滅ぼしで良かったじゃないのと言う。
Ktさん:B/Sを真面目に見ている。M&Aなのか、良くわからないが、元気に最後の現役生活を楽しんでいるようだ。
Arさん:会社を替わっているが、仕事は面白いと言う。働けることを感謝。PCのトラブルを紹介。困ったら早くプロバイダーに相談すること。
Sjさん:Omさんに噛みつかれ気の毒。彼の会社の製品だが彼のせいではない。真面目に土下座?して謝る。私は関係ないと一言も言わないのはさすがである。

何時もTy幹事から長く話しをするなといわれるので話す内容を考えていたが、今回はしゃべっても良いといわれたので、まとまりのない話をだらだらしてしまった。反省。でも気持ち良かった。

日比谷のポインセチア
PICT0014sdfgsdfg.jpg

シクラメン
PICT0016dsfasdfasdf.jpg

近所の薔薇
PICT0017dsfasdf.jpg

赤い魚と水曜会

Sさんが有田に出かける日。昨日、再度入念に陶磁器の美術館を調べる。お友達と二人ずれで、私は留守番。
私は早々とジュースを作り、食事の支度をして、Sさんに安心して出発してもらう。
留守中の家事はメモして置いてある。

COOPがやってくる。食料品はほとんどCOOP。冷凍庫、冷蔵庫、折れ戸、納戸と分類して入れる。
洗濯物をたたんで、次男、Sさん、私と仕舞い込む。

赤い魚に出かける時間。
銀行に振込みに行ったら、少し遅刻。

茅ヶ崎の赤い魚は、亡くなられたFwさんを囲む会でずっと使っていた。Fwさんが亡くなられてからも使っていたが、今年一杯で閉店。魚が美味しかったのに残念。
既に大先輩諸氏がお見えになっている。Htさん、Tnさん、Ssさん、Nuさん。欠席はMtさん。
かっての大プロジェクトについて現役からNuさんに質問があり、それが話題。Xプロジェクトでも取り上げられた。当事者の方々から生の話を聞くのは、面白い。過去の話だが、今起こっているような臨床感。
赤い魚も最後のせいかとても美味しい。Ssさんが褒める。茅ヶ崎には何故、美味しい魚が多いかと話題。
次回は、どこで行うか、議論。横浜、藤沢、茅ヶ崎が候補。藤沢、茅ヶ崎は魚。横浜は一般的。魚が良い。茅ヶ崎のお店を見る。藤沢のほうが広いとの事でとりあえず藤沢に決まる。横浜に美味しい魚の店がないかな。

帰ってから、歌の練習。Ii先生から教わったリズムの取り方をやってみる。面白い。今までリズム感なしでやっていた。

水曜会。
Ydさん、Hmさんが来ている。机を並べる。
テナーのOtさんが休団。町内会長で忙しいのと、眼、腰の不調が理由。熱心だったのに残念。バスで休団が二人と、テナーで一人出る。総勢51名。テナーは11名、バス7名。

テナーはTkさんが早々と現れる。続いてSkさん。研修会の帰りで早めに来る。音程がしっかりして声が通るので隣で歌うと実に歌いやすい。早く来たことがないので、人数が少ないのに驚いたか何時もこの位ですかと聞く。ソプラノが出遅れている。次々と現れる。アルトは全員揃う。
テナーは、Htさん、Ksさん、Knさん、団長、Nzさんと働いている人が次々と現れる。最後にMkさんが何時もより早く現れる。11名中9名出席。まずまず。

納会用のクリスマスソング、大中恩作曲「MERRY CHRISTMAS」。昨年も歌ったがかすかにしか覚えていない。あわてて譜をふる。先生がこれ位直ぐに読めると良いねと言う。譜面が読めないのは私くらいみたい。
注意されるのは何時も音が少し低いところ。半音が上がり切らなかったり、下がりすぎたり。隣にSkさんがいると楽に歌える。トップと別れるハミングだけ音がいい加減。

信長貴富作曲「新しい歌」より「鎮魂歌へのリクエスト」。
Skさんが良く通る声なのでこちらもつられて大きな声を出す。
先生が黒人になりきったような仕草をする。本番では黒く塗って指揮するのかな??

先週練習した「うたをうたうとき」。「うた」の「う」の音がはっきりしてなくて「た」が強すぎると同じ注意を受ける。直ぐに忘れてしまう。

大阪から元水曜会のSiさんが来ている。以前「ウェンズデー」を歌ったことがあるそうだ。

何かの拍子に、昔の女性団員をテナーが奪って行ったと言う話を先生がしだし、テナーは女性を奪っていくが、本当はバスの低音が女性にはもてると言う。すかさずバスのFjさんがそんなことは全くありませんと言い爆笑。

大中恩作曲「ウェンズデー」の「さかなの日」。
リズムを足で取りながら歌う。歌いやすい。隣にSkさんがいるからうまくリズムが取れるのか、足でリズムを取ってみて、多少リズム感が出てきたのかわからないが。

飲み会。14名。大阪から来たSiさんも参加。
私の周りは、Ttさん、Hmさん、Ynさん。女性パワーに圧倒される。

近所のそよご
PICT0001rtyeryery.jpg

くろがねもち
PICT0002ghjfgjfgjh.jpg

千両
PICT0003jkhgkghjk.jpg

葛西臨海公園

ボイトレの日。10時始まりなので早起きしなくちゃと思って昨夜は早く寝る。
ところが9時間近く寝てしまった。最初時計を見た時、あれっと何度も見直した。
大慌てで飛び起き、あわただしく準備して朝食を取らずに飛び出す。Sさんがジュースと声をかけたが、ごめん時間がない。

あわてる時に限って、電車が遅れて、走らなければ間に合わない。ところが駅で逆の出口に出てしまい、しばらく気がつかずに走り、5分後に景色がおかしいのに気がつく。あわてて引き返す。携帯で10分遅れますとIi先生に連絡。走りに走ってぜいぜい言いながら到着。
汗だくなのを見て、Ii先生が少し話をして落ち着きましょうと話し出す。ところが話が面白く、こちらも調子に乗って、いろんな事をしゃべってしまう。はっと気がついたら練習時間がなくなってしまった。発声練習のみ行う。時間が来てしまったので、練習場を出て外の椅子に座って、リズムの取り方を「さかなの日」で教えてもらう。申し訳ないことこの上なし。
Ii先生から、声楽家はおしゃべりよと慰められる。

スキーのためにトレーニングと西葛西緑道をどんどんさかのぼり、葛西臨海公園まで行く。カメラを忘れたのに気がつく。シャッターチャンスが一杯あるのに残念。
なぎさに、かもめの群れ。砂浜で餌を突っつくのはシギの仲間か。カイツブリが水に潜って餌を取っている。白鷺もいる。海中に並んで立っている柱には海鵜が一本づつとまっている。絵になる。

西葛西の駅に戻ろうとしたが、方向がわからなくなる。ままよと葛西臨海公園駅で昼食を取る。タンメンの大盛り。
帰りの電車で句を考えて幾つか作ったが、物にならない。

帰ってから鞄の奥にカメラが入っているのに気がつく。Sさんからおじいさんとからかわれる。

明日からSさんは有田に旅行なので、いない間の家事の指示。毎日何かせねばならず忙しい。

庭のハープの一種
PICT0002khjjghh.jpg

万両
PICT0015jklkjhkj.jpg

PICT0017ioppoioi.jpg

江川せせらぎ遊歩道走破

朝早く起きたが、ブログとメールであっという間に時間がたちSさんの食器洗って、ジュース作っての声でしまったと思う。

初滑りまで後3週間に迫ったが、体力に自信がない。体重が重すぎ。
トレーニングのつもりで江川せせらぎ遊歩道を早足で歩く。花々や鯉、鴨、白鷺で足が止まる。鴨は二羽いると同じ方向を見る癖がある。白鷺は何かつついて食べている。
小さい子供ずれのお母さんが多い。ジャングルジムで太っちょの男の子が皆ときゃあきゃあ言って喜んでいるのが目に留まる。おばあさんがパンを鯉にやると孫は鳩にパンをやっている。おばあさんが花に水をやっている。この前と同じと思われるおじさんが、またたもで魚を捕っている。常習犯。

この前は途中で帰ったが、今日は江川の始まりまで歩く。走破。汗ばむ。往復2時間。

庭仕事。発泡プラスティックの箱に穴を開けて、プランター代わり。残りの球根を植える。かなり減ったが、まだ残っている。毎年球根は増え続けている。Sさんに言われるように何時かは捨てなければいけなくなるかも。
シンビジュームの花芽が出てきた鉢を中に入れる。

歌の練習。明日はボイトレ。声が出ない。音程があわない。リズムがあわない。三重苦。

江川の菊
PICT0014tyertyey.jpg


PICT0044rtyertyerty.jpg

PICT0049ghfddfghd.jpg

白鷺
PICT0058ytreyert.jpg


PICT0046treerty.jpg

ゼニアオイ
PICT0047ghfjfghj.jpg

トルコツアーの集まり

トルコツアーのメンバが、Sgさんの呼びかけで集まる。パックツアーで終わった後、集まるのは始めての経験。メンバが良かったのと、Sgさんの尽力(人徳)によるところ大。

Sさんにせかされたが私がもたもたしていたら、時間が足りなくなってしまい、集合時間に遅れる。
Sgさんご夫妻、Ooさんご夫妻、kkさん母娘に挨拶。Tkさん母娘が福島から到着。有名なドーナッツ(ニューヨークから来たドーナッツプラントか?)を買うのに1時間半並んで買ったそうだ。

Sgさんが予約した花蝶に到着。
「一般の女性が足を踏み入れることさえ許されなかった料亭を新しい形に生まれ変わらせたのは舞台演出家・宮本亜門。伝統と現代アートをコラボレーションさせるという大胆な企画を実現。築地から仕入れる新鮮な素材や、全国各地から取り寄せた厳選素材で作られる料理の数々…」とのこと。

