FC2ブログ

2019-12

Latest Entries

佐賀北 優勝

新しく購入したスキー板が送られてきたので、喜んで、靴をつけて履いてみる。この瞬間だけ、猛暑を忘れ、雪の上にいる感じ。

佐賀北、優勝。
逆転満塁ホームラン。
Sさんはずっと高校野球を見続けているが、クーラーが嫌い。TVをつける居間にはクーラーをつけず団扇でパタパタ。汗を流しながら見る。私は長時間付き合えない。
佐賀北が広陵に2点を取られ、押され気味の所、更に2点入り、勝負合ったと思い込む。自分の部屋に戻ってクーラーをつける。Sさんに佐賀北が勝ちそうになったら連絡してくれと言って、休息。Sさんが大声で叫び拍手をしてるので、居間に行ったら勝負がついていた。Sさんも呼ぶ間がなかったと言う。凄い勝負。
そもそも佐賀北を応援するようになったのは、Sさんが高校野球に夢中で見て見てと言った試合が、2回戦で宇治山田との延長引き分けの試合。佐賀北に魅了され、高校野球を見るようになる。その後、あれよあれよと勝ち進み優勝。
猛暑の中、優勝おめでとう、心を沸き立たせてくれてありがとう。

水曜会。ここでもこの話題がひとしきり。

最初、テナーが私しかおらず、他のパートは揃ってきつつあったが、先生がテナーが二人来るまで待つと言う。何時も早いOtさんが手術後の療養で、今週まで休みなのでなかなか二人目がやってこない。ようやくKsさんが来て、練習が始まる。

「風と花粉」より、「風はいつでも」。予定になかったが、昨日「風と花粉」を練習しておいて良かった。

初めて歌う歌「新しい歌」より「うたをうたうとき」。
この頃になるとテナーが次々と現れる。Htさん、Skさん、団長、Nzさん、Knさん。最後にMsさん。Msさんは、「うたをうたうとき」には間に合わず。
他のパートもほとんど揃ってくる。
譜読みは、満足に予習できなかったが、これだけ人数が揃うと、回りを聞きながらだんだん歌えるようになる。
先生が、水曜会は皆、楽譜が読めるから上達が早いという。私は読めませんと言おうと思ったが、折角先生が良い気持ちになってるのだからと止める。こんなに直ぐに歌えるのに、何故、最後まで上手く歌えないのだろうかと不思議がる。

「新しい歌」の「新しい歌」。難しい曲だが、歌い込むと楽しい曲になりそう。なかなか到達しないが。

「風と花粉」より、「春がそこまで」。

演奏会のDVD、新しい楽譜がマネージャーHsさんより配られる。マネージャーは演奏会の写真の受付もやっているので、大変。何時もご苦労さん。

団長に、テナーのパート練習を12月1日2日でHtさんの別荘でやりたいと言う。団長から忘年会になっちゃうのではと言われるが、無論パート練習のつもり。了解してもらう。

飲み会。15人。復活したFjさんの隣に座る。時間と共にだんだん調子が出てくる。
Adさんから、白馬大池登山の苦心談を聞く。両足だめになり手だけで歩いた。
Smさんから、コーラスは、長年やっているとだんだん変ってくる(上達してくる)と聞く。寿命が尽きるまで上達する?!
Nkさんは、お盆に帰省、東北旅行して先週お休み。
Tkさんから、伝言板で見たいのがあるかと聞かれたので、初めの頃のを見たいとお願いする。

庭のオオムラサキツユクサ
PICT0010po@pop.jpg

ルリマツリ
PICT0013iouoiu.jpg

ベゴニア・センパフローレンス
PICT0014p@po@.jpg

コメント

佐賀北高校。

今日テレビで見ましたが、進学校で野球部は注目外。
グラウンドもサッカー部優先でベンチも倉庫も全部あり合わせ。
部活時間も1日3時間のみ。
部員の野球経験は中学校の軟式のみ。
そんな野球部が優勝出来たのは、グラウンドを広く使えなかった分地道な守りの練習。
今回は第1試合からの登場。
イニング数過去最高。この夏の暑さを乗り越えて優勝出来たのはスタミナがあってこそですよね。
日頃の健康管理が一番大事かもです。(つくづく・・・(^^;)ゞイヤー)
彼らには優勝の余韻に浸る暇もなく模試と補修の嵐が待っているようですね。

ぽんた3号様
佐賀北の知らない側面を教えてもらいありがとうございます。進学校なんですね。ますますこの優勝が素晴らしいということがわかりました。   Y・K

テナーのパート練習って・・・Y・Kさんは男性だったんですね。
女性だとばかり思い込んでました。
なるほどなるほど、それで赤字黒字から極彩色生活ということですね・・・今頃気が付くなんて遅いですね。

まるこ様
女性と思われていたとは、複雑な気持ち。男っ気を感じないということですね。うーん。  Y・K

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadaku.blog10.fc2.com/tb.php/880-631706e1

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Y・K

Y・K

FC2ブログへようこそ!

極彩色生活:赤字黒字の会社生活と異なり、感動、興味、ときめきの極彩色社会生活のことを言う。