2008-03

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芦花公園の桜

Ydさんのお宅に、一日遅れのお花見に出かける。昨日がメインだったが、スノーシューに行っていたので行けず、今日訪問。
早めについて芦花公園の桜見物に行く。天気が良くて心地よい。

公園の周りから桜が一杯。
公園に入ると、桜があちこちに咲き誇っている。走っている人や子供づれや老夫婦が多い。
菜の花の黄色い群生が見えたのでそちらに廻ると、「タカトウコヒガンザクラ」の並木がある。少し葉桜になりかかっているが美しい。以前高遠城址公園のタカトウコヒガンザクラを見たことがある。 
しだれ桜も満開。ソメイヨシノは公園内よりむしろ公園の外のほうが多い。
充分堪能。

Yd邸におじゃまする。今日は誰も来ていないかと心配したがTkさんが来ていた。昨夜は20人の盛況だったそうだ。Yd邸から眺める桜はなかなかのもの。夕日に当たって桜が輝いている。
ワインを飲みながら談笑。Tsさんがやって来る。昨夜も参加したが今晩もYdさんに呼ばれて参加。
娘さんとお嫁さんとそれぞれのお孫さんもやって来る。とたんに賑やかになる。3人のお孫さんたちは行儀良く騒いで、大変に羨ましい。子供の表情は生き生きしていて大変に楽しい。
奥様の料理が次々と出てきて食べきれない。それでも美味しいのでつい箸が伸びる。
すっかりご馳走になり、良い気持ちになって帰路に着く。感謝。

芦花公園周辺の桜
IMG_3095dfghdfhdfgh.jpg

芦花公園の桜
IMG_3132yuitityi.jpg

IMG_3135rtyurtyurr.jpg

しだれ桜
IMG_3141fghjfghjfghj.jpg

タカトウコヒガンサクラ
IMG_3145ghjkghjkghjk.jpg

Yd邸より眺める桜
IMG_3173fghjfghj.jpg
スポンサーサイト

縞枯山

昨夜の夕食は、Imさんが調理。今日の朝食はMmさんが用意。私は食べるだけ。
人参ジュースが美味い。昼食用の握り飯もImさんに作ってもらう。

今日は、昨日よりは、きついよと言われる。ぐっすり眠ったので大丈夫だろう。

ピラタスロープウェイで山頂駅へ。スキーヤーが多い。登山する人はわずか。他に坪庭散策の観光客がいる。天候は雲があるが晴れ。今年は天気男になったみたい。
Mmさんは、スキーベンチャーをImさんに譲って、今日はスノーシュー。盛んにスキーベンチャーより歩きやすくて楽だを連発。

縞枯山に登る入口に到着。右縞枯山、左雨池山、まっすぐ雨池の標識が雪に埋もれて頭だけ出ている。雪はまだかなり深い。
入口から直ぐに急坂。スノーシューに慣れてきたので雪道でも滑らない。ザクザクと歩く。呼吸が荒くなり、汗が滴り落ちる。汗をなめたら塩辛くない。味がない。どういうわけかな。
調子良く先頭を歩く。途中、一度休んだが、後は休まず。木々の間に空が見えたと思ったら頂上。南八ヶ岳が雲がかかっているが良く見える。意外に早くついた。息を整えてから写真を撮りまくる。
Mmさんは昨日に比べて、楽と言う。Imさんは急坂でスノーベンチャーをあきらめて脱いでいる。かなり時間がかかる。頂上は変哲もないところなのでお茶を飲んでから出発。
後は下り。下りは平坦なところもあるが、狭い道で急坂もある。Imさんは再びスノーベンチャーを履いているので、時々お尻制動。Mmさんは快調。スノーシューは楽。林の中も楽しい。踏み跡や、登山道の目印の赤い布切れを目印に歩く。新雪をばかばかと歩きたいが、迷子になってしまいそうなのであきらめる。

ようやくゴンドラへ行く看板のある広場に出る。これも雪に埋もれて頭だけ出ている。
ここで昼食。お日様の光が当たって気持ちが良い。スノーシューを外して、そこに腰を下ろす。握り飯はおかかと梅干。海苔が別についていて、美味い。
気持ち良く一瞬まどろむ。
スノーシューを履いた登山者が数人降りてきたので、引き上げる。
しばらくして、ゴンドラに到着。昨日とほぼ同じ3時間くらいで終わる。Mmさんがこのくらいで丁度良いと言う。以前は、十数時間踏破したつわものも私と同じレベルに降りてきた。

ゴンドラで降りる。もはや山々は雲がかかって見えない。雨が降りそう。
Imさんお気に入りの秘境の湯に向かう。おばあさんが迎えてくれる。お客は我々のみ。貸切。
長い廊下を通って、お風呂に到着。早速露天風呂に入る。景色を見ながらゆったり。Imさんは温泉プールで泳ぐ。Mmさんも続いて泳ぐ。私はご遠慮する。
内風呂と露天風呂を往復して楽しむ。すっかり出来上がって一杯やりたいところだが今しばらく我慢。
藁の馬があったので買う。

雨が降ってきた。登っている間は降らずラッキー。
私ご推奨の蕎麦屋「長寿庵」に行く。何時来ても美味い。ビールも美味い。Imさんは運転なので飲めない。気の毒。

帰りの車の中ではほとんど寝ている。起きたらかなり八王子に近かったのでスムーズに来たねとと言ったら、途中渋滞していた時ぐうぐう寝てたそうだ。

Imさんに感謝して八王子で別れる。
Mmさんが中山で降りて、今日開通した横浜市営地下鉄グリーンラインに乗ろうと言うので付き合う。開通したばかりの電車に乗るのは、初めて。記念切符は売り切れていた。
帰ってSさんに自慢。

スノーシューにはまりそう。パウダースノウを歩くのは楽しいそうだが、スキーシーズンとぶつかる。来シーズンは忙しくなりそう。

雲の上の山頂
IMG_3010fgdhfdghdfh.jpg

雪に埋もれた標識
IMG_3016dfgsdfgdsfg.jpg

縞枯山山頂
IMG_3032gfhjfghjfghj.jpg

南八ヶ岳
IMG_3036gfhjfghjfghj.jpg

縞枯山下山道
IMG_3047gdfhdfhg.jpg

縞枯山
IMG_3050gdfhdfhh.jpg

横浜市営地下鉄開通
IMG_3073sdfgsdfgsdf.jpg

入笠山 スノーシュー

初めてスノーシューを履いての登山。
Imさんに指導してもらう。昨夜わくわくして良く眠れず。

Imさんの車に乗せてもらい、入笠山に向かう。Imさんの友人のMmさんと一緒。
中央高速は休日だがすいすい。富士見パノラマスキー場に到着。下から見ると雪がほとんどないが、スキー場の周りだけは雪がある。
昨年滑ったことのあるスキー場。ゴンドラに乗り、ゴンドラ山頂駅まで行く。
そこでImさんから借りたスノーシューに履き替える。かんじきのでかいやつ。スパッツも手袋も借りる。自分のを忘れてしまった。Imさんはそんなこともあろうかと余分に持ってきてくれている。スキーのストックを持ってきた。Mmさんは、スキーベンチャーにチャレンジ。

スキーベンチャーはネイチャースキーやバックカントリースキーなど雪山をまるごと楽しむスキーに大変便利なショートスキー。

入笠山は、高校時代、初めての登山が富士山。つまらないよと友人に言ったら、面白い山に連れて行ってやると言われたのが入笠山。ところが当日雨が降って中止。それ以来入笠山には登るチャンスがなかった。実に50年近くたっての復活。

スキーヤー、ボーダーが多いのに驚く。若者が多い。春スキーを楽しんでいる。雪質は劣悪だが楽しそう。

登山口から入る。最初は歩き方に戸惑う。二人はさっさと歩くので遅れる。
入笠湿原に到着。ここからの登りに、歩き方がまだ慣れていないのでてこずる。Mmさんのスキーベンチャーも苦戦。すずらんが一杯咲くところだそうだが、雪一色。山スキーを楽しむ人たちが散見。子供たちもいる。
頂上を目指して登る。だんだん慣れてくると、実に楽しい。新雪でも埋もれないので、喜んでわざと脇にそれる。慣れてきたら、山道でないところを歩くと痛快みたい。

途中、登りのきついところがある。スノーシューは滑らないので雪さえあれば、確実に前進する。汗が滴り落ちる。
スキーベンチャーはスリップ止めの専用シールをソールに貼り付け、ビンディングを最前列にスライドして、ヒールのクライミングサポートバーを立てると勾配のきつい上りもラクラク登坂できると言うことのよう。それでもMmさんは苦しそう。

そうこうしたら頂上に着く。入笠山山頂1955m。雲はあるが見晴らしは良い。
スノーシューや登山靴アイゼンの登山者が多い。風はあるが、山々を見ながら昼食。
南アルプス、八ヶ岳、中央アルプス、諏訪湖、御岳山、乗鞍岳、美ヶ原、霧ヶ峰と360度の景観。南アルプスが近くに見える。最初は見えないと思っていた富士山も見える。
こたえられない。しばしうっとり。もう少しいたかったが寒くなってきて降りることに。

登りと違う道を降りる。急傾斜で狭い道。スノーシューは慣れればリズミカルに降りれる。スキーベンチャーはショートスキー(1m)と同じなので安定性に欠ける。久しぶりのスキーのMmさんは転んで制動が多くなる。急坂が終わったら、Mmさんはくたびれたと横になる。気分は良くわかる。

