2009-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーメン通り

歌の練習が一段落したところで、床屋に行く。
演奏会に備えて多少はさっぱりしたい。

行く途中に、咲いているひまわり。
IMG_5255sdfsdf.jpg
コンロンカ
IMG_5256ghffg.jpg

床屋で刈上げ気味にする。

Jrの駅まで移動して、ジパングで切符の購入。
軽井沢の駅から、レンタカー付きで頼む。勉強会の夏季合宿のため。

帰りは二駅歩く。
途中、ブレーメン通りに入る。
車は入ってこれない。
この商店街通りは、活気がある。お店がそれぞれ特徴があり面白い。ついのぞいてしまう。
お菓子屋で荷物になるのに買う。
次の店をきょろきょろしてレイシがあったので買う。
別の店でとりレバとにらを買う。にらレバ炒めが食べたくなる。
にんにくの鰹節漬け、豆乳など買う。
TV撮影していたらしく、撮影カーが、ブレーメン通りを横切る。
もっとお店をのぞきたかったが、持ち歩くのが大変なので、打ち切る。スーパーもあるが、お店が圧倒的に多い。Sさんは、この通りが大好きで、店の特徴を良く知っている。私は行き当たりばったり。

気をつけて歩けば、花がそこここに一杯咲いている。
ハルシャギク
IMG_5259sdf.jpg
矢上川の鯉。並んで泳いでいるのは何故だろう。
IMG_5265sdfsdf.jpg
ハマユウ
IMG_5268vbccvb.jpg
ハイビスカス
IMG_5270bvnvbn.jpg

帰って、Sさんににらレバ炒めを作ってくれるように頼む。
食べたかったので、美味い。一杯食べてしまう。

再び歌の練習。
泣いても笑っても、後4日後には演奏会。
また「島唄」「世界の約束」でとちる。最後まで来たら、ごまかし方を考えるかな。ぎりぎりまでは、頑張るが。
スポンサーサイト

長男が来る

Sさんの病気を心配して、長男が来る。
次男もメールで休日に来る様な事を言ってきたが。大阪で遠いので、夏休みでも来たらと返事する。

何時来るかわからないので、早めに歌の練習をする。
Sさんは用事を済ませに早めに外出。

全曲歌ってみるが、やはり「島唄」「世界の約束」がまだ怪しい。
他は、徐々に怪しいところが減ってきたが、この2曲は難航。

疲れて、庭でぼんやり。
アジサイは梅雨に良くあうが、あいにく雨が少ない。
IMG_5244dasasd.jpg
ルリタマアザミは、段々勢いを増してくる。
IMG_5245sad.jpg
夏が近づくと、ますます猛々しくなる宿根サルビア。
IMG_5247sadf.jpg
この花はもう終わり。長く楽しませてくれた。
IMG_5249asd.jpg
元気なツルハナナス。
IMG_5251sda.jpg

やっと長男が来る。
二人とも疲れて、休みかかっていたときにやって来る。
長男が病気のことを聞くので、説明。Sさんは思い出すときついから説明してくれと言うので、Sさんの病状を説明。Sさんが補足。説明していて気が付いたが、5月は、Sさんの網膜穿孔、私の尿管拡張手術、6月はSさんのESWLとご難続き。無事に切り抜けて良かった。もう大丈夫だろう。

長男は椎間板ヘルニアになり、一時は歩け無いくらいひどかったが、すっかり良くなる。針を打っている。直らなければ手術と言われたようだが、幸い直ってきた。体重を減らせと言ったが、あまり減っていない。Sさんは腰を痛めたときの本を与える。友人の医師が書いた本を貰ったもの。
仕事は、大変だが、精神的な山は越えたようだ。新店がオープンしてから半年以上たつが、ずっと駆け続けてきたので、皆へバリ気味だそうだ。正念場だろう。

いろいろしゃべる。夕飯を食べに行こうと言い出す。Sさんが料理するわよと言う。
1時間くらいで、美味しそうな料理がてんこ盛り。長男は欠食児童のようにがつがつ食べる。ご飯をまだ食べようとして、太るからだめとストップを食らう。
スタートレックを見ようとしたらただ飯を食って帰るなと長男は食器洗いをさせられる。何時もは私の役割なので助かる。

その内、長男は床で寝てしまう。風邪引くよと、和室の寝床に寝かせる。夜中に自分で起きて帰る。久しぶりの長い運転だったので、疲れたようだ。

日曜特別練習

水曜会の日曜特別練習。
あいにく雨降り。

部屋の観葉植物。
IMG_5243sdae.jpg

Sさんが元気になったので、こちらも勇気百倍。
午前中、練習をしてから、出かける。練習場所は、演奏会場のある浜離宮朝日ホールのリハーサル室。
駅で、Oyさんと会う。朝日ホールに行く途中でTtさん、Twさんに会う。
会場の入り口で、Ii先生に会う。ボイトレ休んだことを謝る。Sさんが元気になったとことを喜んでくれる。
リハーサル室に入る。
テナーは、Htさん、団長、Mtさんが来ている。
会う方会う方が、Sさんの回復を喜んでくれるので、恐縮する。Htさん、Mtさん、Hmさん、Adさん、Msさん、Nkさん、Fjさんなど。

Ii先生の発声練習が始まる。Skさん、Ksさん、Tkさんが現れる。遅れてKkさん。テナーは8名揃う。他のパートに比べると出足が最も良い。
Nzさんは風邪を引いて、欠席。ゲネプロも休んだそうで、心配。
痰がからまって声が良く出ない。
Ii先生の、ゲネプロで気になったところの練習が始まる。
女性パートの練習が多い。アカペラの「木もれ日」は音が下がり気味。「灯」「春の雨」。
「島唄」はリズムの動きが激しいところは、初めて聞く人は、驚くだろうから、多少間違えても自信をもって歌うようにと激励。気が楽になる。
「冬の風」の最後のところ。

休憩。
先生にゲネプロ欠席を謝る。
Htさんから、Sさんの病状に対してアドバイスを頂く。
Mtさんは、石の経験談を話してくれる。
Ksさんは「島唄」が前列なので、「島唄」ばかり練習して来たと言う。
みなの顔が、かなり緊張してきている。盛り上がってきた。
ピアノのNk先生が迷っているというので、Hmさんが迎えに走る。リハーサル室の場所はわかりにくい。

「木もれ日」 ソプラノが下がると指摘。厳しい。
「灯」 先生は演奏会場は音が響くから良く聞こえると言ってから、そんな甘い考えはだめと自分を否定。
「春の雨」 緊張、集中力が大事。
通して歌う。暗譜はまずまずだが、痰がからまり声がかすれるのに参る。

「ふるさとの星」 前列なので、緊張して軟口蓋を大きく開けて歌ったら、痰のからまりがなくなる。
「泣けばいい」 「泣けばーいいんだ」の「ばー」の伸ばしのところをゲネプロの時、間違えたようで練習。ここは、隣のSkさんのおかげで、何時も上手く歌える。
「信じる」 何を訴えるかが大切。多少歌がまずくても訴えることが伝わればそれでも良い。
通して歌う。練習量が多いので、自信を持って歌う。

「翼を下さい」 女性のユニゾンの練習。
「いつも何度でも」 ここも女性パートの練習。
「となりのトトロ」「島唄」「世界の約束」と女性パートの練習が続く。珍しい。先生が、来年は、甘くしないと言う。誰かが続くかなとつぶやく。女性からあんまり厳しかったら止めるような発言あり、先生苦笑。
通して歌う。
「翼がください」「いつも何度でも」までは練習の成果が出る。
「となりのトトロ」リズムが狂ってしまい出損なうところがある。
「島唄」falsettoが出ず。自宅練習では、何時も上手く出るんだが。緊張するとだめなのかな。
「世界の約束」ハミングの音程が狂う。
練習量が多いが、成果はあまり出ない。後列なのと、Skさんの隣なのが救い。

終了。
「風の歌」4曲とアンコール曲は、最後の水曜日に回る。
5時間の練習なので、へとへと。
Kkさんたちと帰る。帰りの電車は、Kmさんが隣で話す。

朝顔の網

昨日準備した朝顔の網を、二階からたらそうとSさんが言う。
早くしないと蚊が来ると、早朝から開始。
二階のベランダに出たSさんが悲鳴を上げる。小鳥が死んでるという。ベランダに上がると緑色の羽の小鳥が死んでいる。ガラス戸にぶつかったのだろう。生き返るかもしれないと、しばらくは、下に下ろして様子を見る。以前、別荘でガラス戸に鳥が激突し、気絶したことが何度かある。ほとんど、しばらくすると目覚めて飛び立った。今回はだめだった。裏庭に葬る。石を積んでお墓を作る。ごめんね成仏してと祈る。

Sさんがベランダの手すりに網を紐で縛りつけ、網をたらす。それを朝顔のプランターに縛り付ける。
昨年はプランターの数を増やしすぎて、水遣りが大変で、外出も出来ないといわれてしまった。私がやると言いながら、外に行くことが多く、ほとんどSさん任せだった。最盛期は、朝昼晩と水遣りが必要だった。
今年は、数を減らし、深いプランターにしたので、少しは水遣りが楽になるはず。

既に、つるが延びているので、それを網に絡ませる。
楽しみだなあ。

久しぶりに草取り。八重葎のようになっている。宿根サルビアとアメリカノウゼンカズラが茂って、道も通れない。枝を払う。
宿根サルビア
IMG_5225sdaas.jpg
蔦を除去し、大きく伸びた雑草を除去するだけで、大きなゴミ袋2つが一杯。
更にやろうとしたら、Sさんから、もう食事にしようと言われ、中断。

朝食後、歌の練習。
昨日上手くいかなかったところを楽譜を見直してやりなおす。
かなり改善。毎日歌わないとすぐに暗譜が怪しくなる。

疲れたので、液肥とHB101を散布。
名前のわからない花。後ろは水盤。鳥が水浴びに頻繁に来る。
IMG_5220dsfdsf.jpg
ハープの一種。
IMG_5232asd.jpg
ムラサキシキブの花。
IMG_5236asd.jpg
キンシバイ
IMG_5238dfg.jpg
一杯咲き出したルリマツリ。
IMG_5239asdsd.jpg

