2010-04

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンコーネ25

Ii先生のボイトレの日。
眼が覚めたら、出かければならない10分前。昨日のHrちゃんとの井の頭公園散策で、すっかり疲れてしまって、眠りこけた。大慌てで、バナナを食べて、飛び出そうとしたら、歯を磨きなさいとSさんに言われて、大急ぎで磨く。
駅まで、駆けに駆けて電車に飛び乗る。目黒線の急行に乗れたので、何時もと違うルートで行く。車中、コンコーネ25番をおさらい。リズムも音も取れていない。練習はしたんだが、苦手なリズム。

駅からも駆けて、はあはあと時間ぎりぎりに到着。タッチの差でIi先生より早く来た。ゆっくり待っていたような顔をして、練習室に入る。
発声練習。駆けたのが良かったのか、高い声がスムーズに出る。Ii先生から随分高い声が発掘されましたねえとおだてられる。
ここまでは良かったが、コンコーネ25番が始まるとメロメロ。
付点八分音符と16分音符の4連符とかが来るとリズムが狂う。八分音符を手拍子でとる。休符の入った3連府でおかしくなる。その内、音も狂いだす。最後は、リズムだけ正しく取れるように練習。
久しぶりに、次回も同じ練習をすることになる。

武満徹作曲のハミングの練習。何とか時間切れでしのぐ。
どっと疲れた。

気晴らしに近所の公園を散策。
藤。
IMG_4734hfghg.jpg
ツツジ。
IMG_4738rwerew.jpg
IMG_4739hjgghj.jpg
八重桜。
IMG_4741rewer.jpg
アメリカハナミズキ。
IMG_4745rwer.jpg

帰って一休み。

三四郎さん主催の俳句勉強会の結果を熟読。

梅雨寒し釣り人降りる無人駅 光
山開き湯花揺れてる露天風呂 光
⇒一足早く夏の季語ですね。季節の先取りはいいですよ。どちらも出来ています。山開きの句。「開き」というとさあこれから登ろうという始まりの感じ。露天風呂は下山してからですね。少しちぐはぐでした。
他の方の句とコメントを見る。皆確実に上達している

夕方から、久しぶりにKtさんに会いに行く。
Ktさんとは、会社時代に随分世話になった仲間。絵がプロ並。

駅で待ち合わせ。やあ元気そうじゃないのと握手。Ktさんの事務所による。事務所の一角を借りて仕事をしている。主みたい。場所を借りている会社の女社長にお茶を入れて貰ったりして、恐縮。会食に誘ったが先約があるとかで断わられる。日本食に行こうとしたら、イタリアンが良いわよと言われる。
では、イタリアンにしようと出かける。赤ワインを飲もう。

レストランは、暖かいので外で食べることにする。
旧交を温めるために、近況報告をしあう。Ktさんは、半導体のプロで、インドとかアジア系とお付き合いが深い。インドには良く行くという。ゴルフ大好き人間。絵も盛んに書いている。
その内に、事務所にいたキャリアウーマンHrさんがKtさんに呼ばれてやってくる。ジャーナリスト。
いろいろ面白い話を聞く。コーラスをKtさんと初めて、シンガポールで歌うそうだ。Ktさんがプロモート。
半導体業界や、電機メーカーの裏話から、政治の話まで、話がぽんぽん飛んで面白い。
その内、寒くなって、部屋の中に入る。赤ワインを相当に飲む。
いやあ。愉快愉快。
またの再会を期して別れる。
スポンサーサイト

着物を見る会と仮孫ちゃん

庭の牡丹が良く咲いた。たっぷり肥料をやったのが良かったのだろう。
IMG_4680dfgdfg.jpg
IMG_4681dfggdf.jpg

スキー仲間のOgさんの着物を見る会。同じくスキー仲間のMkさんと一緒。
Ogさんは着付けを習っているので、着物を見たいと言い続けて、やっと実現。

RISTORANTE IMAIで昼食会。
以前行ったことがあるが、わかりにくくて迷いそう。少し早めに行ったので何とかたどり着く。
まだ時間が来てないので、開いてなかったが、暫く待って中に入る。
家族ずれ、女性客が多い。
着物姿のOgさんが現れる。落ち着いた雰囲気で、美しい、素晴しい。
スキー場や山で会うのとは雰囲気が全く違うのでどぎまぎしてしまう。
Mkさんがやって来る。3人で食事会が始まる。
着付けはもう4,5年習っていて、本科、研究科、師範科、高等師範科とあるそうだ。
現在の先生は、80歳の方で、素晴しい先生だとか。見学旅行もあるようで、いろいろ忙しい。
着物が非常に似合っている。とっても良い雰囲気。
Mkさんも最初は予想外だったようで、凄いなあと感嘆するのが顔に出ている。
これは、他の連中にもお披露目しないといけないと思う。秋に計画するか。
着物姿は、ほとんど身近で見たことが、この所ない。実に美しい。
楽しい2時間があっと言う間にたってしまう。談笑したが、あがっていたので何を話したか良く覚えていない。

近くに山仲間のHkさんのパン屋さんがあるから寄って見ようと言うことになる。
Ogさんが知っているので案内してもらう。
しゃれた建物「Dans Dix ans」。
IMG_4688gfdgdf.jpg
美味しいパンの匂いがする。
二階が、ギャラリーなのでそこにHkさんがいるだろうと寄ってみる。
いたいた。久しぶりの再会を喜ぶ。眼の手術をしたばかりだそうだ。
土日は忙しくて山に行けなくなったと言うので、ウィークデーの山行きをImさんに計画してもらおう。
パン屋さんに案内してもらう。凄く混んでいる。パンはほとんど売切れてしまっているが、何種類か残っているのを買う。ガラス張りの厨房が見え、とっても良い雰囲気。シェフは男性だが、それ以外は全て女性。白を基調としている。

パン屋さんを後にして、レストランを紹介してくれたKmさんが井の頭公園にHrちゃんと遊びに来ているので、会いに行く。Mkさんも同じ職場だったことがあるので、一緒する。井の頭公園への行き方が分からないので、Ogさんに送ってもらう。Kmさんに電話して、どこにいるか聞いたが、さっぱりわからないので、Ogさんに代わって貰う。
Ogさんに誘導してもらい、Km夫妻とHrちゃんに会う。ここでOgさんとはお別れ。

Hrちゃんは随分大きくなった。3歳で幼稚園に通いだしたばかり。最初は、人見知りして、お父さんの後ろに隠れる。
私の仮孫ちゃん。**のじいちゃんだよとKmさんが言う。
しばらくしたら、やっと慣れてきて、元気一杯。公園のロープの上を歩きたがる。お父さんに手を引かれて器用に歩く。さくの上も歩く。
夫妻二人と手をつないで飛び回る。ボートに乗ると言い出す。ずっとボートに乗っていたそうだ。
朝5時から、起きて大活躍。
IMG_4732vcbvcb.jpg
公園のあちこち散策。じっとしていない。Mkさんも圧倒される。
やっとお休みすると、慣れてきて隣に座れという。沖縄で買ってきた絵本を見る。次に自分が持ってきた絵本を見せて説明してくれる。
撮った写真を見せたら、ポーズをしてこの格好で撮ってと言う。
段々じいちゃんと言うようになって、嬉しいが変な気持ち。
長い楽しみも終りが来る。今度、私の家で会おうねといって別れる。
IMG_4701fdgfdg.jpg

水曜日はあなたと逢って

雨。当初、Szさん計画のゴルフの予定で終ったら、一目散に水曜会に向かう予定だったが中止。

俳句の勉強会の課題を見直して、選句し送る。一安心。

歌の練習。声が良く出ない。

昼過ぎに雨が小止みになる。
庭のけまんそう(華鬘草)。
IMG_4664retrte.jpg
ホクシア。
IMG_4666gjhghj.jpg
シラン(紫蘭)。
IMG_4668dfgdfg.jpg
キケマン(黄華鬘)。
IMG_4672fgdfgd.jpg
アケビ(木通)。
IMG_4674gfhfgh.jpg
フリージア。
IMG_4675fghfgh.jpg
クンシラン(君子蘭)。
IMG_4676ghfgh.jpg

水曜会に出かける。
今日は、Mtさんが風邪で休みなので大変。
机は、Ydさん、Fjさんが並べている。何時もありがたい。
Hmさんに言われて、空調の吹き出し口にカーテンを取り付ける。

先生から、Mtさんが休みだから大変だねえと言われる。
いろんな方にも、(Mt)先生がいないと大変ねえと言われてしまう。

体操、発声練習。和音にならないとやりなおす。
Ksさんが来たので、隣に来てと頼む。
テナーは、Thさん、Htさん、Ksさん、団長、Kkさんと6人。Mtさん、Nzさん、Skさんは休み。
バスも少ない。今日は珍しく男性が少ない。連休前で仕事が忙しいかな。

「母なる大雪」大中恩作曲。
出だしの「Hum-Wo-・・・」。和音を聞いて出すように。
アルトとの「うもれたははは」もっとハモレないかと言われる。
和音を意識するのは、なかなか難しい。自分のパートのみの音しか聞かなくなってしまう。
暗譜どころではない。

大中先生と北原聖子さんが来て、ソプラノソロとの混声。
「水曜日はあなたと逢って」大中恩作曲。
ソロは完璧なので、コーラスに対する注文がほとんど。
暗譜はしてるが、指摘をこなすのは難しい。

「水」大中恩作曲。
Andanteのリズムの速度について、師弟に間でやりとり。

大中先生が、水曜会の大野先生が羨ましいという。雰囲気とか動き回って指導するやり取りの状況とか。

休憩。
Gtさんの沖縄のお土産が配られる。
Htさんに、紹介してもらった名医のおかげで、急速に治っているので感謝しているとの友人の言葉を伝える。
Itさんが大きなお腹で、練習に来ている。えらいなあ。

「GLORIA1」J・Rutter作曲。
「Etintera pax・・・」の出だしがテンポが遅くなってると指摘。何時も間違える。

「GLORIA2」。
「Rex cae-le-stis」は苦手。何時も音が下がってしまう。
「Mi-se-re-re,mi-se-re-re no---bis」の最後にセカンドが別れるところは重要といわれて、Mtさんに相当仕込まれたので、Mtさんがいなくても歌える。

「GLORIA3」。
時間がないので一気に歌う。
相当練習してるが「Cumsancto・・」で始まるテナーのメインのところがどうも上手く行かない。
先生がHtさんに暗譜出来るかねと尋ねたら、Htさんは出来ますと元気良く答える。

「Rejoice and be merry」J・Rutter作曲。
楽譜を忘れたので、Ksさんに見せてもらう。
「Like-wise・・・」の男性ユニゾンのところが何時も舌が回らない。

終った。GLORIAを歌うと顔が紅潮して、胸の動悸が上がる。その分、終るとぐったり。

飲み会に参加。
何時ものお店が休み前で、満席で暫く外で待つ。雨もやんで寒くないので心地よい。
Ttさんから鳥取砂丘のらくだの写真を見せてもらう。
Htさんと談笑。薬剤師の世界は今までの人生で接点がなかったので面白い。
Fjさん、Tzさん、Isさんが側にいる。Fjさんと馬鹿話。
帰りは、先生とMrさんと一緒になる。

筋肉痛

筋肉痛で、腿が痛い。
お風呂に入って、暖めたり、張り薬を張ったりする。
階段を登ったり降りたりするのがきつい。

明日は、ゴルフだが、足痛いなあと思っていたら、幹事のSzさんから、明日午前中は雨だが、どうするかと聞いてくる。Sさんは、今夜から土砂降りよ、私達も花見を中止するわよと言う。土砂降りのゴルフは、嫌だし、最近の雨は寒いので、やめようと答える。しばらくしてSzさんから中止の連絡が入る。ほっとするような残念なような。
ゴルフバックを勝浦から、八王子のゴルフ場に、送っているので、着払いでゴルフ場から送ってもらうように依頼。

歌の練習。
「水曜日はあなたとあって」「水」は暗譜。「母なる大雪」は途中から暗譜断念。「Gloria」は楽譜が離せない。
コンコーネ、イタリア歌曲を練習したら、声がかすれてしまう。

俳句勉強会の課題をこなす。明日が締切日。

疲れが出てきて、早々に休む。

4月10日沖縄・熱帯ドリームセンターで撮影。
IMG_3942sdaasdasd.jpg


片栗の花

YY会リーダーのImさんにお願いして、今年初めての登山に行く。足慣らし。
駅で待ち合わせして、車に乗せて貰う。

天候は晴れ。絶好の登山日和。
御前山(1405m)に片栗の花を見に行く。以前、YY会で行った時は、時期が早すぎて片栗の花が一つ二つしか咲いていなかった。以前は、反対側からの標高差がほとんどない楽なコースだったが、今回は、奥多摩湖からのルート。標高差が800mあり、登り3時間のコース。
奥多摩湖の駐車場には、結構車が止まっている。
奥多摩湖。
IMG_4592fdgfgd.jpg
暑くなるよと言われて、厚手の上着を脱ぐ。
歩き出したら、直ぐに急坂。心臓と肺が悲鳴を上げる。
新緑が綺麗。
IMG_4601asasas.jpg
マムシグサ(蝮草)があちこちに咲いている。
IMG_4602fgfgd.jpg
急坂を登ってやっとサス沢山(940m)に到着。まだ標高差が450m位残っている。足は鍛えてきたつもりだが、肺が苦しい。
IMG_4604sadasd.jpg