昼飯を入れて3時間の行程が終了。普通の山登りと比べて、面白い。明日はもう少しきついみたいだが、何かはまってしまいそうな予感。

温泉。Imさんご推奨の温泉。名前を忘れてしまった。
露天風呂にゆったり入る。足の疲れが癒される。心地よいことこの上なし。山はこれがあるから答えられない。

買い物をしてからImさんの別荘に行く。
室温二度で震え上がったが、ガスストーブと薪ストーブで急速に温まる。薪ストーブはバーナーで火をつけるとあっという間に薪に火がつく。わが別荘で苦労してるのとは、雲泥の差。

すき焼き。ビールで乾杯。美味い。美味しいワインも用意されている。このところワインはついてるなあ。3人でわいわいやっていたら、直ぐに眠くなる。就眠即熟睡。

入笠山山頂からの眺め
IMG_2965retwertewrt.jpg

諏訪湖
IMG_2967sdfgsdfgs.jpg

IMG_2972rtyretyery.jpg

スノーシュー
IMG_2982yrutryurtu.jpg

富士山
IMG_2984fdgssdfgsdfg.jpg

山頂
IMG_2986hgfdfhfdh.jpg

IMG_2997tryeryte.jpg

足柄森林カントリー倶楽部

朝、同室のSmさんに声をかけられるまでぐっすり寝てしまう。大慌てで起きて、食堂へ。皆もう揃っている。朝食もりっぱ。飲みすぎがたたって食欲がない。

ゴルフ欠場のSaさんと別れ、足柄森林カントリー倶楽部へ出発。
雨の予報もあったが、晴れ。皆の心掛けが良い。キャディつき。
Nbさんのホームグランド。Snさんが一緒に廻ろうと言ってくれたので一緒に廻るのは、Snさん、地主のNbさんとNgさん。
昨年の12月11日以来のゴルフ。球が前に行くか心配だったが、何とかあたる。調子づいて3ホールくらいは、見違えるようだとひやかされる。次第にぼろが出てくる。
Snさんがしゃべりで周りを煙に巻き、ショット、アプローチとも良い。
Nbさんのショットは特大。思い切って振るが軸足が乱れない。
Ngさんは、他人を気遣うところがあり、時々わざとミスるみたい。
前の組が、3人だが超スローペースでリズムが狂う。皆がいらつき、スコアが乱れる。

キャディさんがここから富士山が良く見えるんですけどと言うが、麓しか見えず。

後半は始めに乱れてしまい、元の木阿弥。スコアは何時もどうりになってしまう。それでも久しぶりのゴルフとしてはまずまず。ショットが改善。スキーで足腰が強くなったか。
用事があるNbさんは最後のホールを省略。普通に廻っていれば充分最終ホールまで廻れる時間だったが、前の組の超スローペースで間に合わなくなる。お礼を言って別れる。
Ngさんはさすがに後半は真面目に取り組みきっちりまとめてくる。Snさんは最終ホール気を緩めて乱れる。

打ち上げは、お酒が飲めないのであまりわいわいとはやれないが、楽しく談笑。気のあった仲間との集まりは無上の幸せ。
帰る頃に雨。ラッキー。

足柄森林カントリー倶楽部の梅
IMG_2908ghdfghdfh.jpg

IMG_2915fdghdfghdhfg.jpg

三椏の花
IMG_2918dfghdfgh.jpg

ハクモクレン
IMG_2933fdghdfghfd.jpg

仙石原

久しぶりの車の運転。今年になって始めて。
ゴルフ合宿に出かける。今日は懇親会で、明日がゴルフ。
懇親会の場所は、Nbさんが取ってくれた会社のクラブ。

カーナビに場所をセットし出発。迷うのではないかと時間的には余裕を持つ。
予想どうり、途中、曲がるところを間違えてしまい大回り。それでも何とか到着して駐車場に止める。時間的に1時間以上集合時間に早いので、近所を散策する。

仙石原湖尻散策路を歩く。仙石原湖というのがあるのかと思ったら、地図を見たらそうではなくて、仙石原 湖尻 散策路であった。湖尻とは芦ノ湖湖尻。
細い竹林に囲まれた散策路を歩く。人は誰も歩いておらず静かなもの。うぐいすの声が聞こえる。他の鳥たちも囀る。川を横切って、少し行くと池がある。ここは小鳥の楽園だそうで静かに歩くことと表示がある。鳥が多い。池の周りをうろつくと丁度良い時間となる。引き返すと集合時間の5時にほぼ匹敵。

駐車場にSmさんとNgさんがいる。道に迷ったらしいSnさん、Nkさんも到着。彼らは今日ワンラウンドしてきている。
部屋はSmさんと一緒。りっぱな部屋で洋間と和室つき。二人で寝るのにはもったいないと思う。
お風呂に入る。温泉。気持ち良くのんびり入る。

宴会が始まる。半年振り。9人。このゴルフ合宿は数回参加。大学時代の仲間。初参加はMdさん。
Nbさん紹介だけあって食事は豪勢。皆が歓声を上げる。まかないのおばさんも気さく。Nbさんとは旧知。飲み物は、持ち込み。皆が美味しいワインや日本酒を持ってくる。私はうっかり忘れてしまった。心苦しいが、美味しいお酒を飲んでいるうちに忘れてしまった。
Nbさん:今回幹事役。碁を始めた。会社に通っているが、新しいことを始めたいと言っている。
Saさん:スキーで激突され、肋骨にひびが入り、ゴルフは欠場。私をこの仲間に紹介してくれた。
Nkさん:料理が得意。知る人ぞ知る安い肉を上手く調理する達人。私のゴルフの先生。
Snさん:学生時代は超真面目。今は信じられないくらい気さくになる。お酒大好き。
Ojさん:まだ現役。ジャズが好き。軽井沢での別荘を拠点にグルフ合宿をした。次回も。
Ngさん:スキーを一緒にしたのが付き合いの始まり。腰を痛めたが、ゴルフの腕前は相当なもの。
Smさん:三重から参加。地域に密着した活動を熱心にする。頭が下がる。ゴルフの達人。
Mdさん:初参加。船旅大好きで奥さんと年一回の船旅を楽しんでいる。
楽しくわいわいやっているうちに学生気分になる。

終わってカラオケ。テナー歌えと言われ、カラオケと違うんだけどと言ったが、誰も認めず。「千の風」を探したが演歌しかない。やむなく「帰って来いよ」「ワインレッド」「別れの朝」を歌う。と言ってもお酒が効いてきて、半分寝ている。時々歌えと起こされて歌う。これが不思議と気持ちが良い。
Ojさんが甘い声で歌うと何人泣かせたと野次が飛ぶ。Nmさんとデュエットしたら大きな声に圧倒されてテナー聞こえないぞの野次。最後は肩を組んで歌う。何を歌ったか忘れてしまったが、気分は最高。

皆はまだ飲み続けたが、こちらはもう続かず、就眠。あっというまに眠る。

クラブの水仙
IMG_2860fghfgh.jpg

仙石原湖尻散策路のつくし
IMG_2878fghjfghjgf.jpg

ヒュウガミズキ
IMG_2879gfhdhdfhg.jpg

慶応高校敗れる

選抜高校野球大会に出場した慶応高校が一回戦で華陵高校に敗れる。
初回、力道山の孫の田村投手が一点を取られる。球を置きに行くような不安定なピッチングをすかさず華陵高校に打ち込まれ、あっと言う間に点を取られる。その後はきっちり押さえ込んだので惜しい。
慶応打線は、バンバン打つのでその内、点を取るだろうと思ったが、ここぞのところで打てない。残塁の山。二回の一死満塁の好機に点は入ると思ったが併殺打。その後も得点圏に何度もすすめ8安打(華陵高校は6安打)13残塁。山崎主将は5打数4安打の大活躍だが点に結びつかず。5回には二死一、二塁でのピンチヒッターの阿加野の安打でホームをつくがタッチアウト。
まさかまさかと言ううちに終わってしまった。1対0。田村投手の後、エースの只野投手も零点に押さえ込んだので、残念無念この上ない。ぐやじい。
甲子園で応援しているMgさんも歯軋りしていることだろう。
夏の甲子園に期待するしかない。好選手をそろえているので、頑張って欲しい。夏に行くようなら応援に行くぞ。

水曜会。
ボイトレの日だが、Is先生のお父様のご不幸で来週に延期。Htさんが早々と来たが、ボイトレがないと聞いてなんだ遅く来るんだったと思ってもいない事を言う。

バスのTsさんからドタキャンした富山旅行のお土産頂く。おわらの盆。

テナーは、Htさん、Thさんが早く来て、直ぐにKsさん、遅れてSkさん、団長、終わりぎりぎりにMsさん。現状のフルメンバー。

テナーのパート練習にNzさんが転勤先から参加すると連絡来たので、7名の参加。団長の指導で。伴奏をKgさんにお願いしてある。PTAにHmさん。場所はHtさんの別荘。テナーは皆熱心だなあ。何時かさすがテナーと言われるようになりたいものだ。

「風と花粉」大中恩作曲より五曲。
最初の頃は他の曲に比べてやさしい曲だと思ったが、歌いこむととんでもなく難しいことがわかってきた。アカペラなのでよほど歌いこまないと音やリズムがずれそう。他のパートとのハーモニーも。
リズムは足でリズムを取るようにする。リズムを覚えこむまでは、足リズム。音程は半音ずれるとか、長く伸ばすところで落ちないようにするとか気をつけていればミスらないが、緊張が解けると直ぐにミスる。「風の旅」は、前回、先生に手厳しく指導されたので、一番練習してきた。まあこのくらいが実力というくらいには歌えたと自己満足。

「富山に伝わる三つの民謡」岩河三郎作曲より「越中おわら」「こきりこ」。
大声で思い切り歌えるので気持ちが良い。声がかれてしまう。
「こきりこ」で、こきりことささらで伴奏。こきりこをHyさん、ささらをTsさんが鳴らす。

