2017-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水温む

朝、Sさんと接骨院。
私は大分良くなったが、後少しが直らない。以前、痛かったところがぶり返したかもしれない。

Ymさんとの打ち合わせにSVYKに出かける。1年ぶり。久しぶりに見る顔が次々とやってくるが、Ymさんは来ない。さてはと電話したら、一週間日にちを間違えて教えてくれている。来週の月曜日は残念ながら都合がつかない。仕方なく帰る。
風邪引いてから体力が落ちているので、歩くのは良いだろうと思うことにする。

歌の練習。直ぐに声がかれて続かない。
がっくり疲れて一休み。

大門句会。
今日は全員出席。あゆか先生を入れて、11名。三四郎さんがちょうど一年たちましたと言う。昨年の4月から初めて良く続いている。先月から新しく3名入る。最初の頃は、緊張して食べ物の味がしなかった。この頃は、選句も楽しめるようになる。
私の句は、特選にならなかったが、苦吟の結果。

水温むごいさぎの脚泥をかき  光  
(小さな池でごいさぎが脚で泥をかき回し虫をあさっている)二人の方に選句してもらう。
田舎道よう来た坊と彼岸かな  光  
(子供の頃の自分の情景。田舎のおじさんに頭をなでられた)4人の方に選句してもらう。
シャベル手に花種蒔の場所探し  光 
(花をびっしり植えているので、植える場所探しが大変)あゆか先生普通選。他に2人の方に選句してもらう。

特選
水温むとげぬき地蔵参りけり  はな

補陀落(ふだらく)へ舟をだすのは朧の夜  三四郎

種蒔きの婆の背越しに青き山  遊介

米を研ぐ妻の鼻唄水温む  柳

蟇蛙庭のまん中歩みけり  勝山

先生の句
那須岳を仰ぎて花の種蒔けり  あゆか

朧夜の軸のねじれしガラスペン  あゆか

補陀落(ふだらく)と言う言葉は知らなかった。補陀落とは、観世音菩薩が住んでいるとされる山。観音浄土をめざし生きながら海に出て往生を願う慣わしがあった。周囲から追い詰められ、逃れられないで生きながら船で乗り出す。
柳さんの
米を研ぐ妻の鼻唄水温む
は、私が歌った句と思われたようだ。私が詠めたら良いなあと思うような句で私も選句。
皆の腕が上がってきて、選句に苦労する。それがまた楽しい。

近所のスノーストーム
IMG_2457sdfafasdf.jpg

ホトケノザ
IMG_2460zxcvzvxc.jpg

木蓮
IMG_2464dfsgsdfg.jpg

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadaku.blog10.fc2.com/tb.php/1089-03cbe397

「ガラスペン」についてのクチコミブログをピックアップ

ガラスペン に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介…

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Y・K

Y・K

FC2ブログへようこそ!

極彩色生活:赤字黒字の会社生活と異なり、感動、興味、ときめきの極彩色社会生活のことを言う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。