しばらく上り下りが続く。
Imさんに持病の様子を聞く。水曜会のHtさん紹介のお医者さんが名医で、凄く調子が良いと言う。それは良かった。Htさんに感謝感謝。

片栗の葉は見え出したが、花が見えない。Imさんも終っちゃたのかなと不安げ。天候がおかしいからなあと不安になる。
あったあった。
IMG_4608fdgdfg.jpg
コバイケイソウ(小梅草)の群落。花の時期に来たら綺麗だろう。二人の若者にこれは何ですかと聞かれる。
IMG_4615sdfsdf.jpg
ニリンソウ(二輪草)。
IMG_4617dfssdf.jpg
ハリシドコロ(走野老)。
IMG_4618asdasd.jpg

途中二回休んだが、調子が少し上向いてくる。
ところが最後の急坂にかかるところで、貧血みたいになって、足がつりそうな感覚に襲われる。Imさんにおかしいから休ませてくれと言う。やたらと口が渇く。甘いカルピスウォーターが美味い。

やっと歩き出したら、片栗の花が次々と現れる。
IMG_4621dsfsdf.jpg
写真を何枚も撮っている内に、足の違和感が薄れる。
IMG_4626sdfsdf.jpg
惣岳山(1341m)に到着。登山者が多く休憩している。
IMG_4628dsfsdf.jpg
ここで休まないで頂上を目指す。
頂上から戻ってくるご婦人方から、もう少しよと声をかけられる。花はどうですかとImさんが聞くと、ちらほらね、囲いの中には一杯咲いてるけれど、との返事。
暫く歩くと、囲いが現れる。その中には片栗の群生が見られる。片栗は鹿の好物で食べられてしまって、策の外では群生が見られない。
それでも可憐な片栗の花に十分堪能。
IMG_4632sdfsdf.jpg
IMG_4633asdasd.jpg
綺麗な鳴き声の鳥がいて、ゴジュウカラですかと聞かれるが、鳥については疎いので分かりませんと答える。
IMG_4634sdfsdf.jpg
頂上到着。1405m。
IMG_4640sdfsdf.jpg
途中くたばったので3時間20分かかってしまった。
山頂は登山客が多い。ここで昼食。話を聞いていたら、反対側の楽なコースで登る人が多く、奥多摩湖からのコースはきついと言っている。きついコースを登ったんだから、初登山としては良いかと慰める。
握り飯を食べ始めたら、やたらとお腹が空いているのに気付く。朝食は時間が早かったのでバナナしか取らなかったし、何時も握り飯とパンを持ってくるのに、今回は握り飯しか持って来なかった。お腹の空いていたのが、貧血の原因かな。

曇っていて見晴らしは良くないが、雲取山が見えているようだ。
IMG_4641fgddfg.jpg
地図を見ると周りの山に結構登っている。
ImさんにYY会で一泊して雲取山に登りたいねと話す。

おにぎり二個が腹に入って、登山モードのスイッチがオンとなり、下りはがんがん飛ばす。

片栗も横目でちらちら見ながらほとんど休まない。
IMG_4648fdgdfg.jpg
足がつりそうになった急坂もひょいひょい降りる。
IMG_4656sdfsdf.jpg
ずっと休まず降りたが、Imさんから見晴らしの良いところで休もうと言われ、奥多摩湖の見えるところで休憩。
IMG_4661sdfsdf.jpg

それからも、調子良く降りて、Imさんから早いですねと言われ、良い気分。
1時間半の予定よりは早く降りる。

お腹が空いたので、温泉食事としたかったが、月曜日は休みのところが多い。
三河屋旅館に行く。温泉は入れるが食事は終っている。
温泉に入って、のんびり。お客は、我々のみ。極楽のひと時。

お腹が空いているので、食事するところを探したが、見当たらず、ファミレスで食事。Imさんは運転で飲めないので、ノンアルコール、私は麦酒で乾杯。
Mkさんから法政に慶応が勝ったとメールが来る。おうこれで勝ち点がついた。明治戦は予定を変えて行かなくては。

帰りの車では寝込む。気が付いたら、駅に到着。

法政に勝利

Sさんの庭改造計画を少し手伝う。木材を埋め込むための穴掘りと土運び。
牡丹が咲く。
IMG_4487werwer.jpg

慶法戦に出かける。
近所のツツジ。
IMG_4490reewr.jpg
IMG_4491rtrty.jpg
昨日は、竹内投手が投げて、1-4で負けている。今日は負けられない一戦。
Mkさんが席を取ってくれていて、2階で観戦。(風が吹いて思いもかけず寒いので下の内野席に途中で移る。)
先発は福谷投手。
IMG_4519gffgd.jpg
立ち上がりは140k台が出ず、球が遅い。東大戦で勝ったがピリッとしなかったので、不安。
一方、法政の先発の三上投手は速球が冴え、上々。Mkさんが良い投手なんだよなとぼやく。
久々の4番打者らしい4番と期待される伊藤選手が当たらない。
IMG_4498fgdfg.jpg
ベンチ前のミーティング。
IMG_4507fgfgd.jpg
1番山口選手は、打つ前のバットの構えに特徴がある。
IMG_4514retret.jpg
2安打と気を吐く。
IMG_4515ghffgh.jpg
2番湯本選手。
IMG_4518fdgdgf.jpg
段々慶応の選手が慣れてきたのか当たりだす。
ついに4回に青山選手のタイムリーで一点先取。青山選手は以前4番だったが打撃不振で7番に下がっていた。
IMG_4506rtret.jpg
歓喜する慶応チアガール。
IMG_4542dfggf.jpg
5回に渕上選手のタイムリーで1点追加。
IMG_4522dfsdsf.jpg
良く当たっている松尾選手。危うく打球を避ける。
IMG_4530gfddfg.jpg
松尾選手のタイムリーで更に一点。松尾選手は監督が変わって良く当たるようになった。法政三上投手は交代。
IMG_4531rettre.jpg
IMG_4561gfddfg.jpg
慶応チアガール。
IMG_4567trt.jpg
福谷投手は尻上がりに調子が出てくる。変化球と速球のコンビネーションが絶妙。
IMG_4547rtrte.jpg
8番、長崎捕手のリードが良い。Mkさんが東大戦で速球のみでは通じないと考えたんだろうと言う。
IMG_4544sdfsdf.jpg
7回の慶応応援団。
IMG_4570dfgfg.jpg
次の試合の早稲田の応援らしき家族がいて、盛んに法政を応援する。さすがに7回になると法政の負けを認めだす。
福谷投手は4安打散発、10三振で完封。東大戦とは別人のよう。
IMG_4585fdgdfg.jpg
試合終了の挨拶。
IMG_4586ret.jpg
IMG_4588ret.jpg
気持ち良いねえ。
IMG_4590rtert.jpg
麦酒飲みたいところだったが、Mkさんが仕事があるようなので別れる。明日勝ったら、明大戦にも、応援に行くと約束。

勝浦東急GC

日立波月荘の部屋からの景色が綺麗。残念ながら曇っていて朝日は見られない。
IMG_4473ghffhg.jpg
朝食後、勝浦東急GCに出発。車は3台に別れて乗っていく。
Jnさんの車に、Nkさん、Kyさん、Smさんと一緒に乗る。Kyさんが幹事で勘定を済ませるのを待ったので最後に出発。
初めて行くゴルフ場なのでカーナビ頼り。行く前に10分位と聞いていたので、近いなと思ったが、なかなかつかない。おかしいと途中で止まって調べるが、間違っていないようだ。結局時間はかかったが間違ってはいなかった。

14人のコンペ。昨夜参加しなかったNsさんが車で到着。
同じ組に、到着したNsさんと階段から落ちて、止めると言っていた、Kyさん。腫れがひいたので急遽参加。
イン・スタート。
IMG_4475fgdfdg.jpg
21日に敷石を運んで腰を痛めたので、再発しないかとひやひやでスィング。何ともなかった。しかし手加減したせいかミスショット。
Nkさんは、早朝の車の運転がたたったのか、ショットが安定しない。
Kyさんは、足に力が入らないようで、ミスショットが多い。
段々、調子が出てくると思っていたが、全く調子が出てこない。フェアウェイウッド、アイアン、パッド全てちぐはぐ。
池にはかろうじて入らなかったが、前半、散々。
IMG_4476sdfsdf.jpg

あきらめて昼食に麦酒を飲む。
ツツジが綺麗。
IMG_4479fgddfg.jpg
雨が少しぱらついたが、天気はどうやら持った。風は、海岸に近いので強い。少し小寒いが、耐えられないほどではない。
後半、フェアウェイウッドは回復してきたが、後はさっぱり。
Nsさんは後半、調子が尻上がり。ショットが安定してくる。
Kyさんは途中、転んだりして心配したが、最後まで回りきる。えらい。バーディもとる。

風呂だけが、極楽。

表彰式。
幹事役のHrさんが優勝。新社長のお祝いと皆が喜ぶ。ぎっくり腰後初のゴルフかもしれない。
準優勝がKyさん。2回連続優勝していたNkさんは、5位。ベスグロはFdさん。
調子が悪かったWnさんは、7位でMkさん持参のお酒を貰う。
私はBB。この会で、以前もBBだった。次回はBB幹事。大波賞も貰う。
自棄酒で、麦酒と焼酎を飲む。
次回は紅葉時期。

帰りは、Nsさんの車に乗せてもらう。途中の駅までは、Hrさんも一緒。
車の中で大いにしゃべったが、気が付いたら眠っていた。

M会

M会に出かけるので、あわただしく、歌の練習。
ボイトレのコンコーネとイタリア歌曲。

庭のコデマリ(小手毬)。
IMG_4467dsfdsf.jpg
やっとツツジが咲いた。日当たりが良くないのでぱっとしない。
IMG_4468dfgfg.jpg
チェリーセージ。
IMG_4469fdgfdg.jpg

2時間半ばかり電車に乗る。
俳句の勉強会の資料を持っていく。電車の中で、課題を消化しようと思ったが、なかなか上手く行かない。

上総一ノ宮から外房線に入ると、全くのローカル線。学生とお年寄りばかりとなる。
雨が降っていて、外の景色は物寂しい。俳句向きなんだけれど、ひらめきがない。

タクシーで日立波月荘に到着。
M会には、2年ぶりくらいの久々の参加。昨年は手術後で参加せず、その前も都合がつかなく1年間参加していない。
M会はMkさんを囲む会。

既にかなりの人が到着している。
Htさんに部屋に案内される。幹事のHrさんが遅れるので、それまで臨時幹事を頼まれたとか。
Nkさんと同室。久しぶりに会ったので近況を話し合う。
Kyさんが片足を引きずって現れる。どうしたのかと聞いたら、階段から転げ落ちたとか。電車に乗ろうとして階段を駆け下りたらしい。明日のゴルフは参加市出来ないと言う。来ただけでりっぱ。
風呂に入りに行く。途中、Mkさんに会って、元気そうじゃないかといわれる。もう駄目かと思ったとからかわれる。
風呂場で、Knさんと一緒になり、前立腺がんが薬で治ったと言う話を聞く。以前、Abさんに聞いたときは、半信半疑であったが、本人から聞くと迫力がある。懇親会のときにゆっくり聞こう。

Wtさんがやって来て、パラリンピックの話を飲み会の終った後、するとNkさんと相談。Nkさんもパラリンピックには行っている。

食事が始まる。
Knさんが隣だったので、早速、前立腺がんが薬で治った話を詳しく聞く。癌が見つかったとき、転移しているかもしれないと手術を避けて、男性ホルモンを抑える薬を投与。その結果、PSA値が劇的に下がった。手術した私と同じくらいの値。ただし肝機能が悪くなったので、投与を一時やめお酒を半年間絶ったそうだ。その後PETで調べたが、癌の転移はなく、放射線治療をするかどうか医者が考慮中だそうだ。
このまま治ってしまったら、非常に珍しいですねと話し合う。そうなれば前立腺がん患者にとって報労。
Mkさんから、二人で前立腺の話ばかり、長く出来ますねと冷やかされる。

隣に座った、Toさんと懇談。近況などを聞く。
Mnさんから金時山に登ったと聞く。こちらは登山はまだしてないので先を越された。

食事が終って、Wtさんのパラリンピック報告会が始まる。
資料は、Wtさんが何千枚の写真から、抜粋して作成した立派なもの。選手や家族にも渡せる資料。Wtさんらしい凝った作品。
今回は新田選手が金メダル二個とる快挙があった。太田選手が銀メダル。それにまつわる苦労話や裏話を聞く。
選手の家族が、多く来ているので、その面倒を見ていたそうだ。えらいなあ。
開催地は、ウィスラーだが、私が滑ったゲレンデとは離れたところみたい。
天候不順で苦労したようだ。Nkさんは椅子が冷たくて参ったと言う。
ソチにもNkさんと一緒に行くと話し合っている。