「ドロップスのうた」大中恩作曲。

Ydさん邸での恒例の夜桜会の紹介があり、参加者の確認。30日(日)は先生も含め14,5名の参加。私は土日とスノーシューでの八ヶ岳なので、31日(月)に行くつもりだが誰か来るかなあ。

飲み会に久々に参加。15名参加。
Fjさんから私が30日来ないので今年は(Fjさんは)乱れないで済みそうと言われる。
側にSmさん、Hmさん、Ttさん、Hyさん、Ynさんがいる。Hyさんは学校が明日から3日間の春休みだとか。意外に休みが少ないのに驚く。

庭の水仙
IMG_2837gsfsdfg.jpg

IMG_2838gdfssdfg.jpg

スノードロップス
IMG_2843fdgsgsfd.jpg

シャガ
IMG_2844sgsdfg.jpg

クリスマスローズ
IMG_2849adsfasdf.jpg

スミレ
IMG_2852fsdsdfsfd.jpg

新宿御苑の桜

Sさんと新宿御苑の桜を見に行く。
まだ早いかなと思ったが、予想に反して桜が一杯。
ヨウコウ、カンザクラ類、カンヒザクラ、ヨコハマヒザクラ、ヤマザクラと名前のわかっているものから、コヒガンザクラ、オオシマザクラ、コシノヒガンザクラ、トウカイザクラ、イズヨシノザクラ、アメリカザクラなど一杯咲いている。ソメイヨシノも日当たりの良いところは咲き出している。シダレザクラは美しく、カメラマンが盛んに写真を撮っている。めじろやヒヨドリが蜜や花をついばんでいる。
約65種1300本の桜が2月のカンザクラから、4月下旬のカスミザクラまで、長い期間にわたって特色あふれる花々を楽しめるようだ。

「新宿御苑の歴史は、天正18年(1590)に信州高遠藩の内藤氏が徳川家康よりこの地を拝領し、下屋敷を建てたときに始まる。明治5年(1871)には、日本の近代農業振興を目的とする内藤新宿試験場が設置され、その後、宮内庁移管の新宿植物御苑となり、明治39年には日本初の皇室庭園である新宿御苑が誕生した。 
特色あふれる庭園様式で、広さ58.3ヘクタール、周囲3.5kmの園内には、イギリス風景式庭園、フランス式整形庭園、日本庭園をたくみに組み合わせられている。日本における近代西洋庭園の名園といわる。」

桜に堪能する。これからはお花見の季節、あちこちの桜の名所に足を運びたい。

「裏切りの闇で眠れ」を見に行く。2006年のフランス映画。ギャングの抗争を描く。
「フランスの闇社会に生きるフランクは、仲間のジャン=ギィと共に危険な仕事を請け負っていた。彼の確実な仕事ぶりには闇社会の実力者・クロードも一目置いている。クロードは裏切り者には容赦なく、暴力で闇社会を牛耳る男。しかし麻薬取引でひと騒動があった後、クロードは何者かの通報によって逮捕、投獄されてしまう。これをきっかけに闇社会に動揺が走る。誰がクロードを売ったのか?…。
暴力が支配するパリの闇社会。裏切りが裏切りを呼ぶこの世界に生きる男たちをハードに描いた。主人公のフランクを演じたブノワ・マジメルは、実直かつ冷静な殺し屋を確かな演技で表現。それと対照的なクロードをフランス演劇界の重鎮フィリップ・コーベールが見事に演じた。」
と言うことであるが、正直、疲れた。人間性がなく、ストレス一杯で、好みでない。殺戮はないが赤黒時代のストレスの凄さを思い出してしまう。

帰って、口直しに見た「DS-9」のクワークの意外な人間性を見てほっとする。借金に苦しむクワークが、兵器商人に加担し、当初は金儲けに喜ぶが、2800万人の殺戮兵器を売る段になって、良心にさいなまれ、話をつぶしてしまう。

新宿御苑の桜
IMG_2761sdfgsgsdfg.jpg

IMG_2767dfsgsgsdfg.jpg

IMG_2771retwertwert.jpg

IMG_2782asdfasdfa.jpg

IMG_2793hdfghdfgh.jpg

IMG_2796trewert.jpg

IMG_2800fdgsdfgsdfg.jpg

ポプラ並木、小津安二郎作品で原節子が歩いた場面とか
IMG_2824fdgtyrety.jpg

よこはまひざくら

今日はボイトレなので、早く起きてひと練習と思ったら、Is先生から、お父様が亡くなられて今日はお休みとのメールが深夜に入っていた。ご冥福をお祈りする。

Sさんと接骨医に行く。今日は先生が一人で、待ち行列がかなり出来ている。左腕を、スキーで痛めたが、針で劇的に治る。一方、首の捻挫は、まだ左斜め後に倒すとしつこく痛い。患者さん達は、歩くのに不自由そうな人が多く、それに比べれば、軽症。

帰りに、Sさんがよこはまひざくらが綺麗に咲いているというので見に行く。雨の中、綺麗に咲いている。
昭和47年ごろに早咲き種の寒緋桜と山桜(兼六園熊谷という種類)を交配させ,病気に強い性質は山桜,そして鮮やかな紅色を出すために寒緋桜と,それぞれの系統の利点を備えた丈夫で美しい桜を誕生させたそうである。昭和60年1月,その桜は,横浜の名を冠し,花の色の特徴を表す,「よこはまひざくら」と名付けられた。花は赤みが強く大輪。下向きに咲く。
何時の頃からか、毎年桜の咲くのを楽しむようになった。近所には、寒緋桜、明津桜など早咲きの桜が多く、3月中旬から楽しめる。もう少しでそめいよしのなどの全盛。今年もお花見に行こう。

スキーを片付ける。新しいスキーは、私と愛称の良い板。少し傷がついたが、良く滑ってくれた。シーズンオフにチューンナップに出すつもり。

家事手伝いなどこまごました家の中の作業をする。

展覧会の案内が二通きており、行くつもりだったが、どこにしまったか見つからない。Sさんも動員して探しに探すが、見つからず。あきらめかけていたが、しまっていたザックのポケットに入っていた。何故こんなところにあるのか記憶にない。やだね。

雨が上がってきたので、庭仕事にせいを出す。リフォームの最中にプランターの並びが乱れてしまったのを並び替える。プランターを抱えての移動は腰を痛める。折れた枝や、雑草を取り除く。草木に囲まれて仕事をするのは大好き。赤黒全盛時代で超忙しかった時も、庭仕事をすると疲れがすっととれた。疲れやストレスを取り去る効果があるみたい。
途中真央ちゃんのエキビジションがあり、Sさんに呼ばれて中断して見る。真央ちゃんはオーラのような花がある。17歳恐るべし。

歌の練習とスターゲートの録画を見る。
ボイトレ休みで空いた一日があっというまに過ぎてしまう。今日も楽しい一日だった。

近所のボケ
IMG_2716sfdgsdfg.jpg

ヒマラヤユキノシタ
IMG_2717tyyrtrt.jpg

こぶし
IMG_2720fdghfdtretr.jpg

よこはまひざくら
IMG_2727sdfgsgsd.jpg

IMG_2728sdfgsdfgf.jpg

久しぶりの庭仕事

スキー疲れか腕が痛い。足腰もだるい。幸い風邪はスキー場に置いてきた。

久しぶりに家事手伝い。食器洗いにジュース造り。

庭でSさんが呼ぶので外へ出る。いない間にリフォームが終わって、すっかり綺麗になっている。
ノウゼンカズラが柱に絡まって二階まで延びていたのが、柱から離され、洗濯干しを利用してそこに沿わせてある。Sさんの仕事。うーんとうなってしまう。
庭を一回りすると、ところどころ植木が折れていたり、草花が踏まれていたりする。しかし被害は最小限。特に注意しておいた植物は無事。びっしり植えられている中で、良くリフォームが出来たと感心する。

これからは庭仕事の季節と嬉しくなる。早速、肥料をやって水遣りをする。虫がつきやすいバラやクチナシなどに薬剤を撒く。

赤いチューリップが咲く。黄色やピンクもあったが何時の間にやらなくなってしまった。

明日ボイトレがあるので、コンコーネの練習。リズムが上手く取れず何度も練習。練習をお願いしてある「新しい歌」信長貴富作曲より「一詩人の最後の歌」を練習。後半がいけない。
すっかり疲れてしまう。

録画のスターゲート、鬼平、慙九郎を楽しむ。

庭の水仙
IMG_2683sdaffdasf.jpg

チューリップ
IMG_2687tyrteyery.jpg

チオノドクサ
IMG_2689hgdfhdfh.jpg

ハナニラ
IMG_2694dfghdfh.jpg

雪柳
IMG_2696sdfgsfg.jpg


IMG_2697dasasd.jpg

ヒメツルニチニチソウ
IMG_2701fsdgsdfg.jpg

ラストラン

いよいよ今シーズンのラストラン。
33日のスキーシーズンの集大成。

最後にふさわしく、絶好の天気。雲一つない。
荷物をまとめ、清算をして8時15分に出発。
総合グランド駐車場。

本日の行程。
唐松ペア→温泉第三線→蔵王スカイケーブル→中央高原ゲレンデ→中央第二ペア→パラダイス第三ペア→コタンゲレンデ→パラダイスペア→樹氷原コース→ユートピアゲレンデ→蔵王ロープウェイ山頂線→ザンゲ坂→樹氷原コース→黒姫スーパージャイアントコース→黒姫第一クワトロ→3回ノンストップで滑る→ビール乾杯→ユートピア第一ペア→連絡コース→菖蒲沼第一トリプル→片貝トリプル→中央ゲレンデ→中央第二ペア→中央ゲレンデで数回滑る→中央第一ペア→見返りコース→高鳥コース→竜山ペア→唐松コース。