再び練習。
今度は通して全曲歌う。へろへろ。
後1週間で演奏会。

Sさん退院

朝、Sさんが退院することを祈って出かける。
部屋に着いたら、Sさんの顔色が良い。おうこれは、大丈夫だと思ったら、やはり、昨夜から気分が良くなったという。点滴が終わったら、退院とのこと。良かった良かった。

朝食は、全て食べたとのこと。
昼食も頼んだ。点滴の減り具合から、まだ3時間くらいはかかりそう。
手術の状況や、その後の状況を話す。マイケルジャクソンさんが亡くなったと伝える。SさんはTVを見るどころでなかった。
何時もどうりのSさんに復活していてほっとする。

退院の手続きが、揃ったので、支払いに行く。カードで支払おうとしたら、患者本人のカードと言われる。不思議なこともあるものだ。
Sさんのカードを借りようとしたら、自分で行くという。すっかり元気。点滴をぶら下げたまま、支払いに行く。

何度もきつい思いをしたので、看護士さんが、現れて、血圧を測るついでに良かった良かったと言ってくれる。血圧は、通常より、まだ高い。

わずか3日間のSさんの付き添いだったが、肩が凝るのには参った。Sさんに、(私の入院時)良く2ヶ月も通ってくれたねと言うと、ありがたみがわかった?と言う。病室の椅子に座っていると肩凝るのよと言う。

昼食が来る。食欲旺盛。気持ち良く食べる。

点滴終了したので、看護士さんを呼んで、はずしてもらう。
次の診察日も決まる。

着替えたり、荷物をしまったり、帰宅の準備。挨拶して帰る。
帰り道は、ふらふらせずさっさと歩く。猛暑なのには、少し参ったようだが。

庭をぶらつく。蚊が襲ってくる。
Sさんが入院してる時は、赤い花はなんとなく嫌だったが、今日は、素直に美しいと思う。
ザクロの一種。
IMG_5212dfgdfg.jpg
チェリーセージ
IMG_5213dfssd.jpg
アメリカノウゼンカズラ
IMG_5214dsdfs.jpg

朝顔のつるが延びてきているので、網を二階からたらしたい。Sさんにやり方を聞いたら、購入済みの網を出してきた。網が足りない。買いに行く。網と紐がいる。

DAISOに行く。網の種類が何種類もあるので、Sさんに携帯して指示を仰ぐ。紐もわからず指示を仰ぎ、店員に聞いて入手。一人でやろうとしたら大変だった。
帰ってから、客間に、6枚の網を並べて、つなげる。ここは風が強いので、網はしっかりとつなげておかないと、ばらばらになってしまう。そうこうしてる内に、暗くなってしまったので、準備だけして作業を終える。

歌の練習。今日は心配事がなくなったので気持ち良く歌える。
全曲歌ってみたら、怪しいところが一杯出てきてしまった。
何度も練習。怪しいところを書き出す。
「木もれ日」大中恩作曲よりの「ペンギン」「灯」「春の雨」。
「信じる」松下耕作曲よりの「ふるさとの星」「くり返す」「信じる」。
「島唄」東京混声合唱団愛唱曲集より「いつも何度でも」「となりのトトロ」「島唄」「世界の約束」。
「風のうた」大中恩作曲より「春の風」「秋の風」「冬の風」。
アンコール曲の「○と△の歌」武満徹作曲。

何度も練習してるうち、最後は、「島唄」「世界の約束」が残る。今日はこれまで。疲れた。

病室

病院に向かう途中の花。
マリーゴールド
IMG_5205dfgdfg.jpg
ペチュニア
IMG_5207fghgfh.jpg

Sさんに頼まれて、使い慣れた枕などを持ち込む。
まだ調子悪そう。
石は写真に写ってないので、砕けて出たようだ。原因は取り除かれた。
スポーツをする時は、水を十分取るように言われたそうだ。
きつそうだけれど、いろいろ話をしてくれる。

病院にいると、女性のおしゃべりは、気分を和らげるのに実に効果的だと思う。
昨日、手術の待合室にいたときも、男はむっつり新聞なんか読んでいたが(私も本を読んでいた)、女性は見知らぬ同士もすぐにおしゃべりしだす。手術の話が主体だが、気分は随分ほぐれているように見える。女性が長生きなのは、おしゃべりで緊張をほぐし、ストレスを和らげているのではと思う。話の内容は深刻でも笑いながら話している。

個室ではないので、女性の患者が、何人かいる。私が入院していた時は、無論男ばかりだったので、女性患者ばかりだと雰囲気が随分違う。深刻さが無い。見舞い客が来ると楽しくおしゃべりする。

先生の回診がある。石は写真に写ってないので、出たと思われる。気分が良くなれば、明日は退院できますと言う。やれ良かった。

Sさんが食事できないので、私が代わりに食べる。昼食も夕食も食べたので、病室に食事をしに来てるみたい。病院食にしては美味い。

夜になって、きつさが薄らいできたようだ。少し安心して帰る。

歌の練習をする気分になる。久しぶりに歌う。怪しいところだらけ。
ゲネプロの音源をSmさんが送ってくれた。団長が録音したもの。これを聞きながら練習。先生の怒りの声も入っていた。
水曜会の方々から、多数、心配したお見舞いメールを貰う。

ゲネプロ 参加できず

人間ドック2日目。
昨夜から飲食をせず、今日の検査に備える。
直腸鏡検査。昨日の触診でおなかが痛かったことを言う。検査結果はシロ。
腹部超音波でも同様のことを言う。シロ。

メタボの測定は、手術後の運動不足がたたって、ちょっとオーバー。

食道、胃、十二指腸のX線。
胸部X線。

全て終了。結果は、7月。前回のような前立腺がんの疑いみたいなことはない。
大急ぎで食堂に行き食事。
雨が降っているので、定期バスで駅まで行く。

家に帰って、Sさんの入院先に向かう。今日ESWL治療。

庭のルリタマアザミ。
IMG_5199sdfsdf.jpg
病院行く途中のアガパンサス。
IMG_5202fdgdfg.jpg
ゼニアオイ
IMG_5203dfsdf.jpg

病室に着いたら、丁度手術室に向かうところだった。
1時間くらいだそうだから、手術室の前の控え室で待つ。

看護士さんから終わりましたと連絡がある。
痛み止めのせいか、意識が朦朧としている。

部屋に戻る。
ふわふわすると言う。
その内、気分が悪くてつらそうになる。血圧も高い。

夕方、ゲネプロに行く予定だったが、これは無理だと判断。
Sさんは、大丈夫だからゲネプロに行ってと言うが、見捨てて行けない。
水曜会のマネージャーのHmさんにメールでゲネプロに行けない旨連絡。
明日のボイトレもIi先生に欠席の連絡をする。

ずっと傍についている。うつらうつらしているようだが、気分は悪そうだ。

ずっと付いていたら、肩が凝ってくる。Sさんは(私の入院中)これを2ヶ月近く続けてくれたと思うと頭が下がる。少しはお返しをしなくちゃ。

夜に心配しながら帰宅。
さすがに歌の練習をする気にはなれない。

人間ドック

庭のアメリカン・ブルー
IMG_5187wer.jpg

一泊人間ドックに出かける。
毎年同じ病院。昨年は、ここでPSA値が高く、病院への紹介状を書いて貰い、結果として前立腺がんが見つかった。

受付で手続きを済ませ、部屋に入る。
しばらくして案内の看護士さんが来る。毎年同じ看護士さん。
説明を受けたあと、コーラスの話になる。看護士さんは、コーラスに入っている。昔、やっていたが、この2,3年で再開した。私が強力に(再開を)進めたのも役立ったかも。
演奏会は、つい最近あった。40周年の記念大会で、協力参加20名を入れて100名で歌う。当日、担当で、大変だったみたい。1800人も聞きに来た。当日の担当だったので、てんてこ舞い。
水曜会にも聞きに来てくれた。

最初は、血液検査。血糖値、尿酸を計るのに、甘い飲み物を取って、1時間おきに血液と尿を3回とる。
同時に、血圧、視力、聴力、眼圧などの測定。

部屋に戻って、昼食。
時間の合間に、持ってきた楽譜を見て、暗譜の確認。

肺活量、心電図、心臓超音波、身長、体重測定などを行う。
やたらと眠い。

医師の診断を受ける。
触診で珍しく腹部が痛い。明日の腹部超音波でその旨言ってくださいと言われる。
後は、尿鮮血、蛋白が出ている。尿路拡張の手術をしたといったら、多分そのせいでしょうが、主治医に確認してくださいと言われる。
血液検査結果は、血中アミラーゼ値が少し高いことを除いて全て正常。痛み下痢がなければ、様子を見る。

東国原知事のニュース関係を見他た後、早めに眠る。

病院まわり

Sさんに付き合って病院にいく。
入院時、随分お世話になっているので、少し返しておかないといけない。
電車で行くと思ったら、一駅歩くと言う。ええっと思ったが、近いから大丈夫と言う。
ものすごく早足。こちらは花があるとつい写真を撮るので、引き離される。
途中のインドハマユウ。
IMG_5189asdasd.jpg
IMG_5190adsasd.jpg
アガパンサス。
IMG_5192asdasd.jpg
公園のハナモモ。もう少しじっくり撮りたかった。
IMG_5194asew.jpg
小走りで追いかけるので、病院に着くまでに汗びっしょり。

眼科で診察を受ける。完治とのこと。別の科に回って紹介状を貰う。
待っている間に、夫婦連れの患者で奥さんに怒こっているだんながいる。怒るくらいなら自分でやれと言いたくなる。

次の病院に向かう。
タクシーで乗り付ける。初診の時間を過ぎていたが、紹介状のおかげで受け付けて貰う。随分待つかと思ったが、比較的スムーズに、順番が来る。
待っている間、おじいさんが何度も看護士に同じ事を聞いている。気の毒だが、ああはなりたくないと思う。

