FC2ブログ

2018-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵画鑑賞

Gtさんに頼まれたので、昨日、水曜会に見学に来た方に電話。
ご主人が留守で、奥さんが出てきた。雰囲気が良いことに共感を得たようだ。ハーモニーも素晴しい。ソプラノの正面で歌っていた男性陣はよかったと言う。ただ演奏会が近づいているので、今から入るのは迷惑にならないかと心配している。私の入った頃の失敗談を説明して、大丈夫ですよと保障。
4月は、用事があるので、参加できないが、もう他の合唱団の見学は止めようかなと入ってくれそうな雰囲気。
後はGtさんに連絡してお任せ。
後から聞いたら、入団してくれるそうだ。ただし、4月は参加できないので、本格的には、次の演奏会からとのこと。良かった。

4月に入ったのに、まだ小寒い。
やっとハナカイドウ(花海棠)が一輪咲く。
IMG_3186fghasdasd.jpg
クリスマスローズは次々と咲く。
IMG_3188terrte.jpg

友人の絵を鑑賞に出かける。招待状をくれたKtさん、Kwさんはいない日だが、この日しか都合がつかないので出かける。Sさんを誘ったが他に予定があってふられる。

近所のクリスマスローズ。
IMG_3193retret.jpg
チューリップ。
IMG_3194gfhghf.jpg

日立OB美術会展。
最初にKwさんのデッサン「中世の街(ローテンブルグ)」「旧港(オンフルール)」を見る。
IMG_3195yuty.jpg
IMG_3196tryt.jpg
上手いなあと感心。

続いてKtさんの「シンガポール風景」。
IMG_3199tyrt.jpg
Ktさんらしい筆使いで、直ぐに分かる。

Kwさんの「Printemps」。Kwさんの裸婦像は始めてみた。
IMG_3201rteret.jpg

Ktさんの「我が家の裏通り」。
IMG_3205rteert.jpg
Ktさんの大作「はけの道より富士山見ゆ」。
IMG_3207dfssdf.jpg
この大作の前では、二人の方がずっと絵の前にたたずんで、この絵について語っている。写真がなかなか撮れず。他を回ったりして、いなくなるのを待つ。人気の絵で、直ぐに人がやってくるので、あわただしくシャッターをきる。光が入ってしまい上手く撮れなくて残念。写真より本物は凄い力作。

ご招待いただいた二人の方の作品を見たので、後は全作品をゆっくり見る。
声をかけられたので、振り向いたら勉強会のKdさんが先輩と一緒にいる。初めて見学に来たとの事。素晴しいと言う。何でも興味を持つKdさんの感受性の高さには感心。
喫茶室を覗いたら知った顔もいたが、次があるので寄らずに外へ出る。

創元展に行く。国立新美術館。
Kwさんが続けて入選。
まずはKwさんの作品を見に行く。
「追憶」。
IMG_3213rteret.jpg
Kwさんの作品も特徴がある。部屋の中のどれかは直ぐに分かる。

暫く鑑賞してから、全作品を見る。
昨秋に行った軍艦島の作品が5点ほどある。人気のスポットらしい。
山、景色、古めかしさ、美女に目が行ってしまう。気に入った作品の前ではじっと眺める。
受賞作品、幹部の作品は、良く分からない作品もある。
受賞作品で好きだったのは、池上わかな「街並みの中で」、本吉英生「シルクロードの壁」、喜舎場紀代子「暦日」。
幹部作品では、工藤和男「波と漁婦」、小川尊一「融化晩秋」。

二回回る。
題名を見ながら俳句に使えないかとメモ。
最後にKwさんの「追憶」を見て帰る。
疲れた。

美術館の側の桜。
IMG_3215gfdfg.jpg

帰り道に猫がひょいとBARの窓枠に飛び上がる。ここで休むのか入れてくれと言うのか。
IMG_3216retrte.jpg

眼の保養になった一日。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadaku.blog10.fc2.com/tb.php/1845-09ba572b

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Y・K

Y・K

FC2ブログへようこそ!

極彩色生活:赤字黒字の会社生活と異なり、感動、興味、ときめきの極彩色社会生活のことを言う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。