小中学生の大回転競技をしている。ハーネンカムコース。
まずは、蔵王山頂を目指す。山頂はピーカン。
Isさんの提案で山頂駅の展望台に登る。素晴らしい眺め。
月山、鳥海山、朝日連峰、飯豊連峰と東北の山々が一望できる。鳥海山はなかなか見えないと聞いていたが良く見える。Isさんは、良く登る山々だそうだ。しばしうっとりと眺める。地蔵山の樹氷も真近。

ザンゲ坂、樹氷原コースをへて黒姫を目指す。Isさんがビールを雪の中に埋める。Ozさんは車の運転があるので可愛そうにジュース。黒姫スーパージャイアントコースを3回ノンストップで滑ってから休む約束。最初は5回と言ったが、3回にまけて貰う。
2回はがんがんすっ飛ばす。3回目は雪が急速に悪くなったこともあり、足にきてたらたら滑る。ようやくビール。Tnさんは腹具合が悪いらしく飲まず。Ozさんもジュースで結局Isさんと私のみがビール。美味い。朝日連峰、飯豊連峰を見ながらのビールは最高の贅沢。すっかり良い気持ち。もう滑るのが嫌になる。何時までも休むわけにもいかず出発。飲酒運転ですいすい滑る。
中央ゲレンデで数本。Ozさんのおニューの靴が足にあわず苦労していたのが突然足になじんだらしくて元気になる。終わりで良かった。3人とも元気になったら私は持たないところだった。

いよいよ本当のラストラン。こういう時に怪我しやすい。
見返りコースから高鳥コースを降りる。小中学生の大回転競技の見学を期待したが、残念ながら昼休み。
重い雪を更に降りる。とうとう足に来た。皆はノンストップで下りて行ったが、途中何回も止まる。最後の最後で良かった。
Ozさんは元気一杯で竜山ゲレンデでラストラン。もう足がゆうこときかずパス。
唐沢コースを下りて終了。
私の33日間のスキーシーズンが終わった。Isさん、Tnさん、Ozさんも終了。

3月で閉まる「ウェルハートピア山形くろさわ」ともこれでお別れ。お世話になったThさんと記念写真。

帰りは前回行って美味しかった蕎麦屋に行く。板天を頼む。天ぷら板蕎麦。量もほどほどで美味しい。満足。
Isさん、Ozさんと山形駅でお別れ。また来シーズン元気で滑ろう。
Tnさんとは、新幹線で大宮まで一緒で新宿で別れる。今シーズンは一緒に13日も滑った。

私のスキーシーズンが終わった。
万座、志賀、栂池、オーストリア(サンアントン、ゾルデン、オーバーグルグル)、蔵王、志賀、野沢、蔵王と33日良く滑った。自己最高。スキーもこれだけ滑れば多少は上達した?

気がついたら、出かける前に風邪で咳が取れなかったのが何時の間にやら直っている。スキーは体質にあってる。

コタンゲレンデより
IMG_2633dfsgsfgfg.jpg

飯豊連峰と朝日連峰
IMG_2640tytye.jpg

地蔵山の樹氷
IMG_2645rewtwertwer.jpg

月山
IMG_2650dhfghdfgh.jpg

朝日連峰
IMG_2660rtwewertwet.jpg

左が月山、右奥が鳥海山
IMG_2666tyertyeryt.jpg

黒姫スーパージャイアントコース
IMG_2673dfhdfghdfgh.jpg

竜王ゲレンデより
IMG_2679gfhddfghdfgh.jpg

蔵王二日目

Tnさんは早起き。こちらは寝坊なのでリズムがあわない。

何時もの総合グランド駐車場は、リフトが動いていない。ウィークデーはやっていない。今までウィークデーに来た事がないので知らなかった。
中央ロープウェイ温泉駅の駐車場に留める。ウィークデーは無料。

本日の行動。
蔵王中央ロープウェイ→中央ゲレンデ→中央第二ペア→コタンゲレンデ→パラダイス第三ペア→パラダイスゲレンデ→パラダイスペア→樹氷原コース→ユートピアゲレンデ→蔵王ロープウェイ山頂線→ザンゲ坂→樹氷原コース→黒姫スーパージャイアントコース→黒姫第一クワトロ→黒姫スーパージャイアントコースを5回ノンストップ→ユートピアゲレンデ→食事→ユートピア第一ペア→連絡コース→菖蒲沼第一トリプル→菖蒲沼ゲレンデ→菖蒲沼第一トリプル→パラダイス第三ペア→コタンゲレンデ→パラダイスペア→パラダイスゲレンデ→ここを4回滑る→片貝トリプル→中央ゲレンデ→中央第二ペア→中央ゲレンデ→中央第一ペア→ここで数回滑る→お茶→中央第一ペア→大平コース→サンライズゲレンデ→かもしか大橋→中森ゲレンデ

昨日新雪が降って、それが薄く積もっているので、雪質は改善された。地蔵山頂駅に登る。昨日と異なり晴天。お地蔵さんにゆっくりお参り。月山、鳥海山、朝日連峰が良く見える。樹氷はほとんど落ちている。
ザンゲ坂は空いている。新雪が積もっているので滑りやすい。気持ち良く降りる。

黒姫スーパージャイアントコースをノンストップで5回滑る。気持ち良い。しかしだんだん雪質が悪くなってくる。特に下のほうはだめ。
Isさんが雪に埋めて冷やしておいたビールを飲む。上手い。朝日連峰の山々を見ながら飲むのは格別。ほんわか良い気持ちになる。

以前、Ozさんがレストランに入ろうとしたら、仕事の電話がかかってきて、なかなか中に入れなかった思い出のレストランに入る。電話の内容は確かマシンがエレベーターに乗らないと言うような内容。おいおいスキー場からどうしろと言うのと思ったものだ。

Tnさんがもう一度山頂に行きたいというので意見が分かれてIsさんが同行。ハイテンション。明日もあるのに。
Ozさんと連絡コースを通って、菖蒲沼ゲレンデ、コタンゲレンデ、パラダイスゲレンデを滑る。パラダイスで30度の傾斜を4回滑ったら足に来た。雪質も悪くなっている。
中央ゲレンデで、Isさんと会う。中央ゲレンデで数回滑る。コーヒーの100円券があるので、3人はティータイム。Ozさんは新しい靴がまだなじまないのか疲れ気味。Tnさんはまだ滑る。8本滑ったそうだ。嬉しくてしょうがない感じだがちょっと付き合えない。
中央ゲレンデで4本くらい滑る。帰路に着く。大平コースを滑り降りる。
雪がどんどん悪くなって足に来る。かもしか大橋を渡る時、露天風呂が見える。Isさんは入ったそうだ。今は閉鎖しているが春とか秋は気持ち良さそう。

帰ったら受付のThさんがビールを差し入れてくれる。感謝、恐縮。
Isさんがお土産を買ってきていたので皆からという事にして、感謝の気持ちを込めて渡す。Thさんには4年くらいお世話になった。お別れが寂しい。

お風呂に入ってから、ビールで乾杯。こたえられません。
久しぶりに大相撲を見る。朝青龍が琴光喜に敗れた一番は迫力があった。
食事は豪勢。おまけにワインの差し入れまである。感謝。

浅田真央ちゃんの優勝を見る。直ぐに転倒したので、これで優勝?と思ったが、その後が素晴らしかった。ジャンプは次々と成功させ、演技も美しい。本人も見ている人も優勝とは思わなかったようだ。真央ちゃんがおお泣きするのを見る。中野選手は完全に滑ったが得点が上がらず気の毒。
9時に寝る。

ウェルハートピア山形くろさわ
IMG_2569sdfgsdgf.jpg

山頂の樹氷
IMG_2580yterye.jpg

お地蔵さん
IMG_2591qtwerttrwe.jpg

ザンゲ坂、向こうにうっすらと月山
IMG_2593fgdhdfghdhf.jpg

地蔵山
IMG_2610fdgsdfgsdg.jpg

ラストラン蔵王

夜中消防自動車のサイレンで目覚めてスキーのことを考えたらをしたら目がさえて眠れない。うとうとしたらもう5時半の目覚ましがなる。

Sさんの怪我しないように送られて出発。

大宮にTnさんが来ている。
鯖寿司の朝飯をとる。コーラスの録音を聞きながらうつらうつら。

山形にはIsさんが出迎える。Onさんもいる。
Isさんとは蔵王二回目。Onさんは奥さんが病気で今シーズン初滑り。靴を新調したが初乗り。
厚生年金くろさわ。今月で店じまい。お世話になった受付のThさんに挨拶。着替えの部屋を借りてスキーの準備。

何時も留まる総合グランド駐車場に行ったら、ノルディックの競技会をしていて車が一杯。やむなく竜王駐車場に行く。
曇。ガスもかかり、雪も降る。コンディションは良くない。雪質は春スキー。

本日の滑り。
竜王駐車場→温泉第三リフト→蔵王スカイケーブル→ダイヤモンドバレー→ダイヤモンド第一ペア→中央高原で食事→中央第二ペア→パラダイス第三ペア→コタンゲレンデ→パラダイスペア→樹氷原コース→ユートピアゲレンデ→蔵王ローウェイ山頂線→地蔵山頂駅→ザンゲ坂→パラダイスゲレンデ→パラダイス第三ペア→コタンゲレンデ→片貝トリプル→中央第二ペア→中央ゲレンデ→中央第一ペア→中央ゲレンデ→見返りコース→高鳥コース→温泉第二クワッド→上の台ゲレンデ→竜王ペア→竜王ゲレンデ。