Sさんは精密検査をすることになり、私は家に戻る。
帰る途中のカンナ。
IMG_5195sasa.jpg

歌の練習を始めたところで、Sさんが戻ってくる。予想した範囲の診断結果で、安心する。

梅雨

梅雨。
家にこもって、相変わらず、歌の練習。

演奏会の曲、24曲を通して歌う。そのたびに違うところが怪しくなる。だんだん頻度は減ってきたが、ゼロではない。前にピアニストのKwさんの話を聞いた時、暗譜は練習で完全にしておかないと、舞台にあがると雰囲気が変わるので、間違えることがあると言う。完全とは難しい。
2時間以上歌うと、疲れる。以前よりは、声が枯れなくなったのは、毎日歌っているせいか、発声が良くなったか??
家の中で歌うので、Sさんはうるさいだろうが、文句を言わない。外からは聞こえないよと言われているので、安心して歌っている。

雨。ヒヨドリの巣はどうなっているんだろう。
今年はトカゲが影を潜めたので、蛇がいるから心配。一度見かけたことがある。

新しく咲きだした花。名前は?
IMG_5185hfgfgh.jpg

渡辺謙さんの「刑事一代」を見る。吉展ちゃん誘拐事件は迫真の演技。久しぶりに見た萩原聖人も良い演技をしている。Sさんも良く出来ていると好評。二人で最後まで見てしまった。

暗譜に専念

ゴルフをドタキャンしたので、一日余裕が出来る。
Sさんと相談して、演奏会後に行く予定だった、バリ島旅行をあきらめる。まだチャンスはあるだろう。
旅行会社に断りに行く。
ついでに、買い物、散策。
道端に生えていたナツズイセン。
IMG_5180dsfdf.jpg
道路のプランターにバーベナ・テネラ。
IMG_5181sdf.jpg
ロベリア。
IMG_5182dsferw.jpg

家に戻って、ヒヨドリの巣をのぞく。親鳥が巣に座っていたが、驚いて逃げてしまった。しまった。脅かすんじゃなかった。戻ってきてくれよと祈る。

ルリマツリ。
IMG_5179fdgdfg.jpg
クチナシ。
IMG_5177sdfdf.jpg

後の時間は、すべて歌の練習にかける。暗譜暗譜。
今年は何時もより、間近の練習量は多いような気がする。
Sさんから悲壮感が漂っていたが、少し落ち着いてきたと言われる。

歌っていたら、渡辺謙さんの刑事ものやってるわよと内線電話がかかる。
「刑事一代」
渡辺謙さんは、大好きな俳優。録画の「斬九郎」でしょっちゅう見ているが、ドラマで見るのは久しぶり。良く出来ているので嬉しくなる。
豪華キャスト。高橋克史、柴田恭兵、原田美枝子、余貴美子、大杉漣、萩原聖人などなど。

アクシデント

歌の練習をしていたら、アクシデントが起こる。
今日の会食は、行けそうもないので断りのメールを入れる。深謝する。
Tdさん、Smさんたち8名との会食。楽しみにしていたのに、残念。

明日の、くろがね杯ゴルフもドタキャン。幹事のMyさんに謝りの電話。20名も集まり、5月15日の手術以来始めてのゴルフで楽しみにしていたが、断念。深謝。明日の車に乗せてもらうNhさんに連絡が取れないので、断りの連絡を頼む。
同じ名前のNhさんに間違い電話をしてしまい、何年ぶりかで、懐かしい声を聞くことが出来たのが、怪我の功名。

この頃、ドタキャンが多くて周りに迷惑をかけている。手術以来、無理がきかなくなった。また無理をしなくなった。

その後、アクシデントは、何とか対処。
Sさんとも相談し、外出は控える。
歌の練習に専念しよう。

練習あるのみ

朝から練習。
全曲通じて歌う。怪しいところは、音取りを聞いたり、楽譜を見たり。
例えば、
「灯」の「きっとあしたのたのしみを」の出だし。
「ふるさとの星」の「ひとのすむくにー」のテナーが二部に分かれるところ。
「泣けばいい」の「かなしいとき」「くるしいとき」「泣きたいとき」の順番。
「となりのトトロ」のリズム。
「島唄」の「うみようちゅうよ」のテナーが二部に分かれるところ。
「世界の約束」のハミング。
「夏の風」の「あざみを」の出るタイミング。
疲れた。

近所を散策。
新興住宅街。花が多いので好きなコース。
子供も群れている。犬の散歩も多い。
ヘリオトロープ。
IMG_5169dfssdf.jpg
何の実だろう。
IMG_5170sdfdsf.jpg
ギボウシ。
IMG_5172dfssdf.jpg
エリカ‘ホワイト・ディライト’
IMG_5173fdssdf.jpg
ダチュラ
IMG_5175fdssd.jpg
カンナも咲き出した。
IMG_5176sdf.jpg

汗ばむ。

Ii先生のボイトレのコンコーネ18番とアマリッリを練習。思ったよりうまく歌えて気分良い。

来週はゲネプロの水曜会

歌の練習も相当に身が入ってくる。
合宿でメロメロだった「島唄」と前列で歌う「信じる」は、念入りに練習。

疲れて、庭をぼんやり。
ヒヨドリが、庭木に巣をかけていて、朝から騒々しい。出入りも激しい。まだ雛はいないみたい。

キンシバイは、ピークを過ぎた。
IMG_5129asdasd.jpg
木苺が実をつける。
IMG_5144fdfg.jpg
アスチルベは毎年色が淡くなってくるような気がする。
IMG_5146vcbbv.jpg
クフェア・ヒッソピフォリア。昨年、枝が折れてから、元気がなくなる。
IMG_5147fdgdfg.jpg
オリズルラン
IMG_5153fdgdfg.jpg

水曜会。
Ydさんたちが机を並べている。
「島唄」の並び。合宿で「島唄」がひどかったので、練習したいとのアッピール。Ydさんは、あんなに暗譜が出来ていないのはショックだったと言う。同士がいた。
クーラーの噴出し口のカーテン取り付けは、Itさんがやってくれる。

先生が来て、今まで「島唄」のみ男性が真ん中だったのを止めると言う。全曲、男性は、会場に向かって左手。合宿の状態を見て、考え直したみたい。ソプラノも並びをいじる。

テナーは、Htさん、Mtさん、Tkさん、Ksさん、Skさん。遅れて団長、Kkさん。最後にNzさん。全員9名揃う。皆真剣になってきた。

体操をしないで、いきなり発声練習。
始まりは、先生の機嫌が悪い。少し厳しくやろうとしてるのか。
大阪混声の方が見学に来る。今日は(へただから)来てほしくなかったと先生が言う。

「木もれ日」大中恩作曲。
比較的暗譜が進んでおり練習してこなかった。
「ペンギン」
合宿の録音の結果、うまくいってないところをおさらいする。
音が下がり気味。フレーズの終わりがいい加減と指摘。
やりとりが多い曲は、他のパートを良く聞くこと。
「木もれ日」
強弱やアクセントの指摘。
「灯」
歌が粗雑と指摘。
ソプラノが受難。何時ものテナーの役割が移る。
「落ち葉」
長さを指摘。音が下がる。
「春の雨」
強弱、伸ばしに注意して歌う。

暗譜で歌えたので、ひそかに喜ぶ。

最大の難曲「島唄」
「いつも何度でも」
最後のハミング。
「世界の約束」
早さ、強さに注意。ハミングの入るタイミング。
団長からのアドバイスで、「合唱は周りの音や気配を感じながら唱っているので、誰かが不安をもっていると それを打ち消すぐらい自信を持っている奴がいないと不安が増幅されます。・・・」と言うアドバイスがあったので、たっぷり練習してきたから大丈夫と言い聞かせて歌う。
「となりのトトロ」
tunーが長すぎるとTkさんより指摘。
「島唄」
falsettoはうまくいかず口パク。
女性陣は何度もやり直しで大変。

休憩時間。来週のゲネプロの案内。「でんごんばん」を良く見るように。
いよいよゲネプロ。
日曜練習は、16時よりパート練習。18時より全体練習。

「春の風」
イマジネーションが大切。
「夏の風」
ソプラノ単独、テナー単独のフレーズの練習。
「秋の風」
「冬の風」
最後の「るらるーるらるー」。

合宿ショックから立ち直れた。

飲み会は、行きたかったが、カット。
Skさんと帰る。

フレンチを食べながら一杯飲む会

スキー仲間のTmさんの新構造展出展にちなんで毎年Tmさんから、食事のご招待がある。
本日も御呼ばれして、Sさんと一緒に出かける。
フランス料理「ペペルモコ」。
根津駅から歩く。
お店に着いたら一番のりだった。
すぐにTm夫妻がお見えになる。
Un夫妻、Kb夫妻、Sbさんと次々と現れる。
まずは、再会を祝してビールで乾杯。

美味しい料理が次々に現れる。
白ワイン、赤ワインと飲んで、楽しく談笑し、すっかり良い気持ちになる。
Sさんは映画の話を提供。私は定番の手術の話。
Kbご夫妻と席が近かったので、奥さんがスキーで怪我をされた話などする。
コーラスの話をしたら、一度聞きたいと言うのでチケットを夫妻に渡す。

Kbさんは、競馬好き。話が盛り上がって、来年のオークスに皆で行くことになる。
以前話題に出た、九州旅行に秋に行こうという話になる。Unさんが企画。Sさんは前から行きたいと言っていたので、大喜び。
最後にデザートが一杯出てきた。いろんな種類がある。Tmさんは、昼早かったので、デザートが何種類も出てくるかどうか心配したようだ。

満足してお店を後にする。
新構造展の開催されている東京都美術館まで歩く。
途中にゆりが咲いている。
IMG_5114sad.jpg
テンニンギク?
IMG_5115sdasd.jpg
アンスリウム・アンドレアヌム
IMG_5118fdssdf.jpg