大きく鳥が描いてあるふすまと白いテーブルクロスが良くマッチしてる。綺麗な花があるので、触ってみたら造花みたいなので造花みたいと言ったらソムリエに生花しか置いてありませんと叱責。もう一度触ったら生花だった。花の名前は聞きそこなう。
昼間だが、まずはビールとワインで乾杯。再会を祝しあう。

Sgさんは、旅行中に皆さんの住所やメルアドを聞いて、集まりを連絡。ご主人は旅行中、目のアレルギーに悩んでいたがすっかり回復。調子の悪い時も、笑いを絶やさない方。トロイで発掘調査の本を買うのを薦められ、2冊しかなかった本の内の一冊を買う。ご本人はあまり面白くなかったと言っているが、私はブログ作成に大いに役立った。ご夫妻ともスキー好きで今シーズンもニセコに行く。奥さんはトルコ石の評価についてうんぬん。笑いの絶えないご夫婦。
Ooさんは、平家の落ち武者の末裔。旅行中は、ご主人がベリーダンスやファンションショーで大活躍。奥さんは良く質問をして、聞きたいことはほとんど聞いてくれた。スキーが好きで今シーズンも仲間とどこに行くか相談するそうだ。
福島から来たTkさん母娘。お母さんは、お酒好きで話が良く合う。Ooさんは娘さんのお札の数え方を見て娘さんが銀行員なのを見抜く。さすが元銀行マン。
Kkさん母娘。旅行中、娘さんが一眼レフで撮った写真を回覧。良く撮れている。職業柄プロのカメラマンと一緒にいるとのこと。私の写真とは腕が違う。娘さんが近々結婚。おめでたい。その話をきっかけに、結婚にいたる馴初めについて皆が夫々話し出す。結局仲の良いご夫婦ばかり。

3時間があっというまに立つ。周りにいたお客も気がついたら誰もいなくなっている。楽しかった。

Tkさん、Kkさんはここでお別れ。半年後の再会を約す。
Sgさん、Ooさん、私たち3組が喫茶店で更に2時間近く懇談。昼間からお酒を飲むと眠くなるので後半はさすがに寡黙になったが、大いにしゃべり大いに笑った。
楽しみがまた増えてしまう。

花蝶にて
PICT0005ghfdhyt.jpg
PICT0026sdfgsdgf.jpg
PICT0028fdgsgsdg.jpg

くろがね杯

B&Bパンシオンで朝食のクロワッサンを取る。Khさんは既に風呂に入ってきた。
Hyさんの車と迎えに来てくれたNgさんの車に便乗。Hyさんは昨日岩にぶつけた後を悔しがる。ちょっとこすれたぐらい。

足柄森林カントリークラブで12回くろがね杯。13名の参加。
一組目をYkさん、前泊組のTkさん、Okさんと一緒。
Ykさんは、クラブを来年からの飛びすぎクラブ禁止を見越して、買い換えてきて、初ショット。練習では飛ばないとぼやいていたがナイスショット。Tkさんは直前のコンペで80台を出したと豪語していたが、ショットが大きく右に切れる。OB連発。ぼやきが増える。Okさんはレディースティー。最初右に切れたりチョロしたりして苦戦していたが、Ykさんのアドバイスやらキャディがつきっきりになって何か教えたりして、次第に調子が出てくる。
私は、ショットは安定。Ykさんから以前より飛ぶようになったのではと言われ、気分良くなる。単純。途中OB連発してここまでかと思ったが、富士山を見て気持ち良くなり立ち直る。

前半は、Szさん、Kzさん、Ykさんが好調。リハビリ中のNkさんは元気。
後半、途中から風が強くなってくる。名手Ykさんも最終ホールで乱れる。Tkさんは後半になってようやく本来のショットが出てがんがん行きだすが、最終ホールはメロメロ。私も風の影響を受けてスコアが次第に落ちてくる。最終ホールOB、バンカーと二桁。万事休す。Okさんだけ堅実に前に進み、最終ホールはベスト。

ゴルフ上がりの風呂はプレーの憂さを発散してくれる。Szさんから事業の状況を聞く。

表彰式。シンペリアでのハンディ差でYkさんが五回目の優勝。ベスグロのSzさんが二位。幹事のTkさんが3位。私は4位でまずまず。グロスで二位はバスケットの選手だったKzさん。ドラコンはKzさん、Ykさん。ニヤピンはNgさん、Hyさん。Hyさんは後半乱れ、Okさんを下回る。Okさんは自己ベスト。Khさんは、優勝したこともあるが前半乱れる。若手のTjさん、Wdさんは、名手Moさんの指導を受けて頑張った。
楽しく散会。

帰りはYkさんに送ってもらう。渋滞に巻き込まれたがずっと眠っていた。

足柄森林CCからの富士山
PICT0035rwetwtewert.jpg
PICT0033werwerwer_20071125082156.jpg
PICT0028rewtrtw.jpg
PICT0033werwerwer.jpg

箱根小涌谷園

朝顔を除去した後のプランターに球根を植える。朝顔の根が強く張っており、除去するのに一苦労。これだけ根がはっているから、長く花が咲いたのだろう。西洋朝顔は強い。プランターを全部使ったが、まだ球根が残っている。プランターを買ってくるか、庭のつる植物(紫色の花、名前は?)を少し除去して空きスペースを作るしかない。

くろがね杯の前泊に出かける。
箱根湯本に向かう。途中、小田原でNkさんに会う。Nkさんは3週間前にふくらはぎの腱を切ってしまい、今回は慣らしゴルフ。医者に6週間と言われているのだが、やってみると言う。ゴルフ場の急坂を駆け上ったら切ったとか。
箱根湯本に着いたら、幹事のTkさんが待っていた。Khさんが箱根ケーブルの途中から歩いて降りてきて汗びっしょりで到着。車が渋滞しているので、何百台と抜いてきたと言う。湯本は観光客で満ち溢れている。紅葉が盛りで3連休なのでどっと繰り出したのだろう。
HyさんとOkさんは、練習に行ったとか。携帯で連絡したが車が渋滞で動けないと言う。それでは、湯本近辺で食事しながら待つかと、一杯飲み屋に入る。ビールで乾杯して美味しそうな魚を食べる。このわたとほやをミックスした塩辛が絶品。焼酎を飲みながら待つが、とうとう向こうが渋滞で音を上げて、ホテルB&Bパンシオンに向かうと言う。Hyさんが高級車を岩にぶつけて落ち込んでいると聞いて、きっとOkさんが側にいたので心が乱れてぶつけたんだと酒の肴にして盛り上がる。
焼酎を1本のみ干してから、ホテルに向かう。

ホテルでHyさん、Okさんと合流して、前泊組が揃う。Hyさんが、箱根小涌谷園「ユネッサンス」が良いと言うので、まずお風呂に入ることに。40分で出て、二次会は焼き鳥屋の「よし鳥」でやることに。以前お風呂も焼き鳥屋も山行きで来たことがあるような記憶。

ユネッサンスの森の湯に入る。露天風呂が一杯。月見をしながらのんびり露天風呂を行き来する。樽風呂、檜風呂、内風呂と入って良い気持ちになって出る。40分の約束が50分も入ってしまう。あわてて「よし鳥」に向かう。既に皆揃っている。

NkさんとHyさんは、昨日夕方6時半から朝の5時まで、飲んでいたのであまり飲みたくないとか言っていたが、結構気持ち良さそうに飲む。独身が4人いるので誰が一番早く結婚するかとじゃんけんしたら、Tkさんだった。Tkさんが結婚したら後は動揺して次々と結婚するだろう。Khさんは山の仲間。毎年登っている富士山が今年は1時間長くかかったと嘆く。それでもかなりのスピードで登っている。Nkさんは脹脛の腱を切ったときもゴルフは中断して医者に行き、痛さを我慢して二次会には参加したと言う。Hyさんはボートの免許を持っており、ボートを持つのが夢。紅一点のOkさんは、山や絵を描きたいと言う。

楽しく飲みすぎる。スキーシーズンが始まるので体重を絞らねばいけないが大丈夫かなとふと思う。

庭のバーベナ
PICT0001sgfsdgg.jpg

よし鳥の凧
PICT0013rewqerqrwe.jpg

ルミネtheよしもと

長く楽しませてくれた朝顔を片付ける。
Sさんと協力作業。種を取ってベランダから網を外す。種を取っている途中で外してしまったので、下に降ろしてから、種を取るのが大変。Sさんはふんずけて下に落ちたのを取れば良いと踏みつける。後で一粒一粒種を拾うのに時間がかかる。まだ蕾も一杯ついているのでちょっと可愛そう。今年は長く、朝顔を楽しんだ。私が恵の平に行っている間、Sさんの朝昼晩の水遣りで枯れる事はなかった。

Sさんは映画、私はルミネtheよしもとに出かける。
この2回ほど、観客も少なく、内容も良くなかったのでそろそろ限界かなと思っていたが、今回は満席。若い女性で一杯。内容も充実。力演が目立つ。何かあったのかな。

ロバート:3人組。福井CMソングの録音、編集。矢田ワンダーランドのやだっ!とか駄洒落の連発。ソングライターの二人は気持ち悪い仲良し兄弟。力演。これで盛り上がる。
ハリセンボン:ぷっくりしたのとやせぎみのと女性二人組。友人の結婚式。やせがぷっくりを新婦のお母さんではありませんとか、女装したお父さんではありませんとか紹介。
オリエンタルラジオ:夫婦が喧嘩したくなったらラップでやれば円満。イケメンの相撲取り。休みの日もコンビでコメディ。動きが激しい。
トータルテンボス:自己紹介がジーコの紹介。不登校の生徒と先生。これは面白かった。
NON STYLE:関西から出演。イケメンを気取る井上と白で決めた石田。どちらが良いか拍手。デイトで、女性が1時間遅れたら、その間落ち着いて相手のことが考えられて良い。
メッセンジャー:関西から出演。東京は若い女性客が多い、関西はおばんばかり。関西ではお好み焼きのコテを齧るので顎のしゃくれた人が多い。糖尿病で血を吐くおばんとそれを見舞う涙のドラマ。本日最高に笑えた。
キングコング:台風レポート。熱演で唾が飛んでくる。