吹雪き状態なのであまり行きたくなかったが、とりあえず地蔵を目指す。風が強く顔に氷のような雪が当たり痛い。樹氷を見に来た温泉客は悲鳴を上げて引き返す。バスガイドがいたーいと叫ぶ。お地蔵さんのところに行くのに一苦労。お参り。寒い。凍える。何も見えない。
ザンゲ坂はところどころ凍っている。人が少ないのでスピードわ出して滑る。
雪はザラメ。しばらく雪が降ってない。今日雪が降るのはついてると言えばついてる。

パラダイスの30度コースを滑る。新雪が少し積もってきて滑りやすい。
中央ゲレンデで何本か滑る。雪質が良くなってくる。何本か滑ると飽きる。
高鳥を二本。ここまで降りると雪質が良くない。
風邪を引いてろくに運動していないので心配したが、今日一日良く滑った。

部屋に入って温泉。極楽。飲み会。ワイン日本酒ですっかり良い気持ち。浅田真央ちゃんのショートを見て8時に就眠。

蔵王
IMG_2540dfghdfhdfgh.jpg

お地蔵さん
IMG_2554sdfgsdfgsdfg.jpg

吹雪で何も見えない
IMG_2559dsfasfsdf.jpg

ウェンズデー

朝、接骨医にSさんと一緒に出かける。

帰りに江川せせらぎ遊歩道を歩く。川は今月一杯清掃のため浄水場から水が流れておらずちょろちょろ。
鯉は橋の下の水槽に一杯。鴨やサギは戸惑ったように少し留まっている。
花々は、咲き出しており、歩きながら写真を撮ったり、鑑賞したり楽しく散策。これから4月にかけては、花が次々と咲き楽しめそう。

水曜会。
富山旅行にドタキャンしたので、アレンジしたAdさんに謝る。随分良かったようだ。Oyさんは風邪でも参加したとちょっと嫌味。Tkさんから水曜会の会誌に紀行文を書いて貰おうと思ったが残念と。Hyさんから(ドタキャンしたので)お坊ちゃまはひ弱でだめねえと。評判良くない。
先生から、遊んで風邪を引いたんだから誰も同情してないよと言われる。Htさんからも遊びすぎですね。Fjさんからは、良く雪崩にあいませんねと声をかけられる。声をかけられるだけ幸せか。

テナーは、Thさん、Ksさん、Htさん。遅れて団長、Skさん。Msさんはお休み。在籍7人中、6人。一時は12人もいたのに休団で減ってしまった。演奏会迄にはNzさん、Knさん、出来ればHsさんにも戻ってきて欲しい。

「風と花粉」大中恩作曲より「風の旅」。
「ま」でゆっくり音程を確認しながら練習。ぼろが一杯出る。先生が珍しくいらつく。練習不足が露呈。タイミングも遅れてしまい足でリズムを取るように言われる。

「ウェンズデー」大中恩より全4曲。
少し落ち着いてきて、それほどひどくはないかなと思っていたが、先生からはテナーは音は取れないし、リズムは合わない何が良いのかと言われてしまう。団長が顔が良いと言う。先生もいけ面ぞろいだと変に納得。人格者ぞろいと言ったら先生に音が取れなきゃだめなのと逆効果。

「じゃあね」「朝ゆえに」大中恩作曲。

疲れた。
帰り際にTtさんから「ピタゴラ装置」のDVDを借りる。
飲み会は、明日から蔵王で早いのとまだ咳が出るので欠席。

江川の桜
IMG_2501dfgsgsdfg.jpg

ジャノメエリカ
IMG_2507dfgsdfgsdg.jpg

ハクモクレン
IMG_2512dfsgsdfgsdfg.jpg

水仙畑
IMG_2524dghdfhgdfgh.jpg

ユスラウメ
IMG_2521sdgsgsdfg.jpg


IMG_2529fghdfh.jpg

あさだ
IMG_2532dfsgsgdfg.jpg

江川

歌の練習をみっちり行う。今日は声が良く出る。咳も下火。
2時間以上歌ったらへとへと。疲れ果てる。気分は爽快。

出かけるつもりだったが、ちょっと一休み。ぐーと寝てしまう。Sさんが起こしたが起きなかったようだ。2時間以上寝る。歌った時間分寝てしまった。

出かけるのはやめて、江川せせらぎ遊歩道に行く。
今月一杯は、清掃のため、浄水場の水を流していないので、ちょろちょろとわずかしか流れていない。鯉たちは、橋の下のため池のようなところにいる。

子供が一杯。少子化が信じられないくらい群れている。水遊びや滑り台、ブランコ。駆け回っているのもいる。子供を見るのは楽しい。明日につながる。

サギや、小さい鳥が餌を探している。鴨は水がないので石の上で戸惑っているようだ。

花が一杯咲き出した。もう少したつと桜並木が壮観だろう。楽しみ。

体力は回復基調。さっさと歩くのは気持ちが良い。春は良い。健康は良い。

帰ってから、大和ハウスの現場監督に挨拶。検査が終わって、明日から木組みの撤去。明後日に完了。リニューアルされた我が家。我慢していた庭いじりも楽しみ。

江川のサンシュユ
IMG_2470dfsasdfasdf.jpg

ゴールデンクラッカー
IMG_2473sdfgdfgsdg.jpg


IMG_2478adfasfdasfd.jpg

西洋オダマキ
IMG_2485sfgsg.jpg

サギ
IMG_2494fdgsdfggs.jpg

ヒュウガミズキ
IMG_2500sdfsdf.jpg


水温む

朝、Sさんと接骨院。
私は大分良くなったが、後少しが直らない。以前、痛かったところがぶり返したかもしれない。

Ymさんとの打ち合わせにSVYKに出かける。1年ぶり。久しぶりに見る顔が次々とやってくるが、Ymさんは来ない。さてはと電話したら、一週間日にちを間違えて教えてくれている。来週の月曜日は残念ながら都合がつかない。仕方なく帰る。
風邪引いてから体力が落ちているので、歩くのは良いだろうと思うことにする。

歌の練習。直ぐに声がかれて続かない。
がっくり疲れて一休み。

大門句会。
今日は全員出席。あゆか先生を入れて、11名。三四郎さんがちょうど一年たちましたと言う。昨年の4月から初めて良く続いている。先月から新しく3名入る。最初の頃は、緊張して食べ物の味がしなかった。この頃は、選句も楽しめるようになる。
私の句は、特選にならなかったが、苦吟の結果。

水温むごいさぎの脚泥をかき  光  
(小さな池でごいさぎが脚で泥をかき回し虫をあさっている)二人の方に選句してもらう。
田舎道よう来た坊と彼岸かな  光  
(子供の頃の自分の情景。田舎のおじさんに頭をなでられた)4人の方に選句してもらう。
シャベル手に花種蒔の場所探し  光 
(花をびっしり植えているので、植える場所探しが大変)あゆか先生普通選。他に2人の方に選句してもらう。

特選
水温むとげぬき地蔵参りけり  はな

補陀落(ふだらく)へ舟をだすのは朧の夜  三四郎

種蒔きの婆の背越しに青き山  遊介

米を研ぐ妻の鼻唄水温む  柳

蟇蛙庭のまん中歩みけり  勝山

先生の句
那須岳を仰ぎて花の種蒔けり  あゆか

朧夜の軸のねじれしガラスペン  あゆか

補陀落(ふだらく)と言う言葉は知らなかった。補陀落とは、観世音菩薩が住んでいるとされる山。観音浄土をめざし生きながら海に出て往生を願う慣わしがあった。周囲から追い詰められ、逃れられないで生きながら船で乗り出す。
柳さんの
米を研ぐ妻の鼻唄水温む
は、私が歌った句と思われたようだ。私が詠めたら良いなあと思うような句で私も選句。
皆の腕が上がってきて、選句に苦労する。それがまた楽しい。

近所のスノーストーム
IMG_2457sdfafasdf.jpg

ホトケノザ
IMG_2460zxcvzvxc.jpg

木蓮
IMG_2464dfsgsdfg.jpg

体力不足

日曜日なのに塗装屋さんが来ている。掃除が残ったそうで休みにも来てくれた。塗装の仕上がりが見違えるようになったと言ったら、喜んでくれた。汚れを徹底的に落としますと言ってくれる。

家の周りに木組みを作りメンテナンス作業をしているので、隅々の花は見れない。始めた2月末とは違って、花があちこちで咲き出した。クリスマスローズ、スミレ、水仙、チューリップ、福寿草、ふきのとう、はなにら、じんちょうげなど。メンテナンスが終わって庭全体が見れるようになるのが楽しみ。
道を歩いても花が増えてきた。春は良いな。

Sさんのお供で、バーゲンセールへ。横浜アリーナ。昨日もSさんは行ったが、「ノニ」が安く売ってたのに重くて持って帰れなかったとの事で私は運搬係。ザックで持つと言ったが、Sさんはコロコロ車が良いと言う。途中階段があるところは帰りが大変だなと思う。
アリーナに行く途中もうへばってしまう。風邪でずっと家に篭っていたので体力が落ちたようだ。おまけに厚着をしたら、やたらと暑い。
会場でSさんはノニを買った後、あちこちと移動して買い物を続ける。コロコロ車は威力を発揮。ザックで来ていたらもうへたばっていただろう。
帰りの階段は、コロコロ車を担いで移動。Sさんが持とうかと言ったが、(へばっていたが)来た意味がなくなるので、無理して運ぶ。帰り道はとうとうSさんに運んで貰う。
予想以上に体力が落ちている。ラストランのスキーが心配。

帰ってから、選句をSさんに頼む。下手な鉄砲数打ちゃ当たる式に、一杯作ったがぴんとこない。Sさんから深みがないと言われる。他の人の句を見たいと言うので読んで聞かせたらしきりと感心している。
きりがないので、とにかく4句選んで貰う。明日は大門句会。