新構造展に入る。
Sさんは見るのが早いのでいつの間にか皆と離れてしまう。

Tm画伯の「鐘楼から」
IMG_5123dsfdsf.jpg
ブルージュの街並みだそうだ。
Tmさんは、社長職を退いてから、始めたと思うが、長足の進歩で、既に会員になっている。
才能は、遅くから始めても花開く。

絵画展から、写真展までのぞいたら、結局一番最後になってしまった。
少し散策してお団子でも食べに行こうと歩き出す。

しばらくお寺や、閑静な街並みを見ながら散策。
かなり歩いたら、にっぽり駅に出てしまう。ここから更に歩くと言うので、疲れも出てきたし、歌の練習もしたいので、私だけ失礼をする。Sさんは一緒に付き合う。

帰って、一休みしてから、合宿ショックをばねにして、練習に取り組む。暗譜が基本だが、怪しいところは楽譜を見て、修正する。
演奏会までは、歌歌歌。

大門句会

合宿ショックで、練習漬けになりたいところだが、今日は大門句会。
毎日練習の合間に、苦吟してきた。何とか纏め上げたいと歌で疲れた頭で捻り出す。歌の疲れと、句を考える頭は違うようで、歌で疲れても句が生まれないわけではない。不思議だが、句を考えると歌の疲れが癒される。

庭で最後のあがき。
アーカンサスの花が咲いた。
IMG_5108sdfds.jpg
アジサイは少しずつ花が開いてくる。
IMG_5109fgdfdg.jpg
ルリマツリの花が増えだしてくる。
IMG_5110cvbcvb.jpg
ザクロの一種は、枝がたれた先に咲く。
IMG_5113fdfd.jpg

今回の兼題は、椎の花、籐椅子、草刈(草取)、蝿、衣(無季語)。
Sさんに選句を頼み、何とか5句選ぶ。

ぎりぎりに到着したら、既に全員揃っている。
今月は、きさ先生。幹事の三四郎さん、はなさん、さらさん、そう月さん、馬空さん、あかねさん、勝山さんと私の9人。遊介さんは、東南アジアに出張中で向こうから投句。まーゆさんも欠席だが投句。

短冊に5句書く。
この会は、食事をしてお酒を飲みながら行うので大変に楽しい。
ただし、選句するまでは、忙しくて、あまり食べたり飲んだり出来ない。
シャッフルされて、回ってくる短冊の句を清記用紙に転記する。
清記用紙が回ってくると、そこから自分の気に入った句を選ぶ。何句かノートに記入して、その内から5句選ぶ。今回は1句追加したので6句選ぶ。

これが終われば、ようやく落ち着いて飲んだり食べたりする。

選句は、順に選んだ句を詠む。清記用紙に選句者を記入。
選句が終わると、句を詠んで選句者が選評をする。きさ先生からの選評、注意事項を貰う。三四郎さんからの注意事項もある。
その後、誰が詠んだか名乗る。

私の句。
托鉢の僧の衣に夏の蝶  光
きさ先生普通選。他に3人の方に選句してもらう。
黒の灰色の衣に蝶のあざやかな色がはえる。と選評。
この句は、あっさり詠めた。苦労して出来た句ではない。頭に浮かんだ情景がすぐに句になった。

草刈ってホタルブクロを残しおり  光
きさ先生普通選。他に1名の方に選句。
ただし、草刈っての小文字のっは、大文字で書かねばならない。つ。習っていたがうっかり忘れた。
またホタルブクロは、カナを使わず、蛍袋とすべきだった。これも外来語以外にカタカナは使わないようにと言われていた。
草刈つて蛍袋を残しおり  光

きさ先生特選。
黒蝿の急に行く手を変へにけり  勝山

草刈のにほひ満ちたる三笠山  あかね

籐椅子の一つ混じるや根津医院   勝山

草刈や積んで緑肥の足しになど  三四郎

きさ先生の句。
流木に腰を下ろすや蝿の飛ぶ  きさ

この山の降りやまずなり椎の花  きさ

次回は吟行句会。
浅草、隅田川近辺で行う。大門句会では初めての試み。
普段の句会と違って、ひらめきが大切とか。あらかじめ1句くらいは用意しておくと安心。季語は書き並べて置くとかアドバイスがある。

手術後の状況についてもういいんですかとかいろいろ声をかけて貰う。
3回も手術したので、気遣かって貰うことが多い。

合宿二日目

寝不足。
昨夜0時過ぎに床につくが、鼾に悩まされる。とは言っても、3時ごろ暴走族が騒いだのは全く覚えていないので、私も鼾をかいて寝ていたのだろう。
昨夜は、宴会は1時過ぎまでだったらしい。先生や常連のMsさん、Tkさん、Mmさん、更にNzさん等が一緒だったようだ。

朝食をとっている間に、昨日は欠席だったMtさんがやって来る。皆が手を振って迎える。
朝食後、ぼんやりした頭をすっきりさせようと、会場の周りを散策。
新体操の大会があるようで少女たちの練習が行われている。若さがまぶしい。
玄関にガーベラ。
IMG_5093sdfdsf.jpg
植物園のディゴ。
IMG_5095trtr.jpg
IMG_5097tytyyt.jpg
ヨットハーバーまで足を伸ばす。準備している人が多い。
IMG_5099dfssd.jpg
IMG_5101fghfgh.jpg
戻る途中の花壇。
IMG_5105fdgdfg.jpg

練習場の入り口が時間までシャッターで閉められているので、凄い人だかり。ほとんどが新体操などの若者たち。お役所仕事で、あふれんばかりになっていようが、時間が来なければシャッターを開けない。

やっと練習場に入れる。
テナーは、昨夜家に帰ったTkさんが、午後から。Mtさんが新たに加わる。8名。
Ogさんも家に帰って遅れて参加。
Smさんは早朝、ソフトボールとソフトバレーの試合に出かけ、午後から参加。

最初はIi先生のボイトレ。
準備体操から始まる。声は出なかったが、徐々に指導で出るようになる。イメージを伴う指導。ぴったとイメージがはまると、声が思いがけず良く出る。
朝一番はつらいなあと思っていたが、すっかり調子が出る。

「風のうた」大中恩作曲。第四ステージ。真ん中の列の左端。隣がMtさん。
先生が昨夜の懇親会のことを話す。皆が良く覚えてますねえと言うと、酔っていないからねと言う。何時も冷静だからと言うと、忘れてほしいと誰かが言う。

「春の風」
何とか歌うが先生は不満げ。Ii先生は良く声が出てますよと褒めてくれた。
暗譜はまずまず。
「夏の風」
だんだん、寝不足と飲みすぎがたたってか眠くなってくる。
あまりさわやかな感じにならない。
「秋の風」
まぶたが重くなる。先生が他のパートを指導していると、まぶたが垂れ下がってくる。
「冬の風」
ソプラの方から、こっちを笑いながら眺めているので、気がついて目を開ける。Htさんを見たら目を瞑っている。
でもまだここらは良かった。

昼食。
弁当なので、外で食べる。
風が気持ちよい。
団長、Fjさん、Ksさん、Kkさん、Skさん、Msさんと一緒の7名。Htさんがジー(爺)7で、何を語らってるのですかと寄ってくる。

午後は、暗譜と疲れと眠気との格闘。
テナーは、Tkさんが来たので、全員9名揃う。

アンコール曲。
「帰りそびれたつばめ」大中恩作曲。
何とか、周りに助けられて暗譜で歌う。
「○と△の歌」武満徹作曲。
気持ちよく歌える。
「草原の別れ」大中恩作曲。
「幸福が遠すぎたら」大中恩作曲。
何度も歌っている曲。
ピアノのNk先生がアンコール4曲ですかと驚いている。

オープニング。後列真ん中。隣はNzさん、Ksさん。
「朝ゆえに」大中恩作曲。
毎年恒例の曲。

「木もれ日」大中恩作曲。
「ペンギン」
出だしの音を間違えたりするので、変だなと思う。眠気が急速に強まる。
先生が他のパートを指導している時は、目をつぶってしまう。舟をこぎそうになるのを必死でこらえる。
「木もれ日」
幸い、暗譜が一番進んでいる曲なので、すくわれる。
女性のほうから、眠気覚ましのペパーミントみたいなのが、回ってくる。
一瞬効果がある。
「灯」
先生は、元気で飛び回っている。多少ハイ気味ではあるが。
「落ち葉」
疲れがますますひどくなってくる。
「のら着」
首を振ったり、腕を回したりする。
「春の雨」
音が怪しいが、どうにもならない。

先生がたまりかねたのか、立って全曲通して歌うと言う。楽譜を皆ほとんど持たないで歌う。
「朝ゆえに」
「木もれ日」6曲。
ここまでは何とか。先生は音が下がってると不満げ。
「信じる」4曲。
前で歌う曲なので、緊張して歌う。
「くりかえす」で間違えたことがないところで音を間違える。先生がチェックする。
「島唄」5曲。
悲惨なことになる。
「何時も何度でも」は音が途切れる。
「隣ののトトロ」必死で歌う。リズムが狂うと修復できない。
「島唄」falsettoが出ない。テナーはメロディが多いから救われる。
「世界の約束」相当練習してきたのに成果なし。
「風の歌」4曲。
何時もうまく歌えるところで、ミスが出る。集中しようとするが、うまくいかない。

先生が演奏会大丈夫かなと言う。Smさんが大丈夫間に合いますよと言う。
何時ものことながら、直前合宿では打ちのめされ、皆が必死になってくる。
ご苦労さんで解散。後片付けをして早々に引き上げる。
帰りは、Ksさん、Mkさんと一緒。
がっくり疲れた。
明日から猛練習だ。