ルミネtheよしもとプロデュース公演:板尾創路(130R)/大山英雄 /水玉れっぷう隊 /2丁拳銃 /ほか。
さえないスナックが舞台。公務員の友人と昔仲が良かったが喧嘩している店主。公務員のゴキブリダンスが凄い。怒迫力の店主の奥さん。借金取りのやくざ。北島ファミリーの太鼓と「祭り中止だ!!」のど演歌。大阪府知事が現れて大阪ヒルズの建設のために立ち退き要求。やくざも加わって大騒ぎ。その間、公務員の友人が府知事に反逆してやくざと格闘。最後に北島ファミリーの一員が府知事の父親を名乗り出る。後は、くさい演技。

また来よう。面白い。若い女性が一杯来るようでないと面白くないことがわかった。

今日で終わりの朝顔
PICT0003dfghghdfgh.jpg

PICT0002fghdfh.jpg

近所のシクラメン
PICT0008wertwertwtr.jpg

空の牧場、風の旅、うたをうたうとき、きみ歌えよ

庭に出していた胡蝶蘭を部屋の中に入れる。シンビジュームも寒くなってきたのでそろそろ中に入れなければならない。蕾が開きかかっているのが一鉢ある。

咳き込みが長かったので、落ち込み気味だったが、ようやく浮揚。
Sさんにせかされる前に、食器洗いをしてジュースを作る。Sさん推奨ののジュースは人参をおろして、トマト、小松菜、玉ねぎ、リンゴなどに市販の野菜ジュース、ノニを注いでジューサーでミックスしたもの。

歌の練習をして水曜会に出かける。
エレベータの中で、SzさんとMrさんと一緒になる。水曜日は会社が休みとか。
腰を痛めていたアルトのGtさんが現れて歓迎される。バスのOgさんは体調不良で退団?本当なら残念。アルトのTdさんはフランス。風邪がはやっているのか休む人が多い。

テナーはTkさんしか来ていない。Htさん、Otさん、Knさんは風邪。Nzさんは仕事。
準備体操のとき、バスのFjさんより、(テナーは二人で)たっぷり練習をつけてもらえるから良かったねと激励?される。
セカンドテナー2人かと思っていたら、トップのMtさんがやって来る。誰かが良かったわねと言う。

大中恩作曲「風と花粉」より「空の牧場」「風の旅」。
半音の変化とか、テンポが変わるところは、何時もとちる。リズム感、音感がない。
セカンドテナーのKsさんがやってくる。ほっとしたらHmさんから嬉しそうねと声がかかる。
前回休んだKsさんが来て、先生も嬉しそうなので、誰かが(私も)たまには休んだらとか言う。休んだら何言われるかわからないから来ないとだめとか、先生が休んだらもう来なくても良いと言われるとか。
団長、Skさんが現れる。これで一安心。

信長貴富作曲「新しい歌」より「うたをうたうとき」「きみ歌えよ」。
気持ち良く歌えるやさしい曲だから速く覚えてしまうようにと言われる。気持ち良く歌えるのはやさしい曲か。。「うた」のたが強いとだめ、うをはっきり言うようにと指導される。

最後にMsさんが現れ、テナーは12人中7人揃う。

「風と花粉」全5曲。今一だなあと言われる。「新しい歌」3曲。最初の「新しい歌」が難しい。

飲み会。「まんざらや」。この頃、料理が美味しい。14名参加。
ビールで乾杯。赤ワインを飲む。
先生にやっと1月3回休むと報告。誰かに12月と2月3月は皆勤しますと言うと良いと言われたのでそのように話す。スキーかしょうがないなあと言われる。楽譜はスキー場に持っていくんでしょうとか、滑りながら練習したらとか誰かが言う。転んじゃうよ。
Hmさんが新新丸ビルに行った話をする。Smさんが周辺の説明をしたが、右と左がぴんと来ないみたい。方向音痴ですかと聞いたらそうだと言う。私もそうなので、喜んで握手。Ydさんは理科系の方向音痴は珍しいと言う。風邪が治ったTgさんが元気一杯。Fjさんが「あやや」が好きと言うのでびっくり。

庭のグミ
PICT0107tyey.jpg

ピラカンサ
PICT0112sgfdfgsdfg.jpg

鬼石桜山公園

久しぶりに「こまくさ山行」に参加。

上野駅高崎線のホームに向かう。通勤客がどっと降りてきて、すごい混雑。混雑を掻き分けて集合場所に向かう。
幹事のHyさんご夫妻、Nkさんご夫妻、Adさん、Oyさん、友人の方、私の8名。
今回は山行きと言うより冬桜と紅葉を楽しむ。
車中でHyさんのご主人の隣に座り談笑。今回が三度目の桜山。昔は公園などなく、山道を冬桜を見るために登ったそうだ。

本庄からバスで鬼石郵便局に向かい、更にシャトルバスで鬼石桜山公園に向かう。
ウィークデーなのにかなり車が駐車。土産物屋をひやかしながら、進む。利き酒が美味い。句会の前だったら句になったのにと思う。

冬桜と紅葉に迎えられる。
冬と春の2度花を咲かせるという冬桜。桜の品種は「フユザクラ」で、「山桜」と「豆桜」の交配種といわれ、白や薄紅色の花は、可憐で楚々とした、かわいらしい花。小樹で枝は繊細、葉は小さく卵形で長さ6.5センチメートル、花は一重小輪で直径2.5センチメートル、色は白色~淡紅色。秋を迎えて葉っぱが落ちた後に花を咲かせ、寒さが強まる時にいったん花がしぼみ、厳しい冬を越して春を迎えると改めて花が咲く。桜山公園には、この冬桜が約7,000本も植樹されていて、国の名勝・天然記念物の指定を受けている。

ここの冬桜の歴史を少々抜粋。
「明治41年、当時の三波川村長の飯塚志賀は日露戦争の戦勝を記念して、国有地であった山林原野を買い取り約5ヘクタールを公園にし、埼玉県安行の植木屋より購入した1,000本の桜の苗と村内の各戸から持ち寄ったカエデ苗310本とを植樹した。ところが2年ほど経った秋、3割ほどの桜が突然咲き出した。これが冬桜。その後、噂が広まり、「ただでさえ珍しい冬桜が、これだけまとまって植栽されているところは全国でも珍しい」ということで、昭和12年に三波川(サクラ)」として国の名勝及び天然記念物に指定される。このときの冬桜の総数は344本。その後も植樹が進んだが、昭和48年3月、桜山の西方約3キロメートル地点に発生した火災は、7時間余りも燃え続け、桜山にも延焼。約1,000本の冬桜を焼失。100本程度しか残らなかったとか。地元住民や町関係者の努力で、再びコツコツと冬桜の補植が進められ、現在の7,000本に。」

日本庭園がある。御荷鉾(みかぼ)の山々を背景に1500トンもの三波石を用いて大きな池と清流を組合わせた本格的な池泉回遊式庭園。この広場は桜山への登山口にあって公園全体のシンボルになっている。
冬桜と紅葉が池を挟んで競うようで、素晴らしい景観、しばしうっとり眺める。

桜山の山頂を目指す。と言っても階段200段余を歩くと着いてしまう。周りの山々とか雪をかぶった浅間山が見える。
ピンクの山茶花の大きな木があり、見事に咲いている。赤や白の山茶花も散在。

頂上付近で昼食。朝コンビニで買った巻寿司を食べる。Hyさんのご主人が苦労して持ってきた赤ワインを飲む。こまくさ山行きでは毎回、山頂で飲み会になる。最初は山頂宴会に驚き、帰りの足のもつれに危ないなあと思ったが慣れてしまった。
皆さんが持ってきたお菜を頂く。良い気持でぼんやり。話しかけられて一瞬戸惑う。

下りは階段を避け、山道を回りながら降りる。途中、紅葉と山桜のコラボレーションや、山茶花、山ツツジを楽しむ。山ツツジが今頃何故咲いてるんだろう。

Hyさんのご主人は各所で皆の記念撮影をするのに忙しい。Nkさんのご主人はポラロイドでパチパチ。
何時も、この会は、何か事件が起こるが、今回は無事平穏。

駐車場に到着。ラッキーだったのは、行きに頼んでおいたタクシーが出払っていて、シャトルバスで駐車場から鬼石郵便局経由でそのまま桜山温泉センターまで行ける様になった事。初めにHyさんがタクシーを頼む時、配車係のおばさんが随分なれなれしくて失礼だなと思ったが、案外親切。人は一つのことで判断してはいけない。

桜山温泉センター。
温泉は近在の人でかなり混んでいる。露天風呂でおじさん(おじいさん?)達の噂話や病歴を聞くとはなしに聞く。
女性のほうでは、昼間にあったニューハーフのショーの話が話題になっていたそうだ。

あがって宴会。ビールを飲み、日本酒を飲む。
Nkさんのご主人が別れて座ろうとした奥さんを側に呼び寄せたので、ほほえましい。
楽しく談笑。水曜会の面白い話が多いが、残念なことに酔いがまわってほとんど覚えていない。

鬼石桜山公園の紅葉
PICT0014sdafasdfasfd.jpg

日本庭園
PICT0017werqsdfsdfs.jpg

冬桜
PICT0036ewrqqwerqrwe.jpg
PICT0037sdfaweqr.jpg
PICT0009asdrrew.jpg

山茶花
PICT0062sdfghshfgh.jpg

南宋

この頃、Sさんは漬物に凝っている。梅干、きゅうり、白菜、茄子などいろいろやっている。
今回はたくあん。物干しを使って大根干。
かりん酒、ブルーベリー酢、梅酒などもある。

