2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGメンネルコール

三四郎さんから俳句勉強会の結果が送られてきた。

美ら(ちゅら)海に跳ねる魚や雲の峰 光
旋回し威嚇す鳶や夏帽子 光
⇒どちらもいい句です。特に鳶の句は光さんのいつもの弱点が消えて臨場感あふれる句になっています。(三四郎さんのコメント)。

何時もの弱点って何だろう。何となくは分かるが。
褒められるんだったら、通信句会に出せばよかった。この頃、ぼろぼろと出てこなくなった。

庭は一番良い時期。のびねちどり(延根千鳥)。
IMG_4956fdgfgd.jpg
好きな花だが名前が分からない。
IMG_4957fgddfg.jpg
クンシラン(君子蘭)。
IMG_4958fdfd.jpg
イキシア。
IMG_4959fdfd.jpg
韮の花みたい?
IMG_4960fdffd.jpg
薔薇。
IMG_4962ffd.jpg

HGメンネルコールに出かける。Sさんも行く予定だったが、風邪を引いて行けない。
津田沼駅で、Hmさん、Tzさん、Ydさんご夫妻に会う。水曜会の人が多く来ていそう。
Gtさんとも一緒になる。
会場に入ったら、Htさんご夫妻がいたので、挨拶して近くに座る。そこへYY会のMzさんが来たので、席を移動してMzさんの近くに座る。Mzさんは、若い頃、HGメンネルコールに入っていた。習志野で長くコーラスをやっていたようなので、再開を進めるが、もう声が出ないとその気にならない。もったいない。
Mzさんは知り合いが多く、盛んに挨拶している。私も知っているYzさんが前のほうにいるので、Mzさんは挨拶に行く。帰りに出口で待ち合わせするから、待っていて良いですよと言われて、遠くで挨拶するのを眺める。(出口で会わずじまいだったので、おっくがらずに行けばよかった。)
水曜会のWtさんが手を上げて挨拶。Fjさんも見える。
こまくさのTnさんに挨拶。
凄い集客力。1400人超入るホールがほぼ満席。

HGメンネルコールは1947年に設立。秋山日出夫氏を指揮者として設立。1951年に全日本合唱コンクールに総合優勝。その後3年連続優勝。
現在は水曜会の大野先生が指揮。大野先生は、秋山先生の影響でコーラスの世界にのめりこんだそうだ。

1.HG愛唱歌集 指揮 鎌形浩
①柳河 北原白秋作詩 多田武彦作曲 ②早春 津村信夫作詩 多田武彦作曲
③野はうるわし 潮彰二作詩 中村仁策作曲 ④Standchen(小夜曲)ヴォルフ作詩 マルシェル作曲 飯田忠純編
⑤無宿者の歌 北原白秋作詩 清水脩作曲

スキー仲間のMnさんがいる。Mnさんは、水曜会に紹介してもらう。Mtさんもいる。二人ともセカンドテノール。
水曜会のKkさんがいる。トップテノール。バスに元水曜会のSmさんがいる。

2・男性合唱名曲集 指揮 大野敏彦
①夢見たものは 立原道造作詩 木下牧子作曲 ②Kyrle eleison デュオウバ作曲 林雄一郎編曲
③Heilig J.P.ノイマン作詩 シューベルト作曲 ④ちいさな法螺 谷川雁作詩 新実徳英作曲
⑤いとおしい日々 阪田寛夫作詩 大中恩作曲

全員暗譜。平均年齢68歳だそうだが、80歳を越えている方もおり素晴しい。男声合唱の醍醐味。
休憩時間は長い。衣装替えしてるのか。

3.ひばりコレクション 指揮 大野敏彦 ピアノ 柏戸正英
①港町十三番地 石本美由紀作詩 上原げんと作曲 青木肇編曲 ②真っ赤な太陽 吉岡治作作詩 原信夫作曲 青木肇編曲 ③東京キッド 藤浦洸作詩 万城目正作曲 青木肇編曲 ④お祭マンボ 原六朗作詩作曲 青木肇編曲
⑤川の流れのように 秋元康作詩 見岳章作曲 尾形敏幸編曲

以前、水曜会で司会された方が司会。演歌の世界。振り付けも面白い。リズムがちぐはぐなのもご愛嬌。あちこちで笑いが流れる。楽しいステージ。

4・男声合唱「島よ」 指揮 大野敏彦 ピアノ 桧山いづみ  伊藤海彦作詩 大中恩作曲

われらがいづみさんがピアノ。つい見とれる。
長い曲を朗々と歌う。暗譜凄い。

アンコール曲の後、ロビーに出る。
Mnご夫妻に挨拶。極彩色のYdくんだよと紹介。真面目に歌ってるそうじゃないかと言われる。
Mtさんに挨拶。年末の万座スキーでは、ばっちり写真撮りますからと言う。
Kkさんに挨拶。On先生に挨拶。
演奏会の進行係をしたSmさんがいた。受付をしたTtさんも見かける。水曜会の仲間はこの後飲み会に行くだろうが、今日はMzさんと一緒。
Yzさんを探したが凄い人で見つからずあきらめる。

もんじゃ焼き屋に入り一杯。
麦酒と焼酎を飲む。
Mzさんは奥さんをなくして、息子二人も独立して一人住まい。奥さんのありがたみが分かると話す。愛妻家と聞いているので、長い闘病生活でも随分大事にされたようだ。一時引きこもったのを山に引きずり出したのを未だに感謝される。3月で会社も町内会の会長も辞めたが、あちこちの仲間と付き合ったり、いろいろ忙しいようだ。血色が良く元気一杯なのが嬉しい。
2時間以上懇談。

津田沼で別れて電車に乗ったら、動かない。人身事故で大幅遅れ。各駅に15分以上止まる。やっとい東京に着く。
遅く帰宅。Sさんは元気になっていた。
長男からの母の日のプレゼントが嬉しそう。それで元気を貰ったようだ。
IMG_4968fdffd.jpg
IMG_4966fgdfdg.jpg
お礼の電話をしたら、人事移動があって忙しいと長く話せなかったらしいが、それでもご機嫌。良かったね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadaku.blog10.fc2.com/tb.php/1884-65b3c3ea

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Y・K

Y・K

FC2ブログへようこそ!

極彩色生活:赤字黒字の会社生活と異なり、感動、興味、ときめきの極彩色社会生活のことを言う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。