合宿初日

水曜会合宿に出かける。
新木場で降りて、駅で蕎麦を食べる。
歩いていたら、前にKsさんと日傘をさしたItさんがいる。声をかけて一緒に向かう。
東京スポーツ会館に向かう途中にディエゴの花が咲いている。
IMG_5017asd.jpg
会場までずっとディエゴの花だらけ。
IMG_5018asdr.jpg
「島唄」の歌詞にディエゴの花がある。「でいごのはなが咲き、かぜを呼びあらしがきた」。
「でんごんばん」にディエゴの花を載せれば良かったかなとちらと思う。

合宿場には既に先生をはじめ、多くの人が来ている。Icさんが、席を譲ろうとするので、私のほうが年下ですと断る。男性の最若手のNzさんが席を譲ろうとするので、老人のようだからと言って、断ろうとしたらHtさんが、受けなさいよというので、席を譲ってもらう。
フランス帰りのTdさんが来た。皆が囲む。大人気。

まだ、練習場があかないので多くの人がロビーで待っている。新体操らしきお嬢さんが多い。皆同じような体系ですらりとしている。
ここは東京都の管理なので、どれだけ待っていようが、時間が来なければ空けない。

ピアノを動かしてはいけないとのことなので、皆がぶつぶつ文句を言う。端っこに置いてあるので、コーラスをするのに、端に寄らねばならない。演奏会だってピアノを動かすのに、お役所仕事とぶつぶつ。
やっと会場の鍵が貰える。マネージャーのHmさん達が運んできた飲食類を部屋に運ぶ。
椅子を持ち込む。ピアノの周りに椅子を並べる。列ごとに数を数えて並べる。かなりなカーブなので前は混み、後ろはゆったり。
準備体操。発声練習。
最初は「島唄」を片付けようと先生が言う。
第三ステージ。アルト、ソプラノが両脇で男性が真ん中。私は後ろの真ん中。右にSkさん、左にTkさん。
テナーは、明日から参加のHmさん以外は全員揃う。8名。
Nk先生が現れる。近いのでのんびりしすぎたとのこと。
「翼をください」
今日は暗譜で通そう。
この曲は、無難に歌う。女性はほとんど暗譜。男性も暗譜が増えてきた。Htさん、団長、Skさんは暗譜。Kkさんも暗譜みたい。
「いつも何度でも」
この曲までは、まだ何とかなる。Skさんの声を聞きながら歌う。苦手なハミングも練習の成果が出て何とかこなす。
「となりのトトロ」
ぼろが出てくる。やっと歌っているという感じ。余裕が全くない。時々楽譜をちらちら見る。
誰かが間違えると自信がないのでつられて声がこもってしまう。
「島唄」
最初のfalsettoが出ない。家で練習したときは、楽々出たのに。やむなく口パク。
これがトラウマになって、歌詞を間違えるそうになる。両隣の声を聞いて直前修正する。
トップと分かれる「うみようちゅうよかみよいのちよ」は音が怪しい。
「世界の約束」
ハミングのところがことごとく自信のない歌い方。何度も練習してきているはずだが、周りの音を聞いてからでないと出せない。だんだん怪しくなって楽譜を見る。

先生が聞いてきた演奏会でカウンターテナーが良かったと言う。Kkさんにカウンターテナーになってアルトに入ったらとか言う。

最初に疲れてしまう。

休憩時間が時々入る。水を飲んだり、Tdさん手作りのクッキーを食べたりする。

「木もれ日」大中恩作曲。男性は左による。第一ステージ。私は後列。真ん中。右がNzさん、左がKsさん。二人とも声が大きいので助かる。
団長が運んできたキーボードを使う。アカペラなので、Nk先生もアルトに入る。

「ペンギン」
先生がペリカンと言う。今までずっとペリカンと思ってたみたい。本当かな。
「木もれ日」
暗譜。無難に歌う。
「灯」
あんなに嫌な曲だったのに、暗譜して歌うと良い曲。
「落ち葉」
今日はソプラノに厳しい。なぜか、並びのせいか。ソプラノは後ろが、空いているので、声が反響しないのかな。テナーは後ろが薄い壁。
「のら着」
怪しいところがあるが修正。
「春の雨」
暗譜が少し怪しい。楽譜を見直す。

6曲全部通して歌うと先生が言う。
暗譜で歌う。何とか歌える。この曲が一番速くものになりそう。
なぜかテナーを褒める。いつもは私が最前列で歌っているが、後ろに回ったので良くなったかなとちらと思う。
Msさんが得意の駄洒落を連発して、Nk先生が拍手をすると、先生が褒めると付け上がって止まらなくなるから褒めないようにと言う。

部屋に荷物を運ぶ。4人部屋。団長、Fjさん、Mkさんと一緒。老人グループと揶揄。
食事。
お菜が多いのに、カレー。このカレーがいまいち。
つい食べ過ぎておなか一杯。
腹こなしに散策。
少し風が出て小寒い。新体操のお嬢さんが盛んに道路で練習している。新体操の団体戦があるようで、中学か高校くらいの女性が一杯。
ディエゴを見ながら、ヨットハーバーまで歩く。ヨットでパーティをやっている。

「信じる」松下耕作曲。第二ステージ。前列。右にSkさん、左にTkさん。歌いやすい並び。後ろはMtさんだが今日はお休み。
「ふるさとの星」
最前列なので、練習量は多くしてきた。まあまあかな。
ソプラノの音が下がると珍しくやり直し。テナーで定番だった、列ごとの練習もしている。厳しいなあ。
「くり返す」
自信があったが、怪しいとこが出てきた。見直そう。
「泣けばいい」
言葉を間違えそうになる。まだ暗譜が足りない。
「信じる」
もうへとへと。先生は元気だなあ。

やっと終了。
部屋に戻る。ベッドと布団とあり、あみだで決める。私は布団。
風呂に入るのがおっくうなので、カット。

宴会に行く。
バスのTkさんから、商店街の150円サービスの話を聞く。新聞にも載った。横浜開港150周年を記念しての150円の商品を揃えたそうだ。お客が相当増えている。この不景気にめでたい。
Htさんは浴衣に着替えている。
先生が浴衣で現れる。誰もいない席に着く。Htさんが同席。少し寂しいので、枯れ木も山の賑わいで私も同席。何かしゃべったが、忘れてしまった。歌の話だったかな。
Ydさんが持ってきた赤ワインが美味。美味い。Snさんが進められているが、白が良いと言うので、赤が美味しいよと言ったが気がつかない。名前が出てこない。先生がSnさんに声をかける。
Fjさんが、私は皆に誤解されていると言うので、正しく理解してますよと皆が一斉に言う。Fjさんが自分を誤解してるんです。
Icさんが真面目に先生と音楽談義。
Nk先生が現れ、周りで乾杯している。
カメラを構えたら、TsさんとGtさんがにっこり。皆がついでに乾杯。
Nzさんがビールの補充を買ってくる。良く働く。
だんだん酔いが回ってくる。
段々、何を話してるかわからなくなる。HmさんとYnさんと熱心に話したが思い出せない。団長もそばにいた。
Ttさんのスペイン語学実習のアルバムを見せてもらう。セゴビアの水道橋が素晴らしい。行ってみたくなる。いろんな人たちといろんな場所で楽しく過ごしたのが良くわかる。
この後は、写真を撮って回ったが、うろついたので余計酔いが回る。
先生がいなくなったら引き上げようと思ったが、引き止められてなかなかいなくならない。もう0時を過ぎたので、明日のこともあり、引き上げる。
ああ面白かった。

久しぶりの松の川緑道

朝から暗譜の練習。
前列で歌う「信じる」4曲と難曲「島唄」5曲に力が入る。
「島唄」の「となりのトトロ」「島唄」「世界の約束」の暗譜が何度やってもおぼつかない。言葉のないtututu・・・などのリズム。ハミングやlu-lu-lu・・・、o-o-、u-u-の音程が覚えられない。

疲れ果てて久しぶりに松の川緑道に行く。
夾竹桃が咲き出す。
IMG_4999gfhfgh.jpg
緑道に入ったらスポーツ帰りの学生が、おお涼しいぜと喜んでいる。
アジサイが多い。
IMG_4998cxvxcv.jpg
IMG_5004cvvcb.jpg
ラクビー場は、監督かコーチが皆を集めて指示を出している。
サッカー場は、練習は終わったようで、後片付け。
ホッケー場は、珍しくまだ声を上げて練習している。
野球場は練習終わりの掃除とランニングをしている。若者がとおりで足を広げる屈伸運動。頬が紅潮して若さ一杯。
小さな小川の小エビはいない。子供が水鉄砲で小エビの作った穴を狙っている。全滅したかなあと思ったら、小さな小池に金魚と一緒にいた。生き延びたようだ。
子供がコンクリートの傾斜地を滑り降りている。男の子は坂が上がれず、向こうから回って上に行くよ叫んでいる。女の子はよじ登ろうとしている。

以前庭にあったアルストロメリア。
IMG_5009cvbcvb.jpg
シモツケ
IMG_5010fggfgf.jpg
ブラシの木
IMG_5011dsfsdf.jpg

帰宅してシャワーを浴びて、練習。
全曲歌う。
うまく歌えたら、次に進む方式。
「となりのトトロ」でつっかえる。何度やってもリズムに乗れない。ままよと次に進む。
「島唄」は何とかこなしたが、「世界の約束」でつっかかる。あきらめて次に行く。
3時間くらい歌ったら声がかすれてきた。

もういいや。後は合宿でがんばろう。

暗譜暗譜で日が暮れる

合宿までに暗譜を済ませたい。
朝から暗譜に取り組む。
演奏会の順に暗譜。

オープニング「朝ゆえに」大中恩作曲。
毎年歌っている。表情豊かに歌ってみようとするが難しい。

「木もれ日」大中恩作曲。6曲。
半音づつの変化が多く、歌いにくかったがいつの間にか歌えるようになり、暗譜も進む。
「春の雨」を何度も練習。

「信じる」松下耕作曲。4曲。
前列で歌う曲なので、念入りに練習。
「ふるさとの星」「信じる」を何度も練習。

疲れが出てきて一休み。
庭を眺める。
ベコニア。今年は冬越しがうまく行って凄く咲く。
IMG_4981jhghj.jpg
キンシバイ
IMG_4987hgjhgj.jpg
ザクロの一種。花が増えてきた。
IMG_4991hgjhj.jpg
チェリーセージ
IMG_4993jkljkl.jpg