横浜の「勉強会」に出かける。
幹事のAbさん、場所の提供Fmさん、Tmさん、Onさん、Kdさん。Kbさん、Kjさんは欠席。

私の担当は南宋。一部を抜粋。
南宋(1127年 - 1279年)。趙匡胤が建国した宋王朝(北宋960年 - 1127年)が、女真族の金に華北を奪われた後、南遷して淮河以南の地に再興した政権。杭州を臨安と名付けて実質上の首都とした。  
はじめ岳飛らの活躍によって金に強固に抵抗するが、秦檜が宰相に就任すると主戦論を抑えて金と和平を結んだ。
岳飛は農民の出であるが、独自に学問を学んでおり、そのことが逆に他の粗野な軍閥の長官達の嫉視を招くことになる。南宋を攻撃する金に対して幾度となく勝利を収めたが、民衆の絶大な人気を持った岳飛は危険な存在であり、1141年に秦檜は岳飛に対して、無実の罪を着せて誅殺した。この時、岳飛は39歳。
その功績を称えて後に鄂王に封じられ、関羽と並んで祀られている。

Tmさん「米HP ハードは儲かる」、Onさん「郵政民営化:最大規模・難関プロジェクト、その軌跡と行方を追う」、Kdさん「団塊の世代の財政学ー財政と年金の未来」、Fmさん「血栓を防ぐ食生活」「顧客満足度調査」、Abさん「先祖返りするロシア」。

大門の「大門句会」に向かう。
今回は句が出来ず。今まで以上に時間をかけたが、どうにも気に入った句が生まれない。Sさんに頼んで一緒にうんうんうなり、何とか4句作る。Sさんに私の句会ではないと文句を言われつつ。

今月は、きさ先生、幹事三四郎さん、柳さん、遊介さん、はなさん、さらさんが出席。出張中で投句の勝山さん。  兼題は冬支度、朝寒、新酒。

きさ先生の句。

新酒汲む鸚鵡がじゅげむじゅげむかな  きさ
朝寒や広場掃きては太極拳       きさ

特選。

一息にあけて無言や新走り   三四郎
朝寒やサンダル硬し庭掃除   はな
朝寒や目覚めてみれば旅の宿 勝山

勝山さんは、欠席して投句だと何時も特選。先生の褒め言葉が聞けずに残念。

私は苦戦。
きさ先生に選んでもらった句。

冬支度積み上げ薪に鳥の穴  光

上五句と下五句が名詞になるのはまずい。鳥の穴は啄木鳥の穴のつもりだったが、何だか良くわからなかったようだ。

この会は、何時も飲みながら食べながら行うので実に楽しい。句会は普通お茶が出るくらいだそうだ。

次回の兼題は「焼鳥」「年の市」「凩」。

Sさんの大根干
PICT0004fghtryery.jpg


PICT0008tyrefghjfghj.jpg

近所の?
PICT0007twertwet.jpg

阿字ヶ浦、大洗

「ホテルニュー白亜紀荘」の朝風呂に入る。一番乗り。露天風呂も入る。気持が良い。外はまだ暗い。
部屋に帰ったら、同室がShさんからIsさんに変わっている。宴会の途中で抜け出したようだ。昨夜はぐっすり寝ていたので気がつかなかった。

Isさんに進められて酒列(さかつら)磯崎神社 から海岸線への散策。椿のトンネル。薄暗い。椿の咲く時期は壮観だろう。ボランティアの人達が掃除をしている。
海岸線に出る。阿字ヶ浦海岸。波が荒い。海岸線をずっと歩く。釣り人が一杯。海風は気持が良い。
部屋に戻って、海を見る。漁船がかなり出てきた。

歓談しながら朝食。昨夜は12時過ぎまで3人で歓談したそうだ。私は10時過ぎに脱落。

帰りはIsさんに私とShさんが送ってもらう。Tdさん、Uhさんとはホテルでお別れ。

子供時代をここで過ごしたIsさんの案内で阿字ヶ浦から大洗までの海岸線を車で行く。阿字ヶ浦海岸は、砂浜が堤防などの建設で海流が変わり消失したそうだ。岩石が多い。見る分には荒々しくて面白い。
磯崎漁港。小さな漁港。釣り人が多い。
Isさんも川の釣り船を持っている。最近は忙しくて釣りもほとんどしていないとか。

海岸線に沿って大洗の漁港に行く。かなり大きい。車を止めて堤防の上を歩いて釣り人のいるところまで行ってみる。釣りも楽しそうだ。釣りもしてみたいが極彩色生活に空き時間がない。

大洗海岸。阿字ヶ浦から流れてきた砂が堆積して海岸線が沖に延びている。元海岸線だったところから延々と歩く。砂は硬い。Shさんがこれではバンカーの練習にはならないなと言う。
海に近づいたら、砂がさらさらしてくる。

サーファーが一杯。左手が波が少なくて、初心者用。右に行くにしたがって波が荒くなってベテラン用。うまく別れている。波に乗って気持ちよくてもあっというまだが、これが面白いんだろう。
あがってきたサーファーに、Isさんが寒くないと聞いたら、にっこり笑って少し寒いと答えた。すがすがしい顔してる。

大洗の町は、黒字財政だそうだ。海岸には、釣り人用の宿がびっしり。奥に入ると料亭まである。東京方面から、美味しい魚を目当てに宴会に来るようだ。

楽しい海岸のミニ観光も終わり。Isさん、Shさんと別れる。

酒列磯崎神社
PICT0047ewrqewtret.jpg

阿字ヶ浦海岸
PICT0079fdasadfd.jpg
大洗海岸
PICT0092ewrqwerqwre.jpg


PICT0100dfgdsfgdfg.jpg

新・西山荘カントリー倶楽部

長寿荘の朝風呂に入る。喜悦のひと時。

Uhさんが迎えに来てくれる。Shさん同乗。
新・西山荘CC。
バブル時代に作ったのか、りっぱなクラブハウス。経営者も入れ替わったとか。
靴を脱いで、ロッカーに行く。
時間があるので、練習。普段練習をまったくしないので、退歩するばかり。ショットはまずまず。

二組。メンバは、Mnさん、Kjさん、Isさんと一緒。後ろは、Shさん、Tdさん、Uhさん。Izさんが熱出してドタキャン。

池が各所に散在。天気もまずまずで気持が良い。初めは寒いので厚着。
Mnさんは、2年くらい止めていた様だが、復活後好調。力強いショット。低い弾道からグーンと伸びる。  Kjさんは練習場からおかしかったようだが、初めは頭ばかりたたく。どうなるかと思ったが、しだいに豊富な練習量の成果が出てくる。飛距離がMnさんに並ぶ。  Isさんは、最初素晴らしい出足。前回私に及ばず発奮して、猛練習したようだ。風邪気味で次第に疲れが出てきたのが気の毒。

前の組は二人だが、その前がコンペのようでキャディがついているのに遅々として進まない。次第に皆がいらつく。待ちが長いと下手は調子が狂う。アプローチが狂いだす。前半、何時ものように消化不良。Isさんも下回る。

後ろの組で、Tdさんは指を骨折しての復活第二戦なのにもかかわらず絶好調。このところTdさんに勝っている、Shさんも上回る。指に怪我して力が抜けたか。

後半はもっと進まず。スムースに回るのに比べて、2倍近くかかる。日没が心配になりだす。とうとう日没。最終ホール手前の名物ホールでは薄暮。池の中のグリーンをめがけて打つ。池ポチャ。Mnさんは正確なショットでグリーンに乗せる。Kjさんもエッジに乗せる。
最後のホールは、ライトがついたが、良く見えない。おまけに池やら滝やらある。キャディが各所に立って指示。異様なプレー。岩にぶつけて万事休す。
この難関にも、Mnさん最後の3ホールはパー。さすがである。

時間がかかりすぎてしまったので、宴会組みは、クラブの風呂に入らず。明日海外出張のKjさん、用事があるMnさんとあわただしく別れる。

「ホテルニュー白亜紀荘」。国民宿所を改装したとか。Umさんが予約。Isさん、Umさん、Tdさんは地元で良く使っている。
宴会に付き合ってくれたのは、Shさん、Tdさん、Isさん、Umさん。

早速温泉に向かったら、芋を洗うような混み方。日帰りの客が多い。6時から9時までは割引だとか。洗い場は並んで待つ。しぶとく風呂に入り、体も洗う。

宴会は広い個室で贅沢。
Tdさん、Isさん、Umさんは、風呂の混雑にあきれて入らなかったので、飲み始めている。
Tdさんの奥さんが素晴らしい人なので、あなたにはもったいないとひやかす。彼も満更でもなさそう。別荘にこもって本を読み音楽を聴くのが楽しみ。まだしばらくは皆のために汗を流してもらわねば。
Shさんには、散々お世話になる。演奏会には、母娘で来て頂いた。娘さんは音楽関係の学校。なかなか良かったそうだ。お世辞でも嬉しい。昨夜はお酒を控えていたが、今日は良く飲む。飲むにつれますます元気になり、頭もさえてくる。こちらは眠くなるので羨ましい。
Isさんは、スキー仲間。今シーズンも蔵王に二回一緒する予定。山は一緒したことはないが、良く登っているようだ。お酒好き。奥さん大事にと余計な忠告。
Umさんは、ゴルフ場、宴会場を予約。地域活性化の活動をしている。地元に貢献。
皆、現役だが、しっかりした生活基盤を築いているので、いずれ素晴らしい極彩色生活を迎えることだろう。