終った頃、Hrさんが現れる。
料理が一人分残してある。赤ワインを持ってきたので、それでご本人の社長昇格祝いをする。ちょっとサボりすぎの感がするがまあ心が篭ってればいいだろう。事業は厳しいみたいだが、頑張りますと真面目な挨拶。
段々酔ってきて、何をしゃべったか定かでない。オーストリアスキーのオフピステの自慢話をあんまりしてなければ良いが。
麻雀組のKnさん、Htさん、Smさん、Fdさんが消える。
JnさんからATM創世記の話を聞く。
Mkさんに(ブログ見てくれている)秘書に会いたいと無理言ったみたい。
段々起きているのがきつくなって脱落。部屋に戻って直ぐに寝てしまう・

腰痛

昨日、庭の敷石を移動した時に、腰を痛めてしまった。特に左側が傷む。
張り薬をSさんに貼ってもらい、午前中は、じっとしている。
何とも情けないが、腰は油断ならない。土曜日は、ゴルフなので、それまでには、何とかしたい。

午後、少し楽になってきて、録画を見る。
サラブライトマンの美声に聞きほれる。

4月10日沖縄・熱帯ドリームセンターで撮影。
IMG_3987dfssdf.jpg

Cum sancto

ゴルフの練習に行く。
土曜日がM会のゴルフなので、付け焼刃の練習。
今日は、やたらと暑い。25℃近辺。初夏の温度。変な天気だ。明日は、また寒いとか。

汗が出てくる。ドライバは、まあまあだが、フェアウェイウッド、アイアンが良くない。一籠で終らす予定が二籠打ってしまう。終わり頃にようやくためが出来るようになる。だが本番には、また忘れてしまいそう。

帰って、庭仕事の手伝い。Sさんが線引きしたところまでツルニチニチソウ(蔓日日草)を削除して移植。汗だくになる。
この後、踏み石を除去。これが重くて大変だった。Sさんはぎっくり腰の経験者なので手伝わせられない。うんうん言って運んだら、こちらがぎっくり腰になりそう。
何とか終らせる。
庭のツルニチニチソウ(蔓日日草)。庭のあちこちに移植。随分増える。
IMG_4458sda.jpg
咲き出してきたコデマリ(小手毬)。
IMG_4455sdaas.jpg
まだ咲いているクリスマスローズ。
IMG_4456dsadas.jpg
大好きなチェリーセージも咲き出した。
IMG_4460dfsdfs.jpg
フリージア。
IMG_4464sadads.jpg
クンシラン(君子蘭)も咲き出した。
IMG_4465dsaasd.jpg

風呂に入って一息つく。

夜、水曜会に出かける。
M会に行くためのチケットをジパング倶楽部で購入。

早くつきすぎたと思ったらYdさんとエレベーターで一緒になる。変な天気なので風邪が直らないと言う。
Fjさんが既に椅子を並べだしていた。早い。並べ終わった頃、Icさんが現れる。

テナーは、Thさん、Mtさん、Htさん、Ksさん、団長、Kkさん。Skさん、Nzさんがお休み。
Mtさんは後ろでパンを食べている。何時も速く来てご苦労さん。
バスは、終わりの頃、全員揃う。女性は、出足が悪かったが、途中からどどっとやってくる。
暑いのでクーラーを入れるかもしれないと風除けのカーテンを付ける。

初めは、Nk先生がいないのでアカペラの「黒い王様」大中恩作曲。
暗譜で歌ったが、何度もやり直し。最後の「うえでー」は額の真ん中で歌うように、眉毛を上げて歌うようにと指摘。
Mtさんがセカンドで歌ってくれたら、その時はトップがHtさんのみだったので、先生からトップで歌うようにと言われる。なぞって歌う相手がいなくなる。

Nk先生が登場。
「紙風船」大中恩作曲。
暗譜。和音を作るように。デイミネンドが下手だと言われる。

「せみを鳴かせて」大中恩作曲。
一応暗譜。眉毛を上げて歌ったつもりが、前の鏡を見たら、ほとんど上がっていない。

休憩。
MtさんがSkさんがお休みなので、(仕事が忙しいんだろうから)同僚のKmさんもお休みだねと言う。ところが後からKmさんが現れる。
沖縄のお土産を配ってもらう。Gtさんも沖縄帰りでお土産を買ってきたので、Gtさんの分は来週回し。Gtさんの旅行中は天候が良くなかったみたい。日頃の行いの差ですねとからかう。
Itさんがお休みなので、Szさんがごみ集めをしている。

「流れゆくもの」大中恩作曲。
何とか暗譜にチャレンジ。時々、楽譜を見る。
途中から来たSkさんが携帯がかかってきて、何度も席をはずす。トラブってるなと誰かがつぶやく。

「GLORIAⅢ」J・Rutter作曲。
「Cum sancto Spi ri-tu in ・・・A--menn,a--men・・・」の一連のテナーの山場でがたがたになる。出だしが遅れる。Cumをしっかり歌うようにと言われ、力を入れたらクンと発音していて、YdさんからCumだと指摘される。
a-menn以降も、時々遅れてしまいメロメロ。相当に練習してきたがだめ。Ii先生にも指導してもらったが、すっかり元の木阿弥。だがこういうところは、多分、練習するから暗譜もスムーズに行くだろうと楽観視することにした。

「Rejoice and merry」J・Rutter作曲。
男性ユニゾンの「Like-wise a bright・・・」が総崩れ。やり直す。苦手なところで、何度練習しても崩れる。
最後に立って歌う。

疲れた。飲み会に行こうとしたら、雨がぱらついて、小寒くなっているので迷う。Fjさんが帰ると言うので、帰ることにする。その後、Fjさんは行くことにしたが、もう心が帰るとスイッチが入ったので止める。
Mtさん、Siさんと帰る。Siさんは先週高熱が出て体重が減ったそうだ。

暗譜

そろそろ暗譜をしなくてはと、思い始める。
合宿(6月12日13日)までには、暗譜しておきたい。特に今度は、ラテン語のGLORIAと武満徹作曲が難曲なので、時間がかかりそう。大中恩作曲の「母なる大雪」は長くて思えるのに苦労しそう。
全体に曲目は減っており、大中恩作曲が10曲。武満徹作曲が5曲。J・Rutter作曲が2曲。の17曲。演奏時間は同じくらいだから長い曲が多い。

「紙風船」「黒い王様」大中恩作曲は、何とか暗譜。「せみを聞かせて」「流れゆくもの」大中恩作曲は歌詞は覚えた。音が完全ではない。
「GLORIAⅢ」J・Rutter作曲を見ないで歌おうとしたら、途中でぐちゃぐちゃになってしまった。
「小さな空」「恋のかくれんぼ」武満徹作曲もやってみたが、とても無理。
前途多難。

キケマン(黄華鬘)。庭のあちこちに出ていたが、花が咲かないので雑草かと思い抜いていた。今年咲いたのでしまったと思う。Sさんに言ったら、種で広がるから大丈夫あちこちに生えて来るわよという。
IMG_4454dsfdsf.jpg

4月10日沖縄・熱帯ドリームセンターで撮影。
IMG_3964asdsda.jpg


久しぶりの特選

Sさんの庭の改造のレイアウトに従って、ツルニチニチソウ(蔓日日草)を移植。
結構時間がかかってしまう。
玄関先のけまんそう(華鬘草)
IMG_4443dfsdf.jpg
シラン(紫蘭)。
IMG_4444dsfdsf.jpg
チューリップ。
IMG_4445dfsdsf.jpg
スパラキシス。
IMG_4448dfssdf.jpg
フリージア。
IMG_4450dsfds.jpg
コバノランタナ。
IMG_4452sadasd.jpg

大門句会の日。
句会の選句は、既にSさんにして貰っているので、もう一度、見直して微修正してから、出かける。

今日の参加者は、7名と少ない。
閃朴先生、三四郎さん、遊介さん、勝山さん、馬空さん、久しぶりのさらさん。はなさんは、出席するつもりだったが体調を崩して急遽欠席。心配。投句は、あかねさん、まーゆさん。
皆、仕事が忙しいようだ。極彩色は、私と馬空さん?くらいかな。

久しぶりに特選を頂いた。

長き根に精霊宿る春の潮 光
閃朴先生特選。「宿る」は「宿り」が良い。遊介さん選句。
これは沖縄旅行中、聖木がじゅまるを見て詠む。

初虹や母に手引かれ長い坂 光
閃朴先生普通選。最初は、単なる選だったが昇格。素直な句とのこと。
戦後の、幼き頃、母に手引かれて、高山駅から、母の実家まで歩いたことを思い出して。バスで何区間もあり、幼い足にはとっても長かった。何度もまだあと聞いた記憶がある。

春潮や戦の跡に黙祷し 光
閃朴先生普通選。
沖縄戦のあったであろう海岸線を通過しながら浮かんだ句。

特選を貰った時、久しぶりなので、顔がかーっと熱くなり、嬉しさがこみ上げた。この所、絶不調で、単純な思考の自分には、俳句は向かないなあと思い出していた。三四郎さんの勉強会が、随分役に立っている。

他の方の句。
閃朴先生特選。

ひこばえや流人の墓に供花(くげ)絶えず 三四郎

閃朴先生普通選。

蘖や揚水の歌甲高く さら
蘖はひこばえ。他に2人選句。
明るさ勢いがちょうど良い

春潮や葉山に在りし旧師逝く さら
春潮と葉山はちょっとつきすぎ。

蘖や祝詞聞こゆる男坂 馬空
他に1人選句。

批評が参考になる句。

初虹や争議帰りにパフェー食べ あかね
閃朴先生選。他に2人選句。「初虹」がプラス、「葬儀」がマイナス、「パフェー」がプラスで面白い。

帳消しにならぬ一言春の虹 三四郎
閃朴先生選。他に2人選句。「消し」と「虹」はつきすぎ。→虹は消えるからつきすぎとは思いもしなかった。

蘖や北の斜面に墓ひとつ 勝山
閃朴先生選。他に2人選句。「北の」はいらない。「北の」と「墓」はあいすぎ。

ひこばえや机二つの新店舗 まーゆ
4人選句。「ひこばえ」「新店舗」どこかよくわからないがそこが面白い。

初虹や万年筆のインク散る 遊介
3人選句。見たての感じもある。

今回は、季語との関係が詳しく批評され、分かりやすくて参考になった。
季語を変えて詠み直すことも必要。つきすぎても、はなれすぎてもいけない。ひびかないといけない。どんなに良くても先人がつくってある句はだめ。
季語の不即不離の感覚はいままさに勉強会で学習中。

心地よく、談笑。

KT戦

六大学野球春のリーグ戦に、始めていく。東大戦、失礼だが気楽な観戦。昨日、竹内投手のノーヒットノーランが出た。
Mkさんと一緒。席を取ってくれるということなので、探したら座っているのが見つかったので隣に座る。
シートノックを、江藤監督はしていない。お年からだろう。 ノックなんかしなくてもいいんだ。ベンチの雰囲気が良いんだよとオープン戦から見ているMkさんが言う。
弟さんは慶応高校の応援に行っていて遅れて到着。慶応高校は負けたそうだ。掛け持ち応援ご苦労さん。

立ち上がり、チアガールの応援にもかかわらず、ぱっとしない。
IMG_4373dfgdfg.jpg
期待の速球投手の福谷投手が打ち込まれて2-2になる。東大打線は、昨日とうって変わったように良く打つ。Mkさんが監督にカツ入れられたんだろうという。
IMG_4376dfg.jpg
IMG_4386gfhgf.jpg
とうとうコーチが出てきた。捕手は長崎選手。
IMG_4390fghf.jpg
昨日ホームランを打った長崎選手。今日も二塁打。
IMG_4391erter.jpg
3番の渕上選手はデッドボール。実に5打席5四球、死球。
IMG_4395fgddfg.jpg
4番伊藤選手は期待が大きいがあたっていない。それでも犠打で2点リード。
IMG_4398gdfg.jpg
福谷投手が落ち着いてきたが、いい当たりを良く打たれる。
2年生の山崎選手がヒットで出塁。
IMG_4408sdffd.jpg
沸き立つ慶応応援団。
IMG_4411dsfsdf.jpg
やっと伊藤選手が適時打を打って大量点。8対2。周りの観客も期待の伊藤選手が打ってほっとしている。
IMG_4412dfssdf.jpg
4年生の田中投手に交代。側のおじさんが、エースと期待したんだけどなあと言う。
IMG_4420fgd.jpg
2安打と当たっている山口選手。
IMG_4424gdfg.jpg
3安打と当たっている湯本選手。おなじみの選手。
IMG_4427fgdfgd.jpg
1年生の山形選手が当番。1点取られたが、球が速い。将来楽しみ。
IMG_4437dfgdfg.jpg
8-3でゲームセット。
IMG_4438fhgfgh.jpg
ヒーローインタビューは福谷投手。
IMG_4441fggfgf.jpg