庭のクリスマスローズ
IMG_2426fghdfgh.jpg

IMG_2427dhfghgdh.jpg

福寿草
IMG_2436dfgdfsgdsg.jpg

スミレ
IMG_2440gdfdsfgdfg.jpg

近所のツツジ
IMG_2446gfdfgdfg.jpg

寒緋桜
IMG_2454fdgsdfgsdfg.jpg


打てないなあ

久々にSVYK(NPO)の代表理事Ymさんと会う。創立者の一人でありながらほとんど手伝っていないので心苦しい。彼からの依頼は、趣味や生活に関する講演などの活動依頼。山仲間のThさんの推薦だとか。人に依頼したり、自分で話したりする。今年は、スポーツジムの活動も再開するし、山もリーダーのImさんが極彩色に入ったので増えそうだ。本当は絵も描きたい。しかし手伝っていない後ろめたさと少し興味がわいたので、打ち合わせに参加することに。1年続けば良いだろう。

帰りに松の川緑道に行く。
ちょろちょろ川におたまじゃくしの卵がうねっている。
グランドは一杯。ラクビー場ではスクラムの練習をしている。サッカー場はジュニアの表彰式をしている。試合の終わった親子ずれがぞろぞろと帰ってくる。ホッケー場も練習している。
野球場では慶応大学と白鳳大学の試合をしている。3対0で負けている。慶応はほとんど打てない。名前を聞いた選手も出ているが全く快音が聞かれない。歯がゆくなる。その後更に一点入れられて4対0になる。
見物客はかなりいる。後ろの席に座っている若者二人連れは、先輩後輩の関係みたい。二人とも捕手のよう。後輩は今回ベンチ入りが出来なかったようで、卒業したらしい先輩にいろいろ質問している。先輩は試合を見ながらリードの仕方を解説している。後輩がぐたぐた言うとそんなんだからベンチ入りできないんだ。甘いんだよと一括される。そうこうしていたら隣の中年の男性が二人にリードの仕方の解説を始める。二人は真摯に聞いていたが男性がいなくなった後、あれは先輩かなと知らない人みたい。
慶応打線が全く不発なので心配になってくる。これで春のシーズンは大丈夫だろうか。8回まで見て切り上げる。

風邪で厚着をして来たので汗ばんでしまう。また風邪をぶり返したらたまらないので、途中で引き返す。久しぶりの歩きなので疲れる。

近所の寒緋桜
IMG_2402vcbxxcbvxbcv.jpg

打てない慶応打線
IMG_2416gfdsdgsdgf.jpg

オックスフォード・ブルー
IMG_2421vbxxcvbxcvb.jpg

ギンヨウアカシア
IMG_2423cvbxcvbxcvb.jpg

ホワイトデー

雨。
咳と痰が止まらないので、医者に行く。しつこい風邪。

帰りにホワイトデーのお返しを買って託送。風邪で家に引きこもっていたので、買うのが遅れてしまった。ホワイトデーで送れば許されるだろう。何を買ったかと言うと、Sさんの意見も聞いて、自分が貰ったら喜ぶという基準で選ぶ。
バレンタインデーで贈り物を貰う様になったのは、何時頃からか良く覚えていないが、37,8年前からだったような記憶である。ホワイトデーに返すようになったのは、それより何年か後のような記憶。一時はSさんがお返しの贈り物を買うのに悲鳴を上げていた。
今やその面影はないが、まだ贈って貰えるだけ幸せである。
バレンタインデーに水曜会の女性たちから貰ったお返しは先週したんだろうなと心配になる。

駅の柱に慶応高校の選抜高校野球出場おめでとうの表示が掲げてある。今まで気がつかなかった。熱狂的慶応ファンのMgさんはさぞ応援に行きたいところだが、お世話になったおばさんの看病をしてるので難しいだろう。

句会が差し迫ってきたので、この所、時間をかなりかける。真剣になると句は不思議とどんどん生まれる。良い句が生まれるかどうかは別問題。

雨なので塗装屋さんはお休み。代わりに現場監督が、今までの仕上がり具合を入念にチェックしている。

雨がざざっと降ってきた。雷もなる。家の周りを足場を組んで網が張ってあるので、植物に水を撒くことが出来ず心配していたので、助かる。

歌の練習。声が出るようになったが、風邪のせいか何時もより早めに声がかすれる。

IMG_2381fghytrty.jpg

近所の寒緋桜
IMG_2382jfghjfg.jpg

庭のジンチョウゲ
IMG_2392ghkghjk.jpg

苦吟

目覚めた時、夢の中にいるようで顔がほてった。冤罪に問われた仲間を救うために皆で活動して勝った夢を見る。肩を組んでわいわいやってるところで、Sさんの次男を起こす声で目覚める。
全く現実にそぐわない夢だが、凄く気分が良い。

塗装屋さんは朝早くから来ている。ご苦労さん。

家事手伝いとか、たまっている雑事をこなす。
午前中に接骨院に行こうと腰を上げたらSさんが近道を教えると言う。Sさんも接骨院に通いだしたので、近道を近所の方に教えてもらったそうだ。
わかりにくいからとついて来てくれた。細い階段や下り坂を曲がったりしてわかりにくい。しかし何時も歩いている道に比べると圧倒的に近い。途中に綺麗な花が咲いているのでカメラをかまえる。あまり何度も立ち止まるので、あきれられる。
今日は若い先生だった。ちょっと心配だったがつぼは押えてくれているようで、痛みが和らぐ。首の痛みはかなり取れたが、まだ残っている。完全に治さないと慢性化する。

風邪は良くなったが咳が出る。気管支に入ったか微妙。

帰りに散策したかったが我慢。

苦吟。
情景は一杯浮かぶが句にならない。
例えば、「水温む」の兼題で、ごいさぎが脚で泥をかき回して虫を追い出す情景。
鴨やかもめが朝早くから餌をついばんでる様も詠みたいが、鴨は冬の季語。
小魚が一斉に向きを変えたりして元気良く泳いでる情景。
小池に指を突っ込むと微生物がまつわりついて温かく感じる子供の頃の思い出。
山の池で鯉が跳ねる。きらりと水がはねて一瞬美しかったのが目に浮かぶ。
随分時間をかけたが、思うような句が出来ない。
苦吟なんて言葉を使うとは1年前には夢にも思わなかった。

先週の金曜日から歌ってないので、歌いたくてしょうがない。こんなに歌いたいとは我ながら不思議。
咳がまだ出るが、ままよと歌ってみる。声は恐る恐る出してみる。出るじゃん。少し押えたが気持ち良く歌う。最高の気分。

近所のフウロウソウ系統?
IMG_2366jhklhjkl.jpg

マンサク
IMG_2369hljhjklhjkl.jpg

多分マクレアニア・インシグニス 
IMG_2371pioiop.jpg

セイヨウクモマグサ
IMG_2373lhjlhjlk.jpg

矢上川のかもめ
IMG_2375l;l;jkl;


気持ちの良い目覚め

久しぶりに気持ちの良い目覚め。
喉の痛みは取れる。咳と痰、鼻水。直りかかってきたが、何時もここで喜んで外に出て、ぶり返し気管支をやられ長引いてしまう。その轍は踏まないように、今日の水曜会と明日のボイトレにお休みを入れる。

元気が出てくると、家にこもっているのが退屈である。動きたいので熊みたいに部屋の中をうろうろする。
Sさんが出かけている間に、CO-OPの食料が届いたので、仕舞い込む。久しぶりの家事手伝い。風邪を理由に、金曜日から全く手伝っていない。明日はやろう。

家の周りで塗装屋さんが仕事をしているが、花粉症が酷いらしくて、ひっきりなしにくしゃみをしている。聞いていて気の毒になる。幸い我が家は花粉症に見舞われていない。

エンタープライズのたまりにたまっていた録画を見る。面白くて何本も見てしまう。TV中毒になりそう。

俳句も一ひねり。来週の月曜日に迫っているが、まだ気に入った句が生まれない。今回は兼題が「朧」「彼岸」「種蒔」「水温む」「蛙」と多いので一杯生まれてくるが気に入ったのが生まれない。皆好きな言葉なんだけど、好きすぎて散漫になる。

歌の練習はまだ控える。今日は最も不得意の「一詩人の最後の歌」信長貴富作曲の練習があるので出たかったが風邪を長引かせないため我慢。咳が頻繁に出るので風邪うつす可能性も高いし。

読書は寝転んで読むので、すぐに眠くなる。「新・世界の七不思議」鯨統一郎著、「恵比寿屋喜兵衛手控え」佐藤雅美著、「楽園のつくりかた」笹生陽子著を読む。

明日は復活だ。

やもり

朝起きたら、喉がまだ痛いのでがっかりする。

昨日は、雨で家のメンテナンスは休みだったが、今日は塗装屋さんが早くからきて、家の周りにビニールのシートで覆いはじめる。家が暗くなる。

ヤモリが、台所の前のシートにへばりついている。うるさいので出てきてしまったのだろう。しばらくそこにいたが、ちょっとよそ見してる間にいなくなった。
庭には、以前、がまが住んでいたが、蛇が出てくるようになってからいなくなった。蛇も近所の猫の通り道になってから姿を消す。最近はトカゲがやたら多くなる。夏になると草花の間をちょろちょろする。
ヤモリはずっと以前から、車庫に住み着いている。最近見かけないと思ったが、健在だった。

ヤモリを見たら何か元気が出てきた。小さい命で頑張っている。

明日の水曜会は参加が怪しいのでHmさんにメールで連絡。沖縄での言い伝えの見た人に幸せを呼ぶと言われている珍しい雲「神の手」の写メールを貰う。元気出てきた。直りモードに入ったみたい。