仲居さんが気さくな人で、懇談が更に盛り上がる。熱燗が次から次に来るので、とうとう途中でダウン。Shさん、Tdさんは真夜中まで楽しんだようだ。

新・西山荘CC
PICT0031jfhfghj.jpg

PICT0032ghfjfghjfjg.jpg

名物ホール、池の中のグリーン
PICT0027rtyyt.jpg

血が騒ぐ

勢いの良かった朝顔もさすがにかげり。

歌の練習と俳句に悩みながら、出かける。

久しぶりの工場見学。
勝田。横浜より、温度が低い。
玄関でShさんに会う。Tkさんの部屋でSzさんと一緒に歓談。
退社してからShさんのおかげで、時々、歓談したりゴルフしたり出来る。
特に今回は工場見学つき。最初Shさんから進められたが、忙しい方々の邪魔をしてはいけないと思い、断ったが、昔の血が騒いで我慢できず、お願いをしてしまう。

早速、開発の責任者より、製品の説明を受ける。あまり時間を取らせてはいけないと思いつつ、質問が口から出てしまう。設計冥利に尽きるだろうなと羨ましくなる。

工場見学。Szさんと現場の責任者より説明を受ける。
素晴らしく変身しているのに驚く。忘れていた血が騒いでうるさい。

すっかり極彩色がどこかに行ってしまい、昔の思いが蘇ってくる。頭の中身がすっかり戻ってしまう。現場の魔力。

Szさんとは、今回、忙しくてご一緒できないが、話は聞くことが出来た。現場を持つようになって、面白くてしょうがないというのを聞いて、嬉しくなってしまう。

懇親会。Shさん、Hkさん、Kjさん。お店の名は怪しいが確か「あさくら」。
ふぐの刺身がうまい。次々とうまいものが出てくる。Hkさんがあるかなと言って頼んだ「十四代」。山形のお酒。なかなか手に入りにくいと言う。残りがあったと言って出てきた。枡で一杯飲んだら美味い。明日はゴルフだからあまり飲むまいと思ったが、もうないかなと意地汚くなる。ありましたと言って、一升瓶が出てくる。美味い美味いと3杯も飲んでしまう。すっかり良い気持。
「上立ち香はここちよくバニラ様に華やかに香る。含むと、とろけそうなやさしい甘味が膨らむ。何処までも上質、何処までも上品に甘味を表現。」とのこと。

うっかり俳句の話をしたらHkさんは、3年前から句を親しむ。下手なことは言えない。
Kjさんは、明日ゴルフをした後、中国に出張。忙しいのに来てくれた。
Shさんは、昨夜飲みすぎたとかで控えめ。

ホテルに帰って、ベッドに横になったらそのまま寝てしまう。暖かかったので、風邪がぶり返さなくて良かった。

ベランダの朝顔
PICT0004gfdhdfgh.jpg

PICT0005sfgsdfg.jpg

21世紀会関東会

庭仕事。
日本朝顔は花が終わった。千日紅はまだ花が咲いているが、枝の形が乱れてきた。ペチュニアも花が終わった。それぞれ始末する。空いたプランターに球根を植える。芽が出てしまっている球根が早く植えてくれと待ち構えている。

句会が迫ってきているが、まだ出せそうな句が2句しかない。このところ時間があれば、頭をひねっているが、浮かんでこない。

スターゲート、よろずや平四郎活人剣を見る。北見十蔵役の山田純大がうまい。Sさんは良く知っていた。

21世紀会関東会。
早めに行ったが、既に何人か来ている。幹事のMkさんに聞いたら25名出席。幹事は、Mkさん、若手のMrさん、Hrさん。Hrさん、Mrさんは欠席。

Mnさんの乾杯で始まる。鎌倉の山を良く散策している。山とスキーの仲間だが、体力的にかなわない。俳句の本「長寿と俳句」をプレゼントしてもらう。
初参加のNsさん。Mkさんの紹介。珍しい人なので歓声が上がる。
Wtさん:営業のプロ。この前のゴルフでは飲みすぎでゴルフ場を蛇行して歩いていたが、今日はそれほどではない。同僚のAmさんも参加。メンバとしては異質。
Hrさん:遅れてやってくる。中国、フィリピンなど出張とか、忙しそう。愛知県と東京、半々の生活。ひょっとして東京に移り住んだら遊んでくれという。大歓迎。
Kkさん:埼玉勤務。いろんな分野で活躍してきたが、今は開発の大将で面白いと言う。単身赴任が長くかわいそう。
Szさん:エレクトーンで5曲くらい弾けるようになった。コーラスは音符が一列だが、こちらは4列?だと自慢する。亡くなったKmさんの命日でおまいりしてきたそうだ。
Itさん:書道と写真。七段になる。かなりの腕前。書を持ってきたが、読めない。なんて書いてあるかと聞いたら、聞かないでくれという。
Ykさん:山の仲間。時間を間違えて、忙しいのに早々と来ていた。Hrさんに遅れるなと言われたみたい。
Omさん:昔、Hrさんと私で、初物を売ってもらい酷い目にあわせた。それ以来、頭があがらない。
Hgさん:エジプトに行くには何時が良いか聞く。山の仲間だが腰を痛めてこの頃不参加。
Iuさん:同僚のHyさんの近況を聞く。なぜこの会に呼ばれないかと言ってるようなので、次回は呼ぶことに。
Tjさん:初参加と自慢。あちこちで一緒するので初参加とは知らなかった。美術検定?をとったとか。
Mtさん:Hrさんの予算方針の資料を作成中だとか。皆から大丈夫かといわれて不満そう。私に褒められた事がないとぶつぶつ。
Niさん、Nkさん:現役バリバリ、良く会話したかったが逃げられる。
Fjさん:仙丈ケ岳に連れて行ってもらった。南アルプスシリーズがしばらく続きそう。現役ながら百名山踏破。
Mzさん:関東に出てきてはや5年。奥さんが一緒にすぐ来てくれたのが自慢。相変わらず尾張の良さを失わない。
Igさん:寄って欲しいと誘われる。嬉しいが、側にいたSzさんから、迷惑になるから行かないと言われる。
Ntさん:出席者の中で最若手かな。参加感謝。
Imさん、Mzさんなど他の方とはしゃべる暇がなかった。

あっというまの2時間が過ぎる。

庭のハープの仲間
PICT0006hdfghdfghdfhg.jpg

バーベナ
PICT0007dsfsdgsdfgret.jpg

風はいつでも

お墓参りに行った時、買ってきたプランターにチューリップを植える。他に芽が出てきている球根を植える。まだかなり残っているが、朝顔を始末した後でないとプランターがあかない。どこかでふんぎりをつけないと何時までも咲いている。
紅葉に絡まっているつたを取ったり、枯れてきたシランや百合を切ったりする。大きなゴミ袋2袋。仕事した気分。

水曜会。
早めについたら、既にHmさん、Ydさんがきている。
机を並べていたらMwさん、Nkさんなどが現れる。合宿の写真を送ったので感謝される。席の並べ替えをする。エヤコンの風の吹き込み口を配慮して。

大中恩作曲「風と花粉」より「風はいつでも」「春がそこまで」「白むくげ」。
合宿明けのせいか、テナーの出席率が良くない。
最初は、TkさんとNzさんしかいない。3人だけだと、いい加減に歌っているところが露呈する。半音の変化が続くのを正しく歌えない。
テナーが来ないと先生がぶつぶつ言っていたら、Knさんが現れる。枯れ木も山の賑わいとか言ってる。

咳が時々出る。隣のYdさんも咳き込む。

信長貴富作曲「新しい歌」より「新しい歌」。
Siさん、Hsさんが現れる。
セカンドが分かれるところで馬脚が現れる。セカンドの団長がいないと音が狂う。
最後になって団長が現れる。今日は7人と少ない。
他のパートは、まずまず揃っているので、テナーの少ないのが目立つ。

先生が再三ため息をつく。
テナーのパート練習はするんだろうと聞かれる。バスのSmさんが飲み会ですとちゃちゃを入れるので、練習ですと否定する。練習後が楽しみだとひやかされる。

飲み会に行きたい雰囲気だが、咳が止まらないのと、明日から毎日宴会が続くので大事をとって欠席。

庭のホトトギス
PICT0010gfsdgsdfg.jpg

江川せせらぎ遊歩道

早起き。歌の練習。早すぎて声が出ない。

ジュース作り。珍しく、Sさんに言われる前に行う。

早く行かないと混むと言われて、あわてて医者に行く。咳がまだ出るので。すいていた。患者さんたちも今日はすいてるわねとか言ってる。だいぶ良くなって来てますねと言われる。

矢上川を散策した時、見つけた江川せせらぎ遊歩道に行く。Sさんを誘ったがのんびりしたいと断られる。
公園を通り過ぎる。何かイベントがあったのか、小さいお子さん連れのお母さんたちで一杯。
矢上川をさかのぼる。鴨が相変わらず一杯いる。

江川せせらぎ遊歩道に入る。
下水道整備により、かつては廃川と化していた元二ヶ領用水支川の江川が市民の憩いの場として生まれ変わり、平成15年6月に完成。等々力水処理センターで下水を高度処理した水をポンプアップして流している。
出発点は、新城公園方面の遊歩道の入り口。スタート地点から矢上川との合流地点までの2.4キロのこの遊歩道。8つのゾーンに分かれている。
?湧水の小径 ?桜のプロムナ-ド ?散策の道 ?ふれあい広場
?せせらぎ広場 ?清流の道 ?あぜの道 ?河原の道

私は逆方向?から歩く。
鯉が多い。川に沿ってうじゃうじゃいる。放流したのが増えたのか。良く見ると小さい魚が一杯。水がとっても綺麗。水草も生えている。
遊歩道に沿って花々が植えられている。菊、ケイトウ、マリーゴールド、ナデシコ、チェリーセージ、コスモス、ランタナ、ひまわりなど名前の知ってる花だけでも一杯。春先にきたらもっと綺麗だろうなと思う。小さな菊の展示場がある。
鴨ものんびりみずくろいをしたり、つがいでえさをついばんだり、首を羽に入れて休んだりしている