東大投手陣の11四死球に救われた。

帰りにMkさんと一杯。
来週の法政戦が山場。今日の出来では、心配だ。期待の福谷投手は145k前後の速球だが、球が真ん中に集まってるんだろう。東大にあれだけ打たれては良くない。
1年生の山形投手は土佐高校出身で期待の星。慶応高校の田村投手はベンチにも入っていない。只野投手は入っていたが、あまり出てこないと言う。白村選手は帰りに学生服で帰るところを見た。Mkさんが声かければいいじゃないかと言う。オープン戦は、日吉のグランドでやってんだから、もっと良く見に行けよと発破をかけられる。
慶応の野球の話になると止まらない。
転んで怪我した話が出て、お前も注意しろよと言われる。そういう年なんだから。うーん、確かにそういう年だが。

帰って、Sさんに頼んでおいた明日の句会用の選句結果を見る。私が力作と思った句が漏れている。そう言ったら、その句、平凡なのよねと言われてしまう。

スキーシーズン終了

日帰りスキーが雪で中止。
がっかりだが、東京で41年ぶりにこの時期、雪が降ったくらいだから、やむをえない。
横浜も朝方、雪が降る。
がっくりして、寝床でぐずぐず。昨夜の酒が残っている。

ようやく起きて、スキーをしまう。
今シーズンのスキーは全て終了。
昨シーズンは、手術で棒に振ったので、滑れただけで幸せ。
12月31日2in1。1月1日富士見パノラマ。1月9日~11日蔵王。1月16日~22日オーストリア サンアントン。1月30日31日栂池。2月8日~10日蔵王。2月27日28日栂池。3月20日~22日蔵王。 計22日。
怪我もせず、滑れたことに感謝。

晴れてきたので、庭仕事を少し。
チューリップ。
IMG_4340gfddfg.jpg
フリージア。
IMG_4345fgdfd.jpg
アケビ(木通)の花。
IMG_4347rrer.jpg
シラン(紫蘭)。これから咲き出す。
IMG_4350fdgfgd.jpg
シャガ(射干)。まだまだ一杯咲いている。
IMG_4348dffd.jpg

苦吟。三四郎さんの勉強会のおかげで、一皮剥けた様な気がする。沖縄旅行の句が多い。
歌の練習。暗譜は進まず。

夜、ネットニュースを見ていたら、慶応の竹内投手がノーヒットノーランの快挙。江藤新監督にウィニングボールを贈って、江藤監督が涙ぐむ。Mkさんが大喜びしそうな話。

4月10日沖縄・熱帯ドリームセンターで撮影。
IMG_3940fdgdfggf.jpg

山田和樹指揮 東京混声合唱団特別演奏会

明日は、最後の日帰りスキー。
沖縄から帰って、ずっと足踏み器で腿を鍛えている。
東京に雪が降るかもしれないと天気予報が言っており、心配。幹事のIwさんから連絡がないので行くんだろう。
朝から、スキーの準備をして玄関に揃える。明日は朝5時に迎えが来る。

水曜会のTtさんに薦められて、山田和樹 ブサンソン国際指揮者コンクール優勝記念 東京混声合唱団特別演奏会に行く。演目の中に、水曜会の演奏会で行う武満徹作曲の「小さな空」などが入っており、参考になる。
夕方の7時から始まるので、終ったら、すぐに帰って、明日のスキーに備える積もり。

雨が降っている。駅についてから、傘が開かないのでじたばたしていたら、Nk先生に声をかけられる。チケットは、持っていないので、場所が分からないと言う。当日券は売り切れだそうだが、行く予定のSiさんが病気で来られなくなったので、急遽、チケットを変わりに貰うことになったそうだ。会場に着いたら、TtさんとSmさん、**さん(元水曜会)がいる。**さんがブログを見てると言うので恐縮。
会場は満員。水曜会からも随分来ている。Ydさん、Hmさん、Oyさん、Tzさん、Ttさん、Nkさん、Skさん、Hyさん、Twさん、Tsさん、Adさん、Msさん、Gtさんなどなど。

東混音楽監督、理事長の田中さんが挨拶。200回も山田さんは東混で指揮をしてる。
Ydさんによると、田中さんが東混を作った方。音楽大学を出ても職業として成り立たなかったので、音楽で身が立つように作ったそうだ。

ヴィラーロボス作曲 ブラジル風バッハ第9番
何とも神秘的。実力の凄さを見せ付けられる。

山田さんの話。東混では学校めぐりをよくして、音楽の普及に努めている。一日、3回も学校巡りをすることがある。そんなことをしてると上を目指せないよと言われたこともあるとか。良く分かる話。

東京混声合唱団愛唱曲より
リーク作曲 コンダリラ「滝の精」
黒人霊歌・ホーガン編曲 「ジェリコの戦い」
O・ハマースタイン詩 R・ロジャース作曲 若林千春編曲 「エーデルワイス」
立原道造詩 木下牧子作曲 「夢みたものは・・・」
佐藤信詩 林光作曲 「うた」
林望詩 上田真樹作曲 混声合唱とピアノのための組曲「夢の意味」
ウルベル作曲 ハフ編曲 「ジッパ・ディー・ドウー・ダー」

最初の「滝の精」は驚く。
「ジェリコの戦い」「エーデルワイス」は聞きなれた曲で、やわらかい歌い方に感心するばかり。
段々、ハーモニーの素晴しさに引きずり込まれる。指揮は、若々しく躍動的。

休憩時間。
Iwさんから電話があり、明日は雪が降るので、中止にしたいと言う。がっかりだが、ほっともする。吹雪の中では滑りたくない。Sさんに電話で明日のスキーは中止になったと言ったら、よかったじゃないのと言う。
Ttさんにスキー中止になっちゃったといったら、よかったわねと言う。良くないんだがねえ。

いよいよお目当ての武満徹作曲が始まる。
武満徹作曲 生誕80年 混声合唱のための「うた」より
小さな空(武満徹詩) 島へ(井沢満詩) 恋のかくれんぼ(谷川俊太郎詩) 小さな部屋で(川路明詩)
死んだ男の残したものは(谷川俊太郎詩)

「小さな部屋で」以外は、全て水曜会の演目にある。
何時も歌っている曲が、こんなにも素晴しく、やわらかく、美しいとは。圧倒された。
参考になるというには、レベルが違いすぎる。
テナーもアルトもソプラノもバスも皆、素晴しい。

三善晃作曲 混声合唱組曲 五つの童画 風見鶏 ほら貝の笛 やじろべえ 砂時計 どんぐりのコマ

やさしさがにじみ出る。

うーん、感動した。良かった。実にやわらかい。

終ってから、飲み会に行く。かなりの人が参加。
Ttさん、Twさん、Smさん、**さん、Ydさん、Oyさん、Tzさん、Hyさん、Adさん、Hmさん、Tsさん、Nkさん、Gtさんなど参加。
沖縄から送ったメールでSさん賛歌をしたのでからかわれてしまう。
随分飲んで良い気持ちになる。歌の話が中心だが、いろんな話をする。

4月10日沖縄・熱帯ドリームセンターで撮影。
IMG_3979dfgfgd.jpg

助六由縁江戸桜

俳句の勉強会の課題結果が送られてきた。
三四郎さんのコメントが大変に役立つ。

春の夜やがじゆまるの樹に霊宿る 光
春燈やメール途絶えし君思う 光
→両句ともこれでいいですが、上五を「や」で切った場合は下五の終わりは言いさした形にした方が一句に余韻が生まれます。下五からまた上五にもどる感じです。ですから春の夜の句は「霊宿り」。春燈の句は「君思ひ」。蛇足を言えば俳句では「思う」は言わない方がいいです。

〔型その1・応用型〕の課題句のほかの方の句を紹介。
春灯や枝のおみくじ雨に濡れ 馬空
薔薇の芽やいつ定年か聞かれたる 勝山
タンポポや人事異動の知らせ来る 蒼月
花冷えやラヂオの電池切れており 尋子
木蓮や三軒先に嫁ぎ行く 遊介
海棠やつなぎの膝に破れあり はな
囀りや鼻欠け地蔵に日がさして さら
初蝶や坂東太郎波白く 三四郎

素晴しい句ばかり。急に上手くなったみたい。

Sさんと歌舞伎に行く。
さよなら公演もいよいよ終りが近くなっていて、写真を撮る人が多い。私としたことがカメラを忘れてしまった。
何時もは、昼と夜の公演だが、お別れになってから、3部作となる。今回は3部。Sさんは全部見る。

実録先代萩。
子別れ、忠義物である。この手の題材はどうも苦手。
「・・・ある日、御殿に籠りきりの亀千代を、局らが慰めるところ、家老片倉小十郎(幸四郎)が、原田甲斐一味の連判状を持参して出府します。一味の悪事の証拠が手に入って喜ぶ浅岡(芝翫)に、小十郎は国元から連れてきた子をお目見得させたいと申し出ます。この子こそ、離れ離れに暮らしてきた浅岡の実子の千代松。わが子に会いたさにちぢに乱れる浅岡でしたが、主君への奉公が第一と、会わずに帰そうとします。ところが亀千代の命で召し出された千代松。浅岡はお家の危機を語り、お家安泰となった時には親子と名乗ろうと話すと、千代松もそれを受け入れるのでした。・・」
松前鉄之助役で橋之助が出ている。子役の二人は、可愛らしい。Sさんがだれそれのお孫さんとか言うが覚えられない。

休憩時間にSさんは、タイヤキを買う。おいしいわよと言うが、胸につかえて一個しか食べられない。

助六由縁江戸桜。
口上を海老蔵。結婚も決まって男っぷりが上がっている。
「新吉原の三浦屋の格子先に、花魁の揚巻(玉三郎)や白玉(福助)が居並ぶ中、髭の意休(左團次)が揚巻を口説きます。しかし助六(團十郎)という間夫がいる揚巻は、意休に悪態をついて見世の中へと去ってしまいます。ここへ助六がやって来て、意休に喧嘩をしかけます。やがて意休の子分くわんぺら門兵衛(仁左衛門)が、福山かつぎ寿吉(三津五郎)に言い掛かりをつけるので、助六は門兵衛やその弟分の朝顔仙平(歌六)を懲らしめて意休を挑発しますが、意休は我慢してその場を去ります。
 そこへ白酒売の新兵衛(菊五郎)が通りかかり、助六を呼び止めます。実は助六は曽我五郎の世を忍ぶ姿で、新兵衛は兄の十郎。弟の行状を心配する十郎に対して、五郎は紛失した源氏の重宝友切丸の行方を訊ねるために喧嘩を売っていることを明かすと、共に通人里暁(勘三郎)などに喧嘩を売ります。ここへ兄弟の母の曽我満江(東蔵)が現れ、二人を諭します。満江と入れ替わるように再び現れた意休が、ついに抜いた刀はまさしく友切丸。五郎は揚巻の助けで意休の帰りを待ち伏せすることとするのでした。・・・」

たわいもない話だが、芝居の見所は、江戸吉原仲之町(廓の中)を舞台に繰り広げられる「江戸市井の人々の生きざまを余すところなく活写している」ところにある。
実に生き生きとしていて面白い。
役者も豪華。Sさん大好きの玉三郎。花道の側が席だったので、しげしげと見たが、妖艶。
団十郎は、病を克服しての出演。さすがに大立ち回りでは、苦しそうだった。Sさんは、公演が終ったら、倒れるんじゃないかと心配している。
仁左衛門は悪役だが、上手いねえ。役者やのう。
勘三郎のまたくぐりには大笑い。アドリブも先代譲りだとSさんが言う。
菊五郎も笑いを呼ぶ。団十郎から、けんかの仕方を教わるところは、面白い。
芸達者で、Sさんが好きな歌六や、悪役振りが板についた左團次と、よくもこう役者をそろえた。

久々の歌舞伎だったが、面白かった。楽しかった。また行きたい。

4月10日沖縄・熱帯ドリームセンターで撮影。
IMG_3948asdasd.jpg

○と△の歌

Sさんの庭改造計画に協力して、ホトトギス(杜鵑草)の移植をする。
しっかり根を張っているので、抜くのが大変。移植先も空いているところが少なく、家の裏側が主体。
何とかSさん指示のぎりぎりのところまで、除去して移動。ホトギスは、環境があっているのか随分増えた。

けまんそう(華鬘草)。好きな花の一つ。
IMG_4323dssd.jpg
チューリップ。
IMG_4324dsfdfs.jpg
スパラキシス。
IMG_4326dsds.jpg
IMG_4335dssd.jpg
フリージア。
IMG_4332sdds.jpg
アケビ(木通)の花。一杯咲いたので、今年こそ、実がなるといい。
IMG_4336dssd.jpg
シラン(紫蘭)。花が咲き出す。
IMG_4337sdsd.jpg