シートに張り付いたヤモリ
IMG_2361hfgddfghdfgh.jpg

Hmさんの写メール、「神の手」
image002001.jpg

風邪続く

雨。なかなか風邪が治らないので、かかりつけの病院に行く。早めだったので、待っている患者が少ない。
病院は、小さい頃、病弱でよく通ったが、医者に見てもらうと安心する習慣がついてしまった。今でも病院に行っただけで、もう良くなって来たような気がする。
簡単な診察を受けて、喉風邪ですねといわれる。
処方箋を貰って、薬局に行ったら、何時もの薬局では薬が切れていて、別の薬局に行くように言われる。珍しいこともあるものだ。別の薬局で薬を出してもらう。

後は、薬を飲んで休むしかない。いくらでも寝れる。まだ風邪の盛りなのか退屈はしない。

Sさんが、豚骨を買ってくる。大好物。うしうしと喜んで食べる。

近所のラナンキュロス
IMG_2354efgh.jpg

庭の?
IMG_2358tret.jpg


Qちゃん

朝4時半に目覚ましで起きて、水曜会の仲間との富山旅行に出かけようとした。ところが、起きた途端、熱っぽいし、喉が痛い。しばらくはあきらめきれず荷物を準備したりしたが、どうにも調子が悪い。熱もある。泣く泣く取りやめる。バスのTkさんとアルトのTwさんにメール、誘ってくれたAdさんに電話。
全くのドタキャンで申し訳ないことこの上ない。
水曜会で「富山にまつわる三つの民謡」岩河三郎作曲を歌っており、その中に出てくる「こきりこ」「五箇山」「越中おわら」などを見学するツアーに行くことになっていた。
金土と休んで、直すのに専念したが、回復せず、かえってすすんでしまった。30日滑走の疲れがたまっていたのかな。

首のほうは大分良くなって来た。普通の活動には痛いと言うことはない。大きく左斜め後に曲げた時に、まだ痛みがある。

いくらでも寝れる。こんなに寝ても良いのかなと思うくらい寝れる。

名古屋国際マラソンだけは起きてみる。お目当ては高橋選手。Qちゃん。
スタートの前に会見の様子を見たが、やけにこけて覇気が感じられなかったので心配。だがQちゃんだからやってくれるだろうと祈る。
スローペースの中、なかなかQちゃんが飛び出さないので、どうしたのかなと思った途端、急に遅れだす。本人も後の談話だと夢を見てるようだと言っているので、体が動かなかったんだろう。
次第にQちゃんの姿も放映されなくなってきたので、TVの前から去る。
最後の所のみは、見る。中村選手が初マラソンで優勝。会見もものおじせずアスリートらしく爽やか。
Qちゃんのゴールは見ることが出来ず。
後で、膝の手術後だとわかる。練習のしすぎだとも言われる。北京のQちゃんはなくなったが、これから選手生活を続けるのだろうか。
Qちゃんには、女子マラソンランナーの指導者になって欲しい。女子のマラソンは世界に通用するが指導者は何れも男性ばかり。その中でQちゃんは、小出監督から別れてからは自分で練習をこなしてきた。それを生かして、若い選手の指導者としても活躍して欲しい。
第一生命の山下監督が女子の(駅伝の)監督としては唯一と言うのも寂しい。

これで興奮しすぎたのかまた調子が悪くなる。やれやれ。

今日も風邪休養

浜野接骨院。
ちょっと遅めだったせいか、満員。かなり立って待つ。
私の前が、運動選手。膝を打撲。骨が欠けた?先生は生き生きとする。運動選手を治療するのは嬉しいみたい。
首の痛みは、直りが遅くなってきた。以前足を痛めたとき、治療途中で忙しくて通わなかったら随分長引いてしまったことがある。今回は完治するまで通うつもり。

今日はSさんとお能に行く予定だったが、次男に譲って休む。次男は寝てたみたい。

風邪は、体のだるさは治ったが、まだ本調子ではない。

部屋のシンビジューム
IMG_2347wrewetwer.jpg

庭のオキザリス・ベルシコロール
IMG_2351kjghkgh.jpg

風邪休み

一日風邪で休養。
風邪引くと意欲がわかない。俳句でも捻ればよいんだが、やる気が起きない。正岡子規は結核で痛みながら歌を詠んだという。天才は違う。私は詠もうとすると直ぐに眠くなる。

スターゲート、スタートレックは見てしまう。スターゲートのオニールさんはかっこいい。
ハンフリーボガートやクリントイーストウッドが好きだが、オニールも好き。カーターちゃんも良いなあ。

CNNも米国大統領予備選挙以来見るようになる。ひそかにヒラリーを応援。女性の大統領が生まれて欲しい。さすれば10年遅れで日本にも女性首相が生まれるだろう。女性がこの閉鎖状態や地球規模の環境問題を打破してくれると期待。

鞭打ちに風邪

スキーでぶつかられた後遺症の軽い鞭打ち治療に浜野接骨院にかよう。
症状は軽くなったが、右斜め後に首を傾けると痛い。完全に直さないと後で尾を引きそうな痛み。

おまけに風邪を引いてしまった。

帰りは早く帰ろうと思ったが、矢上川のかもめの群れについ見とれてしまう。鴨に比べると動きが激しいので見飽きない。飛ぶのがすきみたい。川の周りをグルグル飛ぶ。

帰って、今日一日おとなしくすると宣言。食器洗いやジュース作りの家事をサボる。
風邪は、喉の辺りがいがらっぽい。気管支まで入らないうちに直したい。
今年は風邪引かないなあと喜んでいたのに残念。

矢上川のかもめ
IMG_2320opipuio.jpg

近所の梅
IMG_2336tyuityui.jpg

IMG_2340jkljklljk.jpg

種まきうえんずでー

天気が良いので、明津桜を見に行こうと、Sさんを誘って江川遊歩道に行く。
かもめが、鴨の群れと一緒に一杯いる。鴨は朝方は餌を盛んについばむが、昼ごろになると少しおとなしくなる。かもめは、飛んだり、手すりにとまったり、ちょっとつついてみたり、せわしないが何を食べてるんだろう。
3月にまた清掃する知らせが出ている。12月に清掃したばかりなのにまた水を抜いて清掃するようだ。鯉のヘルペスが流行っているので予防の意味もあるのか。鯉以外の魚やザリガニは影を潜めた。赤い鯉が泳いでいる。錦鯉はほとんどいないので珍しい。
遊歩道に沿った家に三椏の花が綺麗に咲いている。先月だったら句を作るのに役立ったのにと思う。
帰りに、病院の裏の小さい森を通る。小さな池にゴイサギと鴨が餌を取っている。ゴイザギは脚を水の中でかき回して虫を追い出している。鴨は水草をついばんでる。句にならないかと頭を捻る。

水曜会。
切符を緑の窓口で買うのに並んで待ったので、何時もより遅れる。首は大丈夫かと言われる。
Hmさんにテナーの合宿にピアニストを呼んで欲しいと頼んでいたが、Kgさんが来てくれるとの事。感謝感謝。団長、早津さんに報告。
準備体操のとき、首が廻らない。簡単には直らない。

テナーは、Tkさん、Ksさん、Htさん、団長、Skさん、遅れてMsさん。欠席は忙しいHsさん。転勤のため3ヶ月休団のNzさんと同じく休団のKnさん。Knさんは九州に帰ったが、本合宿には出張を作って参加するとの事。
ソプラノの休みが珍しく多い。風邪か。
Ydさんが若狭の旅行から帰ってきたところだと言う。今話題の小浜市の方向。

「朝ゆえに」「草原の別れ」大中恩作曲。
歌いなれている曲だが、間違って覚えていたところがありあわてる。

「ウェンズデー」大中恩作曲より「種まきうえんずでー」「夢見がちの水曜日」。
くしくも今月の句会の兼題に「種蒔」というのがある。情景は浮かぶがまだ句になっていない。
阪田寛夫作詞。言葉遊びみたいなところがあり意味不明な文章が多い。例えば「かせーいはシャボテンうえんずでー」??
もともと水曜会→ウェンズデー→うえんずでー、と引っ掛けている。

「夢見がちの水曜日」は途中に「MERRY CHRISTMAS」大中恩作曲を挿入。

「新しい歌」信長貴富作曲より「新しい歌」「うたをうたうとき」「きみ歌えよ」。
指慣らしと拍手の練習をしたが、暗譜しないととても無理。一般的にピアノより段々早くなりピアノのYd先生より注意を受ける。
暗譜はエレベーターの中でMkさんから覚えてますかと聞かれてぎょっとした状態。スキーシーズンも終盤なのでそろそろ暗譜かなあ。

「じゃあね」大中恩作曲。

最後に「新しい歌」より最も難しい曲「一詩人の最後の歌」を一気に歌う。あやしいところだらけだったが、最後のハミングから「ありがとう」に入るところが何時もずれていたが、ここは練習の成果でうまくいく。ちょっぴり嬉しい。

帰りは首が痛いのと、風邪気味なのか寒気がするので飲み会は欠席。

矢上川のかもめ
IMG_2256ghfddfhd.jpg

江川の明津桜
IMG_2261gfhdfghd.jpg

三椏の花
IMG_2275hjgfjhfgjh.jpg


IMG_2283vncbncvbn.jpg

虫を探す鳥
IMG_2287dsfgfsdfg.jpg

かもめ
IMG_2296sdfgsdg.jpg

ゴイサギ
IMG_2297rtrty.jpg

ゴイサギと鴨
IMG_2302ertyery.jpg

ライラの冒険

家のメンテナンスは朝早くから来ている。

浜野接骨院に通う。
普通にしていれば、痛みはほとんどなくなったが、首を左後に傾けると痛い。しばらく通うことになりそうだ。
帰りに江川に少しよる。明津桜が咲いている。