歩いているのは、おじさんが圧倒的に多い。夫婦連れでお弁当を食べている人や、昼寝してる人、子供ずれのお母さん。車椅子にお年寄りを乗せている人。杖を突いてリハビリ中の人。様々。
おばさんが少ない。おばさんたちは友達と連れ立ってどこかに出かけてるのだろう。
おじさんはほとんど一人。二人ばかり、鯉を獲ってるおじさんがいる。人の目を気にしながらやってるので、悪いことしてるという感覚はあるんだろう。腹立たしい。
子供がザリガニを獲ってるが、こちらはまだほほえましい。
昼休みで一休みしてるみたいな若者がパンくずをやっている。鯉を獲ってるおじさんでむかむかしたのでほっとする。

時々、句が浮かばないか頭をひねる。
日差しが強い。暑くなってくる。風邪のため、厚着をしてきたが、汗ばむので脱ぐ。
?から?まで歩いて引き返す。
ここは松の川緑道とは違った趣。時々散策しよう。

疲れて昼寝。起きてから庭仕事しようと思ったがぐっすり寝てしまう。

Htご夫妻と食事をするためSさんと出かける。駅で待ち合わせて、「花菱」に連れて行ってもらう。Sさんは小津安二郎の育ったところなので調べに来たことがある。私は深川神社に一度来たようなかすかな記憶。
お店のおかみとHtさんの奥さんが知り合い。美しいおかみ。ご主人は石倉三郎。
天井を見上げると、小ぶりの弓張提灯が、並んでいる。この店にやってきた芸能人の名前が、提灯に書き連ねてある。
魚料理がとってもうまい。Sさんは大喜び。白子ポン酢、バイガイ、魚の大根煮付け、メバルの煮付け、岩のり、鮭茶漬け、ポテトのサラダ、サトイモ、十六ささげの胡麻和え、お刺身の盛りあわせ、鱈子と竹の子の煮付け、後は名前が出てこない。とにかくおいしい。
酒は兵庫の「神鷹」。
良く食べ、良くしゃべり、至福の時間が過ぎていく。

江川せせらぎ遊歩道の鯉
PICT0013fgdhdfhgdf.jpg

PICT0027trwretwetr.jpg

ウモウゲイトウ
PICT0029gsdfgsdgfsd.jpg


PICT0038qewrqwrew.jpg


PICT0041trwertet.jpg

PICT0045retwrtwert.jpg

合宿疲れ

合宿疲れ。天気が良いが出歩く気がしない。
何か気落ちした気分でいたら、Sさんに見透かされて、下手でも良いのよ、だんだん声出るようになってるわよとか慰められる。

Sさんはさっさと友人と映画に出かける。

咳は収まりつつあるが、結局ぐうたらすごす。働いている人には申し訳ないが。

樋口有介著「夢の終わりとそのつづき」を読む。主人公がぐうたらでこの状況にぴったり。

株価暴落、急速な円高。困ったもんだ。

ベランダの朝顔
PICT0002rtwert.jpg

ひめつるそば
PICT0003retertwr.jpg

合宿二日目

合宿二日目。早々と目覚める。
雨が上がったので養沢渓谷を少し歩く。川に鱒が泳いでいる。鱒の釣堀りもある。紅葉は今だし。

朝飯。かなり遅れてバスのTkさんがやってくる。昨夜は、何時まで起きていたかわからないと言う。テナーのMsさんがストーブの前で寝ていたので起こして寝床に連れて行ったのを覚えているとか。その時は、もう誰もいなかったとか。相当な量のお酒があったが、二次会でほとんど消化したのだからすごい。全部で50名位の参加者だと思うが、すごい飲みっぷり。

Htさんががらがら声になり、先生からバスにまわれとか言われる。逆に昨夜、カラオケのデュエットで女性声を出したSmさんはソプラノだとか言われている。

体操、発声練習。
飲みすぎで疲労気味だが、皆熱心。
本日参加のNzさんがやってくる。隣で歌ってくれたので実に歌いやすい。音程はしっかりしてるし、声は通るし。向こうは迷惑したかも。

信長貴富作曲「新しい歌」の残りの「鎮魂歌へのリクエスト」「一詩人の最後の歌」。「一詩人の最後の歌」は難しい。団長、Nzさん、Skさんの声を頼りに歌う。後々苦労しそう。

途中、抜け出してボイトレ。
ソプラノMwさん、アルトGcさん、バスTkさん。Mwさんは音程の微妙な違いを指摘されている。私には聞き分けがつかない。Tkさんは素晴らしい声だが、それでももっと上を目指すように言われている。
何か、場違いなとこに迷い込んだような気持ち。

昼食時に、Is先生がMwさんに微妙な音程の違いを話していて、これを聞いていたら、頭が痛くなる。
ぼんやりしていたら、Fjさんが、子供の時、なんて呼ばれていたかと聞く。**ちゃんと呼ばれていたと答える。今はSさんに何て呼ばれているかと聞くから**ちゃんだと言ったら軽蔑した目つきで恥ずかしくないかと言う。隣にいたOgさんが別に良いじゃないのと言ってくれる。
おかげで気分転換になった。

練習再開。後ろの組がすでに来ており、時間が切迫してきたので全曲はいかないなと思ったら、全曲歌う。
岩河三郎作曲「富山に伝わる三つの民謡」より「越中おわら」「こきりこ」「むぎや」。以外にすいすい歌えたような気がする。時間がないので先生が細かいところは目をつぶったくさいが。

大中恩作曲「ウェンズデー」より、「さかなの日」「ウェンズデーのウェンディー」「種まきうえんずでー」「夢見がちの水曜日」。
集中力が無くなってくる。皆、疲労してきたのか、各パートのミスが目立ってくる。

アンコール曲、大中恩作曲「ドロップスのうた」「じゃあね」。わたしは前回休んだのではじめて歌う曲。

終わりは脱兎の如しだが、時間通り全曲歌う。

解散。
疲れたが何かやりとげた感じ。気持良い。

養沢渓谷
PICT0110ytertyry.jpg

水曜会合宿

水曜会の合宿。
雨。風邪をこじらせてしまい、いろいろドタキャンしたが、合宿は、何とか出れる状況までなる。しかし練習不足、咳が歌うと出る。気が重い。

行く途中、水曜会のメンバに会う。Tkさんから「ドロップスの歌」の変更箇所が2箇所あると聞いていたので、電車の中でKsさんに変更箇所を聞く。Ksさんはイヤホーンで水曜会の復習をしている。
水曜会のメンバは熱心。特にテナーは何時も先生の標的になることもあって、非常に練習熱心である。働き盛りの方も混じっており、時間をひねり出して練習に良くやってくると感心する。

今回の合宿も、欠席は2名のみ10名の出席。Otさんが一日目のみ、Nzさんが二日目のみであるが、8名は2日間参加。

合宿は、「養沢センター」。
武蔵五日市から送迎バス。車で数人便乗して来ている方もいる。

男性はいつもと違って大部屋。夜寝れるかなと心配。

Htさんは風邪を引いて、早めに帰ろうかなとかいささか元気がない。

TWさん作成の新しい名簿が配られる。PCが壊れて心配していたが、合宿に間に合わせてくる。
先生から、Is先生のボイトレの組み合わせが配られる。各パートが一人づつ、4人15分単位。私は2回。バスは初日の参加が4人と少ないので、ソプラノにあわせて何回も歌うことになる。

テナーは、団長、Htさん、Knさん、Msさん、Ksさん、Otさん、Skさん、Hrさん。普段は、終わりの時間ぎりぎりに参加のMsさん、忙しいSkさん、Ksさんが参加。

Is先生の指導で、体操、発声練習。声を思いきり出すと咳き込むので、恐る恐る出していたが、先生のうまいリードでついつい出してしまう。体で出すようにと、いろいろ比喩されるので、発声練習では声が実に良く出る。悲しいかな、これがまだ身についていない。すぐに元に戻る。

大中恩作曲「風と花粉」より「風はいつでも」「春がそこまで」「白むくげ」「空の牧場」「風の旅」。
「風と花粉」はボイトレ用に何回も練習してきたので、スムーズに歌える。後は、音がずれたりして、テナー!!!と叱責が飛ぶ。咳き込むので普段は前列にいるが二列目に。後ろに団長がいると大変歌いやすい。Skさんが横にいて大きな声を出すのでこれも頼もしい。前列の声は聞こえない。何時もは前列なので、音がずれてもテナーのメンバには迷惑かけてないのかなとか、二列目は歌いやすいなあと気が緩むとすぐに音がずれる。才能ない。

途中でボイトレに行く。
ソプラノYdさん、アルトTdさん、バスMkさん。Is先生がYdさんをMwさんと間違えて、私はあんなに騒々しくないとYdさんがむくれる。あまり違わないような気もするが。
パート一人で歌うと馬脚が現れる。私は音程が狂ってしまうし、声も出ない。風邪のせいもあるが、それにしても酷い。
Ydさんが思い切って声を出すようにと言われている。綺麗な声だが、更に上を目指せと言うことか。Tdさんは素晴らしい。Ii先生も言うことない。Mkさんは若々しい声。
自己嫌悪になって席に戻る。

休みを挟んで、信長貴富作曲「新しい歌」より「新しい歌」「うたをうたうとき」「きみ歌えよ」。
咳が酷くなる前、好きなのと難しい曲が多いので、かなり練習していたが、良く聞いてると間違って音を出しているところがかなりある。すかさず先生に指摘されたりする。

初日は終了。
晩飯。昼飯抜きできたのでたっぷり食べてしまう。おかわりまでしちゃう。
Hmさんに飲み会で誘われて「千の風になって」の混声合唱に巻き込まれたので、直前練習。男性は当初、Smさん一人で歌うみたいだったが、Knさんが入り、私はおまけ。