移植で疲れたので、一休みしてから、水曜会に出かける。
ボイトレのIi先生。
個人レッスンの時と、同じような発声法の指導。

テナーは、Htさん以外、全員。Mtさん、Thさんは何時も通り早いが、Nzさんが早いのに驚く。Ksさん、団長、Skさん、Kkさんと次々に現れる。バスは最後に全員揃う。

武満徹作曲の練習。
「○と△の歌」。前回の演奏会のアンコール曲なので、歌いこなしているはずだったが。
出だしの「ちきゅーうは・・・」の「ち」の低い音の発声を何度も練習。いい加減に歌っていた。下の音と上の音で歌い方を変えるように。長い音は、高く歌うくらいのつもりで保つ。 雑巾がけのつもりで歌う。
各所にいい加減なところがあり、何度も繰り返し練習。
すっかり目覚めてしまう。

「島へ」。
ハミングを何度もやり直し。
テナーとアルトが特に捕まったような気がする。怪しいなあと思っているところは、全て捕まった。
一つ一つ丁寧に練習するのも、たまには刺激になってよい。毎回だとたまらないが。

くたくたになって、休憩。
良い練習だった。
団長が、みっちり練習できましたねと言う。
20日のこまくさは欠席とAdさん、Hyさんに伝える。日程が込みすぎてるので。

「GLORIA2」。Jhon Rutter作曲。
出だしの「Domine-・・・」の音程が何時もふらふらする、十分注意。
Nk先生から、「Domine-」の「mi」の発声が悪いと指摘。
先生から、2の曲は、ブラバンが少ないので、コーラスらしい箇所だから、しっかり歌うようにと言われる。
最後の「Mi-se-re-re・・・」の箇所の音程が、Mtさんの影の指導でやっと何とか安定。

「死んだ男の残したものは」。武満徹作曲。
時間がないので、細かいところは指摘しないので、しっかり歌うようにと言われる。

終った。充実した練習だったが、疲れた。

飲み会に参加。
先生に乾杯を求めたら、何か魂胆があるのかと言われる。???
Nk先生も珍しく参加。
側に、Ttさん、Thさん、Szさん、Tzさん、Fjさんがいる。
楽しかった。

庭の花

沖縄から帰って、庭を見ると、わずか4日間いなかっただけなのに、すっかり春めいている。
おかしな天気で、小寒い。まだ今日は、穏やかなほうだ。
チューリップ。今年はよく咲く。
IMG_4307gffdg.jpg
IMG_4310gfdgf.jpg
IMG_4315dfggfd.jpg
IMG_4316fddf.jpg
けまんそう(華鬘草)
IMG_4305sdfdf.jpg
Sさんの好きなスパラキシス。球根だが、種であちこちに増える。
IMG_4313dffdfd.jpg
IMG_4317dfdf.jpg
ハナカイドウ(花海棠)は盛りが過ぎつつある。
IMG_4321dfdf.jpg

体が何となくかったるくて外出する気にならない。
Sさんは元気に行って来ますーと出かける。負けそう。

庭仕事も億劫で、録画を見ながらごろごろ。
はっと気付いて、歌の練習。

武満徹作曲。
明日の水曜会は、Ii先生のボイトレの日なので、きっと練習するだろう。
まだ暗譜どころでなく、正しく歌えるかどうかが問題。ハミングが苦手。
GloriaⅡも練習。出だしが何時も不安定。

俳句の、勉強会の課題をこなす。良い句が生まれないので、これでいいかと送付。馬空さんが課題を三四郎さんに送っているので、今日が期限かと思ったが、明日が期限だった。一日遅らしても、良い句が生まれるわけでもなかろう。

Sさんが帰ってきて、談笑。

那覇

沖縄最終日。
朝食をとっていたら、レストランのチーフらしき人が、話しかけてくる。二日止まる客は他にはいないみたいで、それで話しかけたんだろうと、Sさんは言う。シーサーなど、沖縄の風習について話してくれた。実にやさしいしゃべり。

部屋に戻って、窓からの景観を楽しむ。昨日歩いたエメラルドビーチが見える。
IMG_4247gfdfg.jpg
向こうに見える島は?
IMG_4252ewerw.jpg

ホテルで荷物は宅急便。
身軽になって、チサンリゾート沖縄美ら海を出発。
IMG_4253gdfdgf.jpg
壁に垂れ下がるブーゲンビリア。
IMG_4255sdfdfs.jpg
帰りは、高速を使う。ナビは基地のため白い空白になっているところが散見。

那覇に到着し、レンタカーを返却。
Sさんが壷屋やむちん通りに行きたいと言ったら、お店の人がモノレールに乗ると便利と教えてくれる。
公園を突っ切って、奥武山公園駅でモノレールに乗る。
IMG_4259ghfghf.jpg
安里駅で降りて、ひめゆり通りを歩いて、壷屋やむちん通りに入る。
陶磁器店が一杯。Sさんは眼がきらきら。
IMG_4264jkhjkh.jpg
早速、次々にお店に入る。
IMG_4262fghgh.jpg
井戸。飾かな。
IMG_4263hjgghj.jpg
次々とお店に入って、品定めをして、ようやく決める。
IMG_4266retr.jpg
以外に時間がかからなかったので一安心。
野菜削りを買う。関東では、倍以上の値段とか。
IMG_4272dfgdfg.jpg
花は原色で色鮮やか。
IMG_4269terert.jpg
IMG_4277rwerwe.jpg
竜柱。
IMG_4273retrte.jpg
シーサーで守られている。
IMG_4274gffg.jpg

どんどん歩いて、国際通りに出る。
IMG_4275ghffgh.jpg
昼飯の時間になったので、お店を探す。Sさんの感でお店を選ぶ。
IMG_4278ghfgfh.jpg
地元の人が一杯入っている。安くて美味しい。さすがSさんは鼻が利く。

裏の公園に寄る。おじいさんばかりがたむろしている。

公設市場に入る。
IMG_4279fghfgh.jpg
お土産、海ブドウを買う。
IMG_4282hgjhgj.jpg

国際どおりを端から端まで歩く。
まだ時間がたっぷりあるので、海岸線に出ようと県庁前通りから、松山通り、若狭中通を歩く。
なぜかゴルバチョフの手形がある。
IMG_4284tytr.jpg
家の守り神がところどころにある。
IMG_4286jhghgj.jpg
延々と歩いて、波の上のビーチに着く。がっくり。小さな小さな浜辺。外人夫婦や、若者が遊んでいるが、コンクリートに囲まれて、ぱっとしない。
IMG_4292gfhfg.jpg
疲れたので一休み。Sさんは文句も言わずについてきたが、疲れたみたい。
IMG_4295sdffds.jpg

延々と引き返して、旭通り駅でモノレールに乗り、空港に向かう。

時間がたっぷりあるので、レストランで乾杯。
泡盛を飲みながら、自衛隊の飛行機が発着するのを見る。
IMG_4298ghhj.jpg
句を捻る。一杯できたが、残念ながら美ら海に関する句が生まれない。それでも次回の勉強会の課題も、句会も何とかなりそうだなと自己満足。

帰路。寝込んでしまう。
空港を出たら、寒いのに驚く。まるで冬に逆戻り。

無事家に到着。

石林山公園

朝、疲れも取れて、浜に出かける。
ホテルから近くの美ら海水族館所有のエメラルドビーチに行く。
綺麗な珊瑚の浜辺。
IMG_4094rerte.jpg
人影も少ない。係りの人が、もぐってごみを取っている。
若者二人が歩いている。
IMG_4104hgghf.jpg
ここで暫くぼんやり過ごす。日差しは強いが風があるので涼しい。無論半袖。

車で、石林公園に向かう。
途中、COOPに寄って、弁当を買う。

休日なので車が多い。
海岸線を走り出したら、やたらと車が止まっている。近くにお墓が必ずあり、人が一杯いる。
沖縄独特のお墓である亀甲墓の墓前にゴザが広げられ、大勢の人が重箱の料理を食べ、泡盛やオリオンビールを酌み交わしている。Sさんは知っているようだったが、シーミー(清明祭)と言って、先祖の霊を慰める目的で、門中(親戚のこと)が各地から墓に集まって墓前に香をたき、泡盛や重箱を供えて、にぎやかに歓談しているようだ。

お墓は、土地が空いていれば、どこに作ってもよかったようで、山陰にはやたらと多い。

沖縄本島の北端の石林公園につく。
途中までは、ミニバスで送ってくれる。そこから4つのコースに分かれる。
美ら海展望台コースに向かう。
「2億年前(古生代)の石灰岩が雨水などで長い年月をかけて侵食されてできたカルスト地形の山々。石灰岩の台地は、炭酸ガスを含んだ雨水に溶ける特徴があり、その為、他の地域と異なる特異な地形が多くあり、それらをカルスト地形と呼ぶ。石林山公園は熱帯カルストの最北端にあたり、パプアニューギニアやインドネシア等の亜熱帯地域でみられる熱帯カルスト地形が日本では沖縄だけで見る事が出来る。」
樹林の中に、奇岩が次々に現れる。
リレンカレン。雨水が岩肌を流れ落ちる時、少しづつ岩を削ってできる。
IMG_4114ghffgh.jpg
ヒグマ岩。
IMG_4120dfssdf.jpg
鍋池。中に小魚がいる。一生ここで過ごすんだろう。
IMG_4130dfssdf.jpg
岩だらけだが、足元は整備されているので、それ程歩きにくくはない。
IMG_4134gfddfg.jpg
奇石の門。Sさんと二人で喜んでくぐる。
IMG_4135fdgdfg.jpg

展望台に出る。
辺戸岬が見える。かすかに島らしきのが見えるが、与論島?
IMG_4141xcvvc.jpg
ここでお弁当と思ったが、塗ったばかりのベンチのニスの匂いが強いのでやめる。

奥に小さな岩の社。
IMG_4144fdfg.jpg
骨盤岩。
IMG_4145dsfdsf.jpg
輪廻。生まれ変わりの石。狭いが何とかくぐる。
IMG_4150fdgfgd.jpg

降りてバリアフリーコースとぶつかるところのベンチで昼食。人がだれもおらず、静か。鳥の鳴き声がずっとしている。何かつついているこつこつと言う音がする。何だろうとSさんは探すが鳥の姿は見つからず。

金剛岩鳥烏帽子。見所の一つ。とがった岩が・・・。
IMG_4170ghffgh.jpg
横に回ると、烏帽子に。
IMG_4173dfgdfg.jpg

亜熱帯自然林コースを通って駐車場まで降りる。
ソテツの林。
IMG_4179sadsda.jpg
ゲゲゲの鬼太郎がロケしたところ。
IMG_4184fgfdg.jpg
聖木 御願ガジュマル。精霊が宿る。
IMG_4191fgddfg.jpg
アガリメー。おどろおどろの世界。
IMG_4198sdff.jpg
最初ガジュマルの実かと思ったら、イルカンダーの巨大蔦の実だった。
IMG_4190jhjg.jpg

終った。整備されすぎていて神秘性が薄れているが、十分堪能した。

辺戸岬に向かう。直ぐ側だった。
沖縄本島の最北端。風が強く、波が荒い。
IMG_4204fdgfdg.jpg
祖国復帰の碑がある。Sさんがアジテーターみたいな文章ねと言う。
IMG_4214fgddgf.jpg
与論島と国頭村の友好のきずな。
IMG_4217sdfsfd.jpg
風が強い中、海鳥は盛んに飛ぶ。たくましい。鳴き声が波を切る。
IMG_4215dsfsdf.jpg
岬の突端。
IMG_4220ghgf.jpg
IMG_4229fghfgh.jpg
綱の張ったところを越えて、突端まで行こうとしたが、Sさんに激しく手を振られて戻れといわれ、引き返す。岩が尖っていて靴を履いていても痛い。
IMG_4232erwwer.jpg
波打ち際の小さな岩。
IMG_4238fgddfg.jpg
IMG_4244sdfsdf.jpg

風が強く、体が冷えてきた。

帰りは、疲れてあくびがたびたび出てしまう。Sさんが心配して肩を揉む。

部屋から見る海。
IMG_4245sdasad.jpg

外の食べに行く元気はなく、ホテルのレストランでゆっくり食事。
泡盛を飲む。すっかり良い気持ちになってSさんとの話の割合を半分まで引き上げる。

その2・熱帯ドリームセンター

水族館といるかちゃんのショーに満足して、遅い昼食をとる。
ホテルに戻って、一休みしようかとも思ったが、熱帯ドリームセンターを見たいとSさんを説得。

行く途中に造形の美を見る。
亀。
IMG_3914sadsad.jpg
魚。
IMG_3918rwerwe.jpg
蛸。
IMG_3919ertrte.jpg
亀とイルカ。
IMG_3920retret.jpg
嬉しくなっちゃう。

おきなわ郷土村を通る。
外からの目かくしだけでなく魔除けとしての意味を持った「ヒンプン」。
IMG_3923weqwqe.jpg
IMG_3925rtert.jpg
沖縄の巫女、ユタが住んだところ。係りのおばさんにSさんが聞く。
IMG_3926retrte.jpg
穀物倉は床が高い。
IMG_3928fdsdf.jpg
IMG_3930sdasd.jpg
IMG_3931dfssdf.jpg

