2017-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笠丸山

今年2回目のYY会登山。一回目は、縞枯山へのスノーシューだったが、私は、風邪を引いてドタキャン。
今回は連休明けで、時期がよくなかったせいか、ドタキャンが多く出て、参加者は7名。
リーダーのImさん、車を出してくれたIwさんとMzさん、久しぶり参加の若手Mrさん、Khさん、Ybさん。

駅についてトイレに入ったら、Mrさんと出会う。Mrさんは長く愛知のほうに転勤していたが、こちらに戻ってきて参加してくれた。若手の参加は嬉しい。次回は友人を連れてくるという。若手と女性は大歓迎。
Iwさんの車にMrさん、Iwさんと乗る。Mz車は、KhさんとMzさん。
天候は、晴れ。登山日和。晴れ男だぞと自慢。

狭い林道を登って行く。対向車が来たら、戻らねばならぬほど細い。スーパー林道ならもう少し広いはずなのにと贅沢を言う。
駐車場らしきところはなく、ちょっとした空き地に止める。車が何台か止まっている。
おばさんが、登山口について聞いてくる。
枝垂桜が咲いている登山口の案内板。
IMG_4880gdfdfg.jpg
先頭は何時もながらIwさん。しんがりはリーダーのImさん。二番手は私。Iwさんは早いので、ついて行けるだけついて行こう。
笠丸山は、標高1189m。標高差365m。登り1時間半の予定。
沢沿いを歩く。
IMG_4888aa.jpg
ひなぎきょう(雛桔梗)らしい。
IMG_4889aa.jpg
ハシリドコロ。有毒。
IMG_4894asas.jpg
新緑が綺麗。暑いかと思ったが、風が心地よい。風薫るとはこのこと。
IMG_4895saas.jpg
大きなならの木の根元にお地蔵さんのあるところにつく。ここが地蔵峠かと聞いたら、Imさんが早すぎると言う。1時間の予定が30分くらいでついてしまう。Iwさんはとっとこ歩くので、ついていくのが大変だったが、後続部隊も離れずについてくるので、そんなに早いとは思わなかった。Mzさんは久しぶりなので心配と言っていたが、しっかりついてくる。Iwさんは、丹沢を登って足を痛めてるから遅いと言う。
地図を見ても、やはりここが地蔵峠。Khさんがなーんだと物足りなそう。
IMG_4896sdsd.jpg
地蔵峠で一休みしてから雑木林の稜線を進むと、笠丸山の岩峰に向かっての急な登りが始まる。固定ロープが張っているところもある。危険ではないが滑りやすい。雨が降ったら大変。
両側はミツバツツジだが、蕾。まだ早すぎた。
IMG_4898dsfdsf.jpg
何とか咲きかかっているところもある。満開だったら壮観。両側から花が迫ってくる。
IMG_4900asas.jpg
笠丸山の岩峰が見えてくる。
IMG_4905saas.jpg
しばらく行くと、花びらがやたらと落ちている。アカヤシオの花びら。アカヤシオは終りかかっている。
IMG_4912asas.jpg
そうこうしてる内に北峰山頂に到着。1時間半と予定が1時間かからなかった。
IMG_4915fdgfdg.jpg
IMG_4920bcvb.jpg
ここで昼飯。
風が吹いて実に心地よい。
蛾みたいな蝶が、背中や肩になれなれしく止まる。蝿もよってきて、家に蝿がいないのに何で山にいるんだとYbさんがわめく。鳥も囀っていて実に気持ちよい。ここで一句といかないのが不思議。
はるか雪山が見える。
IMG_4918dfsdf.jpg
以前、登ったことがある両神山。
IMG_4925asas.jpg
崖下に白い可憐な石楠花がある。伸び上がって写真を撮ろうとしたら、危ないですよと言われる。夢中になると転落しそうだ。
IMG_4927asas.jpg
Khさんは高所恐怖症だそうだ。岩場の下を覗くとぞぞぞっとするそうだ。
アカヤシオがちょっぴり残っている。
IMG_4929dsfsdf.jpg
南峰に小さな神社がある。お参り。
IMG_4936asas.jpg
山頂の標識もある。こっちのほうがりっぱ。
IMG_4937xzxczv.jpg
下りは、住居附に下る。ヒノキの林の中を下って行く坂道はかなり急な下りで、露岩や木の根が絡みつき歩きにくい。綱がはってあり、最初は使わずに降りたが、綱を軽くつかんで降りると安定したので掴む事にする。
下りは、調子が良いのでどんどん降りたかったが、後続と離れてしまいIwさんが、後続部隊を待つ。
こちら側もミツバツツジはちらほらと咲いている。
IMG_4938saas.jpg
IMG_4940sasa.jpg
長いくだりも終りが来る。石灯籠が見えてきた。
IMG_4946dssd.jpg
これもツツジの仲間。下のほうが良く咲いている。
IMG_4952sdsd.jpg
下りは、後続部隊を待ったので、予定通り1時間弱。

後は、一路温泉に向かう。
温泉はヴィラせせらぎ。
露天風呂でくつろぐ。何時もながら極楽極楽。
上がって、麦酒で乾杯。運転のMzさん、Iwさんは飲めないし、Imさんはお酒を絶ってるので、Khさん、Ybさん、Mrさんと乾杯。

食事をするところではないので、途中、ファミレスでも入ろうと出発。
車中でぐっすり寝てしまった。
バーミヤンで食事。
Ogさんの着物姿が素晴しいと皆を羨ましがらせる。
Mzさんは亡くなった奥さんのありがたみが分かったとつくづく話す。
Ybさんも奥さんの言うことを良く聞くと言う。良いことだ。
わいわい話して、時間がたってしまい終わりにする。

Mzさんとは明日もHGメンネルコールの演奏会で一緒。
Imさんとは、7月に南アルプスに連れて行ってもらう。
Khさんとはくろがね杯で一緒にゴルフ。
YbさんにはYMS会の再開を依頼する。
Iwさん、Mrさんとは次回のYY会。
また元気で会いましょう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadaku.blog10.fc2.com/tb.php/1883-398001fb

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Y・K

Y・K

FC2ブログへようこそ!

極彩色生活:赤字黒字の会社生活と異なり、感動、興味、ときめきの極彩色社会生活のことを言う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。