発表会は、Smさんの司会で始まる。最初は女性コーラスのマドンナ会。Tdさんの指揮。うまい。練習はTdさんの厳しい指導の下、行ったとか。
カンツオーネの雄、テナーMsさん、ソプラノNkさん、バスYdさんがソロで美声を披露。YdさんとHmさんのかわいらしいデュエット。ソプラノHmさんのソロ。
その後に、飲み会グループの混声合唱「千の風にのって」。指揮はHyさん。Smさんの陰に隠れて何とか歌う。
先生のソロ。アンコールにも答える。指揮している時と顔つきが違う。
男性合唱。今年一杯で九州に帰るKnさん中心。知らない歌なので歌わないでいたら最後の曲で女性に押し出されて、参加。
Is先生のソロ。真打は先生とIs先生のデュエット。ダンスつき。

ピアノ伴奏はYd先生がしたり、TgさんやYdさんがしたり多士済々。

9時から飲み会。
Htさんの隣に座り、前の席にアルトSnさん、Nnさん、ソプラノSiさんが座る。アルトの二人組が陽気にはしゃぐのに圧倒される。イメージが違ったとうっかり言ったら追求され、Siさんに釈明してもらう。Snさんからアルトの素晴らしさをとかれる。アルトが好きなんだなあ。

美味しそうな食べ物が一杯回ってくるが、晩飯を一杯食べたので、入らない。残念。
ビールを飲んで赤ワインを飲む。ワインのコルク抜きをするYdさんは色気があるとか言われている。そんなこと言われたのは、初めてだと答えている。

恒例のカラオケが、これまた恒例の副団長と、Smさんのデュエットで始まる。  TkさんとMsさんのイヨマンテ。怒迫力。Tkさんは見てるだけで楽しい。  Skさん、Hsさんのテナー合宿初参加組。 先生とTdさんのデュエット。

お酒が一杯並んでいるところに行って、焼酎のマンゴ割りを飲む。
次男が新潟でお土産に買ってきてくれた「〆張り鶴」を飲もうかと思ったが栓が開いていなかったので後にする。(後ほど見たらもう無くなっていた。飲みそこなう。)
Hmさん、Ttさん、Ynさん、Knさんがいる。初めて口をきく、Ogさん、Ssさん。良い人ばかりで楽しい。ここらあたりで酔いが回ってくる。何をしゃべっているのか怪しくなる。
先生に何か話したが、覚えていない。先生がテナーも上達したとか言った様な気がするが、定かでない。
Mrさんがストレッチをしている。Adさんも参加。まだ他にも参加したが覚えていない。

カラオケは続き、Siさん、Ktさんのデュエット。  Tsさんの絶妙な踊り。大うけ。 アルトの二人組のデュエット。  女性4人組み。 バスのSmさんの女性声のデュエットは大うけ。  Knさん、Fjさん、Ynさん、Ksさん、団長と次々と歌う。 だんだん誰が歌っているかわからなくなる。
Fjさんにうまいこと言いくるめられて「帰って来いよ」を歌う。こういう時は不思議と咳も出ない。

先生、Is先生、Yd先生が歌い、そろそろ12時近くなり、一次会はお開き。部屋に引き上げる。
まだかなりの人が、二次会に残っている。
すぐに熟睡。

庭のチェリーセージ
PICT0001dfghfghdhf.jpg

ホトトギス
PICT0004fghfdghdfh.jpg

高島屋

西洋朝顔が二階のベランダでますます勢い良く咲いている。下のほうは枯れてきて種が出来始めているが、上のほうは今が盛りと咲き誇る。
電線にからまったのを切ったが、切られた後も咲く。水分はたたれたと思うのだが、種を作るまで咲くのだろうか。
昨年までは、日本朝顔のみだったから今頃はとっくに取り払っていたのだが。

咳はだいぶ減ってきたが、ここで無理をしないように大人しくしている。Nkさんに歌のレッスンに誘われていたが、自重して休む。

夕方になってためしに歌ってみる。久しぶりなので気持ちが良い。長く歌うと咳き込むが、回復してきた。明日からの合宿にどうやら間に合う。

Sさんが高島屋から喜んで帰ってくる。
新婚時代に手に入れたフランス製の圧力釜が壊れたので、購入した高島屋に修理を依頼した。部品を探して、直してくれ、注文していない故障箇所も細々した部品を探して直してくれたそうだ。もう大喜び。
35年以上も前に買った圧力釜の部品を探すだけでも大変なのに、ほかの故障箇所まで見つけて直してくれたなんて、Sさんでなくても感激する。
Sさんが独身の頃、高島屋で購入した商品でのこちら側のミスによるトラブルの時、高島屋の対応が実にすばらしくそれ以来、Sさんはファンだが、これでますます熱が上がりそう。
決して高島屋の回し者ではありませんから。念のため。

ベランダの朝顔
PICT0012rtyeerty.jpg

中学時代

あいかわらず咳が止まらない。胸の辺りの重苦しい感じは、薄れてきたので山場は越えたのだろう。
体の具合は良いので、じっとしてるのがつらい。動くと咳が出る。
スタートレック、スターゲート、時代劇を見てると、咳が時々出る。
寝ていれば出ないのだが、飽きてきた。
句も浮かばなくなってくる。
歌の練習をすると咳き込んでしまうので、歌も歌えない。週末の合宿は、お墓参り以来、歌っていないので、心配。
寝転がってあさのあつこ著「ぼくらの心霊スポット」を読む。

夜、中学時代の同級生2人と会食。
マスクをして行ったので驚いたようだ。
池袋の「おとや」。Ogさんが予約。なかなか良い店。良く使っているそうだ。
咳をしてるので食事の前に漢方薬を飲まされる。
お酒は控えめ。
Ogさんは、若い頃、かなり苦労されたようだが、それをまったく感じさせない。明るい。この十年は今までになく幸せだそうだ。もともと声楽志望だったので、音符が読めないのにコーラスするなんて尊敬すると冷やかされる。書道はなかなかのもの。旅行好き。
Uzさんは、ゴルフに麻雀好き。ご主人を亡くされたが、元気一杯。ご主人の関係の人脈が広い。

中学時代の話題。思い出してみると、病弱で半分近く休んでいた。それでも楽しい思い出が一杯。しゃべっている内に、いろんな仲間の顔が思い出される。名前を聞いただけですぐに思い出す人、思い出せないが話しているうちに、あの人かと思い出す人、様々。
だんだん二人の顔が若返ってくる。

庭のチロリアン・ランプ
PICT0003rteyert.jpg

朝顔
PICT0006dfghdfh.jpg

咳が止まらない

咳が止まらないので、お医者さんに行く。気管支拡張症を以前やったことがあるので、痰が止まらなくなったらすぐに来るようにとたしなめられる。

Ttさんに貰った切符の円光寺雅彦氏「午後のシンフォニー」にSさんと出かける。駅に行く途中、あまりに咳き込むので。Sさんからやめたほうが良いと言われ、やむなく引き返す。
後でSさんは、チャイコフスキー名曲集で大変良かったと言う。

水曜会には行くつもりで準備していたら、Sさんから心配して電話。酷い様だったら休んだらと言う。昨日のもんじゃ焼きは無理して行ったので今日は休めないと思ったが、無理すると週末の合宿に出られなくなると思い、涙を呑んで休む。Hmさんに連絡。

がっかりして就眠。

庭のキンギョソウ
PICT0032sadad.jpg

近所の菊
PICT0035afasfa.jpg

PICT0036fadsasf.jpg

もんじゃ焼き

朝、湿った布団で風邪がぶり返す。Sさんに湿った布団で寝ちゃだめといわれたが、眠くて寝てしまったのが敗因。夜中にSさんに起こされて布団を干したが、もう風邪がぶり返していた。

Sさんはベランダや部屋の掃除で大忙し。朝食を取り、水抜きをして出発。これは今度の俳句の兼題、「冬支度」に使えるなあと思うが、句にならない。
望月高原牧場による。霧で遠くは見えない。幻想的。

途中、環八が事故渋滞したが3時間半くらいで帰る。

すぐにくたびれて寝てしまう。夜は水曜会の先生の誕生祝。Sさんは休んだらと言ったが、誕生日と聞いて行った方が良いと言い直す。

月島集合。改札口に皆集まっている。何時も最後にやってくるMsさんがもう来ている。電車が止まってしまい大回りしてきたNnさんが最後に現れる。16名。

先生の7*歳の誕生日。誕生日だが先生のおごり。

はじめは野菜炒め。焼きぞばに続いてもんじゃ焼き。もんじゃ焼きは初めて食べる。同席のTdさんがもんじゃ焼きを時々、作るそうで手馴れたもの。Hmさんも手伝い、私とFjさんは食べるだけ。
隣の席は、O型のSmさんがB型の女性に囲まれている。Smさんが焼いているみたい。
先生のいる席は先生が手馴れた手つきで焼いている。
次々と出てくるのでこんなに食べられるのかと心配になる。最後は鮪のカマを焼く。お酒と談笑につられて皆平らげる。

食べながらAdさんの司会で、先生に花束と贈り物。お祝いの言葉を皆が次々と挨拶。先生も嬉しそう。

Ttさんが眼帯をしているので何なんだろうかと心配したが、自動二輪でこけた老人を助け起こした時、アクシデントで頭を強打。目の周りがはれた。もう随分と良くなっている。

