FC2ブログ

2018-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片栗の花

YY会リーダーのImさんにお願いして、今年初めての登山に行く。足慣らし。
駅で待ち合わせして、車に乗せて貰う。

天候は晴れ。絶好の登山日和。
御前山(1405m)に片栗の花を見に行く。以前、YY会で行った時は、時期が早すぎて片栗の花が一つ二つしか咲いていなかった。以前は、反対側からの標高差がほとんどない楽なコースだったが、今回は、奥多摩湖からのルート。標高差が800mあり、登り3時間のコース。
奥多摩湖の駐車場には、結構車が止まっている。
奥多摩湖。
IMG_4592fdgfgd.jpg
暑くなるよと言われて、厚手の上着を脱ぐ。
歩き出したら、直ぐに急坂。心臓と肺が悲鳴を上げる。
新緑が綺麗。
IMG_4601asasas.jpg
マムシグサ(蝮草)があちこちに咲いている。
IMG_4602fgfgd.jpg
急坂を登ってやっとサス沢山(940m)に到着。まだ標高差が450m位残っている。足は鍛えてきたつもりだが、肺が苦しい。
IMG_4604sadasd.jpg

しばらく上り下りが続く。
Imさんに持病の様子を聞く。水曜会のHtさん紹介のお医者さんが名医で、凄く調子が良いと言う。それは良かった。Htさんに感謝感謝。

片栗の葉は見え出したが、花が見えない。Imさんも終っちゃたのかなと不安げ。天候がおかしいからなあと不安になる。
あったあった。
IMG_4608fdgdfg.jpg
コバイケイソウ(小梅草)の群落。花の時期に来たら綺麗だろう。二人の若者にこれは何ですかと聞かれる。
IMG_4615sdfsdf.jpg
ニリンソウ(二輪草)。
IMG_4617dfssdf.jpg
ハリシドコロ(走野老)。
IMG_4618asdasd.jpg

途中二回休んだが、調子が少し上向いてくる。
ところが最後の急坂にかかるところで、貧血みたいになって、足がつりそうな感覚に襲われる。Imさんにおかしいから休ませてくれと言う。やたらと口が渇く。甘いカルピスウォーターが美味い。

やっと歩き出したら、片栗の花が次々と現れる。
IMG_4621dsfsdf.jpg
写真を何枚も撮っている内に、足の違和感が薄れる。
IMG_4626sdfsdf.jpg
惣岳山(1341m)に到着。登山者が多く休憩している。
IMG_4628dsfsdf.jpg
ここで休まないで頂上を目指す。
頂上から戻ってくるご婦人方から、もう少しよと声をかけられる。花はどうですかとImさんが聞くと、ちらほらね、囲いの中には一杯咲いてるけれど、との返事。
暫く歩くと、囲いが現れる。その中には片栗の群生が見られる。片栗は鹿の好物で食べられてしまって、策の外では群生が見られない。
それでも可憐な片栗の花に十分堪能。
IMG_4632sdfsdf.jpg
IMG_4633asdasd.jpg
綺麗な鳴き声の鳥がいて、ゴジュウカラですかと聞かれるが、鳥については疎いので分かりませんと答える。
IMG_4634sdfsdf.jpg
頂上到着。1405m。
IMG_4640sdfsdf.jpg
途中くたばったので3時間20分かかってしまった。
山頂は登山客が多い。ここで昼食。話を聞いていたら、反対側の楽なコースで登る人が多く、奥多摩湖からのコースはきついと言っている。きついコースを登ったんだから、初登山としては良いかと慰める。
握り飯を食べ始めたら、やたらとお腹が空いているのに気付く。朝食は時間が早かったのでバナナしか取らなかったし、何時も握り飯とパンを持ってくるのに、今回は握り飯しか持って来なかった。お腹の空いていたのが、貧血の原因かな。

曇っていて見晴らしは良くないが、雲取山が見えているようだ。
IMG_4641fgddfg.jpg
地図を見ると周りの山に結構登っている。
ImさんにYY会で一泊して雲取山に登りたいねと話す。

おにぎり二個が腹に入って、登山モードのスイッチがオンとなり、下りはがんがん飛ばす。

片栗も横目でちらちら見ながらほとんど休まない。
IMG_4648fdgdfg.jpg
足がつりそうになった急坂もひょいひょい降りる。
IMG_4656sdfsdf.jpg
ずっと休まず降りたが、Imさんから見晴らしの良いところで休もうと言われ、奥多摩湖の見えるところで休憩。
IMG_4661sdfsdf.jpg

それからも、調子良く降りて、Imさんから早いですねと言われ、良い気分。
1時間半の予定よりは早く降りる。

お腹が空いたので、温泉食事としたかったが、月曜日は休みのところが多い。
三河屋旅館に行く。温泉は入れるが食事は終っている。
温泉に入って、のんびり。お客は、我々のみ。極楽のひと時。

お腹が空いているので、食事するところを探したが、見当たらず、ファミレスで食事。Imさんは運転で飲めないので、ノンアルコール、私は麦酒で乾杯。
Mkさんから法政に慶応が勝ったとメールが来る。おうこれで勝ち点がついた。明治戦は予定を変えて行かなくては。

帰りの車では寝込む。気が付いたら、駅に到着。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadaku.blog10.fc2.com/tb.php/1871-b57212fe

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Y・K

Y・K

FC2ブログへようこそ!

極彩色生活:赤字黒字の会社生活と異なり、感動、興味、ときめきの極彩色社会生活のことを言う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。