午後から再開。
難曲中の難曲「島唄」東京混声合唱団愛唱曲集。5曲。
「となりのトトロ」「世界の約束」は何度歌っても暗譜できない。時間を凄くかけてくたびれはてる。

「風の歌」大中恩作曲。4曲。
「冬の風」を何度も練習。まだ怪しかったがもうグロッキー。

風のうた

いよいよ演奏会7月4日が近づいてきた。今週末土日は合宿。
24曲の暗譜。途中、入院などで2ヵ月半以上休んだせいか、前回より暗譜が進んでいない。
このところの練習量は増やしているが、まだ自信がない。

「風のうた」の練習。
難しい曲ではないが、おぼえきれていない。

庭仕事を少し。道をふさいでいる宿根サルビアや、ノウゼンカズラを切る。キンシバイなども切る。
宿根サルビアは夏に向けてどんどん増える。
IMG_4986sdft.jpg
キンシバイは枝がどんどん伸びる。
IMG_4978fdgfdg.jpg
クリスマスローズに進出してきた、宿根サルビアを抜く。
プランターの雑草を抜く。汗が出てくる。
アスチルベ
IMG_4972kjhhjk.jpg
バーベナ・テネラ
IMG_4974jkhhjk.jpg
コバノランタナ
IMG_4979hgjhgj.jpg
ホクシア
IMG_4985kjlkjl.jpg

水曜会。
Ydさんがすでに机を並べている。
演奏会と同じ並びで机を並べる。
並べ終わって、ぼんやりしていたら、Hmさんがニコニコこちらを向くので、挨拶してるのかと思い、ニコニコし返したら、クーラーの噴出し口にカーテンをつけてくれという合図だった。
Ttさんから直ってよかったわねと声をかけられる。

テナーは、Tkさん、Htさん、Ksさん、Skさん。遅れて団長、Kkさん。今日はNzさんとMtさんが休み。7名。
「草原の別れ」大中恩作曲。
何度も歌っているが、特に練習してないので、暗譜が怪しいが、周りがしっかり歌うので、大丈夫。

「風のうた」大中恩作曲。
並びは、真ん中で、隣はMtさんでお休み。
「春の風」。
先生が団長の噂をしたら、団長が現れる。どっと受けたが、本人はきょとんとしている。
次は誰と皆が聞いたらSkさんと答える。
その後、Skさんが現れ、これも受けたが、本人は何のことやらわからず。
最初「ちらちら・・・」から入ったので、テナーが出そこなう。
後ろがThさんで前が団長。前の真ん中がKkさん、右がSkさん。前列にしっかり組が揃う。団長の声はすぐ前なので聞こえないが、TkさんとSkさんの声はよく聞こえる。真ん中は歌いやすい。

「夏の風」。
さわやかな感じを意識するようにと言われる。暗譜はまずまず。

休憩時間。
バスのTkさんから完治しておめでとうと言われる。Mkさんからももう大丈夫ですかと言われ、Htさんからも良かったと言われる。
とうとう合宿直前。演奏会までは一ヶ月をきった。
合宿までに暗譜するようにと先生が言うとHtさんがはいっと元気良く答える。皆が思わず振り返る。
返事するだけでも凄い。

「秋の風」
曲ごとに雰囲気を変えるようにと言われる。うーん。余裕のある人にやってもらおう。

「冬の風」
長い曲。4曲の中で一番暗譜の練習をした。
周りの声を聞いて、何とか歌う。
4曲、ほぼ暗譜できたかなあ。

「○と△の歌」武満徹。
暗譜は怪しい。

「帰りそびれたつばめ」大中恩作曲。
何とか暗譜出来たかな。

疲れた。
バスのTkさんが疲れたといってるので、安心する。
Htさんからもっと外に出るのを減らさないとだめですよと忠告される。

飲み会。迷ったが、参加。
傍に、Fjさん、Szさん、Tzさん、Msさんがいる。
「島唄」の暗譜が進まず、誰が選曲したのかと聞いたら、先生。先生は、一般に知られている曲を入れたと説明する。ちゃんと答えるのが真面目。
Fjさんと馬鹿話をして調子が出る。ワイン飲みすぎた。

久しぶりの江川せせらぎ遊歩道

Sさんが、接骨医に行く途中にホタルブクロが咲いているから見に行かないかと聞く。すぐに同調。
ホタルブクロは残念ながら、盛りが過ぎていた。
IMG_4935nmbnm.jpg
奥に孔雀サボテンが咲いている。
IMG_4934dsfdsf.jpg

Sさんは接骨医に行き、私は久しぶりに江川せせらぎ遊歩道に行く。
IMG_4968bnvbvn.jpg
タチアオイが花盛り。
IMG_4936hgjghj.jpg
IMG_4939vcbvcb.jpg
鯉も元気。矢上川の鯉は群れて泳いでいるが何の習性だろう。
IMG_4938bvbvnnb.jpg
亀が日向ぼっこ。心無い大人に取られなければ良いが。
IMG_4943ghjghj.jpg
カルガモの雛が多い。親がいなくて子供ばかり。どこもそうなので、見ている人が親はどこに行ったんだろうと不思議がる。
IMG_4954hghgj.jpg
アジサイは一杯。
IMG_4964gfhfgh.jpg
フサフジウツギも散見。
IMG_4945vnv.jpg
ディエゴは咲き始め。
IMG_4948cvbvcb.jpg

小魚がいないかと目を凝らしたが、数が激減。大人が夢中になって大きなたもですくっている。持ち帰ってもすぐに死んでしまうだろうに、何故取るんだろう。休日はずらりと並んで取っている。今日はそれ程でもないが、大の大人が夢中。

いらいらして上流に向かう。水がよどんでいる所に、いたいた。小魚の群れがいる。それから目を凝らして見るとそこここに小魚が一杯。うまく生き延びろよと応援。

途中、一休み。暑い。汗ばむ。

小魚が生き延びていたので、満足して帰る。

帰って、暗譜と苦吟。
時間が足りない。

夜、Omさんがメモリを持ってきてくれる。メモリ容量が少ないので遅い。メモリを増設して、スピードアップをはかる。これで当分、大丈夫でしょうと言う。重ね重ね申し訳なし。
Sさんに夕食を作ってもらい、一緒に食べる。
会社の話題や、昔の仲間の現状など聞く。今まで苦労は、定年後にきっと報われるよと激励。

前立腺癌完治

3回目の手術(5月15日)後、初の外来診察。
今までのルートと違うルートをSさんが開拓したので、地図を片手に病院に向かう。
ところがどこで間違えたか、10分くらいで着くはずが道が違う。やむなくおばさんに2回ほど、道を聞いてたどり着く。二人とも親切に教えてくれる。病人だと思うのだろう。

病院について、尿の勢いの検査。測定器が自動で、結果を印刷してくる。その後、処置室に行くように言われたのだが、あまり長く呼び出されないので、受付で確認したら、処置室の呼び出しを聞き逃していた。処置室で残尿の検査をするのに時間がたちすぎているので、再び排尿。測定結果は残尿はほとんどなく問題なし。

この後の診察までの時間が長い。予約してあるが、私の主治医は特に患者が多く、大幅に時間が遅れる。後ろの爺さんが、予約したのにちっとも呼び出されない。これでは予約した意味がないとぶつぶつ。始めはそうだそうだと思ったが、延々と同じことを聞かされると、暇なんだから我慢しなと言いたくなる。その点お婆さんは我慢強い。おしゃべりをして時間をつぶすのが上手い。

やっと診察。
PSA値は、0.002で癌は完治。先生はにっこにこ。後は再発の心配だけ。当分大丈夫。
尿は良く出るようになったと報告。
しかし尿ををし終るとき、鈍痛があるのと、歩く時、時々痛むと訴える。主治医は、次第に良くなりますよ。尿が濃いと痛みが強いのでどんどん水を飲んで尿を出すようにといわれる。そういえば尿は濃い。
山登った後、痛むような気がするので、聞いたが、関係ないとのこと。とにかく歩くことは良いこと。
痛み止めを出しましょうかと言うので、それ程ではないと断る。
次回は、9月。
終わったら、気が楽になる。頭の片隅で心配していたみたい。癌経験者のSさんからは、絶対大丈夫よと太鼓判を押されていたが、鈍痛があり潜在意識でなんとなく不安だったが、これですっきり。

帰りは、新ルートで帰ったが、簡単に駅に着く。来る時に間違えた箇所もわかる。
途中の縁切り榎。
IMG_4914fdg.jpg
「江戸期、離婚を望みながら、簡単には離婚できない女性たちがここで祈願し、榎の皮を削り夫に飲ませると離縁できるという因習を信じ実行していた。」そうだ。
IMG_4915fghfg.jpg
百合。
IMG_4917sdf.jpg

主治医を紹介してくれたAkさんのところに向かう。時間がすっかり遅れてしまったが、Ak医院の電話番号を携帯に入れるのを忘れたので、連絡取れない。Akさんから携帯に電話が入ってしまう。謝ってから、今向かっていると答える。
医院に到着。Akさんと昼食に向かう。以前行った店は店じまい。次に向かった店は、開いていない。やむなく初めての店に入る。中華。まずまず。
今日の結果を報告。前立腺癌が治ったことを喜んでくれる。だがその後、2回も手術して大変だったなあという。

Ak医院の増築中の建物を見せてもらう。この前来た時は、まだ未完成だったが、ほぼ完成。医療機器を運ぶばかり。屋上にガーディニングする場所を作ってある。それはいいことだ。
Akさんの部屋に戻り、コーヒーを頂く。
三浦半島の小網代の森とか湾の写真を見せてもらう。良いところだから是非Sさんと行ったらと薦められる。東久留米の落合川も良い。今度行ってみよう。
だんだん自然が好きになってきたという。同感同感。
Sさんの網膜剥離について、いろいろ質問する。再び起こる確率もあるようで、次はAkさんにお願いしよう。
昼休みの時間が終わりに近づいた(午後の診察が始まる)ので、別れる。