水曜会は、良い人ばかり集まった。何時も楽しい。

お酒は少なめにし、2次会について行きたかったが、咳が出るので自重。

庭のムラサキシキブ
PICT0017gewretrtw.jpg

ヒカゲノカズラ
PICT0019dfgstwe.jpg

恵の平
PICT0023fgdssdfgs.jpg

霧の望月高原牧場
PICT0024ytrtyrty.jpg

マユミ
PICT0030ewrqwerqw.jpg

お墓参り

今年はお墓参りにまだ行っていないし、別荘の水抜きの状態も確認しておきたいので、Sさんと車で出発する。

5時間かかって可児市久々利のお墓につく。途中疲れて2回ほど休む。すぐに寝てしまったそうだ。車の運転はめったにしないので、長時間の運転は疲れる。

諏訪湖のインターチェンジで昼飯。蕎麦。

お墓に着く。そばに生えている椿がお墓を陰らせるので、昨年半分切った。今年は全部切ろうかと準備してきたが、お墓から離れたほうに枝が伸びているので、かわいそうになって切るのをやめる。

掃除をして、水をかける。線香をつけてお祈り。感謝と家内安全。

恵の平らの別荘に向かう。メガトンで氷結防止液と明日の朝食用の食材を買う。イチジクが安いので、イチジクのシロップ漬け用に買う。かりん酒のためにかりん(後でマルメロとわかる)を買う。

長寿庵で蕎麦。珍しく客は私たちだけ。連休明けのせいか。

暗くなって恵の平に着く。

水抜きの状態を確認して、開けた水道を元に戻す。
壊れた掃除機を車に運び、新しい掃除機と入れ替える。
Sさんは薪を焚く。森閑として虫もなかない。

布団が湿気ていたが面倒くさいのでそのまま寝る。これがいけなかった。夜中に咳が止まらなくなり、Sさんに起こされて、布団を干し、ストーブの前に布団を移したが後の祭り。風邪がぶり返して咳が止まらなくなる。

諏訪湖
PICT0002gsdfgsdgf.jpg

お墓のマルバルコウソウ
PICT0006fdsafafd.jpg

お茶
PICT0011sadfasdf.jpg

矢上川

次男は仕事で出かける。新潟のお土産にお酒を買ってきてくれた。

スキーに備えて足腰を鍛えるため、当初、高尾山の紅葉でも見に行こうかと計画したが、歌の練習をしたりもたもたして時間がたってしまい取りやめる。代わりに久しぶりに矢上川を歩く。
鴨が一杯いる。餌を盛んに取っているのから、頭を隠して寝ているのまでさまざま。
白鷺もちらほら。
春先は鯉が群れていたが、鯉はあまり目立たない。小さい魚の群れが泳いでいる。
魚を釣ってる爺さんがいる。直ぐにつれる。釣ってどうするのかな。
亀が甲羅干ししている。

道路沿いに、菊の花が多い。ランタナ、ダチュラ、チェリーセージ、コレウス、サルビア、オオベンケイソウなど、名前の知っていう花々も多い。

後半は、句を考えながら歩く。いくつか生まれる。じっとして考えるより効率が良い。

2時間くらい歩いて汗ばむ。Mkさん、Skさん、Szさん達が今日歩いている白馬のトレッキングほどではないが、良い汗をかいた。

帰って真央ちゃん優勝の映像を見て喜び、女子バレーがセルビアに負けて悔しがり、小沢さんが党首をやめたのを知り驚く。

矢上川の鴨
PICT0007retewrtt.jpg

オオベンケイソウ
PICT0009hfgdhdfgh.jpg


PICT0017twertwert.jpg

白鷺と鴨
PICT0024hgdfhdfgh.jpg


PICT0027sdfgsdgd.jpg

潜在意識

Sさんはすっかり元気。歌舞伎に行ってから、映画の集まりに行くというので、心配。まだ少しふらふらしている。代わりに歌舞伎に行こうかと言ったら、看病してくれたから譲っても良いと言う。しかしとても残念そうな顔をする。気力があるなら行っても良いと言ったら、勇んで出かける。
歌舞伎と映画はSさんの活力の源。元気になってほっとする。

白馬に行ったSkさんからは、紅葉が綺麗で、朝霧がかかっていたので幻想的だとのメール。昨夜は皆で楽しく飲みすぎてMkさんは頭が痛いと言ってるとか。羨ましい。
Sさんにはかえられないが。

寝不足気味。一休み。

久しぶりに松の川緑道に行く。今年は雨とか風邪とか、今回みたいなことがあって、山に登る回数が少ない。スキーシーズンがそろそろ始まるのに鍛えられていない。早足で歩いてみる。

カンナがまだ咲いている。どうなってるんだろう。側にお茶の花や菊が咲いている。季節感がおかしくなる。
良い句が生まれないか考えながら歩く。2,3何とか句らしいのが出来る。

ホッケー場で試合をしている。応援団もいる。赤ちゃんを連れたお母さんが夢中で見ている。隣で見ていたら結構面白い。

小さい二つの池の金魚達は元気。小川のザリガニ達は影を潜めた。

一駅電車に乗ってBook-offに行く。
あさのあつこ著「ぼくらの心霊スポット」、樋口有介著「夢の終わりとその続き」「誰もわたしを愛さない」、佐藤多佳子著「神様がくれた指」、山本一力著「欅しぐれ」、萩原浩著「メリーゴーランド」、椎名誠著「新宿熱風どかどか団」を購入。

直近に読んで面白かったのは、深見真著「ゴルゴタ」。友人の息子さん。迫力ある。一気に読んでしまった。

帰ったら、車で出かけるはずの次男が、家にいる。晩飯は次男に頼む。

歌の練習。ほぼ全曲歌ってみる。疲れた。

スターゲート、スタートレックを見る。
スターゲート・アトランティスでマッケイの乗ったジャンパーが事故で海に沈んでしまう。どんどん深海まで沈んで行き、連絡も取れなくなる。マッケイは頭を強く打ちパニックになるが、突然カーターが現れる。カーターはマッケイの潜在意識の幻想。マッケイは優秀な科学者だが、人格的には嫌なやつ。カーターは優秀であり人物的にも優れており、美しい女性。マッケイは現実ではカーターとは上手くいっていないが、潜在意識として憧れの女性。このカーターがマッケイを落ち着かせ、救助に来たシェパードに救ってもらうまで励まし続ける。マッケイの潜在意識は冷静で良いやつ。自分の欠点も良くわかっている。カーターは何時にも増して魅力的。
自分が、危機的状況に陥って、パニクッタ時、潜在意識として今まであった魅力的な女性の誰が現れるかなと考えて見る。いろいろ思い出してみたがやっぱりSさんが現れるだろう。

散策途中のハナツクバネウツギ
PICT0002fghdghtryy.jpg

松の川緑道の茶の花
PICT0009hjgkghjkghkhg.jpg

フサフジウツギ
PICT0016jfghjfgj.jpg


PICT0017ghjfgjfghj.jpg

PICT0021utryurtu.jpg

白馬中止

白馬にトレッキングに行くので早起き。Skさんに車に乗せてもらうために5時起きして6時前に家を出る。
電車に乗ってから、念のためメールのコピーを見たら、夜集合と書いてある。あれれと思いSkさんに電話したら、やはり夜の7時半集合だった。
おおいなる勘違い。あわてて引き返す。

家に帰ったらSさんに笑われる。
一眠りしようとしたが、目が覚めてしまい眠れない。

人参をすって、ジュースを作り、朝食の準備の手伝い。

歌の練習。全曲27曲歌ってやれと始めたが、途中で力尽きる。音程もリズム感もひどい。前途多難。

残っていたプランターに芽が出ている球根を植える。小雨が降ってきたので途中でやめる。

句をひねる。兼題は「新酒」「朝寒」「冬支度」。簡単に出来ると思ったが、なかなか出来ず。情景は浮かぶが、句にならない。これはメモ帳を持ち歩いて何時も考えないといけない。前回の句会で特選を貰ったので気合を入れなければ。

出発までの残り時間をスタートレックを見ていたら、Sさんの具合が突然悪くなる。マッサージしたりするが、一向に良くならない。大変心ぼそそうなので、側についていることにして白馬行きは止める。残念だが、やむをえない。Skさん、Mkさん、Szさんに行けない旨、連絡。
朝の出発でなくて良かった。

真夜中近くなって、ようやく回復基調。良かった。
次男が出張から帰ってくる。その頃には、回復。

庭の元気な朝顔
PICT0001fdghfdghdfhg.jpg

ホトトギスは真っ盛り
PICT0005hdfghdfghdfgh.jpg

宿根サルビアは数が減ってきた
PICT0006ghjfghjfgjh.jpg

球根植え付け

11月。
朝顔がまだ咲き誇っている。何時まで咲くんだろう。

歌の練習をする。合宿が来週に迫っているが、今だし。

Sさんと買い物。
帰りに床屋。床屋で80歳でまだ働いている人の話をうつらうつらしながら聞く。やめたいがやめさせてくれないと言っている。人それぞれ。

帰って、球根の植え付け。かなり植えたが、まだ残っている。芽が出てきているので早く植えたいが、朝顔が場所とプランターを占有しているので、これ以上はお預け。腰も痛くなってきたし小雨も降ってきたので切り上げる。

夕飯時に長男がやってくる。次男は出張でいないので一家揃うことはなかったがSさんは大ニコニコ。長男から仕事の話をひとしきり聞く。自分を磨くと言うので、大いに奨励。しっかりしてきたなあ。親馬鹿だが。
Sさんと二人で、あんたはやさしくて家庭的だから早く家庭を持てとけしかける。
二人でスタートレックの録画を見る。私は明日が早いので、途中で切り上げたが長男は遅くまで見て帰ったようだ。良く似てる。

近所のフヨウの一種
PICT0013rewqqwerqrwe.jpg

菊の一種(アカバナサツマギク?)
PICT0014sadfasdfsa.jpg

ノボタン
PICT0017gdsgsdg.jpg

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Y・K

Y・K

FC2ブログへようこそ!

極彩色生活:赤字黒字の会社生活と異なり、感動、興味、ときめきの極彩色社会生活のことを言う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。