Sさんとインドのビザを貰いに出かける。午前中に受け付けてもらいたいと、Sさんがせかす。小走りに前を行くのを追いかけるので疲れる。ビザ発行所に午前中にたどり着いたが、受付がタッチの差で間に合わず。江川に寄ったのがいけなかった。
神楽坂の粟ぜんざいが美味しいと言うので出かける。待ち行列。確かに美味しい。昼食はこれで十分。まだ時間があるのでスターバックスでコーヒー。

ビザ処理を受け付けてもらう。出来上がるのは明日夕。

私が「ライラの冒険」を見たいと言うのでSさんが付き合う。
私好みのファンタジー。お話はたわいないが、こう言う子供が活躍する話は大好き。「ハリーポッター」「ロード・オブ・ザ・リング」など。3部作のようなので、続編があるのが楽しみ。
満足。Sさんはつまらなそう。特撮だけは良くできてると言う。アカデミー賞で視覚効果賞を受賞している。

良く歩いたのでいささか疲れる。
遅く帰ってきた次男が長男に私の写真を送ると携帯でぱちぱち。
もう起きてられなくて就眠。

江川の明津桜
IMG_2236fghdfghdfhg.jpg

IMG_2240rteyery.jpg

マンサク
IMG_2244fdghdfh.jpg


IMG_2248tyre.jpg

マノンレスコー

野沢スキーでスキーヤーに激突され、その時首を痛める。
痛みが増すので、浜野接骨院に行く。軽いむち打ち症。首を回したり傾けたりして痛い所を確認し、針を打つ。何箇所か確認して痛みが和らぐか確認。針は痛いが、痛みが和らぐ場所があり、そこに針を打つ。6箇所打つ。2W後に蔵王に行くので確認したら2W後には大丈夫と言われほっとする。

SさんとMETライブビューイング「マノンレスコー」に行く。ぎりぎりの時間だったのでSさんが小走りでかけるのでふうふう言って追いかける。

プッチーニ「マノン・レスコー」
[指揮]ジェームズ・レヴァイン
[演出]エイドリアン・ノーブル
[出演]
マノン・レスコー:カリタ・マッティラ
デ・グリュー:マルチェロ・ジョルダーニ
兄レスコー:ドゥェイン・クロフト
ジェロンテ:デイル・トラヴィス

あらすじ
第一幕 
親から修道女になるよう云われアミアンに来たマノンは、ホテルの前で学生デ・グリューと出会い、ほのかな恋心を抱く。美しいマノンを愛妾にしようと企てる老財務官ジェロントは、マノンの兄レスコーの機嫌を取り、「今夜パリに行こう」とマノンを誘う。それを知ったデ・グリューは、駆け落ちを決意。マノンを説得し、パリに逃げる。マノンがいなくなり大騒ぎ。レスコーとジェトロンはあとを追う。
第二幕 
二人はパリで見つかり、マノンはジェロントの愛妾となる。マノンは老人との贅沢な生活も退屈になり、デ・グリューとの甘い日が忘れられない。 突然デ・グリューが部屋に現れる。お互いの心を知った二人は熱く抱擁。そこへジェロントが入って来る。マノンは「自由にしてほしい」とジェロントに云うが聞き入れない。マノンは「その見にくい顔をご覧」とあざけ笑う。老人は怒りを抑え立ち去る。デ・グリューは「この家を出よう」とマノンをせかせるが、贅沢な生活に未練が残り躊躇。レスコーが「ジェロントが警官を連れて来た、早く逃げろ」と知らせる。マノンは宝石類を持ち出そうと手間取り、警官に捕まる。
第三幕 
国外追放となった女性たちの囚人の中にマノンのみすぼらしい姿がある。女囚達はアメリカに追放する船出を待っている。デ・グリューとレスコーはマノンを救う機会を狙うが警備が厳しく助けられない。マノンは別れを悲しみながら船に乗る。いたたまれなくなったデ・グリューは船長に水夫として一緒に連れて行ってくれとひれ伏す。船長は願いを聞き入れデ・グリューを船に乗せる。
第四幕 
アメリカのフランス領に着いた二人は、追われる身の上となり、追手を恐れ荒涼とした砂漠をさまよい、マノンは飢えと寒さで気を失い倒れる。デ・グリューは休める場所と水をを探しに行く。戻ってきたデ・グリューはマノンを抱きしめ、死人のような冷たい頬を悲しむ。死期を悟ったマノンは接吻を求め「死んでも、愛は変わらない」と云って息を引き取り、デ・グリューは悲嘆にくれる。

始めにマノン・レスコー役のソプラノ、カリタ・マッティラが帽子を取ったときは、18歳には無理があるなあと思ったが、次第に声に聞きほれて気にならなくなる。三幕四幕では、熱演振りに魅入られる。
デ・グリュー役のテナー、マルチェロ・ジョルダーニの歌声に羨望。

Sさんは、マノンレスコーは、結局幸せと言う。流刑地のアメリカまでデ・グリューは一緒に来てくれて腕の中で死ねた。そんな幸せはないと言う。そんなものかな。デ・グリューは人生を棒に振ってまで追いかけたのが哀れな感じ。

新しいスポーツジムの申し込みに二人で出かける。以前入っていたジムは、Sさんがまず止め、私も時間が作れなくて止めてしまった。今度はSさんが熱心なので続くだろう。

家路に着く途中で気がついたらカメラがない。真っ青になってスポーツジムの申込所に忘れたかと電話したがない。電車の中かと駅員に聞いたら、駅で落し物を届けてくれた人がいた。感謝一杯。名前がわからないがありがとうございました。

帰って、歌の練習。オペラを見た後は、大声になる。高い声も思い切って歌ってしまうから不思議。

近所のサクラソウ
IMG_2219dfsgsdg.jpg

江川のかもめと鳩
IMG_2226hdgdghdfhg.jpg

ローズマリー
IMG_2222fdgsdfg.jpg



晴れた 良かった

野沢温泉。二日目の最終日。
朝、首が痛くなるのではと心配したが、この時点では痛みは無い。
晴。雨男が引っ込んだ。
7時半に食事。荷物の整理をして、9時に出発。

本日の行程。
ゴンドラリフトを乗り継ぐ→毛無山→やまびこゲレンデAコース→やまびこゲレンデDコース→やまびこゲレンデEコース→スカイラインコース→長坂ゲレンデ→ゴンドラで上に上がり→上の平ゲレンデ→パラダイスゲレンデ→カレー屋で食事→チャレンジコース→ユートピアゲレンデ→カンダハーコース東コース→カンダハーコース西コース→日陰ゲレンデ

毛無山。昨日と全く景色が違う。山々が見える。Szさんにあれは何の山かと聞いたら、山だと答える。
記念撮影をぱちぱち。
気分良くすいすい滑れる。後傾にもならないから不思議。皆気持ち良く滑っている。雪もあまり重く感じない。Ibさんは、新雪を滑っている。進入禁止のところも行きたそうだったが、我慢している。Iwさんは入ったのかな。
Szさん先頭。Ndさんが追いかける。
うやまびこゲレンデでは小学一年生のちびっこスクール。結構飛ばしている。あ、転んだ。
スカイラインコースは長くて狭い。3.5kmある。ボーダーがすっ飛ばしてくるので注意が肝心。昨日失敗しているので今日は慎重。

パライダイスゲレンデでSzさんご推奨のカレー屋に入る。ここでTmさんの電車の時間がぎりぎりに迫る。Iwさんに犠牲になってもらい駅まで送ってもらうことにする。
カレー屋は満員。なかなか注文に来ないのでいらいらしたが、注文とってからは早かった。ビールを飲む。運転者のNsさんは飲めず鬼とわめく。Iwさん、Mkさんも飲めず。残りの男4人が祝杯。罪作り。
カレーは大辛にしたかったが辛口にしておいた。辛かった。

Tmさんとお別れ。Iwさんが駅まで送っていく。
ゴンドラにTmさんを乗せて降ろし、Iwさんは、シュナイダーコースをかっ飛ばしたようだ。カッ飛ばし屋の本領発揮。ゴンドラより二分早かったとか。電車の時間はぎりぎりで心配したが、Iwさんがてきぱきやってくれたようで時間があまるくらいだったらしい。

それから7人で、チャレンジコース→ユートピアゲレンデ→カンダハーコース東コース→カンダハーコース西コース→日陰ゲレンデと滑りまくる。ユートピアゲレンデの下のほうとカンダハーコースは雪が春スキー並みのべた雪で物凄く疲れる。後傾にならないように踏ん張る。Us指導員がもう疲れたよと言う。30日目が無事終了。
宿に帰って、荷造り。温泉饅頭を予約してたのをすっかり忘れていたが、Ibさんが取って来てくれた。感謝。

Iwさんの車で帰る。パーキング(名前を忘れた)で待ち合わせて、名古屋組と別れの挨拶。また来シーズン会いましょう。

横川でIbさん、Nsさん、Iwさんと釜飯を食べる。久しぶりの味で美味い。

藤岡JTで高速が混んでいたのでIwさんは下に降りて、混雑を避け再び高速に乗る。あんまり違わないのではと思ったら、そのまま進んだNs車より相当に時間を稼いでいた。Iwさんの鼻がぴくぴく動く。

帰りの車中から首が痛くなってきた。明日は接骨院に行こう。

30日滑ったぞ。自己最高。

毛無山に向かうリフト
IMG_2173wretwrte.jpg

やまびこゲレンデより
IMG_2179wretwet.jpg

毛無山山頂
IMG_2184hdfhdf.jpg

毛無山山頂より
IMG_2185ruyryu.jpg

IMG_2189gsfgdgfs.jpg

スカイラインコース
IMG_2202rwetwy.jpg

昔誰かが落ちたところ
IMG_2211trwrte.jpg

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Y・K

Y・K

FC2ブログへようこそ!

極彩色生活:赤字黒字の会社生活と異なり、感動、興味、ときめきの極彩色社会生活のことを言う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。