熱帯ドリームセンターに入る。
蘭が一杯。頭がくらくらするほど酔いしれる。感動の連続。
IMG_3945retert.jpg
IMG_3947sadasd.jpg
IMG_3959sdafdfs.jpg
IMG_3961dsasd.jpg
IMG_3967erwer.jpg
IMG_3981fgdfgd.jpg
IMG_3986fsdfsd.jpg
IMG_3988ewrerw.jpg
IMG_3993ewre.jpg
IMG_3990sdfsdf.jpg
載せきれない。(毎日一点ずつ紹介することにする。)

沖縄国際洋蘭博覧会の展示物がある。随分昔から開催されているようで、1987年からの受賞作品のパネルが飾ってある。

段々、人が少なくなって、雰囲気が良くなってくる。
IMG_4002rtytr.jpg
実があちこちでなっている。
パラミツ。
IMG_4005rttr.jpg
IMG_4006erwerw.jpg
パイプかずら。食虫植物らしい。Sさんがそんな顔してると言う。
IMG_4010rterte.jpg
トゲバイシレン。シャーベット風味だそうな。
IMG_4015dfssdf.jpg
サトイモの仲間。
IMG_4017ewrerw.jpg
バナナの長い房。夫婦がほらほら写真撮ってと騒いでいる。
IMG_4019treert.jpg
ココナツ。幹から直接なっている。
IMG_4025rweer.jpg
トマトみたいな鮮やかな赤。
IMG_4026rewrew.jpg
見たことある。
IMG_4027erewr.jpg
IMG_4028dsfdsf.jpg
Sさんいわく、バベルの塔。
IMG_4032tretre.jpg
ティータイム。くつろぐ。静寂。
IMG_4034jgh.jpg

蘭博士の作品。
IMG_4039wweq.jpg
IMG_4041erwrew.jpg

バベルの塔の上からの眺め。
IMG_4049retrt.jpg
IMG_4052werrwe.jpg

小さな熱帯魚の水族館がある。
熱帯植物が続く。ここまではほとんど人はやってこない。二人で歩くに良い雰囲気。
IMG_4062erwerw.jpg
IMG_4063ertrte.jpg
IMG_4071sdfdsf.jpg
IMG_4073sfsdf.jpg
バベルの塔にお別れ。
IMG_4075fgddfg.jpg

熱帯・亜熱帯都市緑化植物園 に向かう。これは余分だった。
IMG_4080rteert.jpg
遠くて凄く歩く。Sさんは文句も言わずついてきてくれたが、疲れ果てる。
IMG_4083gfdfdg.jpg

9時ごろから、18時近くまで良く歩いた。

もう食事に出かける元気はなく、植物園の中のレストランで簡単に済ます。
帰って、お風呂に入って、バタンキュー。お疲れさん。

その1・沖縄美ら海水族館

朝食はバイキング。荷物をパッキングしてコンフォートホテル那覇県庁前を後にする。
チサンリゾート沖縄美ら海に向かう。ここも名前が変わっているので、ナビに載っていない。住所より探し出す。沖縄のホテル業界も厳しいんだ。
行きは高速を使わないで、沿岸沿いを走る。暫くは都市の景観だったが、直ぐに田舎になる。枯葉マークが多い。ゆっくり走っているので直ぐに分かる。

車が道の端に止まって、野菜を売っているので徐行。急に自動車椅子のおじいさんが飛び出す。ブレーキを踏んで右に避ける。おじいさんは、こちらを全く見てなかったらしくて、避けて止まったらびっくりした顔している。向こうから車が来てなくて助かった。徐行していたので止まれた。Sさんもびっくり。

海岸線を走ると沖縄に来たと言う実感がする。南国の海。
道路や公共の建物が立派過ぎる。お墓が一杯。

楽しく運転。景色も素敵だが、Sさんとずっとおしゃべりするのが楽しい。

ホテルに到着。
荷物を預けて、パックになっている沖縄美ら海水族館のチケットを貰う。
ホテルから歩いて直ぐに行ける。

沖縄美ら海水族館の入り口に到着。
IMG_3713sdfsdf.jpg
水族館に入る前で美ら(ちゅら)海を見る。
IMG_3716dfssdf.jpg
早速、イノーの海の生き物に出会う。触ってもいいので子供たちが手を突っ込んでいる。やわらかい。
イノーとは、サンゴ礁に囲まれた浅い海・礁池。
IMG_3718dsfdfs.jpg
珊瑚の海の小魚。
IMG_3719sadasd.jpg
約70種800群体の多種多彩な生きた造礁サンゴがあるそうだ。
IMG_3723asdasd.jpg
沖縄近海はもちろん、太平洋、インド洋など世界の海にすむ色とりどりの熱帯魚たち。
IMG_3729sdfsd.jpg
IMG_3733fgdfgd.jpg
鮫。
IMG_3735fsdsfdsdf.jpg
誰かに似てる?
IMG_3741asdsad.jpg
隠れてる。
IMG_3749sadsda.jpg
ニシキエビ。
IMG_3751saddas.jpg
IMG_3758sdasd.jpg
小魚の群れ。
IMG_3760asdasd.jpg
怖い怖いウツボ。
IMG_3761asdsad.jpg
鱗のない魚だそうだ。
IMG_3764sdadsa.jpg
なまこがガラスに引っ付いている。
IMG_3765ddsa.jpg
チンアナゴ。「後半身は砂に入り、頭胸部を外に出して潮の流れの方に頭を向け、流れてくる動物プランクトンを摂食している。頭部側面に黒点を持つのが特徴である。和名は顔つきがイヌのチンに似ていることからつけられた。」
IMG_3773sdfdsf.jpg
ヤシガニ。
IMG_3774sdffds.jpg
何か隠れているらしいが。
IMG_3780rewerw.jpg
可愛らしい。
IMG_3781sadsad.jpg

大水槽。ド迫力。
オニイトマキエイに目が行く。
IMG_3792erwwr.jpg
IMG_3799sadsda.jpg
マンタが飛んでいる。
IMG_3802sdfdsf.jpg
ジンベエザメ。
「模様が夏着の甚平に似ていることからジンベエと名付けられたとされている。大きな身体をしているが動物プランクトン等の小さな餌しか食べない極めて穏和なサメで、ダイバーが近づいても逃げようとしない。」
IMG_3806rtetre.jpg
怖い。おとなしいんだが。
IMG_3818sdfsdf.jpg
マンタ「幅6.8m、体重2tの記録があるが更に大きくなると推定される。エイ類の最大種。通常、沖縄以南の全世界の温・熱帯海域に生息する。飼育や餌付けに成功したのは当館が世界で初めて。大きな体をしているが主に小さなプランクトンを食べるおとなしいエイ。」
IMG_3822asddas.jpg
飛んでいる、飛んでいる。Sさんが叫ぶ。ずっと上を向いていて首が痛くなる。
IMG_3824sdaads.jpg

鮫や、深海魚などを見て外に出る。もう一度入るために手にスタンプを押してもらう。

マナティー館。女性がきゃー可愛いと言ってる。
IMG_3842sdsad.jpg
IMG_3845sdsad.jpg

浜に出る。
IMG_3846werwre.jpg
若い女性が固まって何か見ている。
IMG_3854rtert.jpg

オキちゃん劇場 。イルカ達のダンスやジャンプを見に行く。
20分前に行ったが、混み始まっている。始まる頃には、満員。凄い人気。車椅子用の席がある。
音楽が鳴り出すと、のんびりしていたイルカ達がざわめきだす。
まずはご挨拶。
IMG_3862werrew.jpg
説明に応じて歯を見せる。
IMG_3864erwerw.jpg
尾びれの説明。
IMG_3870sdasad.jpg
ジャンプ。運動能力は凄い。
IMG_3876erwwer.jpg
IMG_3879sdfsdf.jpg
背泳ぎダンス。頭も良い。
IMG_3883erwewr.jpg
輪を受け取る。
IMG_3889ertert.jpg
27年間の大ベテランもいる。王冠をかぶる。
IMG_3896erwewr.jpg
ご褒美に貰った肴を吐き出す。何度やっても吐き出す。お姉さんがバケツに入っている魚を指差すとうんうんと頷く。バケツ一杯の肴を貰う。皆爆笑、大喝采。
IMG_3899rewrew.jpg
板の上に乗っかる。
IMG_3900wqeweq.jpg
印に向かって飛び上がる。
IMG_3901erwewr.jpg
巨体が飛ぶと凄い迫力。
IMG_3906erwewr.jpg
鼻の先で輪を受ける。
IMG_3908retrte.jpg
素晴しいショーありがとう。

(その1・沖縄美ら海水族館)終わり。

首里城 王陵

今日から3泊4日で沖縄旅行。
Sさんは沖縄に行った事がないので、マイレージを使って計画。私は仕事を含めて4回目。

全日空。搭乗したは良いが、前の座席の男性が、出発前から凄い鼾。これは那覇空港に着陸するまで続く。閉口して、二人ともイヤホーンで音楽を聴く。それでも鼾は響く。まいったまいった。

やっと那覇空港に到着して開放される。
到着する直前まで雨が降っていたが、降りたら雨がやんで南国の太陽が照り付ける。つきが戻った。
選抜で優勝した興南高校をたたえる横断幕。
IMG_3630dfsdf.jpg

空港からレンターカーの店まで、マイクロバス。
申し込んでおいたレンタカーを借りる。最初、アクセルが軽くて(というか私の乗っている車のアクセルが重いのだが)とまどう。ようやくなれて出発。カーナビつきだから楽と思ったが、那覇市は想像以上の大都市で車が非常に多い。普段都会では運転していないので、ひやひや。
最初に宿泊するコンフォートホテル那覇県庁前がカーナビに載っていない。買収されたらしい。住所でセットして向かう。今度はカーナビのセットを間違えて、変なところに行く。県庁の駐車場に入ったり、ぐるぐる回ったりして、Sさんの地図首っ引きのリードでやっとホテルに到着。
荷物を預かってもらい、首里城に向かう。

やっと運転もカーナビの操作も、落ち着いてくる。
首里城の県営駐車場に駐車。有料だが二時間以内と書いてあるので、越えたらどうなるのかと聞いたら、越えても追加料金はかかりませんが、なるべく2時間くらいで戻ってくださいと言う。話し方が実に丁寧。Sさんがやさしいわねえと感心。

まず食事しようとレストランに入る。
沖縄料理を頼む。まあまあ美味しい。

首里城入口にある石造りの歓会門。
IMG_3635ertetr.jpg
シーサーに迎えられる。
IMG_3636rteret.jpg
暑いので腕まくり。Sさんは傘をさす。
瑞泉門への階段。
IMG_3637werrwe.jpg
漏刻門(別名・かご居せ御門)。遅刻しそうで走って入った門かな。
IMG_3640retert.jpg
広福門。いよいよ中に入る。
IMG_3642wqeweq.jpg
下之御庭で、琉球王朝時代、首里城で育まれた琉球舞踊をしている。丁度終るところで少ししか見れなかった。
IMG_3644sdfdsf.jpg
奉神門・門の奥には正殿が見える。
IMG_3648qweqwe.jpg
首里森御獄。首里森は首里城の別名。御獄は沖縄の聖地、拝所。ガジュマルやクロッグが植わっている。
IMG_3649rteret.jpg
正殿。半分は修理中。
IMG_3652rerte.jpg

「首里城は、琉球王国の政治・外交・文化の中心として栄華を誇った。琉球王国は、1429年に成立し1879年までにわたり存在した王制の国で、中国や日本、東南アジアなどとの交易から様々な文物がもたらされ、独自の文化が花開いた。 首里城の創建年代は明らかではない。近年の発掘調査から最古の遺構は14世紀末のものと推定され、三山時代には中山の城として用いられていたことが確認されている。おそらく、13世紀末から14世紀のグスク造営期に他の沖縄の多くの城同様に成立したものと考えられる。 尚巴志が三山を統一し琉球王朝を立てると、首里城を王家の居城として用いるようになった。同時に首里は首府として栄え、第二尚氏においても変えられることはなかった。・・・
1879年(明治12年)の沖縄県設置に至る琉球処分以後は、正殿など首里城の建物は政府の所在地としての役割を喪失し、・・・
王宮でなくなった首里城は急速に荒廃が進み、老朽化が激しく崩壊寸前の状態になった。・・・
・・・関係者の奔走により保存が決定され、昭和初期(1928年(昭和3年)~1933年(昭和8年))に正殿の改修工事が行われて国宝に指定され・・・
太平洋戦争中の沖縄戦において日本軍が首里城の下に地下壕を掘り総司令部を置いたこともあり、1945年5月25日から3日間に渡りアメリカ軍艦ミシシッピなどから砲撃を受け、27日に焼失した。・・・
1992年(平成4年)には正殿を中心とする建築物群、そこへ至る門の数々と城郭が再建され首里城公園が開園した。・・・」