帰って、Sさんに診察結果とAkさんから聞いた網膜剥離の事を報告。

次男との会話

昨夜遅く結婚式から次男が帰って来る。
大阪から次男がせっかくやってきたので、約束していたAdさんのコンサートに行くのををドタキャン。この頃、ドタキャンが多くなり、不義理が増える。
早朝、ドタキャンのメールをしたが、目に留まらず、一緒に行くはずだったFmさんより、コンサート会場のどこにいるのとメールが来てしまう。平謝り。

次男がゆっくり起きてくる。Sさんは歌舞伎で外出。大急ぎで帰ってくるからそれまでいるようにと言い残す。

次男との会話。
朝食をきちんととってるかとか、部屋は綺麗かとか、夜更かししてないかとか、無駄使いしてないかとか、洗濯してるかとか、ちょっと母親臭い。
仕事の話を聞いたら、俄然饒舌になる。現場にも行けて面白いらしい。不況なのに仕事が多いという。顧客を開拓するために安くしている。良い仕事をすれば次も注文をくれる。いっぱしの経営者みたい。
仲間も良いそうだ。今までいた職場より、年齢が若いし女性も多い。皆意欲的で雰囲気も良い。良い所に変わったみたいだ。
資格も取りたいと休みは図書で勉強してるという。家にいたときより、意欲的。親元にいると甘えが出るのだろう。

一昨日、OkさんにOSを再インストールして貰ったが、プログラムが一部抜けていたのに気づく。後ろめたいが、またまたOkさんに頼む。昼ごろ、現れ、ささっと追加してくれる。

次男は、その間、洗車。スキーを載せるキャリーのねじが取れていたのも直す。良く働く。
昨日は、夜行バスで到着して早々に、私が部屋を整理して大量に出したごみをSさんと分別。うーん家にいたときとは、見違えるよう。

少し庭仕事。
ザクロの一種かな。初めて咲く。
IMG_4897ghffgh.jpg
オキザリス
IMG_4909hgjghj.jpg
ミリオン・ベル
IMG_4912hgjhg.jpg
コンボルブルス・サバティウス(ヒルガオ科)
IMG_4902jhkjhk.jpg

Sさんが汗をかきかき帰ってくる。あわただしく会話をして、次男は大阪へ。体気をつけて頑張れよ。

同期会

パソコンの回復に午前3時までかかったので、眠い。
Okさんは早々と帰宅。何時も世話になりっぱなし。

大阪にいる次男が突然現れる。結婚式に参加するので上京。
仕事は面白いし、不況にもかかわらず忙しいそうだ。職場も活気があって満足してるよう。
明日もいるというので、明日じっくり付き合おう。

同期会が昼食会なので出かける。

近所のゼラニウム。この家は何時も花の手入れが良い。
IMG_4882sdfsdf.jpg
ミッキーマウス。真ん中の身がミッキーの鼻。
IMG_4884vbnvbn.jpg
チロリアンハット。昨年までは我が家の庭で咲いていたが枯れてしまった。
IMG_4885dfgdfg.jpg
アジサイ。雨にはぴったり。
IMG_4886bnmbnm.jpg
IMG_4890vbnvbn.jpg

昨年と同じ「グリル満天星」。
途中でSaさんに会う。元気そうだねと言う。快気祝いをしてくれた。
幹事はNbさん。Nkさんが急遽亡くなったので幹事を引き受ける。25名参加。60名強の学科だったのでよく集まった。
隣にOjさん。快気祝いの後、また手術したのと聞く。ジャズ大好き人間。ジャズが歌える場所を良く知っている。コーラスにそんなに夢中になるならと水曜会の演奏会に来るという。
以前も来たNjさんも来てくれる。元コーラス部。他にIzさん、Nhさん、Skさんにチケットを渡す。随分来てくれそうで嬉しい。緊張しちゃうな。コーラスに夢中と宣伝したのでどんなかなと思ったのと、病後の状態を心配してきてくれるのだろう。
Izさんは、ゴルフ部。ゴルフは出来るのと気遣う。
Trさんと卒業以来始めて会う。肺の疾患で随分やせた。笑顔は変わらず、体育系のすかっとしたところも変わらず。地方から遠路はるばるやってくる。
初参加でUdさんが挨拶。相変わらず学究の人。
Onさんが、ネパールの子供たちに不要になったPCを送ってほしいとPR。山男が偉い。
Nbさん、Skさん、Saさん、Ngさん、Mnさんなどと会話。美味しいワインをいただく。
Nbさんが前立腺がんの経験談を話せというので、コーラス水曜会にはまっている話をしてから、前立腺がんの話をする。ここにいる人の何人かはなる確率が高いと脅す。PSA値が高くなったら相談してくれという。
2時間半になったところでお開き。

2次会は、研究室の仲間とHsさんと一緒に喫茶店に行く。
隣に座ったSiさんと会話。絵に熱心。いろいろ入賞している。今度東京で出すときは見に行くと約束。他に老人のケアなど地域に密着している。地域の名士。

睡眠不足で参加できるかなと思ったが、凄く楽しかった。
Sさんに楽しかったよと報告。

パソコン

新しいヴィールスバスターを入れたが、更新エラーになる。メールでやりとりして、その指示通りの作業を繰り返したが直らない。最後にOS側の問題らしいということになる。そこで、Hrさん経由でお助けマンのOkさんに連絡を取る。OSのヴァージョンアップも出来ないので、多分OSを再セットアップするしかないということになる。
Okさんには、いつもいつも無理をお願いして助けてもらっている。何時も快く応じてくれるので、心苦しい。
OSを入れ直すとなると、バックアップがいる。
バックアップをCDに取る。メールも1ヶ月くらいの受信データをバックアップ。(後でわかったが)メールアドレスは取りそこなった。
この作業に、かなり時間をとられる。

Okさんがやってくる。
バックアップ用のHDDを持ってきて、データを吸い上げる。
OSを再インストール。かなりの時間がかかる。

近況をいろいろ聞く。多分3,4年は会っていない。苦労してるが底抜けに明るいので救われる。

OSのヴァージョンアップは出来るようになる。ヴィールスバスターの更新も出来る。同じ理由だったのだ。
ところが、メールが戻らない。受信は出来るが、送信が出来ない。何度も確認したがわからず。もう一度はじめからやり直し。OSのセットアップ。

時間がかかりそうなので、Sさんに食事を作ってもらう。SさんはOkさんのファン。喜んで食事してくれる。Sさんとの会話も弾む。

世もふけてくる。Okさんは単身赴任。奥さんから電話。まずいことした。愛知に帰れなくなった。

回復作業が進んで、再び、メールをセット。送信が出来ない。
今度は、単純なミスに気づく。復活。やれやれ。それから復元作業が終わったのが午前3時。
Okさんは昨日も仕事で午前3時までかかったそうで、顔がどす黒くなってきた。早々に休んでもらう。
申し訳ない。

懐かしい顔

退院後、体力がまだ回復途上で、疲れやすい。
庭仕事をするが1時間以上やるとこたえる。気長にゆっくり回復を待とう。

アスチルベの白が終わるとピンクが咲き出す。
IMG_4868dfgrte.jpg
宿根サルビアは蜜に釣られてミツバチがやってくる。
IMG_4875fdgrt.jpg
ハナキリンは、冬は家の中で春は外で1年中楽しめる。
IMG_4877dfgfg.jpg
ケマンソウは、再び咲き出す。
IMG_4881gfhfgh.jpg

鬼かけの会のkmさんが、亀戸大根が食べたいというので、Szさんがアレンジ。その時、場所を確保してくれたのが、Moさん。Moさんに会うのは久しぶりで、大変嬉しく会話したが、その時、Skさんの話が出る。彼には、もう10年くらいは会っていない。是非会いたいと言ったら、Moさんがアレンジしてくれて、本日実現。
東京駅で待ち合わせ。Moさんはすでに来ている。実に色艶が良い。さすが現役営業マン。
しばらくして懐かしのSkさんが現れる。10年前と変わらない。また実に色艶が良い。バリバリの営業マン。
お店は、「いけ増」。
行く途中で、懐かしい顔に偶然会う。人との出会いは不思議。

Skさんの近況を聞く。いろいろ苦労を乗り越えて今日あると思うが、微塵もそれを感じさせないのがすばらしい。音楽に精通しているので、会社生活が終わってもやることは一杯ある。人生が仕事だけで終わってしまうのはつまらないと思い出したそうだ。その気持ちは、極彩色生活の始まる5年位前に私自身も感じたことなので、良く理解できる。奥さんは、もう少し頑張ってと言ってるそうだ。
Skさん、Moさんに大変お世話になっている人が多い。21世紀会関東会にこのような仲間が集まるので、参加を依頼する。二人とも快く承諾。
二人とも家庭円満のようで、奥さんの話が良く出る。奥さんの話を楽しそうにするのは、仲が良い証拠。来年、中国・九塞溝に仲間たち夫婦で行く話が出て、Sさんが行きたがっているので、ぜひ参加させてくれとお願いをする。
ビールにワインと少し飲みすぎる。
楽しく談笑する間に、あっという間に時間はたつ。
またの再会を期して分かれる。

ああ島唄

朝の庭仕事。
肥料をまく。
朝顔の芽が大きくなってきた。
近所のおじいさんに貰ったアジサイが咲き出す。
IMG_4853sdaew.jpg
違った種類のクレマチスが咲く。
IMG_4854fghfg.jpg
バラ。
IMG_4855ghffgh.jpg
キンシバイ。
IMG_4858hjkjhk.jpg
ペチュニア。
IMG_4863hjgghj.jpg
チェリーセージ。
IMG_4867hghgf.jpg

