2017-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島へ

朝、早速温泉に行く。内湯、大浴場「滝の湯」。次に野天岩風呂「天翔の湯」。男女入れ替わっている。誰もいない。気持ち良いことこの上なし。Tmさんの話によると、翌日会社で匂うそうだ。

朝食。Unさんご夫婦とSさんと私。Sbさんは早めに食事。Tmさんは寝すぎたかと心配したが遅れてくる。お腹がすく。

Unさんご夫妻は、今日から別行動で早めに出る。

出発前に、玉子湯の裏庭を歩く。源泉が湧き出している小屋を通り過ぎて急な坂を登ると玉子神社がある。さらに別の道を登るとスキー場だった。ゆっくりしたいが時間がないので降りる。

SbさんのレンタカーにTmさんとSさん、私が乗る。
Tmさんの案内で高湯温泉を後にして、フルーツラインを通って、福島市に向かう。高湯通り、土湯通り、微温湯通りと温泉名がついた通りがある。フルーツライン沿いには、リンゴ、梨、さくらんぼ、桃の果樹園が並ぶ。リンゴがなっている。

Tmさんは、ここに5年くらい会社生活をしている。
いろいろ紹介。ところがこちらは車に乗ると眠くなる習慣が出てしまいこっくり。

国体記念公園に行く。広大な施設。天気が良いので散歩にはもってこい。民家園が隣接していたが、残念ながら火曜日はお休み。外からちらちら見る。桑の木が回りに植わっているのは、蚕栽培の民家だろう。
かなり歩いて、球場につく。ここで終点。いろんな施設があるが人がほとんどいない。
散策しながら戻る。
巨石公園がある。伝説によると900年代に、この巨石が現れたようだ。

次に美術館に向かう。美術館は信夫山のふもとにある。
常設展示を見る。
横山大観、下村観山、安田靫彦、須田国太郎など。
ベン・シャーンの作品が多い。私は知らないのでSさんの解説を受ける。福竜丸の久保山さんをモデルにした作品がある。
斎藤清の版画「会津の冬」シリーズがある。見ていると寒さが伝わってくる。寒い中にぬくもりがあり、見ごたえがあった。

お腹がすいたので昔、Tmさんが行きつけの蕎麦屋に行く。「峰亀」。
丁度昼時だったので超満員。しばらく待つ。その間、Tmさんは近所を散策。18年前なのですっかり様変わりしているようだ。
ようやく席が空く。
蕎麦が美味い。混むはずだ。

これで全ての工程は終了し、レンタカーを返し、おみやげ物を買う。Sさんが大好きなズンダモチを買う。Tmさんお勧めの漬物を買う。

駅でTmさんが発車間際の新幹線に乗れると急に駆け出す。荷物を落としてもなお駆ける。Sさんがもう間に合いませんよと言いつつ荷物を拾って追いかける。私もSさんを追う。Sbさんはもう発車したよといって駆けない。ホームに着いたら既に列車は遥か彼方。いやーTmさんの元気なのには驚いた。
新幹線の中では走った疲れもあってほとんどお休み。

外湯「玉子湯
PICT0136sdrreerwera.jpg

玉子湯の裏庭
PICT0142trte5r5dsd.jpg

裏庭の小滝
PICT0148dsarrereaa.jpg

国体公園の並木
PICT0172dsrerrrrrr.jpg

銀杏並木の白塀
PICT0184fdsrsaarfff.jpg

福島県立美術館と信夫山
PICT0186tdtt6tyd.jpg

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadaku.blog10.fc2.com/tb.php/583-17e811d4

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Y・K

Y・K

FC2ブログへようこそ!

極彩色生活:赤字黒字の会社生活と異なり、感動、興味、ときめきの極彩色社会生活のことを言う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。