本殿の中は首里城の歴史に関わる展示物が目を引く。
中庭がある。
IMG_3658erwer.jpg
玉座。
IMG_3665retert.jpg
IMG_3666erwwer.jpg
国王の王冠。
IMG_3668retret.jpg
儀式の模型。栄華を誇ったのだろう。
IMG_3673werwer.jpg
?門。
IMG_3676erwwer.jpg

尚一族の末裔のShさんより薦められた王陵に向かう。
出口に向かう。
IMG_3678rtrty.jpg
井戸の跡。
IMG_3679weqwe.jpg
久慶門。
IMG_3680ewrerw.jpg
守礼門より出る。「首里城の上郭の外に立つ楼門。中国の三間牌楼形式を基本に2層の赤瓦を葺いた屋根は、入母屋造といった独自の建築工法で造られている。門中央に掲げられた扁額にある「守禮之邦」は、「琉球は礼節を重んずる国である」という意味。1527年(尚清王時代)に創建されたが沖縄戦で破壊。現在の門は1958年(昭和33)に復元されたもの。」
IMG_3682retrte.jpg

王陵(たまうどぅん)は、琉球王国、第二尚氏王統の歴代国王が葬られている陵墓。世界遺産。Shさんも亡くなったら葬られるんだろうか。
資料館に飾ってあった尚王御後絵。
IMG_3686rtyrty.jpg
陵に向かう道。
IMG_3690erwwer.jpg
王陵に到着。
IMG_3698dfgfddfg.jpg
お参りをする。
IMG_3697rterte.jpg
ブラシの木が生き生きしてる。
IMG_3702rwewer.jpg

ホテルに戻る。
駐車場に駐車。ちょっとしたミスがあったが略す。

しばらく休んでから、食事に出発。
Sさんが国際どおりのお店を推薦。電話したら、予約は一杯だがカウンターは空いてるとの事。直ぐに出発。
IMG_3704retrte.jpg
お店に到着。
IMG_3708erwer.jpg
オリオンビールで乾杯。お店のお勧めのセット料理を頼む。これが実に美味い。従業員は全て女性。
IMG_3707treert.jpg
海ブドウは新鮮でプチプチして美味しい。

満足して、市場のお店を散策。
IMG_3709retrte.jpg
IMG_3710retrte.jpg

Sさんは柑橘類(名前を忘れたが小さくて甘い)、私はサトウキビを買う。

帰ってから、サトウキビに悪戦苦闘。歯が欠ける危険を冒して外皮をこそぎ取る。懐かしい味を楽しむ。3本あったがSさんからもう止めなさいと取り上げられる。

しゃべっているうちに寝てしまった。

ボイトレ

明日から沖縄旅行なので、シンビジュームを外に出す。天気は良い。
少し出すのが遅れたので、白いカビの様なものがついてしまった。それを落として、薬を散布。肥料も与える。
部屋から、運んで配置するのに時間がかかって、Ii先生のボイトレに遅れそうになる。

駅まで走ったが、結局時間は十分間に合う。
電車の中で、楽譜を開く。コンコーネ24番は、何とか音がとれそうだが、イタリア歌曲「側にいることは」は音が取れない。あせって何度も小声で歌う。隣のおばさんがちらちら見てるような気がしたので打ち切る。

Ii先生は他の部屋で教えていた。生徒の男性は発表があるみたいで短期間で次の練習を予約している。

発声練習。高い音をどんどん出す練習をする。出るかなあと思うと出るので不思議。Ii先生は随分出るようになりましたねとおだてる。

コンコーネ24番。
譜読みは何とかクリア。あーで歌うようになったら、音が狂う。心の中でドレミで歌うようにと言われる。
次回は、25番。どんどん進むなあ。以前は、2回づつだったのに。上達してるのかしらん。

Gloria3番の「Cum sancto Spi ri tu in・・・」から始まるテナーのもっとも難しいところを練習。
拍子が変わるところでは、拍子をとりながら歌ってみる。聞いて覚える。と言われる。
黄色いマーカーで歌詞をなぞっておくように。以前はやっていたがこの頃、サボっていた。
何度も練習したら何とか歌えるようになる。

Ii先生は武満徹作曲の練習をするつもりだったが、楽譜を忘れてきてしまった。しまった。

イタリア歌曲「側にいることは」。
譜読みは何度も練習してやっと歌える。歌詞は、発音から始まり、音の長さに合わせて発声し、最後に歌う。ミスはしたが何とか歌えた。歌えるじゃん。Gloriaにくらべたらやさしいでしょと言われる。うーんそうかなあ。

次の練習の女性が現れたので、練習日の予約をする。

疲れた。背中に汗かいたみたい。

帰りは、花を見る余裕がある。
八重桜。
IMG_3619rteret.jpg
桜もまだ咲いている。
IMG_3624fghgfh.jpg
IMG_3626dfgfg.jpg
IMG_3628dfgfdg.jpg
チューリップ。
IMG_3615asdsda.jpg
IMG_3616fdgdfg.jpg

帰って、Sさんと明日からの沖縄旅行の準備。
下着や楽譜、俳句歳時記を入れたら、何でそんなに一杯持っていくのと笑われる。Sさんは少ない。
パッキングはSさんに頼んで側で見ている。ぼんやりしてないで食器洗うか掃除してと追い払われる。
シンビジュームを出した後の、部屋の整理。すっきりする。Sさんがやって来て、パキラは下の部屋に置きましょうともって行かれてしまう。

庭の草花に肥料を与えて水を撒く。

準備万端。
苦吟を少し。

録画の整理。

早めに休む。
嬉しくて寝付かれず。

歌ばかり

昨夜も歌の練習をしたが、今日は一日中、歌の練習ばかり。
雨も降っており、何となく小寒い変な天気。

庭のスパラキシスの蕾が開きかかる。
IMG_3610dfggdf.jpg
ムスカリと花ニラ。
IMG_3611rwerwe.jpg

まずは武満徹作曲。「島へ」「○と△の歌」「死んだ男の残したものは」。「○と△の歌」は前回の演奏会のアンコール曲なので何とか暗譜。他は程遠い。一番と二番がごちゃになったりする。
大中恩作曲。「紙風船」「黒い王様」あたりは何とか暗譜。「せみを鳴かせて」は、暗譜にチャレンジ。「流れ行くもの」は無理。「水曜日はあなたとあって」「水」は暗譜に挑戦。「母なる大雪」は長い曲で暗譜に苦戦しそう。

声が疲れたので一休み。
明後日はIi先生のボイトレなので、コンコーネ24番を練習。何とか譜読みが出来るようになる。
イタリア歌曲の「側にいること」は譜読み。歌詞までは行かず。

あんまり歌ったので、水曜会で声が出るか心配。
机並べは、Ydさん、Fjさん、Icさんが行っている。
ソプラノが珍しく出足が悪い。アルトは真面目に早い。
テナーは、Mtさん、Thさんは何時も早い。直ぐにHtさんが現れる。Ksさん、団長、Skさん、Kkさんが来る。休みはNzさん。
Mtさんから(花見の)二日酔いは取れましたかと言われる。

発声練習で、眉毛を上げて歌う練習。

「紙風船」大中恩作曲。
暗譜で歌う。Mtさん、Htさんも暗譜。女性はかなり暗譜してる。

「黒い王様」大中恩作曲。
何とか暗譜で歌おうとする。Mtさんがセカンドで歌ってくれる。
「うかーべーて」の「べー」が綺麗になるように。難しい。

「せみを鳴かせて」大中恩作曲。
楽譜を見ないで歌うよう努力。「あさーだ」の出だしをとちる。準備しておくように。
「だれだーーー」では発声練習の眉毛を上げてを実践。
「だれだだれだ・・・」の音程が何となく心もとなく楽譜を見てしまう。

「流れ行くもの」大中恩作曲。
楽譜を見ないと歌えない。ちらちらと指揮を見ながら歌う。
「ながるるものはーながーれーゆーきー・・・」の途中から遅れると指摘される。何故かな。

休憩時間。
Gtさんより先週見学の方の入団が報告。ただし次回の演奏会から。
団長、Hmさんから報告。
Smさんから水曜会ホームページの更新の報告。まだ内容は古いままだが、メモリィが増えたので更新しやすくなる。Miさんが、連休明けに更新すると言う。期待しよう。
Itさんが大きなお腹をしながら配られたお菓子のごみを集めている。えらいなあ。

「水曜日はあなたとあって」大中恩作曲。
暗譜にチャレンジ。言葉を綺麗に歌うように。

「水」大中恩作曲。
暗譜にチャレンジ。
28日の練習でソロの北原聖子さんとの混声練習とのこと。

「母なる大雪」大中恩作曲。
Mtさん、団長の声を聞き取りながら歌う。楽譜は見ないと歌えないがちらちら指揮は見れるようにはなった。
「うもれたははは」でアルトとテナーはもっとハモれないかと言われる。
アルトが上手く歌えて褒められたらソプラノのHmさんがいいなあ褒められてという。
長い曲なので疲れる。一日中歌ってるにしては声が出る。

まさか「GLORIA1」JOHN RUTTER作曲をするとは思わなかった。
もうへとへと。時間を少しはみ出してやっと終る。

飲み会は、迷ったが休む。
Mrさん、Mtさんと帰る。

勉強会

天気が良い。
お酒も抜けて、すっきり。
勉強会の資料を完成。

俳句の勉強会の結果が三四郎さんから送られてくる。

陽炎や水の溜まつた石切り場 光
春雨や馬車の走つた石畳 光

⇒両方とも型その1の作り方にそって出来ています。ただ、両方とも過去形の「た」ですが今はどうなっているかと考えると違いますね。 水の溜まった、は今も溜まっています。馬車の走った、は過去に馬車が走ったが今は石畳だけです。 陽炎の句は景が鮮明ですが、春雨の句は馬車がいつ走ったかによって解釈が振れます。昔馬車が走ったという石畳の道なのか先ほど走ってまだ轍の跡がある石畳なのか。

何となく使っている言葉をよく理解して使わないと、自分の詠んだ情景を相手に伝えられない。
難しい。このところ毎日句を詠んでいるが、段々難しくなってきた。

庭は花一杯。
ケマンソウ(華鬘草)が咲き出す。
IMG_3579tyy.jpg
ツルニチニチソウ(蔓日日草)。
IMG_3580tty.jpg
スズランスイセン(鈴蘭水仙)。
IMG_3582ytuuy.jpg
ハナカイドウ(花海棠)。
IMG_3585fhj.jpg
チューリップ。
IMG_3590ryry.jpg
IMG_3592fhjgjh.jpg
ムスカリと花ニラ。
IMG_3595iuuyi.jpg
スミレ(菫)。
IMG_3600yuyt.jpg
シャガ(射干)。
IMG_3584khj.jpg
やっと一輪咲いたチェリーセージ。
IMG_3599poi.jpg

勉強会に出かける。
近所ののシバザクラ(芝桜)。
IMG_3604wrerew.jpg
照手桃(テルテ桃)。
IMG_3605rterte.jpg
ルピナス。
IMG_3608rtetre.jpg

勉強会の参加者は、幹事のAbさん、Tmさん、Kdさん、Fmさんと私の5人。Kbさん、Kjさんは欠席。
私は中国の歴史の清の末期。
「第2次アヘン戦争のアロー戦争」
「洋務運動と日仏露との領土問題」
同時代に何が起こっていたかを見るのも面白い。
1856~60年 アロー戦争 。
1861年 イタリア半島が統一され、イタリア王国が誕生。
1861~65年 (アメリカ)リンカーンが大統領に就任し、南北戦争が起こる。
1864年 大平天国が滅亡する。
1865年 (オーストリア)メンデルが遺伝の法則を発表。
1868年 (日本)明治維新。明治政府による新体制が正式にはじまる。
1870年 普仏戦争で、ナポレオン3世がプロイセン王国の捕虜となり帝政が崩壊し第三共和制へ。
1871年 ドイツ帝国が成立。
1871年 日本と清が日清修好条規を結ぶ。
1876年 日本と朝鮮が日朝修好条規を結ぶ。
1876年 (アメリカ)ベルが電話機を発明し、特許を取得。
1877年 (アメリカ)エジソンが蓄音機を発明。
1879年 日本が琉球を併合し沖縄県をおく。
1881年 ロシアとイリ条約をむすぶ
1885年 フランスと天津条約(フランスのヴェトナムに対する宗主権を認める)を結ぶ。
1885年 日本と朝鮮問題に関する取り決めをした天津条約を結ぶ。