水曜会。
早めに行って、「でんごんばん」の記事の修正。
演奏会の衣装係のAdさんが作成してくれた記事を私が間違えて一部言葉を落としてしまい、Adさんが修正用の小さな張り紙を用意してくれ、それを貼り付ける。女性の衣装の文章なので、ソプラノ、アルトと先生の分だけ直す。前回は右綴じと言うミスをし、今回は文字の脱落ミスをした。まだ修行が足りない。
無事、修正して「でんごんばん」を配る。一安心。
先輩編集者のTtさん、Twさんから慰労される。

テナーは、今日も全員出席。さすがに追い込みが凄い。働いている人は、責任感が強い。
Mtさんが早い。Htさん、Ksさん、Tkさん、Skさん、団長。Kkさん。最後にNzさん。9人。

「島唄」。東京混声合唱団愛唱歌曲集。
最も練習している時間は長いが、暗譜がままならない。メロディよりほとんどリズム。
島唄は、第三ステージ。並びが男性真ん中。両脇ソプラノとアルト。(先生がアルトが真ん中にいるつもりで振ってしまい、アルトに謝っている。ご愛嬌。)

3列の最後尾。隣にTkさんとSkさん。
「翼をください」
暗譜が最も進んでいる。
喉でコントロールしないで、お腹でコントロールするようにと言われる。

「いつも何度でも」
「とじていくおもいでの・・・」以降の息継ぎが苦しかったが、Ii先生のボイトレで教えて貰った成果が出る。ハミングがまだ少しいい加減。

3曲目は順番が変わって「となりのトトロ」。
最後の曲が「世界の約束」
なぜ、順番が変わったんだろうと言ったら、Skさんが島唄を最後に持ってくるとあらが目立つからじゃにないのとつぶやく。
最も練習してきた。暗譜で歌ってみる。
ところどころ飛ばしてしまう。「tu tu tu tutututu tu tu tutu」の終わりのtutuを忘れる。mfなのでまずい。「dudubdubdu」も口ごもることがある。
テンポが速いので、Skさんを聞きながら歌うというわけにいかない。一度歌い損なうと復帰できない。体で覚える!
珍しくソプラノが何度もやり直しさせられている。
「島唄」全般にソプラノは高い音が多いので大変。声がわれるとすぐにやり直し。

休憩。疲れたあ。
Hmさんが新作「スタートレック」を見てきたという。スポック人形を見せてくれる。スポック大好き人間がここにもいた。先を越された。見に行かなくちゃ。
団長の挨拶で、「でんごんばん」を演奏会やボイトレ、合唱際の記事が載っているので見るようにと、
紹介してくれる。今度は左綴じですと一言追加する。
Htさんが打ち上げの紹介。

先生が、暗譜が目的でなくて、暗譜して曲を理解して上手に歌うことが目的という。うーん、やっと暗譜して演奏会にたどり着くのが私の現状。

「島唄」
最初のfalsettoは、Ii先生の指導を受けて何とか出る?
「うみようちゅうよ、かみよいのちよ」のテナーが二声に分かれるところはちと怪しい。

「世界の約束」
Skさんにあわせて何とか歌えるかな。

「となりのトトロ」をもう一度練習。

最後に「○と△の歌」武満徹作曲。
立って歌う。暗譜はまだできていない。楽譜をちらちら見る。

終わった。疲れる。
後ろは気楽だが、後ろから声が聞こえないのが難点。両隣のSkさん、Tkさんが頼り。

飲み会はパス。
Kkさんと一緒になる。Mzさんと山に登った話が話題になる。Mzは綺麗なバリトンという。コーラスにいつか入ってほしいと話し合う。
Siさんと電車で一緒。「島唄」はソプラノは高音が多くて、大変と言う。確かにソプラノは限界に挑むみたいな曲が多い。

鈴ケ滝湖

昨夜は鼾でよく眠れず。
そうはいっても私もきっとかいていたことだろう。
スキーか山小屋でない限り、4人部屋ということはめったにない。そう言えば病室は4人部屋だった。

朝風呂に入る。
天気が良くて気持ちが良い。露天風呂大好き。

朝食後、一柿会の皆さんとお別れ。
今回からこの会に参加するTmさんは、ゴルフのみの参加だが、私がゴルフをドタキャンすることを聞いて、もといた事業所に行くようアレンジしてくれる。OBはなるべくこう言う事をしていけないのだが、まあいいかと好意に甘えて行く事にする。
迎えの車が来るまで時間があるので、金泉閣 の裏をぶらぶら散歩。
IMG_4835bvnbvn.jpg
鈴ケ滝に行く。
小さいお宮さんにおまいり。
そのすぐ後ろに鈴ケ滝。
IMG_4839jjhjhjh.jpg
10mと書いてあったが、そんなにあるようには見えない。
その奥に鈴ケ滝湖があるというので坂道を登る。寝不足にはちょっときついが、階段などを上がって到着。温泉客が先客で来ている。
IMG_4847ghjhgj.jpg
何の変哲もないが静かなのがとりえ。
鯉がゆったり泳いでいる。
少し奥に向かう。東海道自然歩道。ずっと行けば猿投山に行く。森林浴。鳥の声。
上り坂に入るところで引き返す。
湖に戻ったら、温泉客は引き上げていて、静寂。
しばし、椅子に腰掛けて、ぼんやり湖を眺める。こういう時間は大好き。

時間が十分たったので、引き上げる。
顔なじみのYu運転手の公用車に乗る。いろいろ話を聞いて楽しい。
事業所につく。
Hrさんに会う。秘書のSnさんにも会えて喜ぶ。
会社の事業状況を聞く。不況の中、よく頑張ってるなあ。
大好きな工場見学。
途中で、Fjさんが合流。
鳥(閑古鳥)が飛んでますと言われて覚悟して見学したが、ものがまずまず流れていてほっとする。
ラインは編成しなおしたそうで、すっきりしている。これで物がバンバン流れたら壮観。
現場の懐かしい顔に会う。
ここにちょっと言われて寄ったら、Tnさんなど懐かしい顔がいる。懐かしいHnさんに会う。
もう一箇所寄る。Omさんに入り口でばったり。やあやあ。
Frさん、Tyさん、Imさんなど懐かしい顔に会えて喜ぶ。Sy夫人がコーヒーを入れてくれる。談笑。コーヒーのお代わりをしてしまう。

部屋の戻って昼食。
Hrさん、FjさんにSjさんが加わる。
事業内容などのやり取りを聞いて大変だなあと思う。
Srさんに会いたかったが言いそびれる。

帰りは、**運転手。この方とも良く知った仲。聞いたら手術したとのこと。
来シーズンスキーに一緒に行けたらと話し合う。

新幹線ではほとんど眠る。

猿投温泉

朝起きて体調と相談し、明日のゴルフをまたまたドタキャンすることに。山の疲れがとれない。
一柿会の幹事Ynさんに電話。ゴルフをやめると連絡。猿投温泉の懇親会には行くという。
これでドタキャン3度目。自己管理が出来ていない。

時間があるので、水曜会の練習。
とうとう6月に突入。7月4日の演奏会まで、あとわずか。ほとんど毎日2時間近く練習しているが、暗譜は未だ道半ば。「島唄」。最も難しい曲が集中している。

庭を少し眺める。
ケマンソウが再び咲き出す。
IMG_4790sdsdf.jpg
枝が折れて弱り目の小さな花。名前は?
IMG_4792sdfsfd.jpg
ムラサキツユクサ。雨によく合う。
IMG_4793dsfsdf.jpg
ホクシアは花が一杯。
IMG_4796asd.jpg
バラも良く咲く。
IMG_4798sdfsfd.jpg

名古屋に向けて出発。
藤が丘の駅で、待ち合わせ。
一柿会のメンバ。
一柿会は、大門句会で初めて特選を貰った句より名前をつけて貰った。命名者はNdさん。
夕暮や山道下り柿ひとつ

Tnさんに待ち合わせの場所で会う。ゴルフのドタキャンを謝る。あまり無理するなよと言われる。
Tsさん、Tmさん、Azさん、山でご一緒したばかりのMmさん。
最長老のKsさん運転の車に乗る。
猿投温泉。金泉閣。

皆に体のことを心配してもらう。Hmさんからは、一番元気そうじゃないかと励まされる。
Tsさんからは、前立腺がんのことをいろいろ聞かれる。Tsさんも前立腺がんで超音波で治療したが再びPSAが高くなってきた。

10人。若手?4人と同室。Mmさん、幹事のYnさん、Azさん。
浴衣に着替えて、温泉に入る。岩風呂。なかなか気分が良い。

宴会が始まる前にビールで乾杯。
Mmさんは、奥さんの体調を心配している。お互いに奥さんが体を崩すとどうしょうもない。

宴会。
Tmさんの乾杯で始まる。
Tmさん、Tnさんからカメラの露出や絞りの話、デジカメの加工の話を聞く。Tnさんから私のカメラを見ていいカメラだよと言って貰い喜ぶ。
Tmさんから、無理するなよとこんこんと言われる。おれより先に死ぬなよと。
Ndさんからも、ハードの変化に伴ってソフトをヴァージョンアップしなければいけないと言われる。少し生活を改めねばいけない。
最長老のKsさんからは、一緒に回りたかったなあと残念がられる。
Azさんが持ち込みの酒を真中において、ロックを作ったりするので、仲居さんから端でやってとたしなめられる。
Ynさんのゴルフがしぶといという話題で盛り上がる。
Tsさんから水曜会演奏会に奥さんと一緒に聞きに来ると言って貰い、チケットを渡す。
Hmさんは、相変わらず声が大きい。目を剥いて何か議論している。
Mmさんは、痩せすぎて少し太ったほうが良いといわれているそうだ。ダイエットの成功者。

すっかり良い気持ち。
二次会は勘弁してもらい早々と寝る。
夜中に、鼾の合唱で目覚める。眠れず。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Y・K

Y・K

FC2ブログへようこそ!

極彩色生活:赤字黒字の会社生活と異なり、感動、興味、ときめきの極彩色社会生活のことを言う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。