「・・・・大平天国の乱を鎮圧しほっと一息ついた清ですが、さすがにイギリスやフランスにやられまくったことがあり、外国を見習って改革をしていこうという動き、洋務運動が始まります。その中心となったのが、正規軍に代わって義勇軍を率いて活躍した漢人官僚の曾国藩(1811~72年)と、やはり義勇軍を率いて活躍し、彼が推挙した李鴻章(1823~1901年)&左宗棠(1812~85年)、それから彼らを支援した道光帝の第6男、恭親王こと奕訴(えききん)です。特に軍事面を重要視し、曾国藩が中国初の近代兵器工場である安慶軍械所を設立し、さらに李鴻章が北洋艦隊(1888年)を、左宗棠が南洋艦隊とよばれる新式の海軍を結成しました。
 また、軍事面以外でも産業や教育に力が入れられ、留学生のヨーロッパ派遣や、李鴻章が洋務企業を設立して商売をさせたり、民間の資本活動も活発にします。さらにこの時期は「流石にこれ以上痛めつけて、清が崩壊しては困る」ということで外圧も比較的少なく、久しぶりに安定期を迎えます。これを、皇帝である同治帝(愛新覚羅載淳 位1861~74年)にちなみ「同治の中興」と呼ばれます。
 しかしながら、この一連の改革は、あくまで「中体西用」、すなわち中華の体制を維持し、西洋の学問を用いるということで、抜本的な体制の改革は行われず、相変わらず官僚の腐敗、満州族の軍隊の弱体などの問題は解決されないという弱点をはらみます。また同治帝の生母として絶大な権力を握った西太后の保守的な思想も改革の邪魔となります。
・・・・・」

結局、有能な人材はいたが古い体制ではいかんともしがたかった。
どんどん侵食されていくが、百年たって再び蘇ってくるのだから中国はたくましい。
中国恐るべし。

Tmさん:「グループ企業の再編、道半ば」日立製作所次期社長中西氏に聞く。
期待のエース。
「原発事業に突き進む仏アレバ」恐るべし女社長。
「次世代キーワード15」面白いので列記する。非常に興味ある内容。
スマートグリッド、リチウムイオン電池・燃料電池、メタンハイグレード、水素エネルギー、高効率太陽光発電、二酸化炭素回収・貯留技術、超音波旅客機、電気自動車(EV)、リニア中央新幹線、次世代高速無線通信、電子ペーパー、次世代半導体、ナノマテリアル、植物工場、人型ロボット。

Abさん:「日立・英国1兆円の野望。」日立次期社長中西氏の貢献度大。

Kdさん:「一世を風靡したシュトラウス親子の新しい音楽、優雅なワルツ。」「ワーグナーの死後、急速に評価が高まった作曲家ブルックナー。」「ワーグナーの作品はドイツでは政治家を、フランスでは文学者を魅了。」
「ブランドの力 シャンパン。」

Fmさん:「10年日本経済」成長の実感なき1.7%成長の年に。 景気は底を打ったようだが、力強さはない。

飲み会は魅力あったが、肝臓のことを考えて欠席。

二日酔い

3日連続かなり飲んだし、昨夜の花見で痛飲したので、二日酔い。
現役の方は、働きに行っているだろうが、申し訳ないがこちらは蒲団から出られない。

Sさんから、出かけるよと声をかけられても、蒲団の中からウウウと声にならない返事。
ようやく起きたが、雨が降っている。
庭のハナカイドウ(花海棠)。
IMG_3249ytrty.jpg
チューリップ。
IMG_3251hgfgh.jpg

ウコンを大分飲んだせいか、徐々に回復。
俳句の勉強したり、楽譜を見たりする。
明日は勉強会だと思い出し、あわてて資料を調べる。

しばらく酒は飲みたくない。
明日、明後日と飲むチャンスはあるが、休肝にしよう。

お花見

Yd邸でのお花見。
Mtさんが始めて参加なので、待ち合わせて、案内。
1時間ばかり、芦花公園のコヒガンザクラを見ようと駅で待ち合わせ。
昨日は、暖かかったが、今日は風が強く寒い。

Mtさんと芦花公園に向かう。
途中、綺麗なアヤメ(菖蒲)。
IMG_3253rty.jpg
桜が満開。
IMG_3254yrytryt.jpg

芦花公園に到着。
花見客が宴会。皆厚着している。
IMG_3262ytrt.jpg
IMG_3263ytt.jpg
コヒガンザクラは葉桜になりかかっている。
IMG_3265werrew.jpg
チューリップ。
IMG_3268trrt.jpg
枝垂桜。
IMG_3269tyt.jpg
花壇は良く手入れされている。
IMG_3271trrte.jpg
急ごしらえの舞台の上で歌っている。ちょっと寒々。
IMG_3276fgddfg.jpg

集合時間には早めだが、寒いので、早めにYd邸に向かう。Yd邸前の桜。
IMG_3283rewwer.jpg
IMG_3286fghfhg.jpg

一番乗り。
Yd夫妻と友人の看護士さんが準備に余念がない。
時間前だが、麦酒を頂く。
Mtさんは真っ赤。血の巡りが良い。その後は、あまり変わらないので強いんだろう。ご馳走も次々と運ばれて申し訳ない。
Iiさん夫妻。芦花公園ですれ違った。Iiさんは飲めないが、ご主人は酒豪。
その内に、次々と現れる。
Hmさん、娘さん、Tzさん、妹さん、娘さんと友人。若い女性が4人もいるとぱっと明るくなる。
Ii先生が現れるので迎えに行く。Ii先生は始めて参加。残念ながら用事があって、早々といなくなる。
先生が現れるあたりから、本格的になる。
Smさんが早い。野球の練習した帰り。
Smさんと二人で残っていた百年の孤独を飲んでしまう。
暗くなってきた。窓から桜見物。
IMG_3297try.jpg

Adさん、Ynさん、Fjさん、Oyさん、Gtさん、Mrさん、Niさん夫妻と次々と現れる。
Niさんのご主人は撮影に余念がない。
Fjさん用に買った山形の生酒を飲む。変わった味ですねえと言われてしまう。
Mmさんが現れる。初参加と言う。Ydさんのワインセーラーから次々と高いワインを持ってくる。つい手が伸びてしまう。
Tsさんが現れると急に騒々しくなる。
桜にライトアップ。
IMG_3354rteter.jpg
先生は女性に囲まれて、ご満悦。
Msさんが現れる。何時も練習時間の最後尾を競っているMrさんが、このところ勝ってますと言う。
Ttさんが現れる。珍しく遅い。
Thさんも登場。お店はお休みかな。
Niさんのご主人による記念撮影。
先生は若い女性に囲まれて撮る。
MmさんのギターでSmさんが歌う。先生とTsさんが歌う。
皆で歌ったような気もするが覚えていない。
段々記憶が怪しくなる。
何時の間にやら、Ni夫妻やFjさんが消えているので、Mtさんがそろそろ消えようよと言う。
一番初めからいるのだから、もう6時間近くいる。
そっとずらかったが、若い女性3人に見送ってもらう。

帰りは、何も覚えていない。家に着いたらSさんは休む直前だった。

南山CC

早朝、ホテルを出る。
車には、Tnさん、Mnさんと一緒。
大の苦手の南山CC。

クラブで食事。
ゴルフ場の設計は、晩年の井上誠一。トリッキーなコースが多い。Mnさんによれば、随分やさしく直されていると言う。Mnさんは法人でも個人でも入っていた南山大好き人間。
事業所幹部のSjさんが加わる。

練習場に行く。数日前の練習では、フェアウェイウッドが良かったが、今日は当たらない。アイアンも駄目。何で打てばいいんだと思う。

いよいよスタート。
寒いので厚手のチョッキを着る。
1ホール目からツツジが綺麗。
IMG_3226sfsfd.jpg
桜も咲いており、ツツジと同時に見える。
IMG_3228tretrerte.jpg

プレーは、Tnさん、Mnさん、Sjさん。
キャディさんがからすがカメラを加えていくのでカバーの下に入れるようにと言われる。

最初のショットは、まあまあだったが、その後がいけない。
2ホール目では木にキンコンカンを2回もしてしまい、大叩き。
4ホール目のショートも、OB出したり、ミスを重ねて、大叩き。

天気は良いし、景色は良いがプレーがメロメロ。
靴を新調した効果を出そうと、カートに乗らず歩く。
やっと5ホール目でパー、7ホール目でバーディが出る。グリーンをキャディさんの言うとおりにするとワンパッドで入る。それでも大叩きがあるので、追いつかない。
ツツジと桜を楽しむ。満開。
IMG_3229fdssdf.jpg
IMG_3233tretre.jpg

3人とも、あまりスコアはよくない。
南山大好きのMnさんがまあまあ。ドライバで球が上がらないとぶつぶつ。
Tnさんは、疲れて大叩きが一度ある。
Sjさんは、良く飛ぶが、OBも多い。

前半、終わり昼食。

後半、フェアウェイウッドの調子が悪いまま、頭ばかり叩いている。
時々、ドライバは良いあたりをするが、その後がいけない。
風が出てきて、日は照っているが、暖かくならない。
池に桜。カメラマンのTnさんは時々、止まってカメラを構える。
IMG_3234terert.jpg
IMG_3236wqeweq.jpg

またまた大叩きを2回連続してしまい、力尽きる。
右側に落とす。
IMG_3237rteret.jpg
池に入れる。
IMG_3239rewer.jpg
南山渓谷の谷越えは、谷越えをせずに、左に逃げる。
Tnさんが昔は、谷越え楽楽だったのになあと嘆く。
上がってみれば、最悪のスコア。フェアウェイウッドがあたらなかったのが痛い。
Tnさんは往年の面影はない。
Mnさんのドライバは良くなかったが、一番まとまっている。
Sjさんの後半は、良かった。

風呂に入り、ゆっくり。
軽い宴会。
Tnさんの風呂が長いので、待ちきれず、麦酒で乾杯。
そのうちにTnさんが来て、楽しく談笑。飲むのは控えようと思ったが、つい焼酎のロックに手が出る。
昨日、飲みすぎて、連荘なのできつい。

帰りは、新幹線の中で爆睡。起きたら新横浜だった。あわてて飛び出す。

調子が最悪なので、明日の花見は怪しいなと、メールしたが、ウコンを飲めば直りますよと言う返事。
Mnさんからは私を花見に連れてってと。
ウコンを飲んで早々に休む。

友の会

20年以上在籍した事業所の友の会に出かける。
新幹線の中で、俳句の勉強会の課題をこなす。

駅の桜。満開。
IMG_3217sasda.jpg
IMG_3219erwewr.jpg
IMG_3220retrte.jpg

友の会の前にSrさん、Fjさん、Frさんに会いに一応接に入ったら、既に大先輩のTkさん、Cbさんたちが来ている。
Srさんが場所を変えてくれて、Frさんの事務所の会議室に行く。
最初は、Srさんのみに会うのかとどきどきしたが、その後、Fjさん、Frさんが一緒と分かり、ほっとする。
会議室に移ったら、いろんな人が次々とやって来る。
Okさんは、相続問題でいろいろ大変みたい。
Fjさんから、南アルプス登山に、Mkさん、Imさんが参加すると聞く。
NkさんがHr社長への挨拶の途中に寄ってくれる。
Ydさんは、すっかり太ってしまった。次に会うときまでにやせるように頼む。
Tyさんは、顔がはれている様に見えて心配したが、日焼けしているのみだった。
Ynさん、Toさんが、友の会の資格があるのに呼ばれてないとむくれる。Srさんが連絡すると言う。
他にもいろんな人が顔を出してくれ、大変に嬉しい。
しかし隣に座ったSrさんとほとんど話す間がなかったのが残念。

会が始まるので、会場に移動。80名以上のOBが参加。
Osさんに挨拶。腕を痛めてゴルフが出来ないとか。
Tsさんから手術後3ヶ月の状況を聞く。
Otさんが新会長、Hrさんが新社長に就任。Hrさんの社長就任は嬉しい。
Hrさんが事業説明を時間オーバーして説明。厳しい状況なので、質問を避けたみたい。
Asさんは健康回復したことを喜んでくれる。
写真撮影。工場見学と続く。
何班に別れて見学。Ygさんが説明してくれる。Tbさんが久しぶりに事業所に戻ってきて挨拶してくれる。
期初めで、あまり製品が流れていない。
機械加工現場で、Tmさんがこの油のにおいをかぐとアドレナリンが出るよと言う。
Itさんと久しぶりに話す。
途中、Unさんと合う。完全にリタイヤしたと。

友の会の会場に移動。
Sjさんに事業内容を聞く。今年度が一番厳しいみたい。
Utさんは腰を痛めたみたい。
Tkさんから近況を聞く。
Ntさん、Szさんとスキーの話。
Ssさんは100号の絵に挑戦。
Ngさんをスキーに誘う。
Krさん、Ndさん、Swさん、Tyさん、Mgさん、Hrさん、Ogさんなどと会話。
秘書のInさんと話す。
Miさんから病気克服した話。
酒を次々次に来てくれるので、飲みすぎる。
あっという間に時間が過ぎる。

二次会。
Hr社長、Sj副社長、Asさんの工場側とKsさん、Tnさん、Trさん、Mnさんと一緒。
どんどん焼酎をついでくれるので、すぱすぱ飲みすぎる。
話は弾んだが、明日はゴルフなので、終了。
飲みすぎで、ベッドにバタンキュー。
楽しかった。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Y・K

Y・K

FC2ブログへようこそ!

極彩色生活:赤字黒字の会社生活と異なり、感動、興味、ときめきの極彩色社会生活のことを言う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。